小椋祥平!

さーって、天皇杯準決勝:柏vsF東京、G大阪vs横浜M戦でも実況するかな?

えー、実は朝っぱらから「2008年印象に残った10試合」記事を書き始めていたのですが、文量が多すぎて明日回し?つーことで起床しましたらNHKで柏vsF東京戦:後半25分1-1状況でしたー!うーむ、キモチ入った良い試合してるなー。一応応援するなら好監督:「ノブ」リンのラストゲームの柏かな。横浜C:J2で育った菅野にも親近感あるし。

おおおおーー!劣勢だったのに菅野中心に頑張ってた柏、李チュンソンの凄い逆転ミドル弾が決まったあ!NHKの放映は耳に心地良い!小島さんも良いし。ロスタイム4分。

そして試合終了!柏サポが凄い歓喜!オメ!盛り上がってる、静岡エコパ!これは柏サポは感動だあ。「地域密着」。静岡にまでこんなに集まるだなんて。F東京は梶山→エメルソンの大決定機があったのをフカした瞬間に、ナニかの流れが変わったかもしれない。サッカーサポの熱気って素晴らしい。柏サポ、本当におめでとう!それにしてもF東京は城福監督1年目ってコトで、チトとした「異常な粘着力」が足りなかったかな。「異常な粘着力」って、ジーコの教え子たちには不思議と豊穣なんですよね。昨日のダイワスカーレットみたいなw

================================

そーして、コッチがメイン試合!これは「小椋祥平」戦うFマリ応援、大決定!だって、鹿島が来季のACLを戦うには、小椋と一緒の方がココロが暖かいもの!小椋も先発!凄い!あと、遠藤は「今シーズン60試合目」。うん、来季は休みませう♪

審判は「松村さん」。なんでこの人がニッポンNO1審判扱いされないだろう?これは好試合の予感!

Fマリ「キムラコクオー」は、今年「PK童貞」に「筆下ろし」させた。小椋もPK決めた。なんか意外な複線になっていきそうな予感も…。

この試合で岡田氏とかが小椋を見初めて、NOBUの剛運=小椋ニッポンA代表への道が開かれたりw

解説は井原氏。ご存じ小椋と井原氏は、カタール国際以来、太い太いパイプがあるんですよ!

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/12121_8cc9.html

そして水戸の前田監督と井原氏も交流深かったです。当時開幕前のツインで井原氏を良く見ましたから。(あと早野氏)また井原氏と反町氏&田嶋氏はサッカー観がかなり根っこから異なっていたとNOBUは観察しています。木山さんには筑波大ラインですけど、少しの交流はあるんでしょうか?萩原部長にはバリ教え子でしょう。ぶちゃけ個人的には遠い将来、水戸ホーリーホックの経営陣に深く関わって欲しいと、願って&狙っている井原さんです。。。自分は経営素質者として好きですよ。

にしても、狩野が良く効いてる実サッカー!30番小椋は、このチームの押し込みポジェッションの陰の番長では?良いスタイルのキビキビしたサッカーしてるなあ。マリの方が個々人の機動力と走力には上回りそうな前半18分。

Fマリはアーリア他多国籍軍だし、若いし、親会社は世界企業。だからACLで「世界のアウェイ」を体験させてやりたいんだよ。小椋祥平…

ACLは鹿島と川崎、名古屋が決定。川崎は鹿島色が極めて濃いチームですし、小椋が残ればNOBU的に本当に来季のACLは楽しいんですが…

「入らない-!」「播戸抜け出してのシュートはクロスバー!」「決めるべき時を決めるかどうか?」前半31分。これもサッカー。

「押し込めませんでした!Fマリノス!」41分。ガンバは疲労が可哀想

「小椋-!浮いてしまいましたー!」

「前半は0-0で終了しています」。フム。小椋も最後のシュートを枠に入れる能力を得れば、ニッポン代表の「主将」=前田さんと同じ道にまで届くんだが…

そういや、山口智もジェフユースで前田さんの教え子なんだ。前ちんは今、どっち応援してるだろ?いや、大学生たちの練習時間中かなww

緊迫した展開だ・・・疲労した遠藤、交代してしまいました…

ロスタイム。延長戦!消耗戦!

