美術館・博物館巡り♪

マイケル・ジャクソンさんの哀しいココロを抱いて、今日は児戯のように上野動物園に行って参りました…菊

今日に成って「アジアの敗北の悔しさ」が沸騰しそうでムシャクシャで…でりゃあ!東京遠征・美術館巡りでも出発すっか!

にでも行ってくるかな!?相当消耗は激しいんですがっ!

だって俗世間の飽き飽きしたイザコザより、今の超不機嫌気味のワタシには、もっと適した「綺麗」な場所があるんでしょう…。(実は就労でもミスして荒れ加減でした・汗)

ま。行き先は、当座の高速バスの中の気分で選びましょうかね。自室に籠もってPC前ばかりより、楽しくイキイキ日光浴+足を動かすべーし♪散歩散歩東京散歩~!

http://www.ueno.or.jp/index3.htm

================================

え?え?え?ウソ?音楽の神様…

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090626-OYT1T00241.htm

================================

というコトで、最初は小難しい近代芸術系に、今週不安定だった自分の精神の散策&整理に向かうつもりだったのですが、マイケル・ジャクソンさんの訃報に触れ、今日はあえてずっと「子供のような癒し」に方向転換してきました。

どうも最近のNOBUは、感受性に敏感過ぎるのでしょうか。哀しい。元気が出ない。

ノムヒョンさん。忌野清志郎さん。三沢光晴さん。そして、マイケル・ジャクソンさん。人の死。人の死。人の死。人の死。

「ネット界における固定HNの放逐」だってある意味ちっぽけな「人の死」なのかもしれませんが、それにしてもみんな生き方が速いです。不意な別れが早いです。ウチの父は57才でした。なぜ?可哀想すぎます。自分はこんなに人生の才能無いのに、毎日ちゃんと元気に生きてるのに…

================================

NOBUの小予言。これからのニューヨークダウには、個人的に緊迫して観察していきます(+ソフトバンク他…)

================================

カメオタからの独り言。今日の上野動物園での撮影はD90・ISO2000・ノイズ除去HIGH。勿論ボーグ77EDⅡです。ただし旧機材・コーワ604コリメート一眼の安楽さを見直す処がかなりありました。実際の歩留まりが思ったより悪いです。第3者様たちにはどう印象?http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/d90-2a2e.html

================================

マイケル・ジャクソンさんへ。お安らかに。音楽の天国に居らっしゃる貴方へ、菊と、下手っぴいな動物園写真でも献げます。今日撮ったのは不思議に、大空を「自由」に舞いたい鳥系の写真、あと母子のカリフォルニアアシカの写真が多かったですね…

0626s_2000626s_1620626s_1640626s_1950626s_1850626s_1670626s_1660626_3130626s_1750626s_1690626_2460626s_1740626_2790626s_1780626s_1770626_4060626s_1830626s_1860626s_1870626s_1890626s_1900626s_1970626s_1930626s_1940626s_198

| | コメント (8) | トラックバック (0)

濃密な日曜日の翌朝ネタ~。明治神宮って良かった!ホント鳥撮り好きにはソソられる処でしたねー!

まず独り言。「最大にして最強の敵は我に在り」。自分はこのブログには一切隠して行動しているコトが一杯あります。誰かさんに再掲を続けられると少し困るときもある・微笑。とにかく見た聞いたコトの全てを刻むコトはないですから、水戸ホーリーホック観衆にホーム試合での勝利歓喜を重ねるべく、昼間は「全力主義」の一期一会の1年間を大切に扱って欲しい。dfさんにはディフェンダー出身者から見た、草津戦での戦術感想レポでもお待ちしたいですねー。

================================

ぽちママさん他、体調管理ネタにはご心配掛けてすみません。普通に承ります。自分は昨日も国立で立ちづくめだったように足腰の筋肉はまだ生きてる。デスクワーク系の方よりはまだカラダは動かしている方だと思うんですが…。ドラッグストアで格安な純玄米黒酢720cc+100%葡萄ジュース+緑茶割も月2本以上飲み干す、初級黒酢ドランカーでもあるんですけどねえ。

