鹿島アントラーズ!

「水戸のサッカー!チームワーク!コンパクト!」今日「何か」が変わる「水戸市民の日」!水戸vsC大阪戦!

漢ならば。2009年木山水戸の中間集大成ならば。「笑顔」を俺たちと交わしたいならば。

この「家族」たちと2010年に、もう1年ほぼ一緒に青春出来る「奇跡」「唯一解」を握りたいならば。

「予測してコンパクト!」「集中力!」「ミドルの意識!」「最後はキモチ!」

勝て!克て!己に!興行の集客に!

夕方は、大分vs鹿島戦も。しかし今日こそは運命の大決戦!セレッソ大阪戦に俺たちの勝利を!みなさまのチャント拍手を!

================================

>園田(メインスタンド席シーチケ所有)さんへ
今、超複雑な感情に揺れていますけど、今でも一緒に、水戸を声援し尽くそうというお考えはお持ちでは無いのですか?

返事に成っているかどうか判りませんが、(2)に関しては本日の「試合後」から次戦への間に、とうとうコチラ側から動くコトを決めています。「中間集大成」などの語句から閲覧者の一部は察していたかもしれません。(1)は以前にチーム側からの「騒ぎにはしないでくれ」の趣意に反する懸念が非常に大きいです。だから苦労している。このブログでの活動をもってしてちっぽけながらも兼ねさせているつもりでした。なお今日は、お馴染みの自分の友人1名は私用で来れないか、大遅刻になると聞いています。「7試合分のどんより」でS席の固定客層が大量に立ち去り続けた風景は、園田さんこそ、判っていたはずです。

================================

1104_139s2ぽちママさんも含めて「チームが一つになる」には、水戸はまだ遠いのでしょうか?(ブログなんて、何処にあるのか知らない)

いや。俺は、仙台戦で、こう怒鳴った。

「諦めるな-!水戸!」

================================

というコトで、濃密悔い無しだった笠松から帰還。今日、自分とコトバを交わしてくださった皆様達には深く感謝しています。対話・交流こそが前進に繋がる。スコア2-3での敗北は、失点シーンに対話・交流が足りなかった。ただ、俺はサッカーサポーター。愛するチームが負けた理由は「スタンド全体が一斉に一つとなって熱狂する応援パワー」が選手に届き足りなかったからだと思っている。ごめんなさい。NOBUの応援パワーが足り無かった所為で水戸は負けました。前進せねば。教訓を活かして前進せねば。「まだシーズンは半分だ!」「90分間の集中力!」。水戸。水戸。水戸。水戸。哀しく、悔しく、しかし不屈の雨。負けるときもある。でも必ず復興する。それが「水戸の選手たちが素晴らしいチビッコサッカー指導者に至る最良の経験値」「一期一会の全力主義」を胸にする8年間の生き様。悔しい若い選手たちへ。雨の夜は反省して、お風呂に入って、休んで、そしてまた歩み出しましょう。暖かき「家族」たちと一緒に。ドンドン!ドドドン!エフシー水戸!

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない!」

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030520090628.html

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「どんより」こそが致死→興行からはどんどん固定客層が立ち去り続けていきました…涙。他ネタ

どう身勝手に抗弁&強弁しようとも、NOBUから遺された人たちには、これまで全てが全て、「どんより」しか創れませんでした。無理。今は多少ならず騒音で迷惑だろうと、居ないよりマシ。JFA関係者はS席にこそ断続的に現れます。もし自分抜きで昨日のカシマゴール裏・A山インファイトリーダーが創ったような「祭り」「想い出」を水戸S席で造れる方策が浮かべば、自分の歴史的役割は終わりますよ。でもその先に明確な航路とサポ間での意見の一致が見えない以上、現在は宙ぶらりな状況でも、最悪の後退からは避けるべきだというのが自分の認識なんです。だから、↓のような案件を

