サッカー以外のスポーツ!

東京スポーツの表紙・三沢絶命写真には「俺は赦します」。他オリンパスE-P1ネタなど~

1245109356549例え親族などの心情配慮以上でも

「俺=東京スポーツというメディア媒体は、今日まで三沢さんを愛し抜いてきた」

という自負と「背負ってきたモノ」「誇り」「自信」「継承」。

「東京スポーツだったから、俺は赦します」って心境です。

東京スポーツ。自分が新聞の本紙をちゃんと買うなんてよほどのコトですが、裏面の「伝説」記事など、「ジャーナリスト」「ペンは剣より強い」への闘争心は、唯一この媒体だけはまだ信じられそうな気がします…。

================================

お!我が大好き木澤水戸BのTRMvs拓殖大学戦!岡田A代表vs豪州”鯨+ライアンコネルダービー”戦のある水曜日から、木曜日13:00~@ツインに変更されたのは、個人的には大変助かったあ。これで明日は豪州戦に存分に集中できますっ!遠征してくる択大の選手たちも、A代表戦はTVで真剣に見させてやりたかったのかも。水戸のアタッカー四銃士他、プロ選手は言うまでもなし。「夢」「志」「プロの生き様」。

================================

国立ヴェルディ戦のスカパーの再放送観ました!ただ、名波氏の出番が少な~い!静岡出身者として、ウチの選手たちにも後輩たる興味は多かったでしょうに。川勝氏の解説は盛り上がり場面での抑揚が少なすぎる。嫌い。自分は名波さんに語って欲しかった…。

================================

実は本日における我が最大のイベント!オリンパス、E-P1スペック発表!ただし…orz

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090616_294159.html

「約23万ドットの3型液晶モニター」

コレ。これが最大の弱さかと。だって先日の明治神宮でも威力を振るっている我が愛用パナLX-3・24-60mmは「46万ドット3型液晶」ですよ?例えば3.5型液晶を新造搭載してこそ、医療機器からの誇り受け継ぐオリンパス。実はボーグ使いにマイクロフォーサーズ規格は革命的に軽量化出来るんで注目していたのですが、とにかく10万円以上に余分パーツが高コスト。「オリンパス全部入りマイクロ」までは雲散霧消。国内創造系企業に応援を注ぎたい我が薄給は当面ニコンD400も睨んで貯金貯金~。まあ、新タムロン60mmマクロF2.0も花撮り好きには気になるのですが…。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090616_294237.html

================================

>あろさんへ

真面目に受け止めておきます。体調面に関して真剣に相談してくれる知己(同性)は職場内に居ますから、だから今の薄給の稼業も続けています。「高血圧」のネットサーフィンは10年以上重ねましたが、ナカナカ方策は難しい。生活パターンのカベも…

================================

>俺たちみたく声出しやってる人間や、他の人達はA席に居るってだけでみんな水戸とは関係無いって事か?

いや、これは説明不足だった。俺は「ゼッタイにこれからもS席に留まり続ける」のは、A席の将来にはある程度の安心感があるから。万全とは言わない。けど、ご覧の通り水戸ではS席よりもA席側にどんどん「集客」されていきます。機能してる。風が通っているんですよ。でも新市陸は特殊な座席分配に変わります。このまま「ALLスペース全部どんより」への対策を立てないと本当にヤバいと思うんです。だから「S席住人」に絞って自分はエネルギーを割き続けています。

================================

今年は、まだ6月16日。1日1日が進むのが本当に遅く感じてならないです。ブログで毎日「一生懸命」走り続けて、J-NET時代から比べたら、日々の生活に臨む真剣さがずいぶん変わった、とも感じています。市井の凡人からの、そんな梅雨の夕暮れの心境でした…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

人生なんてはかなくせつないです。三沢光晴さん、お安らかに…。いざ「一生懸命主義」国立東京Vvs水戸戦!

そう。俺たちはまだちゃんと「生きている」んですよね…

http://yomi.mobi/read.cgi/mnewsplus/anchorage_mnewsplus_1244924297/1

http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/sport/wrestling/2480620/Japanese-wrestling-legend-Mitsuharu-Misawa-dies-in-ring.html

人生は、一人に一回だけです。必ず全生命体は有限です。平等です。

ならば、三沢光晴さんの分も見習って、一生懸命主義!全力主義!

「一期一会」の万感の想いを背負って、俺は軽装備で今から「出来るコト」。明治神宮経由→国立競技場へ向かいます!

================================

というコトで、偶然沼田社長と通路でがっしり握手してきた聖地国立競技場から、「全力を振り絞った」帰還!

今日は意図と想いを籠めて、「集中力~!」を6回、試合後に「間違ってない!」を2回刻んできた我が叫びですが。サッカーの0-0スコアレス試合に「おまけに内容が面白くない」「でも内容が面白い」の2種があったとすれば、今日の予想以上に多数多士の水戸サポが集った国立競技場での試合は、スカパー名波氏解説はこれから視聴しますが、間違い無く後者であったんじゃないかと!

えー、時間が無いのでサッカーの詳細は「くそお。第3クールには俺たちは咆哮するっ!今日も相手から削ったのは勝ち点2だっ!」などは明日!あと明治神宮ネタは存分に堪能し尽くしてきましたので、別記事にて挙げましょう!

================================

とにかく、三沢光晴さん。一生懸命主義。全力主義。

俺たちスポーツの爽やかさを愛する者たちは、これからも精一杯走り続けていきます!雄々しき貴方の生き様の後継者たちは、遺伝子は、一杯一杯受け継がれていきます!

だからどうか安心して。大丈夫。お安らかにお眠りください…。菊。

0614_0010614_0470614_049

| | コメント (12) | トラックバック (0)

さあ「能動的」に「実行」しましょう!「闘魂」「ストロングスタイル」からエネルギーを貰って来ます!新日本プロレス「興行」へ!