================================

昨日の試合のレポ。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00084307.html

まだスカパーは観れていないんですけど、俺は「3位昇格」は「諦めるな-!」です。この攻撃のカタチが在るチームは連敗癖もありますが、絶対に連勝癖もあります。何せ、主将からして性格がデーブ大久保氏系の「茨城人」ですからw。秋の風が肌の心地良くなる季節。全員のチームのチカラが走力に噛み合ったときの「第三クール・7連勝!」は必ず造れます。このケガ人チームで1チーム造れそうな状況なのに、甲府や札幌や緑から削り続けている勝ち点2は必ず最後に活きます。今は前面に打って出る時期じゃない。でも「幹」は間違い無く太くなり、「根」は地中に伸びていきます。大丈夫。俺たち水戸サポは、必ず一緒に走り切っていきます!

================================

えー、で、昨日はサッカー以上に、明治神宮を存分に歩き尽めしてきました!面白かった!原宿駅、凄いファッションの若者たちと、それ以上に外国人過半数状態にブッたまげてきましたー!

http://www.meijijingu.or.jp/

まず、当初から自分は間抜けな行動を取りまして・汗、いつも通り信濃町で降りちゃったモノですから歩いたー歩いたー!東京オリンピックネタや、明治公園でやってたフリーマーケットや、別時代のような原宿団地なども通りすぎて「今の東京の町並みってこうなんだーフムフム」状態。原宿の喧噪に気圧され、外国人観光客の超大型デジ一眼群に意外に思いながら、いざ「森林の世界」へ。いやあ、新宿で学生生活したくせに事実上始めて明治神宮って行ったんですけど、最近明治帝への敬慕も深まってたんで、良かったです!花菖蒲が最高の状態で、来園客数もギュウギュウ詰めだったのですが「都市における公園」機能として、明治神宮ってその宗教性もあって世界的にも特別な存在かもしれない。あんなに園内にキビタキを追っているバードウォッチャーが居るとは…。神宮の森は深化を続けています。植物相的にどんどん魅力が増し続けている。これも自然を愛し続ける日本神道の流れなんでしょうけど、好きですねえ。好きです、ニッポン。背筋がシャンと伸びる。西洋流の都市公園とはちょっと違う「何か」。明治帝。歴史。誇り。自信。明治神宮には「何か」があって、それを一杯吸い込んできましたー!そう。↓のようなコラムの趣旨だったのかもしれません…

http://www.meijijingu.or.jp/shiseikan/yamato/11.html

あと博物館系好きとして、参拝やおみくじの後に肖像画群のミニコメントが一番面白かった宝物殿や、櫛の展示以上に憲法発布時の油絵に見入ってしまった宝物展示室なども長時間。宝物殿は↓の本を読み込んでいましたから見応えありました。「博物館としての立ち位置」を立川の昭和記念館と対比するのも面白いかもしれません。

http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E5%A4%A9%E7%9A%87%E4%BA%8B%E5%85%B8-PHP%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%AB%98%E6%A3%AE-%E6%98%8E%E5%8B%85/dp/456966704X

勿論、参拝はド真摯に。自分は欲張りですから500円ぽっちでイロイロてんこ盛りで明治帝に祈ってきましたけどw、1ヶは「ホーリーホック3位」。鹿島絡みも。ネット絡みも・汗。でも一番念を押したのは「世界の緑・環境問題」関係だったです…

================================

ま。「祈る」。今上天皇が「一生懸命」祈ってらっしゃるように、市井のお馬鹿サポーターにも、最後は祈るしかないんです。叶えられますように。夢が。青春が。家族が。だってニッポン人の今は祈るヒマが沢山あるんです。でもサッカーコンフェデ杯で闘っているイラクの若者たちの瞳。その重さ。死。http://www.youtube.com/watch?v=VDzjIz3FWNQ僕たちニッポン人には、今どんなモノが背負えるのか。そんな記憶もよぎっていた、中東系外国人観光客にも溢れていた昨日の原宿駅経由の帰り道の想い出でした…

================================

サッカーの応援。俺は「全力主義」で、必ず進んで行きます。

0614_0020614_0070614_0090614_0140614_0180614_0210614_0170614_0320614_0290614_0400614_0410614_0420614_0430614_036

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一生のウチでどうしても必ず行きたかった処です。今日は「花みどり文化センター」へ遠征してきます!