あ!山瀬…。ケガ!モノ凄いテーピング!「寺田あーーーーっ!」

「清水が2枚目!レッドカードで退場!」松沢さん。これはイエローのプレーだ…

延長は後半へ!木村マリノスは山瀬もほとんどダメ。実質9名体制。小椋の重責はハンパじゃない…。ガンバは倉田が出てきた。ユース時代に鹿島ユースはこの好選手に酷い目に遭った…

おまけに栗原も足釣った!実質3人落ち。燃えて指示出す小椋。

「大島だ!トラップしてシュート!浮いてしまいましたあ!」

「山崎だあ!来たああーーーっ!今日も山崎だあ!今シーズンことごとくチームを救ってきた山崎!最後は山崎っ!」「打ち破ったガンバの強さ。山崎の勝負強さ!」

「栗原のヘッドー!浮いてしまいましたあ!」

「此処で試合終了-!ガンバ、しのいでしのいで2年ぶりの決勝進出!」

「さすがガンバと…」by井原氏

あ、「エフーマリノス!」ってマリサポがコールしてる。ウマーリノスさんは見ていたかな。小椋の「猛烈な負けず嫌い」。来年だ、2009年へ。。。悔しくて眠れない夜なんだろう。

================================

NHKの天皇杯のテーマ曲。良いね。サッカー。良いね。客観すれば疲労&決定力フカシまくりの凡試合の方だったのかもしれないけど。それでも勝ち残ったのが、12月の猛日程だったガンバ。大したもんだ。ガンバはサポーター団体問題を乗り越えて良く奮闘した。安田に倉田に。ガンバに持っているのはユース育成陣が見事に結実しているコト。鹿島アントラーズ。水戸ホーリーホック。それぞれユースのチカラが弱かったチームは、天皇杯4強チームには残っていなかったと思う。。。

================================

ま、年内最後のサッカー試合は見終わりましたね!今日から自分はハード勤務態勢に突入しますからちゃっちゃと日々休息は取っていかなきゃなりませんが。

柏レイソルへ。ガンバ大阪へ。「国立元旦」おめでとう!そして

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

桑原マリノス、マツリダテキヤ解任ですか…。あと、北京五輪メンバー発表!

えー、トウトウと爆睡しまくってる半梅雨の月曜日ですが、前田さんの古河電工での先輩にあたるFマリの桑原監督(マツリダテキヤ)。解任(ゴール)ですか…

ttp://kuwaharatakashi.cocolog-nifty.com/coach/2008/07/post_e333.html

ハイ。周囲からの猛攻撃にも耐え切るのが漢の役目ですけど、なんか今日は見上げるとモノ哀しい、灰色の梅雨空のようで…。なんで小椋を最後までガンと使わなかったのだろう?イロイロ前ちんとの意識とかあったのかな。サッカー監督者として、そういう厳しい稼業ではありますけど…(ジーコさんはとうとう3連敗は一度たりとも喰わなかった)そして木村浩吉新監督就任。で、萩原先生との兼ね合いは…うーん、彼もまたドイツ留学ラインだ!(驚)そしてナショナルトレセンコーチ…

http://www.f-marinos.com/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=2708

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%B5%A9%E5%90%89_(%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B)

と、とにかく!小椋祥平の「サッカーの超人」への道は、また別のフレーズに入ったようです!

================================

あと、反町五輪のメンバー発表!

http://www.jsgoal.jp/japan/news/u23/article/00068072.html

正直、FREE TIBETに関わる北京オリンピックって、自分は今回ロクスッポ、電通TVを観るコトは無さそうなんですが(J村のクラ選こそが白熱!)、まあサプライズwwは無くて、それなり順当ではあったんですが。

http://www.football-teishoku.jp/2008/07/post_233.html

このチームはNOBUにとって、U-16の頃(いや、中学3年のU-15の頃)から一番必死こいて見つめてきた世代代表だったんです。だって「鹿島ユースのヤマタク、野本、滝川」には燃え盛って居ましたから…

http://www.enpitu.ne.jp/usr3/bin/day?id=31820&pg=20020903

その間、小椋祥平という歴史の1ページも挟まりましたけど、

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_389d.html

にしてもU-16代表からこれほど生存率の低い選出ぶりって、JFA(田嶋氏)の「人を見る目」のひもじさには哀しくなるキブンではあります。青山直と細貝の2名だけだ。上田康太は哀しいだろうなあ…

================================

追記

あ、こんな見方もあるのか??