寝起きに競馬・日本ダービー観てました!北島三郎さんの素晴らしい君が代、一緒に歌った!超悪馬場の今年はあまり荒れないような「NOBUの予感」なんですが…。我が姓名の通りw、アンライバルドを推しましょう♪

================================

「復活のロジユニヴァース!」ぶひゃ♪さて、切り替え切り替え~!

================================

http://www.njpw.co.jp/card/index.php?COM=card_disp&SRNO=132&TKNO=2

5/31(日) 茨城・水戸市民体育館 18:00試合開始
  
30分1本勝負 
BEST OF THE SUPER Jr. Aブロック公式戦 
ブラック・タイガー  VS  邪道

30分1本勝負 
BEST OF THE SUPER Jr. Bブロック公式戦 
獣神サンダー・ライガー  VS  タイチ

30分1本勝負 
BEST OF THE SUPER Jr. Bブロック公式戦 
金本浩二  VS  菊地毅

中西学・永田裕志・ミラノコレクションA.T.・AKIRA VS  棚橋弘至・後藤洋央紀・田口隆祐・プリンス・デヴィット

天山広吉・井上亘・タイガーマスク・真壁刀義 VS  中邑真輔・矢野通・飯塚高史・YAMATO

吉橋伸雄 VS  青木篤志

平澤光秀・岡田かずちか  VS  石井智宏・“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

================================

実は正直、オフト以来のA代表サッカー好きとしては、今でも逡巡に逡巡しているんですが…。(一体チケットを何処にしよう?全部指定なの??ホーリーホック戦に比べるとチト高いよね)岡田ジャパン、ごめんなさい…。

「約束」は守った方が良いでしょう!「実行」した方が良いでしょう!プロレス会場って動画じゃない写真撮影ならUPも完全フリーです!ちょっとD90→ISO6400威力のカメラ機材にはチカラ入れるかな?いざ、出陣!

================================

というコトで大雨の中ですが帰ってきました。うん、沢山元気が出てきたよ。ありがとう。新日本プロレス!正直、去年の興行http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_144a.htmlより更に内容自体はしょっぱかったとは思うんだけど・汗。やっぱ足を動かすってのは良いね!自宅に帰ったら、ギリギリ日本代表戦が後半41分4-0状態で観るコトも出来たし!ホーリーズたちも元気で凄く良かった。プロレス試合の中ではライガーvsタイチの掌底地獄が印象に残ったし、金本vs菊池毅(一体何歳だ?ジャンボ鶴田さんに向かったゼロ戦キック)のブックぶりも印象に残ったんですが、棚橋弘至さん。彼の陽性さっていうか、人間愛さっていうか、奇妙な人懐っこさというか、誰でも彼でも抱擁好きというか。自分は知ってるヒトは知ってる握手好きなんですけどw、故ブロディファンだった自分の目にも、新日本プロレスは「ファンと選手達がどんどん一緒に触れ合っていく」面白い方向に進んでいるんだなあと感じてきました。あと新日本プロレスは明らかにサクラ的な声出し専門ファン層も設けているようでしたが、この風景を見たサッカー系サポはどう「考える」だったのかとかね。写真撮りもISO6400で幾つかUPしておきますけど、波乱とダイナミズムに溢れた5月。うん、茨城者ってホントにスポーツ絡みでは飽きない、幸せな人生を送れる地域なんだと感謝の次第しきりです!ありがとう。みなさん!+神よ仏よ!雨の夜の後には、必ず晴れる朝がやってきます。そして夜の雨は、恵みの水分と成って、青々とした若葉と若芽を伸ばしていきます!

0530_175s0530_177s0530_240s0530_357s0530_372s0530_417s0530_460s0530_548s0530_583s0530_610s0530_634s

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おお!よっしゃっ!新日本プロレス、今年も水戸に来るのね♪去年は楽しかったし棚橋弘至さんは今から凄く楽しみ!

よっしゃあ!これは故ブロディファンだった自分には凄く嬉しい企画です!

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.05.13b

ならば。

「正々堂々ストロングスタイルー!棚橋さんの為に魅せろー!闘魂・木山水戸の攻撃サッカー!」

と、去年の蝶野さんの時のように、我がフルパワーを出してやりますか!オッケイ!札幌サポになんか「ホームジャック」されたら、棚橋弘至さんへの「漢」にすたるのがNOBUの人生です!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/chvs_e400.html

だって、去年の興行には、自分には「勝利」「熱い気持ちと体」「蝶野さんの為にゴールを~!」の記憶しか残っていませんから…

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_144a.html

================================

別件。

「信じられません」

というフレーズを連呼していた、今冬のワタシの記憶。(建設的?→「信じられません」)

「独善性の方々」へ。2ch大先生スレを、誰もニヤニヤと「諫め」に入らない「冷淡さ」を薄々知り始めて、水戸のS席の固定客さんたちは、1人1人と周りから去り続けていったのがこれまでの構図だったんじゃないですか。「どうせ初回カンファレンスにも、ビラ配りにも前日設営にも、来るのはビエント系だけだった。今回も逃げるんでしょ」。「氷」を溶かすには「外圧」しかないのでしょう。これはカンファレンス以来の自分の肌感覚。予言です…。もう取り返し付けません

連絡:ぽちママさんへ。奇妙な同い年。たぶん最初からそうでしたが貴方は逃げない方なんでしょう。ただ、札幌戦前に接触はしないと思います。ごめんね。その分の今週の時間はスポンサー様の方たちへの感謝活動に振って欲しいなー。