  だってどうしても、最近、無性に無性に、俺はお会いしたくて仕方が無かったんです。

「緑を愛された昭和天皇」へ…

http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/1_kinenkan.html

先週の阿修羅展もそうでしたが、現在毎週金曜日だけは、2時間ほど延びて時間的に余裕はあります。

(我が専攻学問とほとんど同一でもあります)

ならば、真摯に。一生懸命に。

全てを祈ってきます…

================================

ということで、「昭和天皇記念館」の狭い展示室で、丸々3時間も浸り切った、天皇好き&ガンダム好きっていうのも、ナカナカ少数派なんじゃないかと。ハイ、もうそこら中で「水戸ホーリーホックの笑顔!」を俺は今日、祈りまくってきましたから、これからはもう大丈夫です。必ず、大丈夫です!最後には勝ちます!ニッポンの戦後復興のように、空の上から亡くなった先人たちが微笑み続けて下さいます!陽光は降りてきます!

================================

にしても、「昭和天皇記念館」。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=55&y=6

コンテンツ的には、非常に非常に非常に非常にまだ未成熟な展示内容メッセージ性だったと思うのですが(綿貫民輔さん。題字以外にもうちょっとアドバイスを…)、昭和40年代でのヨーロッパ訪問記録DVDにハマってしまったのと、ガランガランの館内で、解説員さんが司馬遼太郎「坂の上の雲」の大ファンだったこともあってアレコレ1時間くらいニコニコ歓談してしまいました…微笑。東京近郊のみなさん。まずは「靖国神社・遊就館・最後のお部屋」が優先です。昭和天皇記念館は、そのままでは大いに退屈な展示ノウハウです。ただ、解説員さんの琴線を運良く引き出すコトに成功できれば、あの展示内容群はぐっとキラキラ輝いてくる休日を過ごすコトが出来ると思います…

================================

あと、その後は、花撮りマクロに萌えた、自然散策まみれのハイキング!なにせ「全周30km」!3kmじゃないですぜ!とんでもない広大な「花と緑」!コチラは後ほど写真UP!

================================

そして最後に、この行き帰りのバス+中央線において「昭和天皇独白録」

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%8B%AC%E7%99%BD%E9%8C%B2&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=36&y=9

を完読してきました…。

木戸幸一氏。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%CC%DA%B8%CD%B9%AC%B0%EC&DC=10&web.x=27&web.y=12

この人物について、深く深く、興味が沸き始めている金曜日のヘロヘロな夜です。

================================

自分は、本当に幸福者です。海軍で戦死した我が伯父たち「戦中派」世代に比べ、豊穣な日々を毎日毎日送っています…

                   

0605_0010605_0030605_0060605_0090605_0160605_060s0605_013s0605_0120605_0180605_032s0605_031s0605_025s0605_026s0605_0400605_034s0605_045s0605_037s0605_038s0605_043s0605_049s0605_054s0605_057s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も性懲り無くノソノソ茨城近代美術館に行ってきました~!照沼コレクション「浜田知明」さん。重い+想い「美」でした…

「存在」を「抹消」されそうな「憎しみ」をブツけられる「全包囲戦争」を3年間毎日くぐり抜けてきた者が「表現」の「歓喜」に「渇望」する姿。その特異なギラギラしたエネルギー。偏質性。個性。印象。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%B5%9C%E7%94%B0%E7%9F%A5%E6%98%8E&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=47&y=15

http://bsearch.goo.ne.jp/image.php?CC=1&MT=%C9%CD%C5%C4%C3%CE%CC%C0&PT=webtu&from=webtu