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bdc.html

上部組織から起動して貰うまで、自分は「渡り」の任を担っています。ネットでは個々の空疎な論争にエネルギーと時間を無駄使いしたくない。だったら文章力に非常に優れた水戸サポのみなさまへ。漬け物石の相手なぞより、暖かき水戸のスポンサー様たちに感謝メールでも積み重ねる時間の方が有益なんじゃないでしょうか。

>swさん他へ

================================

えー、すみません。鹿島関係の計り知れないショックが巨大すぎて、昨晩はアレだけの無反省感想しか刻めませんでした。悔しすぎて。くろきん(鹿島サポ)さん他、カメラ関係のレスは意外な部分もありました。詳細は後ほど…

================================

くろきん(鹿島サポ)さんへ。昨日居たのはゴール裏上段やや左側・コア外縁部。2-2に追い付かれたFKが決まった瞬間、即座に一人の「鹿島アントラーズ!鹿島アントラーズ!」の例のカン高い連呼コールが、バーニングローゼスには全く無関係能動的に響いたのは聞こえたんじゃないでしょうか。自分はシンガポールのゲイランユナイテッド戦の頃からAFCには狂っています。どれだけ昨日が巨大なショック事例だったか。悔しいです。俺には個人感情なんてとても刻めないくらい昨日は悔しかったです。

青木のゴールが叩きつけられたCK時のインファイト。あの瞬間の轟音を肌で知ってるサッカーサポは8,069人だけです。あの悔しさこそが再興へ向かっていきます。

================================

dfさんへ。自分は堂々たる兼任サポです。繁忙さには非常に苦しんでいますが、鹿島サポとしての出自は消しようがない。身悶えるほどに毎日が愛おしい水戸と鹿島。韓国チームに敗北して脳天が沸騰したジーコスタ。苦しいです。でも自分の仕方無い生き方に後悔はありません。

================================

スカパー183chでの岡山vs水戸戦を観ていますが、桃太郎スタジアムはピッチと照明とアナの滑舌が良いです。手塚岡山の気概も。1点リードして受けに回った中2日日程。金テヨン、森村には身心困憊した90分間。岡山の退場シーンは順当でしょう。高崎が偉い。400点目をセレッソ戦に持ち越したのは理想的。西野のPKもどきシーンは微妙。本間の神セーブは基本力量の高さの証明だ。運動量は奮わない試合でもコツとキモチは籠もっていた。吉原というパーツがチームに響き始めている蒸し暑い生長の6月。セレッソ戦に向けてこの陽気な家族には、連勝癖は奇跡は、必ず起こり得ます。「みんなで」by吉原宏太。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00084828.html

================================

アメリカ守備陣。「スペインの攻撃性」を完封したんですね。これがサッカー。これもサッカー。

================================

曇天の梅雨の空。どんどんのしかかる「アジア敗戦の悔しさ」。歩こう。俺たちはちゃんと歩いていこう…涙。故宮本征勝さん他、数多くの茨城の先人の悔しさの上に、俺たちは立っているんですから。「悔しさ」…。勝て。克て。茨城

| | コメント (9) | トラックバック (1)

さあ。獅子たちよ。家族のチカラを信じて「勝利」に向かって走り駆け抜けろ!鹿島vsソウルFC戦!岡山vs水戸戦!

「アントラーズのサッカー!」「水戸のサッカー!」「集中力!」「最後はキモチ!」

勝ちます。俺たち、声出しサポーターは、必ず最後には勝ちます!意思のチカラこそ!言霊に奇跡は宿ります!