================================

最後に経済ネタ。

にしても、民主党の中川正春氏…怒。

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009051300136

「ドル建ての米国債買わず」=民主・中川氏発言で円上昇-NY市場
 【ニューヨーク12日時事】英BBC放送は12日、民主党「次の内閣」の財務相を務める中川正春衆議院議員が、「民主党が政権を握ったら、ドル建ての米国債は購入しない」と発言したと報じ、ニューヨーク外国為替市場でドルが対円で売られる要因となった。次期総選挙後に政権を担う可能性がある民主党の幹部が、ドルの安全性に懸念を表明したことで、ドルに対する不安が強まったとみられる。(2009/05/13-13:12)

どうにもなあ。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%AD%A3%E6%98%A5&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=44&y=11

「自分の脳ミソで考える」「守備意識が軽いっっ!」ってのが、水戸のCB陣と比肩するようでは、「年上」や、お給料=歳費の分に達していない行動だと俺は思うのだ…。

(論説的には正論だと思うが、ソレは党首=総責任者たる人材が口に出すべきだったのではないか。日立グループの景気の動向は、茨城県中央地域には影響大きすぎますし、水戸証券さまが自分は本当に心配なんです…)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

えー、片山晋呉さんは「茨城人」の素晴らしいプロスポーツマンです!やったあっ!マスターズ4位は本当に凄い!おめでとうっ!

いやあ、自分も10数回はコースに出て、最良スコアは108っていう、一応はヘボッチ貧乏・横好き茨城ゴルファーですけどw。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/golf/headlines/overseas/20090413-00000002-spnavi-golf.html

なにせ、「水城高校出身」の、バリガチ地元・片山晋呉選手=「マスターズ;4位」なんですよっっっ!

>18番パー4でこの日5つ目のバーディーを奪い

この水戸市に繋がり深き、プロスポーツマンの魂!誇り!素晴らしさ!シブトサ!強靱さ!

http://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j2.html

http://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j1.html

おめでとう!茨城人根性!誇り!片山晋吾選手ーー!!!

================================

そしてたぶん、今日のマスターズでも。

「水戸維新」へも。「活気に溢れるスタジアムへの努力」へも。

>絶対に試合を投げないし、絶対に諦めない(by木山監督)

>どんなに苦しくても絶対に諦めないし、一歩でも半歩でも前を向いて戦っていきます(by大和田主将)

の処は一緒だったのでしょう…。

ね!?元水城高校ゴルフ部主将、片山晋呉さーん♪

================================

ん?

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1239602652/

ところで今日は、こんな経済ネタもちゃんと注目しています…。

(アメリカ=ジャイアン。ニッポン=のびた。苦境に立った強者は、自然と暴力と恫喝に流れて行きやすいモノだと自分は思っています・汗。なおトヨタの若き次期社長さんは結構な愛国系の方とも聞きます。ならば米国クルマ市場救済系の策は、まず採らないような気もしています。広告宣伝費の3割削減策も、下手すればもっともっと斬り込まれるんじゃ?)

================================

ぬ!更にニコンのカメラ好きには「ニコンD5000」が7.7万円ほどで「5/1」新発売だとお!?

http://www.sofmap.com/product_detail/exec/_/sku=11190059/-/gid=AW03010200

うーん、でもニコンレンズ群持ちにも、ペンタミラー機には興味薄いっす…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「チームワーク!」「コンパクト!」は「2009水戸のサッカー」にも相通じていくのか?WBC決勝:日本vs韓国戦!

~「美しい星」~新居昭乃

http://www.youtube.com/watch?v=xiRry7eYSkc

この音楽を聴き終わった後のような、平らかな「フェアの精神」が、今日のニッポンvs韓国両チーム同士の「スポーツの倫理」の末に待っていますように…。

今朝は、ココロから、願っています。

相変わらず自分は、スポーツの真剣観戦モードの際は、ジンクス上も一意専心!ネットより、スポーツの魅力へ!そして「勝利」へ!多コメ群へのレスは、試合終了後に致します。

================================

開幕式。ヲイ清原、ナニ抜かした!?怒。王貞治さん(自分は714号の記憶ある)がトロフィーを返す。そして金インスク監督と抱擁する姿・涙。この国籍複雑な偉人の振るまいと人生は、全てが侍だったと思う…。君が代を自室で思い切り大きく歌いました。(小笠原だけは引っ掛かったり)さて、イチローの初打席!コレだけはマジで注目していました!

そして、キター!!!!!!!!!「イチローがまず出塁です!」コレ!コレに尽きます!!俺には!そしてニッポンには!!!おんや?バックネット裏の観客が最初「侍・日の丸」旗から、ハングル文字に変わったのは何故・怒?観客統制するならニュートラルにすべし・by大西鐵之祐イズム。4番城島、2-3目はストライクでは?審判は下手!審判が辛い。ぬー、フォースアウト。でも球数が多い1回でした。

そして岩隈は「自信」抱いて護り切った。水戸CBはこの冷静沈着ぶりこそを次回東京V戦に学べ。球数を稼がせる侍たち・岩村フォアボール。イチローへ!緊迫の中、2回裏へ…

「はじいた!はじいた!はじいた!」。重要な失策が出た、韓国二塁手。でも、えーー????!!!城島3ゴロ時は青木セーフだろ!!!!酷い審判陣だ。今大会は。でも、城島のゴロヒッティングは正解を重ねた。更に小笠原「ライト前ヒットー!!」これ。コレを水戸FWは見覚えるべき!これが「断固たる決意!」。更にサードゴロ併殺打。残念無念、これがスポーツ…。

岩隈が素晴らしい三振で3者凡退に取った。俺は遠藤と荒田他には、現実に、本当にサッカーA代表W杯予選の凄まじいプレッシャーに打ち克って欲しいと思っている。この岩隈の「コツ」に、「教科書」は必ず在る。

金テギュン、レフトフライ。韓国打者の能力はけっして低くない!シビレる5回表へ。

紺に赤いライン。コレは「ホームのユニ」?。実際カッコ良い。中島、フォアボール選んだ。これこそグッドプレー。「原監督!此処でも仕掛けました-!」これは綺麗だった!木山監督、機微です。機微です。見事、奉チュングンをノックアウトした!鄭ヒョンウクvs「4番」城島。更に小笠原三振盗塁ゲッツー。これは鄭ヒョンウクのストレートの威力を賞すべきだ…涙

「打球は伸びていく-!同点ホームラン!」これは、賞すべき…。良く持って行った。しかしその後、内川が神封殺!「侍」!チームワーク!がっぷり四つ!