================================

ですか。何か何処かが「共感」しているワタシが此処にいます…。無論、自分なんぞは酒飲み幸せ浸りの高血圧メタボリック。実際に相互の生死を持ち換えながら、死霊の中国大陸で、偶然生きながらえてきた方とは「ネットにおける固定HNの存亡ぶり」だなんて、トイレットペーパーほどの価値しかありません。でも、渇望感とかは、少し自分には感じ取れてきました…。「死んでしまった友の分の悔しさの代わりに、俺には必ず人生で表現しておかなければならないコトがある」。大西鐵之祐先生や、小林秀雄さんも戦中派なんでしょうし、自分の祖父世代など。いやサラエボ紛争でのオシムさんなども含めた「戦争」への知識の継承に、今年の自分は強く惹かれているんですが、浜田知明さんの創造物群も、その範疇のひとつなんでしょう。今日は県民文化センターでやってた無料の第39回 連合美術展

http://www.ibarakiken-bunkacenter.com/tenji/exhibit.html

も先に観てきて、これも前回の二科・茨城支部展以上に大量の創造物に溢れていて、凄く感銘したのですが「表現したいコト」が現代ニッポン人にとっては「平和な静物風景」だったです。浜田知明さんの表現したいコトって「原野で朽ち果てていく戦死者たち」に近い処がある。殺伐としていて、不快。でもその風景を実際に見てきたのが、自分という生命。なんというか、まあ浜田知明さんという表現者の名前は、自分の記憶にも残していくことにしました…。

================================

「照沼コレクション展」

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html

正直、ツマらない方の美術展だとは思いますよ。方向性が「生き&活き」ではなく「寂寥」に振っている部分があるんで、これまで俺が通い込んできた美術展の中でも、最もヒネくれ者向けの展覧だったのかもしれません。

ただ、自分みたいな「発狂」系wブログ固定HNの解析&想像には、浜田知明さんって歴史の表現者は、モノ好きな手掛かりの1ヶにはなるかもしれません・微笑

この展覧の前半のメインは清宮質文さんで

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%B8%85%E5%AE%AE%E8%B3%AA%E6%96%87&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=36&y=9

後半が、浜田知明さんと秀島由己男さん中心。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E7%A7%80%E5%B3%B6%E7%94%B1%E5%B7%B1%E7%94%B7&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=24&y=13

後半は「ベルセルク」「寄生獣」のドロドロ系に主導権に移りますから、女性と男性では印象が異なりそうです。「前半の方が好きな世界」って方は多いでしょうね。お医者さんたる照沼さんの優しい目は判ります。清宮質文さん好き。生命への価値。ただちょっとドス黒い性根を据えた上での、2時間ほどの人生の寄り道をしたい方には、PCの前ばっかりの6月の日常よりオススメかもしれません…

================================

なお、茨城近代美術館って、今日常設展でも展示していた木村武山などの五浦系美術家さんたちなど

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/jyousetsu/index.html

落ち着いた系統の美術が主軸なんでしょうが、最近もうちょっと広く自分の見聞を拡げていきたい気がしてきています…

================================

近代の「美術評論家」さんたちのコトバは、なかなか一生懸命、小林秀雄さんの琴線には届かないですよね。だってワタシたちは「安楽」ですから。小林秀雄さんは15年戦争・市中に餓死者が出るまっただ中でも「信念を変えなかった」。ニッポン国土を刻んできた英霊たちに、堂々と、恥ずかしくないように。だからホームで0-5で負けてても「応援」だなんて、自分ごときは多少でも、これからも信念を変えていきたくないのです。騒音ご迷惑ながら、ごめんなさいです…。

0602_0010602_0020602_003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「前スレ1000」さんが神仏に赦されますように。雨の今日は真摯に一生懸命祈ってきます…

(そんなコトばっかりサポが見ぬフリしてたから、水戸ホーリーホックは逆転負けを喰らい続けてきた歴史なんじゃないの?)

================================

どうか。

明日の大和田=鈴木和=下田の新3バックが、仙台に完封勝ち出来ますように。ホームジャックに対して、キモチで打ち克てますように。みなさんに、ケガ含めたサッカーを愛する水戸・鹿島の戦士たちに、陽光がどんどん降り注いでいきますように…

================================

ということで、極めて窮屈日程に突入しますが・汗、俺、後悔は残したくないんですよ。見ておきたいモノは見ておきたいんで~す。では、ちょっと石岡の高速バス経由で長躯外出してきまっす♪(上野駅でエルゴラッソ→お土産!)