================================

>みずえさんへ。「この10年間以上、鹿島ユースだけはなんで2chサカ板にスレがロクに立たなかったの?」の「どんより」たる「独占者」の貴女とは、もうNOBUとは長い関係ですからhttp://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_64b3.html全部判っていると思いますが、自分はこれからも決して信念も行動も曲げません。「選手たちはあんなに一生懸命走っているのに、黙って座ってるだけでは可哀想なんじゃないですか」。サッカーは12名で闘います。ありとあらゆるパイプを使って、http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_4f4a.html2年後を目処に貴女たちを大東社長経由で改心させないと、鹿島ユースっ子たちには永遠に2chスレが立たないのです。全J1リーグ中で彼らだけですよ?100%、可哀想すぎます。「妄想と傲慢もいい加減にしてください」。2009年もちゃんと2度ほどの接触はあるでしょう。凄く楽しみにしています。

================================

写真ネタに関しては、私人はともかく、公人からの一切の制限は現在でも1ミリも受けていません。でも、ネットばっかりの方には可哀想ですからね。自粛しているだけです。

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2007/11/25/1125_313s.jpg

================================

さあ!雄々しく、参戦しましょう!闘いへ!国際決戦へ!

================================

自分はこれからも決して信念も行動も曲げません。「選手たちはあんなに一生懸命走っているのに、黙って座ってるだけでは可哀想なんじゃないですか」。サッカーは12名で闘います

================================

今、鹿ユーススレは確認したが、「アレがロクに立っている状態とは思えない」→ユースっ子たちに可哀想な状況こそ全然変わっていない→独占者

================================

というコトで、2009年、脳ミソが空白になるまで燃焼し尽くしてきたゴル裏中央部から帰還。

(「今日、闘わなかった者たち」は黙っていてください)

これがサッカー!これが、サッカーだ!本当に一つになった猛炎のゴール裏@ジーコスタ。A山リーダー。おつかれさま。(しかし、FCソウル+豪州人」も12名だった…)

>勝ちます。俺たち、声出しサポーターは、必ず最後には勝ちます!意思のチカラこそ!言霊に奇跡は宿ります!

の通りです。俺たち声出しサポーターは、今日の鹿島アントラーズは、インファイトの誇りは。

必ず、再興してみせる!!!!!

そう、最後には!ドンドン!ドドドン!鹿島アントラーズ!

(内田よ。泣くな。休め。今日、俺の周りには、本当にボロ泣きしていた鹿サポが何人も居た。個人史上10指に入る大感動試合だった…)

================================

そして。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00084792.html

ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。茨城のサッカー。水戸ホーリーホック。「勝利」。爽やかさ。細い希望の糸。繋がり。俺たちは、本当に、幸せ者です…!

| | コメント (21) | トラックバック (0)

「思い出せ。俺たちは常勝鹿島」「勝利への餓え」。ヤベ。やっぱり俺はブログ更新!明日は岡山vs水戸も!

正直、水戸の勝利試合の後は無理なネタ拾いでの記事UPより、「サッカーの勝利記事」を永く堪能する方が、閲覧者のみなさんの「自分の脳ミソで考える」にも繋がるかと考えていた処があるのですが。(先週もそう)

平日水曜ナイターにもちゃんと時間は空く茨城人にとって。オフトA代表→ジーコ世代の鹿島からサッカー好きが始まった者にとって。

↓のプロモーション映像は、ウチ震えるモノがあります…。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080182.html

「先人たちが遺してきた想い」

================================

「全力主義」。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00084717.html

「全員で勝ちましょう」

================================

実は、岡山vs水戸戦こそも、俺は、観たかった。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00084707.html

今は、本当に彼らの笑顔溢れる創造サッカーの成長ぶりを心底毎週観たくて、昨日の記事UPをしなかったのは、スカパーザッピング自宅観戦との天秤で苦渋に苦渋を重ねていた理由もあったんです。

でも、三沢光晴さんが、只の市井の一般人として同じ境遇に居たら「現場で一緒に闘う」を採ったような気がするんです。

自分は、生きています。だったら足は動かさなきゃ!