「城島の送球、タッチアウトー!」これは、シビレた…。割れたヘルメット!吠えた城島捕手!プロ。プロのプレー。6回裏、1ミリもズレなかった精緻な、意思が一致した「守り切る」。大和田・中村CBたちへ…。

そしてズバっと盗みきった片岡!原監督、良将だ。彼は。更にイチロー、三塁前バントヒット-!!「侍ジャパン勝ち越し!!2-1!」!水戸ホーリーホックよ。これだ。コレだ。これを身に付けよ。これが身から沸く強さだ。これを備えればJ1昇格は取れる。水戸は!→城島の3ゴロはセーフだったろうよ、今大会・超ヘボ審判陣へ…号泣

「チュシンユはレフトフライ!岩隈-!」。ボールデッド多杉る、ツマラない鈍スポーツだと思うやきうだけど、これだけ切迫が籠もる競技の積み重ねには、震える想いが残る…。木山監督へ。遠藤と荒田他よ、A代表を君たちは獲れ!意思で獲れ!日本2-1韓国。

「バックホームは逸れた-!岩村-!」。いやー、シビれる一瞬一瞬が重ね続けられています…。日本3-1。

政府広報:「雇用の安定」。暖かく、ココロに染みていたり。8回裏韓国先頭打者、2塁打打たれた。能力高い。更に「1点を返されましたが、まだ3-2!」ううむ。しかしシビれる…。水戸よ。これが「国際大会」だ。コツを憶えろ。被安打=4本。岩隈、あっぱれ!そして「ダイレクト、掴んだ-!」。神よ。ニッポン八百万の神よ…涙

「イチローは二塁へー!」。剛ライナーが翔んだ!ウワ、凄い…。鳥肌立った…。→→→「空振り三振~!」さすが、好ゲーム。世界の1位チーム。2位チーム…。これが、スポーツです。スポーツです…。9回の裏、3-2へ!

最期のニッポンの頼る砦は、鉄壁の守備。自信を持って。「キモチは0-0-!」ダルビッシュ有!「サンシンーー!!」→1死1・2塁へ。「自分を信じる」。→「諦めたー!同点!」。これは、賞賛すべきだ。「集中力」。そして「空振り三振!」。死闘。名勝負。銘勝負!認める!

水戸ホーリーホックの選手たちよ。観ているか。これが「国家」を背負うというスポーツだ。大西鐵之祐先生が背負ってきた「ニッポン」だ。

稲葉、見事に送りバント。ギリギリギリギリ。そして1アウト1・3塁!代打は長距離阿部じゃない、短距離川崎。原辰徳監督采配。→イチロー打席へ。キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!キターー!!水戸よ。水戸ホーリーホックよ。これだ。これなのだ!これが「スポーツ」だ。ニッポンのスポーツの魅力の本体なのだ!水戸よ。このセンター前ヒットを憶えろ。そして結晶させろ!J2リーグ・ホーム市陸・最終戦超満員へ向けて!

================================

「侍ジャパン!世界一!」

================================

涙。

「スポーツの倫理」by大西鐵之祐。

王貞治さん…

================================

~「美しい星」~新居昭乃

http://www.youtube.com/watch?v=xiRry7eYSkc

================================

もう今日は、レスは残しません。ほしママさんへ。昨晩の「無駄」には、もう俺は、レスを残しません。

================================

スポーツ。悔い無き文化。ノーサイドの精神。倫理。燃焼。青春。

水戸よ。水戸ホーリーホックよ。憶えろ。憶えろ。日の丸を。この素晴らしい、歓喜と日の丸を!

================================

イチロー選手。最期かな。コレが35才。現役A代表では最期のヒットがあのセンター前ヒットかな。

名勝負。銘勝負。「美しい星」。

カントさんが夢想した「永遠平和のために」、世界共通文化たる最期の一歩の世界共通言語…

イチローさんの、最期のセンター前ヒット…。

http://www.youtube.com/watch?v=8NGesHeJl4s

================================

グッジョブ。コーチ陣たる裏方さんたちに、最初にメダルを首に掛ける権利があった!

>「チームワーク!」「コンパクト!」は「2009水戸のサッカー」にも相通じていくのか?WBC決勝:日本vs韓国戦!

水戸よ。「水戸のサッカー!チームワーク!コンパクトー!」。WBC・原辰徳・侍ジャパン。チームワークと、コンパクトと、青春と、笑顔と。其処に、目標は在ったあー!

================================

王貞治さんが、記念写真の中に座っています…。原辰徳監督が、笑顔を刻んでいます。「とてつもないニッポン」。笑顔。笑顔。笑顔。TBSスタジオがウザいけど、若者たちがグラウンドを勇勇一周しています…嬉。王さんが、笑っている。韓国の応援は4倍だった?「うるさいくらいの応援」に克ってこそ、若者の経験。MVPはみんなに上げたい。敗者も美しい。世界で2位のチームは韓国野球代表だ。胸を張って。笑顔で。スポーツの歓喜へ…

================================

「重さに、潰されそうな時も、ありましたけど」by原辰徳監督

ありがとう。あ り が と う 。あ  り  が  と  う 。

星。この、「美しい星」の、同居者たちへ。

ニッポン!スポーツ!俺たちの、素晴らしい、素晴らしい、ニッポンー!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

「フェアの精神」をMLB野球人たちに信じて…WBC準決勝:アメリカvs日本戦!