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=D01&processId=00&initdate=2009/04/01&dispdate=2009/05/29

================================

というコトで寝不足ヘロヘロですが行って参りました、上野国立博物館・興福寺・国宝阿修羅展。http://www.asahi.com/ashura/

いやあ!ハンパ無いっ!無理気味でも行って超良かった!阿修羅像!本館も凄い!また行くぞ!俺は!法隆寺宝物堂には行く時間が残されなかったモノ!

えー、詳細は後ですが、もう存分にそこら中で俺は祈ってきました!ならば明日の仙台戦!必勝です!とりあえず、待ち時間は案外30分ほど。黒木瞳さんのガイダンス機=500円は大正解。双眼鏡も携えよう。2500円の公式図版目録、金子啓明氏http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E9%87%91%E5%AD%90%E5%95%93%E6%98%8E&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=35&y=3の評論テキストの素晴らしさ・先鋭さ・感動さ・少年のような純粋さ。公式図版目録は写真以上にテキスト群にこそ価値があった。そして本館がまた素晴らしい。常設展は大半が写真撮影可でもあった。此処、5時間程度じゃ全然観足りない。特に刀剣群には引力が凄かった。上野って、美術って、美しさって、ニッポンって、歴史って、本当に素晴らしい!こんな1日には感謝です!ならば神仏たちよ。ご照覧あれ!堂々と!明日の笠松へ!

================================

えーっと、なお。ぽちママさんたちへの回答ですが、写真をUPしたのは↓ですね。http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B07&processId=02&colid=C1853

勿論、撮影は完全OKで、他の観覧者さんたち(外人さん多し)にも一番人気・寄ってたかってパシャパシャ撮ってましたし、今回の阿修羅展にも少し縁あったので一応挙げてみました。(つーか、他の写真が大失敗まみれだったんで・汗)

とりあえず、ウチのブログは、自分の予想以上には、「茨城率」は低いんですよ。

集計対象アクセス数:10,986
都道府県  割合
1 茨城  3,874 35.3%
2 東京  2,802 25.5%
3 神奈川  597 5.4%
4 兵庫  431 3.9%
5 愛知  422 3.8%
6 埼玉  387 3.5%
7 栃木  343 3.1%
8 千葉  279 2.5%
9 群馬  244 2.2%
10 静岡  220 2.0%

まあ今年に入ってからの自分に、小林秀雄さん=美術評論家の影響はかなーり大きいんですが、「美しさ」「ニッポン人への価値観」って、サッカー系ブログへも意外と相通じる琴線は必ずあるんだなと、昨日は強く感じてきました。あえて上野国立博物館は、国宝・阿修羅展以上に、本館こそを、更に靖国神社・遊就館こそを必ずセットにして、一生涯の間に2度くらいは通っておく価値があるべと、現水戸ホーリーホック・ケガ人組一式には伝えておきたいキモチも沸いた次第です…。

(ただ、「遊就館・最後のお部屋」には、この愛ニッポン系ブログの全閲覧者さんたちの価値観だったら、絶対に一度くらいは行っておいた方が良いと祈っています…)

0529_0010529_025s0529_011s0529_015s0529_016s

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヤッタ!的確補強→下田光平選手、水戸にようこそ!&小雨の今日は県民文化センターの「47回二科茨城支部展」に行ってきましたー!

し、写真部門のレベル、超高いぃぃぃっっっ・汗

俺、愕然と、完全に、打ちのめされてきちゃいました…orz

えー、時間も気力も無いんでw、詳細は後ほど…

================================

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.05.27a

そしてようこそ!下田光平さん!うん、このチームには若き血こそがどんどん似合っていくんだよ!ならば青春へ!家族へ!そして攻撃サッカーの世界へ!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/vs-d004.html

>試合後、木山監督とF東京サテ監督が15分以上真剣に話し込んでいたんですが

================================

えーっと、自分のさほどではない経験則ではw、「写真展」ってのは、何でもかんでもとにかく行って観に行ってしまいさえすれば、「アタリ」率は」極めて安定して素晴らしいと思うんです。