当選
GK:西川、山本
DF:水本、森重、内田、安田、吉田、長友
MF:本田圭、梶山、谷口、本田拓、細貝、香川
FW:李、森本、岡崎、豊田

落選
GK:林、松井
DF:青山直、伊野波、田中、小林、増嶋
MF:水野、梅崎、青山敏、上田、枝村、柏木、金崎
FW:平山、カレン、興梠、エスクデロ

後者には小椋を混ぜたいと感じつつ、諸行無常です…

================================

追々記

あ!!??清水の青山直が居ないコトに今気づいたああ!!!代わりに名古屋の吉田!?なんでまたあ!!!ハー、ちょっとこりゃ、評価転回!

================================

追々々記

ちなみに、内田が背番号7?2は細貝かよお~!

http://www.jfa.or.jp/daihyo/u_23/news/080714_03.html

どうも、第2印象。センスとか機微を感じない人選だったなあ~。俺なら内田=2、細貝=5、香川=7、長友=14ってトコだ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

風の噂では横浜Cユース1-0水戸ユースだったらしいです…あとユーロ2008も小椋も!

うーん、悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい超悔しい!

http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1211646877/89-93

http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1211646877/108

きっとGK冨沢クンとか、小さいカラダを精一杯に奮闘し尽したんだろうな…。

あと一歩、「夢」には及ばなかったか…涙。

でも、胸を張って帰って来い!水戸のユースっ子たち!

俺は君たちの笑顔が本当に大好きだよっ!!

================================

あと、ロクすっぽ観ることができないユーロ2008の方も、着々と結果が刻まれているようで!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/08/index.html

6月7日(土) グループA

スイス 0 - 1 チェコ

ポルトガル 2 - 0 トルコ

6月8日(日) グループ B
オーストリア  0-1   クロアチア
ドイツ  2-0   ポーランド

ふーむ、YOUTUBE等で覗くくらいしか手段は無いユーロ2008ですが、順当と言えば順当?ちょびっとだけは興味を払っていくつもりでーす!個人的にはエルトゥールル号のご縁から、トルコには粘って欲しいなー!

================================

また、Fマリの小椋祥平も頑張っています!

http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1212757466/591

だからみんな、みんな!自分に負けるコトなく、サッカーの超人目指して頑張って欲しい!では!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

堅守C大阪を破れ!自分に負けるな!C大阪vs水戸戦実況!小椋も先発!?

     遠藤  荒田

   堀       赤星

     朴チュホ  中村  

小澤  大和田 平松  鈴木和

        本間

サブ:満生、鈴木良、

え、何故?金澤と倉本が居ない??

とにかく

「最大にして最強の敵は我に在り」!

「ラストプレーの精度!」「責任持ってDF!」

ドンドン!ドドドン!エフシー!水戸!

| | コメント (52) | トラックバック (0)

フト徒然に…「水戸のサッカー!」「アントラーズのサッカー!」=コンパクトにこそ「朝青龍の先手!先手!」を!

えー、フト。木村と島貫関係には本当にココロを痛めつつ。今朝の茨城新聞の木山監督記事の「開幕が凄く楽しみ」を目にして感じたんですが。

木山監督。歴代の水戸監督の中でも、あの菅野監督「フラット3」以上に、「コンパクト」「ワァーっと囲んで超攻撃サッカー!」指向が強いんだナーと感じるんですよね。自分は基本「テレサンターナ流・ゾーン4-4-2・勝利主義」のサッカー素人ですから、総枠としたら概ね賛成なんですわ!