とにかく、USAという国家の審判(米国:ポール・エンメル)のジャッジぶりが、大西鐵之祐先生好きの自分は一番に心配です…。WBC準決勝戦!

http://www.youtube.com/watch?v=VDzjIz3FWNQ

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%A3%C1%A3%C9%A3%C7%A5%DC%A1%BC%A5%CA%A5%B9&DC=10&web.x=57&web.y=11

================================

そそくさと帰宅してのWBC観戦。多数のコメ群に苦悩していますが、スポーツ好きは当面「スポーツの醍醐味」に専念します!TBS、観客席がガラガラだなあ。ありゃあ!いきなりホームラン打たれた…涙。さて、今日は諸雑用もあるんで、途切れ途切れにレポを残しておきます。イチローは湿っていますが、ノーアウト1・3塁から同点に追いつきました!3回デビッド・ライトのオーラス見逃しはストライクでしょ?勝ち越し打を打たれてしまいました。だから「フェアな精神」の足りない(AIGボーナス)国家って…。「踏ん張りました松坂!」。なんか、デビッド・ライトが好プレーだったり凡プレーだったり。どうも「いつもの自分たちの野球」は失われてる?福留がバント失敗は引っ掛かった。でも強襲ヒットで2-2同点。そーして「ホームイーーーン!」岩村の掬い上げは見事。米ピッチャーは球が遅いでしょ。1アウト3塁で、如何に点を取る?「川崎お見事~!」米国は交代期をミスし続けた。「ノースリーから見事に狙い打ち!」。6-2。これ。dfさんへ、自分は「夢」を背負う水戸ホーリーホックや、「国家」を背負った大西鐵之祐先生が好きなだけ。今回の「国家」を背負った野球人たちはリスペクトします。そして昨日福岡相手に3点目を攻め滅ぼせなかった水戸の攻撃陣には、川崎選手の「この背水の殺気」を覚えて貰ったら、水戸というチームは「夢」「3位」を本当に育てられるんだと思う。水戸若武者は本気で受け取って欲しい・殺気。審判も「敵」と成るときがある。松坂にも、水戸にも。5回表、デビット・ライト相手。NOBUの文頭の予言は的中続行。しかし最期「デビッド・ライト見逃し三振ー!」。これは、重い分水嶺…。更に「空振り三振~!杉内!」。大和田主将へ、これが「守りへの気迫」。守るべきモノを、本当に意思のチカラで守る。長いニュースの間、ボールへの判定が更に酷くなってる気もするけど見事、杉内消火。

================================

えー、実は諸雑用とは、今日はプロバイダを変更する自宅工事日でして、「杉内消火」の更新の後、NTTフレッツの工事屋さんがドヤドヤ来まして、実況滞り!でも、工事屋さんたちと一緒にTV観ながら。

「見事、ニッポン勝利~!」

オメ!オメ!オメ!オメ!勿論自分はサッカーJ2ファンが濃いですから、相当ニュートラルでしたけど、ニッポンの株式景気が悪くなると、ひいてはJリーグ人気にも悪影響ですし、まずは「日本人の勝利」とは非常に嬉しいです!よっしゃ!良くぞ大金持ちたちに勝ったあ!途中からアウトコースのきわどい球やハーフスイングなど厳しい判定が続出していた中も、冷静に守り切ったニッポン代表。これから奇跡の大躍進を重ねていく水戸の守備陣にとっても、「勝者のメンタリティ・コツ」というのは、良い教科書に成ったんじゃないかと!もう、睡眠無しで大分トロトロですが昨日今日と、我がスポーツ観戦に本気出した試合には勝ちが続いています!これからも、ニッポンの空の下には、スッキリとした青空が拡がっていくと良いです!ドンドン!ドドドン!ニッポン!ニッポン!!大好きな、ニッポーン!!!

================================

>KEANEさんへ

>一つお答え願いたい。
自分にとって答えやすい、自分の意見で丸め込むことができそうな質問に対しては答えて(それでも他人にとっては意味不明な誰もが納得するような返事とは到底程遠いし、逆に反発を食っているけど)、自分にとって答えられない都合の悪い質問は答えないのか?是非お答え願いたい。
自分の世界に持っていきたいだろうが、何故周りが賛同しないのか分かるか?とてもわかってなさそうなので、答える。サッカーを超えた人間としての振る舞いの常識感の違いがそうなっている。NOBUは自分が正しいと思って行動しているだろうが、S席の人も「SHOUT」をしろとかそんな権限を持つだけ偉いのか?NOBUは水戸ホーリーホックのオーナーなのか?水戸ホーリーホックの関係者でもなく、NOBUはただの一ファンであって周囲の人と同じ立場だろ。何故周囲の人と協力した振る舞いをしない?それをみんな非難しているんだよ。NOBUだけの水戸ホーリーホックじゃないだろ。
「みんなの水戸ホーリーホック」
この言葉は分かるか?分かるんだったら、そういうS席の「SHOUT」だの強制だのそんなことは人間だったら、水戸ホーリーホックのサポだったらやらないと思うよ。
ということで、私の考えがおかしいかどうか返事してくれ。