で。今日、タマタマ偶然に拾い上げた、二科展の最終日+無料展示でしたけど、土浦や鹿嶋や日立市等、機会に恵まれれば、観に行っても写真撮りの技量刺激の為にけっして後悔には繋がらない好展示だったと持ち帰ってきました。

だって、上手いよ。上手い。写真という感動伝達手段のチカラ強さ。茨城の写真撮り好き人って、間違い無く「写真を撮るココロ」に優れているんだなあ、って痛感した。俺じゃ、一生賭けても「打ちのめされるだけ」の写真群ばっかりでした…。洋画展もちゃんと堪能してきました。ベトナムの方の数枚の作品群に、束になっても鮮烈さはどっこいどっこいくらいだったかもしれないですが…

================================

なお、UEFA-CL決勝:バルセロナ2-0マンU

さーて。鹿島アントラーズの「敵」が定まったようです!

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」!

0528_0020528_0010528_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETC割引で水戸IC→北茨城ICは\850也♪今日は天心記念五浦美術館「万葉のこころを描く」展に行ってきました~!

えー、詳細は再起床後にでもっ!

http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/tenrankai/090425_manyou/index.htm

でも、岡倉天心美術館「万葉のこころを描く」展、結構悪く無いですね!ご存知小林秀雄さんは万葉集には縁深き方でしたから、自分はずっと歌そのものの魅力にハマってきました。とにかく独身に額田王さんの歌と想いは萌えるぅーっ!ついでに六角堂や大津港にも寄ってきましたけど、ナカナカ良い1日でした~!(例えば傷身中の荒田さんもどうでせう?)

================================

0504_012s 0504_006s 0504_003s 0504_019s 0504_017s 0504_024s 0504_042s

| | コメント (1) | トラックバック (0)

好天の金曜日。ならばひっさしぶりにニコン18-200VRでも持ち出しましょうかね?いざ、千波湖お散歩へ~

えー、詳細は後ほど~♪水戸市って公園で有名なんですし、ちゃんと健康的に戸外に出なきゃ!

なお、早朝ガ○トの「モーニングセットB→パンは大盛りライスへ変更+納豆追加。¥418+¥82=¥500」の読書三昧コースは、ちゃんとお店の煩雑時を避ければ、自分にとって大切で、心地良い空間ですわ…。

================================

ということで。ハハ、千波湖は野鳥を1m先で撮れる場所でして(微笑)。今日は花撮りマクロの練習日として、18-200の再評価をしようと思い立ったんですが、どうもマクロ方面は60点の出来かな。もっとも、最後の自室宝石ブツ撮り写真が難関だった!左のデッカイのは茨城陶芸美術館の土産物屋で買った、ガラス玉:0.08万円くらい(←がキッカケ)。右がキュービックジルコニア160カラット=0.5万円くらいに、それぞれダ○ソーの100円&300円の展示台に載せたんですが、マクロはかえってパナLX3のコンデジの方が撮りやすかった?ちょっと、ブツ撮りをナメてました…汗

================================

追記

えー、自分は水戸(S席)は2年前から、鹿島(ゴル裏)はセレーゾ2年目の頃からシーチケ派ですよ。

追記Ⅱ

あーあ。大先生スレなんか観ちゃって、時間の超無駄遣いでした。俺の職場と肉親は一切面識すらありません。完全無関係。俺が通院して飲んでるのはリシトリルとアムロジピンとアロリン・汗。妙に手帳に詳しいのね。ねえ、嘘を呼吸するように吐き続ける人種にまみれている場も見極められないの?では、さようなら。

追記Ⅲ

本日、このネタは一番笑った~!

http://www.j-cast.com/mono/2009/04/30040481.html

うん、OKだと思う。茨城JA様~!「負けず嫌い」「能動的」に、茨城県でも何か「前へ。」を起こしましょうよおーっ!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E5%87%BA%E8%BA%AB%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.BC.AB.E7.94.BB.E5.AE.B6