================================

このブログは今年に入って水戸系の色を非常に濃くしていますが、このプロモーション映像に出てきた「歴史」「誇り」「意地」「勝ち癖のコツ」。そして「インファイト」。

「俺ってインファイト流ってキライなんだよ!」

っていうのが、水戸系サポの大多数のご意見なのかもしれません。(少なくともほとんどの投稿者側はそうなのでしょう)社長レベル、高位のフロントレベルであっても。

でも。「何か」。

http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/topics/090221_2.html

何かは「自分の脳ミソで考える」して欲しいです…。「勝利」に向けて。空想じゃない。空疎でもない。お花畑じゃないんです。興行です。

================================

なお、swさんやdfさんへ。もう、自分は焦るコトは無いんですよ。ひたちなかでもそうだったように、サッカー自体の魅力に立ち帰る姿勢を示し続けるの方が、全く無価値だった「信じられません」やり取り(自分が結局7試合黙ったら「どんより」「平均1,901人」に至るだけだったでしょ?)を繰り返すより、大切なように考えています。優れた文章力の表現の場を求めたいのでしたら、水戸ホーリーホック・観客増員論考系の自ブログでも開設→さっかりん登録でもされれば宜しいのに…。(dfさんのアク禁は解除しますから、岡山戦のレビュー希望♪CBは小澤かも?)

================================

とにかく茨城のサッカー好きって、本当に幸せ者なんだと思います。こんなに毎日が楽しいんですから。

だったら故宮本征勝さん他、数限りない茨城県のサッカー先人たちの汗と涙に感謝を重ねながら…

これからもしっかりと、「勝利」に向かって、堂々と歩み続けるのみでーす!

================================

ところで、↓の「東国原氏の政治観は自民党を採った」という趣意のニュースを。

http://www3.nhk.or.jp/news/t10013816811000.html

これから電通マスコミ界が。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%88%90%E7%94%B0%E8%B1%8A&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop

どのように報道のスタンスを豹変させていくかどうか。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E9%87%91%E6%B7%91%E8%B3%A2&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=50&y=15

そしてニッポンの有権者さんたちが、どのように「自分の脳ミソで考える」していくかどうか?

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%88%90%E7%94%B0%E8%B1%8A&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop

自他共に「スポーツマン」たる現首相・麻生さん(ゴルフハンディ=9)は、結構好んでいるNOBUと致しましてはw

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vs-d2bc.html

このネタばっかりは、サッカー話の中に急遽いきなりにでも、ブログ記事に追記UPしておくキブンになりました。ちょっと刻んでおきます。「マスコミの豹変ぶり」こそが主語です。NOBUの予言です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

さて!「陽性な熱気祭り」「勝ち癖のコツ」の空気を堪能しましょう勉強しましょう!鹿島vs磐田戦!

設営隊企画には心苦しすぎるとも、サッカーサポたる者、試合ごとには、1チームに一意専心!切り替えはどうしても必要なんです!

今日は、鹿島vs磐田戦!

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090100010520090620.html

必勝!鹿島の神を、1ヶ月ぶりに呼び起こせ-!ゴル裏声援の奇跡のチカラで!チームコールの言霊には、超能力が宿ります!

================================

というコトで、文字通りに「勝ち癖の(持っているチームを造るまでの)コツ」に溢れていたカシマから帰還♪いやあ、けっして特に後半の試合内容は良く無かった。良く無かったのに「勝利」を納めるコツ!なんで、こんなに勝ち方が上手いんだろう?鹿島アントラーズ。もし今季優勝してMVPを決めるとするならば、自分は幾ばくかの投票は「皇帝」青木にも割いてやりたいと思った。また岩政にも。ソガにも。それだけ鹿島中央守備陣の守り方への自信は溢れていた。それに至るまでのオリベイラの指導。精神力管理。勿論インファイト。皆が一致していて、リーグ王者としての自負。経験。意地。誇り。今日の磐田サポは、内容的には肉薄したチームに大きな不満は残さないでしょうが、小さな大きな「差」。後半に良く追い付かれてしまう水戸には無いモノと、在るモノと。朴チュホは今日もゴールは弾かれてしまったけど(水戸時代以来まだゴールは無いはず。TRMですら)鹿島の勝利はいつも素晴らしい。今日はvsFCソウル戦のチケもちゃんと購入したし、それ以上に本当に素晴らしい「元気」を受け取ってきました。ありがとう。茨城県。そしてサッカーという素晴らしき万国共通言語。俺は、今日も雄々しく人生を進んで行きます!よっしゃあ!勝利&リーグ1位を堅守~!能動的に、熱狂するスタにこそ、ニッポンでは好順位が待っています!