最初にKEANEさんは、根本的には部外者です。「狂乱応援」なんて評されるコトにはずっとムカついています。だからIP禁止にも踏み切っています。「今日は本当に応援ありがとうございました!」と感謝された鹿島ユース、水戸ユースの親御さんたちは相当数いますし、なぜ小林、前田、河崎、木山などなど各現場監督さんたちから、なぜ自分ばかり向こう側からお声を掛けてくださるような関係に至ったのかを、KEANEさんは全然ご存じありません。TRMの大学サッカー部の監督さんからも、向こうから談笑出来るような関係を「狂乱応援」と勝手に断じるのは何故か。基本的にはコトは水戸S席との問題です。此処に投稿してる方にはあまりにも2006年にA席に回ったときの記憶だけで時計が止まっている「独善性」のA席のみの住人の方が多いのです。だから自分は「信じられません」の発言の通り、此処のコメ欄での交流には失望の記憶が多すぎます。更に時間も余力も多くありません。だったら自分は水戸の現場側からの声により深く触れるコトが「水戸の観客席により多くの観客を集める」に繋がると思っています。

================================

>ほしママさん他へ

少なくとも、現水戸のフロント側は「今のままの水戸の集客で構わない」とは1ミリも考えてはいません。しかし自分の姿を「試合中は忙しすぎて見たコトも聞いたコトもない」以上、ハナシはスレ違い続けています。「守旧」ではモノゴトは「水戸維新」へはけっして繋がっていきません。みなさん、軽挙妄動は「水戸の為を想った」らどうかとは考えます。「騒ぎにはしないでくれ」が現在も進行形というのは、水戸を想うのでしたらぜひご存じください。

================================

ごめんなさい。7時間超、部屋の大掃除からの1日はちょっとキツすぎる。基本的にはようやく再設定一切が終了して安心した今の自分はレスを重ねたくありません。もう、一旦就寝します…

| | コメント (94) | トラックバック (0)

今日WBCのキューバ戦に敗北したら「電通高給芸能界モデル」「日本の株価」は「終わりの始まり」を迎える?14時からは筑波大とのTRMも!

予定にある、3/19(木)。

どうやら結構長い1日を、ニッポンという国は迎えそうな予感がしています…

もっとも「電通高給芸能界モデル」の大崩壊(まずは毎日新聞?)は、水戸ホーリーホックや鹿島アントラーズのような市民球団・メディア露出少ない系のプロ興行組織には好転への兆しは含むかもしれません。

いずれにせよ、これだけの宣伝の洪水を浴びせたWBCというイベントが、ニッポンにとって、今日、終わるか終わらないかが、決定致します

(今日はギリギリまで寝ちゃってる公算も高いでしょうけど)

================================

もっとも「モノゴトの真偽」だなんて、後世の歴史家にしか判らない領域なのかもしれません…

================================

「ですから、私が勝つではなく、われわれが勝つためにチームを作ってやっていくスポーツというものに大きな価値を認めるわけです。やらなければならぬのではなく、やらなければ皆にすまぬというところに価値があるわけです」

(「闘争の倫理」156ページより)

================================

どきどきどき…。それでも4回表に2点取った!濃霧の幻想の中、いざ、ツインへ!

================================

つーことで、行ってきました好天ポカポカのツイン!うん、行って良かったあ!今日は水戸の上層部の方や木山監督ともイロイロお話出来て、これからも水戸ホーリーホックを応援していく勇気を一杯一杯貰ってきましたから!「木山監督、高飛車に3位は狙いましょうよ!」「うん!バックアップにはもっとしっかりして貰わないといけないけどね!」

ハハ、したらば35分+55分?の変則2本制。前半は0-0、後半は1-4の一見完敗試合でございました…苦笑。

====前半布陣====

     高崎   荒田

   遠藤      菊岡  

     森村  金テヨン

小澤  大和田 中村  鈴木和

        本間

超ド真剣モード漂う、風間筑波大。自分も両者の選手たちの声出しが超盛大だったので、今日は、声援控えめモード。筑波の中盤組織プレスが完全フルモードなれど、2009木山水戸Aもガチ真っ向で、荒田、遠藤中心に本気で攻め滅ぼしに掛かる。高崎や荒田など好機は6、7回はあった中、なんとか筑波が耐え切った35分。内容、非常に高度。筑波は完全Aチームだったんじゃないかなあ。35分間はサッカーの醍醐味に溢れてた。得点機は時間の問題と思わせながらも、早々に残念なハーフタイム。

====後半当初布陣====

       吉原

 島田    鶴野   金澤

  10木田(ユース)  村松

森   加藤  石川  保崎

       原田

見ての通りCBがロクに居ない水戸B。前半とは一変して超不慣れ守備陣…涙。ただし攻撃陣は金澤が居るほど、迫力は凄い。中盤はほぼ拮抗状態ながらも、大問題はバイタルだった。開始10分辺りに加藤の隙間からチョロっとFW技巧に交わされて失点!CB石川だなんて、まさかこんなに窮状だとは…。でも石川は案外良かったと俺は思うんだ。ラインコントロールもどきな事も取り組んでみたみたいだし… 

====後半途中から布陣====

  36島村(ユース)  吉原

  島田      鶴野 

    金澤   村松 

森   加藤  石川  保崎

       土井

そしてさみだれ式にGKとユースの中盤が途中交代する中、30分辺りにまた中央、加藤と森の隙間辺りからFWにブチ込まれる。戦況自体は水戸Bがかなり押し込むシーンも目立っていたが。更に40分、41分辺りに今度は石川の近辺からまたFWにドサクサ2連発ゴロシュートを決められた!島田、鶴野、島村、吉原等の気迫で攻め返す水戸B。最後に吉原が遂にヌルヌルッとDFラインを綺麗に裏突破してFWゴールをロスタイムに挙げた!すぐさまホイッスル…