でも。「守備専ボランチ」の扱い。

レアルマドリーだって、ホントに強かったのは「マケレレ」が居た時代でした。攻撃サッカーだからこそ「労働者系ボランチ」と「チーム全体の守備錬度」と「守備への運動量」が大事だと思うんですよ。2007年後期の鹿島は「本山」「青木」という最高級のダイナモ=歯車が居たからこそ、小椋の居た水戸にも浦和にも勝てたと思うんです。

ただ、2008木山水戸。「中盤の声出し役労働者」「守備専ボランチ」を、どうも軽く扱っていませんか??椎原と赤星って、どっちも本質OMFですじゃん?バックパスばっかの椎原には萎えますし、声出し役の不足に危惧が否めません。軽い、腰高い守備姿勢。両者の併用は走力的にマズいと思うんですけど…。去年まで、小椋という「凄いボランチ」を見てきただけに、今年の椎原+赤星の走力では、後半25分以降にはどうしても疑念が残るんです…。なぜ木山さんは、猛烈なハワイアン合宿をしなかったのだろう?走力&守備力では、去年のサテ戦で躍動した大橋+森ボランチは素晴らしい資質があったと思うんですが

コンパクト。攻撃サッカー。小柄若手チームとしての方向性自体は良いと思うんです。「考えさせるサッカー」「カウンターケアへの苦労が耐えないサッカー」は、必ずいざというときの個を生長させますから。

ただ、コンパクトにこそ「朝青龍の先手!先手!」を。無頼漢としての強さを。能動性を。試合を制覇し切る意思を。勇気を。そう、椎原へ…。(ナナメ後ろへのバックパスは見たくない)

そう。今の鹿島が強いのは小笠原満男という「無頼漢」が居るからです。自信。勇気。責任。意思。おそらく朝青龍と対談かなにかさせても、凄くハナシが合いそうだと思うんだ。(昔だったら熊谷)

もひとつ。前田秀樹さん。オズワルド・オリベイラさん。やや飛んでオシムさん。彼らも中東やら草っぱ大学やらで強靭な「無頼漢」の人生を送ってきた。自信。勇気。責任。意思。「朝青龍の先手!先手!」。人生における能動性。ライオンは時に咆哮するんです…

つまり、今週のサッカーキングの小椋インタビューで

「いつか帰って、水戸をJ1に上げたい」

とまで述べさせた鮮烈覚悟な「チーム愛」+「中盤の組織連携絡め取り守備への意思」を、自分は木山監督&選手たちには濃厚に意識して欲しいんです…。朝青龍の勇猛さを持ってして!

鹿島も水戸も、「春」を迎えます。

俺は俺。俺も俺。朝青龍の勇猛さを持ってして、頑張っていきますさ!元気に!

だからみんなも、精一杯の青春の1年間!2008年だなんて一生に一回こっきりしか訪れてこないんだから!

ドンドン!ドドドン!

ニッポンのサッカー!

追記

今日送られてきた水戸持ち株会の理事候補者をシゲシゲ…。だが1名のパチンコ系の匂いには引っかかり。「会員の1/2以上の異議」って、公職のリコール請求なんかに比べてムチャクチャに条件厳しくねーか?反対者側の個人情報マル晒しにする上に、小林クーデター・前田解任の「暗闇の巣窟」こそは留任の理事候補者たち10名だったんじゃないの!?アカウンタビリティ!

motikabukai@mito-hollyhock.net

そして規約から「市民球団」の4文字も外されようとしている。3月9日10:00~11:00って、たった1時間で体育館座り?(よりによって俺に直撃するような日程で…当然8日はカシマ)カンファレンスで22名しか来なかった水戸に勇者は何人居るか?

http://hollyhocktop.blog119.fc2.com/

もっとも今日の封筒に反応出来る既知の者は居る!(例えばジェフの小林寛氏・前田秀樹氏=株主会員?他にも…)この「会員集会」の封筒は、このブログの閲覧者(平均アクセス450/日ほど)の相当数には渡ってるでしょう。なぜ「水戸ホーリーホックが市民に愛され」の規約なのに、小林クーデター・前田解任の理由は、今でも水戸サポーターには全っ然判らないのか?「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」。封筒が届いた者にならば(ちゃんと1万円払ってるんだし)、メールで、小林クーデター・前田解任の理事会の背景をキチンとトコトン問う資格はある!

追々記

つーことで。ついさっきワタワタと自分は以下のような文面を送りました。。。では!