http://www.jsgoal.jp/ranking/j1.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さあ!今日はスカパー柏vs鹿島戦!なお午前中は那珂市まで飛びツバメを撮りに行ってきました!

ハハ♪今日のツバメ撮りには大失敗してw

柏vs鹿島戦のスカパー180ch観戦前に、ヘロヘロ就寝前のNOBU~

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00082509.html

================================

ただ寝る前に、静かにちょっと俯瞰して、これまで奇妙だと思った変遷を、「考えています」…。

http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/mnewsplus/anchorage_mnewsplus_1234611015/

(「情報発信力」とは永遠です。当方に焦る事情はありません)

================================

おお!興梠の見事な逸らしヘッドが決まったあ!実はさっきからノソノソと仙台vs徳島戦、浦和vsG大阪戦(修正・汗)の共に引き分け試合を観ていたのですが…あ!?また興梠がハーフターンゴールを決めた!いや、柏に入団した澤ネタなんかも触れようとしていたんですが♪他所用(部屋掃除)もこなしながら、ニッコリ観戦中!しかし日立台の声出し応援、凄い…。

というコトで、自信と好体調に支えられた鹿島の戦い、2-0にてハーフタイムへ。いやあ、この試合は岡田ジャスティスの300試合目。一体鹿島戦は何試合目?組織が一個の有機体に見えるオリベイラ鹿島。自分の「チームワーク!コンパクト!」のほぼ完成形に近い処がある。(向上は忘れないけど→97年1st鹿島)このチーム、ダニーロとか田代とか岩政とかケガ人等もちゃんと出ていたんですが、余った外国人枠、何処に使うんだろう?存続に不安無く、安心して創造サッカーを見つめられる東部茨城人は幸せです

柏の澤、早々に選手交代。視野が前に前にだけで「察知」が足りない様子だったのかな。あちゃ!!19才FW:大津に好ゴールを決められた!CB反省!興梠もフカす。これが声援の怖さ。言ってる側から幻オフサイドヘッド?ヤバい!ホームのチカラ。青木のキャノンはあとわずか!でも試合にスイッチが入った!これが強さ。「優勝」するチーム。(水戸は足りない)モト→中田浩投入。多少柏のガスが切れた。あ、永井俊太が出てきたーっ!ジャスティス!怒。オガサが退場喰らったあ!ぬぬ、結束!プレーは仕方無い!78分、残りは家族!ぐぬ、ジャスティス、試合が荒れた!必死のインファイト。これがサッカー。10人+1人。大津のプレーはレッド!?酷い無能審判。必死の田代投入。一致の鹿島。これが「強さ」「優勝」。ロスタイム5分。絶叫するオリベイラ(聞こえてくる)。蔵川のシュートは人間の意志のカベ。田代の「鹿島る」に感動。そして。

勝ったああ!!!

ひええ~。しっかし、酷い審判だった。ヤバいファウルが沢山あった。両チームにケガ人が出なくて良かった。鹿島アントラーズ、おめ!都並解説、おつ(審判表現に対して)。にしても大津は怖い選手だったし、この人材で連敗してる柏サポ=みーみーさん他は今苦しいだろう。。。スカパーの女性が哀しい。深刻な選手。とにかく応援のチカラ。勝敗。インファイト。素晴らしいアツい試合。サッカー。ありがとうございました…

(ところでオリベイラインタビュー、出来るのか・汗)来た。ホッとしてる都並氏。そして一切審判ネタに触れない都並氏w。だからこの人物は監督という難稼業を支えられないんでしょう。

================================

ま、幸せ者な茨城サッカー好き。今週は火曜にもすぐ鹿島は中国戦!「真っ直ぐに一歩一歩」進んでいきましょう!だって、市井に居る限りそれ=応援しかないんですから!