追記Ⅳ

明日の木山水戸の布陣は、イロイロ情報が交錯しているようですけど

「ホームで勝つ!」

を「興行」上に一義とするならば、3トップ布陣は、「つむじ風」扱いに留めて欲しい予感はしています…。

俺は、水戸には先発の3トップは組んで欲しくないなあ。J2リーグは超ロングリーグだし、基軸が大事。Jの歴史的にもニッポンでは結果が悪いもの。3トップは相手が後半布陣を変えてガタガタした寸隙に、つむじ風を狙う方策だと思う。ニッポン民族に黒人超FWが居ない以上は…

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-1a1c.html

0501_225s0501_192s0501_209s0501_222s

0501_184s0501_217s0501_185s0501_162s0501_187s0501_208s0501_216s0501_220s0501_229s0501_238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白熱のGW直前日。ならば今日はエネルギーを溜めに水戸芸術館;ツェ・スーメイ展に行ってきました~♪

前回

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/119-12e2.html

に続いての、水戸芸術館!此処は相変わらず心地良い時間が流れる空間なんですが、相変わらず駐車料金がピッピッと流れる空間でもありまして。「興行」として、2時間超経過で「全来館者が2名」のみっていうのはどうなんでしょう??

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/orz-9fe4.html

どうやら、

「NHK茨城県域デジタル放送が、小澤征爾指揮の水戸室内管弦楽団演奏会を
水戸芸術館から生中継!」

http://www.arttowermito.or.jp/music/modules/tinyd1/index.php?id=23

への千波湖チャリ参戦は、体力・体調的にかなり厳しい様です。ごめんなさい、小林秀雄さん。サッカー好きには明日こそが大本命日なので。(打倒!仙台!)

================================

ツェ・スーメイさん。うーーん、もう終幕直前なんですが、前回の「日常の喜び」(800円)の方が、自分の人生の記憶には刻まれたかもしれません。ちょっと「芸術の概念」って小林秀雄さんの幽霊でも掴まえて、長く談笑してみたい気がします。そして水戸芸術館の「興行」としては、気鋭の国別出身者3名・5作品ずつの三つ巴戦:アンケート付きを定常化する方が「全来館者が2名」よりは良い気もします。「近代芸術」って、若き文化なんでしょうけど、「興行」を軽く扱った運営者には「継続」は産まれにくいし、「競争」「琢磨」は機構として残しておいた方が良いと俺は思うんです。

http://www.arttowermito.or.jp/art/modules/tinyd0/index.php?id=6

================================

まあ自分は、このちっぽけなネットサッカー界においてだけは、「情報発信者」側に居るんでしょう。

だって、唯々とした「情報受信者」側だったら、こんなトンデモない毎日のネット境遇には居ないw。

だからがこそ、「創造者」側=ツェ・スーメイさんには、これからも「覚悟」「興行」を背負って欲しいんですけどね。

さて。今日の空間とコスト全部で「麻生総理:200幅の書・一斉集結展」でも開いたら。いや、「美智子さまの和歌・100首直筆展」でも開いたら。ツェ・スーメイ展の動員力とどれだけの「競争」があったのでしょう?(本業と副業の越えられないカベ)

================================

今週も、「自分の脳ミソ」で「考える」火曜日でした…

================================

追記

ハハ、前提要らずの貧乏ヒマ無し人ですが、「160カラット・キュービックジルコニア」(0.5万)なんぞをフト通販してしまった~・汗。100円ショップのLED展示台に乗っけて2週間ほど自宅で堪能・LX3マクロ写真練習した上で、我が母堂に到着予定です。。。

================================

追記

しっかし、よりによってこんなタイミングで、こんな中ネタに触れるとはっww

お台場にアニメ美術館=11年度完成、目標は年60万人-文化庁
4月28日19時2分配信 時事通信

 文化庁は28日、アニメ、漫画、映画などの作品を展示するための美術館「国立メディア芸術総合センター」(仮称)を新設する構想を発表した。東京・お台場が候補地で、来場者数の目標は年間60万人。2009年度補正予算案に建設費用117億円を計上しており、11年度の完成を目指す。
 有識者による検討会が今回まとめた構想では、延べ床面積約1万平方メートルの4-5階建てとなる見通し。館内にスクリーンを備え、常設・企画展示などを行う。将来を担う人材を育成するため公開講座も実施するという。
 運営は独立行政法人国立美術館が外部に委託する。年1億5000万円程度の入場料を見込むほか、企業の協賛金、関連グッズ販売、イベント会場としての使用料で運営費用を賄う予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000149-jij-soci