================================

といういい加減記憶レポなんですが・汗。スコアほど自分は見ていて不快な試合じゃなかったです。特にAチームのサッカーぶりは非常に力強さに溢れていたと思う。それでも滅ぼし切れないのがまだ24才前後の経験浅さなのかもしれませんが。最後に大和田が昏倒してケガしたのですが、コレは男子の急所を打っただけ。あとでスタッフさんに聞いたら「もう大丈夫だよ」のコトでしたから問題無し。ただし、問題は在ったのは水戸Bの「バックアップにはもっとしっかりして貰わないと」である訳で。正直、ユースのボランチが大学生レギュラーにパワー負けしちゃうのは仕方無い以上、23才前後世代にはもっと奮闘して貰わないとなりません。CB出身の木山監督や、SB出身の木澤コーチには、相当渾々と語り掛けるべきコトがあるようで。あとキーパーコーチにも。決定機自体はキッチリ4本対4本だったと思うんです。でも、その4本全てが得点に繋がったら「4失点負け」となるのがサッカーです。後半FW36島村君の度胸ぶりは、自分は非常にワクワクしながら観戦出来ていたんですが…

================================

ま、またまた余暇時間不足にて、早々に切り上げますが

「サッカーのピッチとは、勇気と笑顔に溢れている」

NOBUは今日もクジけません!ありがとう、ありがとうございました!水戸ホーリーホック様!ホントにフツフツと元気が沸いてきましたから♪

================================

そーして、WBCネタ!ハーフタイムではワンセグTVなどで確認はしていたんですが。

おめでとう!ニッポン民族の誇り!

ハハ、ま、とりあえずは良かったです…(奇妙な脱力感)。全然興味無いスポーツですが、興亡の一戦はいつも足跡を残します…

================================

最後にKEANEさんへ。

空気。全体の空気。JFAがこの1年間で軌道修正して行こうとしているスタンドの雰囲気の方向性は、自分たちはもっと敏感に察するべきだと思っています。「S席全域は幾らなんでも広すぎる」。また、今回みたいな戦術布陣レポを刻むブログ(ちなみにAチームレポは自分は巧妙にボカしてます)。NOBUがTRMからも足を動かさなくなったら、もう、ネットで叩かれるのが怖くて誰もレポ役は現れないんじゃないでしょうか。「ニッポンのサッカー文化の足腰を最も強くする」。その方策はKEANEさんなら感じているんじゃないですか?クラブユースサッカー界を「熱狂」で包む。たった独りの個人であっても、最も影響度を歴史に刻めるのがこの分野だと、自分は観察しています。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お!?今日は朴チュホ先発か!ACL鹿島vs上海申花戦!日中はWBC日韓戦も!

おお!新井場に替わり、朴チュホ先発かあ!自分は朴チュホに対しては最も辛口なネットサッカー人だろうと思ってるけど、朴チュホの左ラテラウの素養に関しては決して高く無いと思ってる。スススと前に上がり込むタイミングだとかは彼はまだ上手くないし、根本的に名波タイプ。縦突破へは速度じゃなくて技巧で抜けていく足元ミドルパッサーだから、鹿島式4-4-2には少々足元好きすぎると思ってるんだけど…(最後のスタミナも万全な方じゃない)

でも、水戸のOBだもんね!この好漢だもんね!(ホント、希少な笑顔)重要な国際試合、今日の夜半は彼の活躍&大勝利を楽しみに待ちましょうか!なお日中はやきうの日韓戦も!でもコッチは2時間経過後から観れば良いかな?まずは午前中は睡眠&睡眠モード!(花粉症でカラダが日々眠い…)

================================

なお、「騒ぎにはしない」ような多少のレスのみ刻んでおきます。

>ほしママさんへ

NOBU戦役表の総大将(?)たる、政治力振るう大好きっ娘の貴方は、木山監督や助川理事長の

>「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しい

>お客様を増やしたい、スタンドを盛り上げて選手のモチベーションを上げたい!

に対して今後、直の選手たちに面逢った時、どう答えていこうと言うのでしょうか?(→組織的な盛り下げ)

「こんなコトばっかりやってるから水戸には観客がドンドン減っていったんだよ」「混沌(カオス)の方が良いんだって!」

という自分のコトバは、あの時まだ記憶に残っていると信じます。「盛り上げていかなきゃならない」の目的においてブレは無い。今回、

>俺の声出しスタイルを自分の目でちゃんと確認して「よし、これならOKじゃん?」「いや、コレはアカンわ!」などと判断するなら俺も納得しただろう。しかし何故、一度たりとも「見たコトも聞いたコトもない」

の通り、社会人としては最悪に近い対処段階を半分辿ってしまった。

「ホスピタリティ」。「ちょっとしばらくの間、やり方を変えて呉れないか」→「YES」

の「約束」通り、4試合(S2試合・A2試合)は俺は静かになりますが、JFA全体の流れは「SHOUT! for SHOOT!」です。ならばKYを今、一番冷静に噛み砕きゃなならないのは、「数多くのほしママさんたち」ではないのでしょうか?繰り返します。JFAの標語=「SHOUT! for SHOOT!」です。

================================

>社長に鳥だの戦闘機だのの写真見せてなんか意味あんのか?

最低限中の最低限で見せたいのは↓あたりの提言群かと…。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bfc.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-a413.html

================================

>多分顔見知りさんへ

>「陰気な迷宮」が難解

抽象表現が多くなるのは申し訳ないんですが、此処は特にイメージ先行でした。一応、

「現J-NET・J1/J2部屋のような酷い惨状→観衆が皆シラけて去り消えた」

状態の予兆を感じての表現でした。>「陰気な迷宮」

================================

>カプチーノさんへ

>僕はNOBUさんの答えが聞きたいんですよ

今の自分は「汚らしい2ちゃんねる」発言に対して、更に更に「腹ワタが煮えくり返る想い」なんです。興行組織としては致命傷レベル以上だと思ってる。だからちょっと誠実&落ち着いた質疑応答できる心境へは、まだ時間が掛かっちゃいそうです…。(8年も居たS席。当然絶対動きたくないっ!)