0516_182s0516_212s0516_252s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

それにしても昨日の鹿島クラハの「静寂」の空気こそが自分には気になって心配で仕方ありません…汗。他ネタ

しっかし、2ch鹿スレ観たら、「昨日のクラハは観客が多かった」という語句を拾いました。

なぜ?盛爺さん時代に比べれば、昨日TRMの観客数はガラガラだったんじゃないですか?

================================

昨日、ばったり後半の鹿島Bは足が止まりました。誰のジャーナリストが観ても、後半は内容が悪くなったと見えたはずでしょうね。茨城新聞にも試合後の選手たちの表情は暗かったとかあったようですし。

================================

それは「NOBUの声」がアントラーズじゃなく、水戸側に回っていたコトに、鹿島の選手たちが試合中に気付いちゃったからなんじゃないだろうか。

================================

ごめんなさい。鹿島アントラーズのみんな…。現在の俺にとってはもう「彼ら一派」の居るクラハなんです…。

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_64b3.html

================================

昨日の鹿島4-2水戸TRM。水戸20番の征矢は、2年前のヴェルディユースに居たFWの子?ならば「NOBUの叫び」を高校生2年&3年時代から肌で見知っている選手かもしれません。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/nobunobu-7f54.html

昨日の鹿島の選手たち。上記の大騒動によって自分の「NOBUの叫び」クラハ通いは実質、セレーゾ政権最終年で終焉させられてしまいした。すなわち篤人や佐々木世代は「あの人=NOBU」と尋ねられてもおそらく知らないでしょうね。知ってるのは、小澤・中田浩・青木・増田・興梠・田代・杉山世代までと、後藤や小谷野・大道・川俣たちの河崎鹿ユース組までです。新井場には特に「アントラーズのサッカー!」への個人印象があるはずです。

それと、鈴木満部長。

昨日のTRM後半。動きの俊敏性が可笑しくなった層と、ピッタリ合っているような気がしてなりません…

================================

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   (闘莉王や小椋は)「NOBUの叫び」が育てた
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /   
   ノ `ー―i

じゃないですけどw、鹿島の生え抜き組で、「NOBUの叫び」「カシマクラハが静寂ベクトルへ暗転した年」以来の世代一式(篤人を除く)こそが、つまりパッタリ成長が止まっているような印象も深刻に感じ始めてきている、個人的水曜日です・汗

================================

ところで、生涯1度もAT車を所有した事が無いワタシ。

↓の記事には、我がR32の環境問題ネタも交えて、少々興味を払っていたりする通り雨の午後です…微笑

http://mainichi.jp/select/biz/news/20090513k0000e020081000c.html

| | コメント (17) | トラックバック (0)

なぜ今日のスポーツ紙一面に「小沢一郎辞任!」記事が不自然にも無いの?激怒!とにかく俺は今日も戸外へ→鹿島vs水戸TRM戦へ!

もう、NOBUには「他者の言うコトに従う」は、何もかもが信じられなくなってきました。必ず周囲が暗転していっただけ。だって今日のスポーツ紙1面記事ぶりは異常でしょう?中川昭一氏の騒動の際には、スポーツ紙はあれだけ騒ぎましたヨ。「小沢一郎辞任!」「西松建設問題」について、ニッポンのスポーツ紙のスタンスは異常に偏向しているように思えて成りません!