無能。お役所体質。コスト意識ゼロ~!水戸ホーリーホックのコスト意識の1億分の1も無いっっっ!!!!こんなの

「各地のガラガラで人件費ばかり喰いまくっている近代系美術館ごとに、各地所縁のマンガ家さんたちの原画展を、ノーマル美術展示の脇に、1/3のスペースで2ヶ月単位で切り替え展示してやれば良い。ちゃんとマンガ家さんたちには相応の金額を払って!」

だけで、何も全てが上手く行くと思いますけどねえ~!今、ブックオフ・マンガ喫茶等が出来て消耗しているニッポンの才能が最も守るべきは「マンガ家さんたち自身」だと思います。とにかくマンガ家さんたち自身に「お金」と「社会の地位」が受け渡るシステムにしなきゃ…。0428_0020428_0010428_0030428_006s0428_010s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水戸S席→熱気&祭り維新」「富山戦の勝利」「3位ギリギリ昇格」「世界の暖かい平和byカント」を祈りに…今朝は村松山虚空蔵尊へ!夜は富山vs水戸戦!

えー、実は今日は、原子力科学館の4/1リニューアルを狙い定めて、前々から活動を予定していたんですが

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post.html

「NOBUの剛運」な荒天→好天で、相当ご機嫌だった水曜日♪(声優の小山まみさんのファンの方なら、新・原子力科学館は100%オススメできますゼ!)

http://www.ibagen.or.jp/

勿論、いつも大好きな村松山虚空蔵堂や、阿漕ヶ浦公園の最終花見などもトコトン堪能してきたんですが。

とにかく自分の今夜は、カターレ富山戦が大切なんです~!(だから「渾身」お祈りしました→「集客」)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080745.html

ならばD50+18-200VRで撮ったスナップ写真UPや、各種環境問題レポ(一杯ある。環境エネルギー問題・来館者2名のみについて係員さんと語り合ってきたんで…)等は、就寝後の気まぐれにというコトで~。

================================

それにしても北野誠さん。「ネット情報発信力」っていうのは、「1人対2000人」の闘いであってもNOBUごときの文章力で、実際には戦い切れます。だって方策はヤマほどありますから。さて、あれほど鋭利で好きだった北野誠さんの頭脳は、どういう航路を辿っていくんでしょうか。ちょびっとだけの、先達者からの「応援」でした…

================================

ということで、霧が霞む富山!似たようなイメージの青ユニ!「遠藤」交代策とか詳細は省きますが、

「荒田だー!この日、2点目-!泥臭く詰めました-!」

よっしゃあ!!感動のロスタイム!これが「水戸のサッカー!」

ウチのチームは絶対に試合を投げないし、絶対に諦めない。見にきてくれるお客様にも満足してもらえるサッカーをしていく(by木山監督)

今年のスローガンは「前へ。」ですが、今年のぼくらはその言葉通り、どんなに苦しくても絶対に諦めないし、一歩でも半歩でも前を向いて戦っていきます(by大和田主将)

そう、アウェイ遠征組の水戸サポのみなさん!嬉しそう!本当にありがとうございます!

「次もホームで勝ちたいと思うんで応援お願いします!」(by荒田智之)トラメガも、大旗も振ってるー!今季5点目!魂の右足アウトサイド2ゴール!そうか、「神頼み」「NOBUの剛運」は通るんです!良かった!良かったあ!初先発星野も良く守った!「クロスからの精度が良くないんじゃないか。優勝を目指すには其処が足りないんじゃないかby解説」さあ!スカパーのテーマソング、なんか好きになって来たゾw。

http://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j2.html

だって堂々たる「2009昇格候補4強チーム」!俺たちの水戸ホーリーホック!

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030420090415.html

次節、横浜FC戦!(T.N.さんには申し訳ないんですがw)水戸の勝利を信じて!

ドンドン!ドドドン!エフシー!水戸!

0415_013s

0415_0120415_009s0415_014s0415_015s0415_0180415_0200415_011s0415_023s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