えー、会員番号1000~以下略
○○○○と申しますが
・昨年の小林寛社長クーデター事件の真相が今でも全く判らない!小林さんは「悔しい!」とおっしゃっていたそうですが、なぜこんな事態になったのか?現に水戸の昨年の観客数はあのクーデター後、更に大きく減りました!
・前田秀樹さん留任サポーター署名500名超を無視して、理事会が独断解任した理由・過程がこれも全く判らない!木山氏とJFA田嶋氏は筑波大の同窓だが、これと宮田社長・助川和夫理事長等とはヘンな関係があるのか!?
この映像に対する理事会としての所見を必ず伺いたい!
・上記の件に絡んで大きな指導的役割を果たした理事(ステークホルダー)の方とは一体他に誰が居るのか?現在の議長・副議長とはどなたか?その方たちには会員集会でぜひ説明していただきたいし、その次第によっては、再任には異議の1票を入れたいと考えます!
以上、「水戸ホーリーホックが市民に愛され」たる規約に基づき、一株主からの質問とさせて頂きます!

1104_139s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とっころで。「水戸の誇り」小椋祥平という人物の育ちぶりについて

嗚呼。そうか…。こういう「父性」に、長く多く触れてきたサッカー選手だったんだ…

http://j-leaguers.net/special/history2008/file007.html

だからか。感慨深いよ…俺。あのセレッソ戦は本当に楽しかったから…。

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/fete2007vsc_d62b.html

どうやら桑原マリノスでも元気で頑張ってるらしい祥平。2chの鞠スレを「小椋」「祥平」で検索探すのが我が日課のひとつにも増えたんです♪

ただね。感じてるコト。特記して、昨日の試合後での水戸ホーリーホック赤星貴文選手へ。

そう。同じ年のボランチ小椋は、君のような試合完敗後のヘラヘラ顔は、絶対に持ち合わせていなかったよ。守備姿勢の低重心さに関しても、鈴木啓のように小椋のように「もっともっと練習!」しなくちゃ、高腰守備を直さなきゃ、水戸というチームでは犬死していくような気がしてならない…

修徳高校で若き小椋たちが必死の走り込みを重ねていたように、水戸の若者たちはみんなみんなもっともっと、サッカーの超人を目指していかないと!

「水戸の誇り」小椋は、同じたった今も、歯を食いしばって着々と「サッカーの超人」(=前田秀樹さん)を踏み倒そうと奮闘しているんだから…

だから今は、ヘンな他所ゴトに気を逸らしていたらダメだぜ!他所に追い抜かれる!

「自分に負けるなー!」

水戸の全ての若者たち!(木山監督他全員も含む!)あーんど、小椋祥平!!

1104_139s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キモチ一新!移転致しました!これからも当ブログを宜しくお願い致します!

うわーー!!ワタワタワタッ!

と、とにかく!↓は初代ブログへのリンク先です!

NOBUの「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/

とりあえず、各カテゴリー先へも貼っておきますか!

  • J-NETよもやま話! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/jnet/index.html
  • サッカー以外のスポーツ! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat8775241/index.html
  • サッカー年代別ユース代表!http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat5376326/index.html
  • サッカー日本A代表! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat5381565/index.html
  • ニッポンの世情一式! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat8775464/index.html
  • 世界のサッカー! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat12391773/index.html
  • 小椋祥平! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat15407549/index.html
  • 携帯・デジカメhttp://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat5349999/index.html
  • 水戸ホーリーホック! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat5411214/index.html
  • 鹿島アントラーズ! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat5376106/index.html
  • 鹿島&水戸ユースっ子関連! http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/cat5411247/index.html
  • ホント、騒々しくて、ヘンで、ソコツで、迷惑者のワタシですけど。

    暖かき皆様に支えられながら、此処まで歩んできました…。感謝のキモチで一杯です!

    新ブログに移りましたけど、これからも宜しくお願い致します!

    さーって、カテゴリー分けや新デザインなど、この機会なんだしどうしていきましょうか…♪

    旧ブログのカテゴリー分けも、再整理しなくちゃならなかった処だし

    特に写真が何故かフル表示されないのを、今回こそなんとか原因究明しなくてはっ!

    | | コメント (4) | トラックバック (0)