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%88%90%E7%94%B0%E8%B1%8A&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop

================================

「自分の脳ミソで考える」

今日は、自分は酷日程の中、鹿島クラハに行って精一杯の声援を水戸Bチームに届けてきます!よって今すぐ睡眠します。

================================

「独善性」「特権者」「そんなコトばっかりやってきたから水戸には観客がどんどん集まらなくなったんじゃないの?」「周りが退くが発生した」「淀んだ空気」「階級」「ボーグ77EDⅡは文字通り全長510mmで、長大なLフラッグより遙かに短いのですから、周囲への迷惑度ならLフラッグなどを先に指摘すべきじゃないでしょうか。一眼カメラによるスタンドからの選手・チアの撮影は許可されています」

================================

さあ!NOBUは能動的な始動。戸外へ!サッカーへ!

http://www.jfa.or.jp/training/players_first/index.html

「Players First!」、すなわち「プレーヤーを第一に考える」です。
日々いろいろな次元で何かを判断する場合、あるいは改革等で困難なチャレンジが生じる場合、そのときに必ず立ち返るべき言葉です

鹿島4-0水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-3672.html

鹿島2-1水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vstrm-4d0f.html

鹿島4-2水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/vs_b6ea.html

水戸2-2鹿島:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/vs_9a55.html

鹿島3-0水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/vs_0d5c.html

鹿島2-0水戸:http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_5702.html

================================

というコトで戸外が大好きなNOBU♪セレーゾ時代以来、通いに通った鹿島クラハに行ってきました-!にしても、NOBUだからこそ語ります。鹿島のクラハ、何時からあんなに空気が陰湿に静寂に変わったのだろう?今日の観客、水戸系サポの数とほとんど同数に近かったのでは。盛爺さんの頃と大きく変わった。歓声を一切上げるコトが許されないスタンド。サッカー専門記者さんたちが20名くらいは覗くなど、中田浩と大迫の登場試合だったというのに…。鹿嶋市民、地域密着は瓦解しようとしているのではないかと、俺は大東社長と再会談したいキモチで帰ってきました。「心配」。鹿嶋のクラハは、好ゴールが4本決まってもほとんど拍手すらもされない空間でした…
================================
と、それはさておき、如何にも2009木山水戸らしく「攻撃は素晴らしいが守備も脆い」チーム通りだった鹿島4-2水戸!まあ、水戸のケガ人に次ぐケガ人・急造DFライン・流経大勢混じりでは、内心鹿島の田代-大迫FW相手には非常に難しいだろうと計算していましたが、圧倒的に完璧内容だった前半の鹿島Bには、もう手も足も塞がれました・汗。でも流経勢がゾロゾロ出てきた後半、良くぞ「水戸のサッカー!」はその雛形を魅せてくれたと思う。島田中心に見事にブチ破った若き若き若き2ゴールのカタチは素晴らしかった!如何に鹿島が流し気味だったとしてもあのゴールは良かったですよ。俺は、悔い無く51号から帰ってきましたー!
===前半水戸布陣===
     20番征矢
  島田  遠藤  金澤
    中島  鶴野
森  加藤  保﨑  石川
     原田
===前半鹿島布陣===
  大迫  田代
 遠藤康    増田
  中田浩 船山
宮崎 當間 後藤 笠井
     小澤

================================
とにかく中田浩=船山の中央ボランチラインがウルトラ堅かった最初の鹿島!遠藤が船山にマンマーク気味に付かれ、鹿島全員が激しく中盤奪取→浅めの水戸DFラインの裏に次から次からパスが通っていく!加藤や保﨑が超苦悩する中、田代は高いし大迫は抜ける。消える水戸中盤。どんどん必死の好機が続く中…
前半10分頃:森が不自然なミスからカウンター、遠藤康か誰かにつけ込まれて乱戦で最後中田浩の攻め上がりにトドメを刺された!
前半25分頃:中盤で華麗に振り回されたんだっけ?最後、右からのクロスから大迫に簡単に至近ごっちゃんゴールを押し込まれた!
前半30分頃:回されていた中、オフサイドギリギリから田代に抜け出されて決められた!
以上、記憶アヤフヤながら、「とりあえず加藤の予測は良くなかった」(とうとう自分は彼に怒鳴りました…汗)
でも、圧勝展開で多少試合が緩んだ鹿島B。
前半40分頃:左サイドから森→島田の連携ドリブル崩しが華麗に爆発!最後、遠藤とのワンツー混ぜて島田が超技巧ゴールを決めた♪