================================

ただ基本的には、↓がちゃんとフル機能始まれば、自分は歴史的役割を終えて、老兵はシブシブA席に移っても良いんです…

「本当に盛り上がるんですか・怒?」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bdc.html

================================

みなさん、どうかごめんなさい。今日は長い1日です。一旦、ちょっと休みます…。

================================

日韓戦、3回表で0-3?ん~、睡眠睡眠…

================================

ああー?糞高い給料貰ってるプロやきう選手・怒!なーに負けてるんだか…。バッター陣は今すぐ全員給料を全ニッポン国民に返せっ!水戸の遠藤なんてロンドン五輪有望選手級ですら、さしたるお給料は貰っていない。酷いモンだなあ、やきう選手のモラールって…。もう高給取りのやきう選手だなんてどうでもイイや。さて、国際試合は勝たなければならない!闘志を籠めて、俺はカシマに出発します!ニッポンのサッカー好きの誇りを堂々と背負って!

================================

というコトで只今帰~還!「勝利のモツ煮」は美味しかった!「大迫ゴール」は美味しかった!「大迫試合後パフォ」は美味しかった!やっぱり、応援って良いね!勝利って良いね!若者って良いね!今日も一杯エネルギーを分けて貰って来ましたぜ!よっしゃあ!ま、「バックパス大杉@朴チュホ」など、内容面では4点取らなきゃならない試合だった。相手の危険なファウルも多すぎた。100点どころか50点にも満たない処もあった試合だったかもしれないけど。

ありがとう!サッカー!

このコトバだけは刻んでおきます…。そう。

サッカーに乗り越えられないカベなどはない!

================================

追記:>ほしママさんへ

自分のやり方に間違っていた処は、沢山在ったかもしれません。

しかし、今日、「カシマスタのS席方式」は、本当に酷いガラガラと静寂の雰囲気でした。

コチラのやり方でも、けっしてこのままの皆さんは「陰気な迷路」からは抜け出せないです。

ダメですよ。ダメ。>間違っていた処

だから小林秀雄のように、今の自分は「考える」時間に居ます…

0318_265

| | コメント (33) | トラックバック (0)

おおーっ!ニッポン勝ってる!WBCニッポンvsキューバ戦!

只今、7時15分!今日は必死で自宅に急行帰宅したら、5-0で勝ってるぅー!!意外じゃい!

ああ~、2死満塁では岩村が見逃し三振だったけど…。一体どういう試合展開なんだい?ちょっと、ネット界に放浪開始。にしても2時間15分も経って、まだ5回の裏か。やきうって遅いなあ。あ、松坂、初球をセーフティーバントされた。キューバって国は、サッカーに縁深いチェゲバラもあって(麻生総理は部屋にポスター貼ってるそうな)、ココロが純朴で好きな国家&民族なんですけどね。フェデル・カストロ翁も必死でTV観ているハズ。スポーツって、応援って、爽やかで「フェアの精神」であるべきです…。スタンドのニッポン応援、凄い雰囲気!これが国際スポーツ!松坂5回も三振締め!

================================

野球という暢気なスポーツ、文字通り隙を突いて、就労後サッパリモードの熱いシャワーを浴びてきましたが、松坂のVTR!凄いキモチ。スポーツって、「キモチで勝つ」って重要です。そしてニッポン民族らしい、精緻な得点シーンのVTR。「チームワーク」「コンパクト」。「水戸のサッカー!」にも相通じる?「サムライ」という精神に、最近のワタシはご存じの通り、良く読書してきましたけど(大西鐵之祐先生はサムライの機微に極めて近づいていたと思う)、サムライジャパンの国外組、目が自信と意地で光ってる。荒田とか遠藤、高崎・吉原。鹿島の興梠や田代、佐々木に大迫。最期は確信で眼前の人を斬り殺せるくらいの気概が、サッカーのFW職にも必要だと思う。城島とか松坂の「背負ったオーラ」って、FWには相通じるモノが在りそうな気がする。例えば「ジーコの眼」とか…。

================================

8回の裏に「4番」村田が、トドメのタイムリー6点目センター前ヒット!徳島戦で「2点目・3点目」を取れなかった水戸ホーリーホックFW陣。対して、頑強なプロ意識と「獲る時に獲るコツ」。共通項は、「集中力」。

================================

「センターの福留が追いついたー!」

ふーむ、ニッポン「勝利」~!

================================

「ニッポンという国家を背負って闘う」。

「キューバという国家を背負って闘う」。

水戸の選手の中では、遠藤。そして鈴木和。小澤あたりはオランダで「ニッポン人」を背負っていたか。鹿島で言えば小笠原や内田、本山他多数多数。

意地。折れない。けっして自分自身のポリシーに折れない。克己。

野球というスポーツは今日もトータル4時間近いなど、総じて冗長だと思うんですが、「国家を背負う」真剣さはスポーツにおいては平等。面白かった。面白かった。(「NOBUの剛運」も継続中だしw)

「ニッポン代表」。

まず水戸から。そして鹿島から。

一杯一杯、産み出してやりたい。それがスポーツ選手の「フェアの精神」の一つの極なんだから。

応援に籠められる、不思議なパワーは必ず在る。座ってニヤニヤ見つめているだけでは、けっして到底永遠に判らない領域は、今日のサンディエゴのスポーツ界にも、必ず在った。

================================

声、枯れるまで。体、果てるまで。

興奮の叫び声も。歓喜の歌声も。

すべての声が、選手の力に変わる。勇気に変わる。

そうして地域はクラブを強くする。クラブは地域を盛り上げる。

この絆こそが、Jリーグだ。一緒に笑い、泣き、信じ、夢見る仲間として。

今年、あなたもスタジアムで声を送ってみないか。

2009年、Jリーグを共に闘おう。

================================

「勇気」

そんなコトを感じていた、市井の一般人の、月曜日の朝です。。。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