================================

超望遠鏡越しに木山監督がド真剣なミーティング。前半途中あたりから素晴らしい基礎技術を見せ始めていた遠藤が後半はFWに張った。これで鹿島のボランチがDFラインに吸収され始めた!

===後半当初水戸布陣===

  遠藤  20番征矢
  島田   金澤
    中島  鶴野
森  加藤  保﨑  石川
      土井

===後半鹿島布陣(ウロ憶え)===

   佐々木  大迫  
  川嶋      増田
    中田浩  船山
宮崎  當間 後藤  笠井
       杉山 

上述の通り、まず混乱したのが船山で、前半がランニングサッカーだったこともあり、中田浩も疲れた。島田のキレキレにキレキレが始まって、20番征矢も多数外す。石川も対面勝ちし始めて、鹿島は守備練習に入った風情もあった。2度ほどの決定機を20番や鶴野のミドルが決めていれば…。されどサッカー。水戸は次戦に向けてさみだれ式に大幅選手交代→流経勢へ

===水戸最終形===

   20番征矢  島田

  29番流経大   16番流経大

      中島   鶴野
24番流経大  加藤  保﨑  石川

          土井

(さみだれ式で正確じゃありません。鶴野が前に上がったパターンもあり。保﨑が攻撃的に回った時もあり)

そんなこんなの中、混乱の不意を突かれて

後半中頃:軽いミスからカウンター気味の乱戦→佐々木を止められず、最後大迫に押し込まれたらしい!

でも16番が堂々たる大奮闘!他の流経勢もどんどんフィットして、リズムが完全に水戸に回った中

後半30分頃:最前線のチビッコ役として、田中達也同等以上にキレまくっていた島田。最後、右サイドから中田浩をスピードで100%抜いて、精密クロスを20番征矢がパーフェクトヘッド!!!!教科書通りのファイーン・ゴーール!

と。そのまま4-2の超活性試合のままホッスル。試合終了でして…

================================

まあ、今日のレポはいつもにも増して信憑性が悪いです・汗。鹿島の選手が背番号無しだったので、瞬時には遠藤康が誰だったのか判らなかったのと、水戸の流経勢と鶴野が相当流動的で俺自身が混乱した。ピッチの端に位置しますから、反対側のゴールは良く見えなかったし、鹿島には選手交代もあったかもしれません。

ただ、総じては「サッカーという文化は、実際に観に行ってこそ良かった!」かと…

正直、今日の水戸側には布陣がボロボロ過ぎました。それでもテキストに残すべきは「CB加藤は一生分の努力の奮闘を今こそ刻んだ方が良いんじゃないか」「予測と察知とコーチング方面」かと。自分は現在彼に対して非常に辛口です。それと、流経の16番他は大誉めしても良いんじゃないかなあ。反面、金澤は良く彼らを観察すべき処があったかもしれない。1ゴール1アシストの島田には「自信と反省」こそを。あの動きぶりを全然出せなかった時間帯にこそ、菊岡とのカベはあったかもしれません。石川には早くTOPで出したい成長ぶり。これに尽きるかな。とにかく前半は鹿島が気合い入って素晴らしい出来すぎました。それを3失点喰らった水戸B。でも反町湘南Aなら0-0でしょ?BチームとAチームのお給料の差とは其処にありますし、若い若い若い水戸の彼らには、其処にそれだけの「希望」「夢」が詰まっていた、今日の素晴らしい練習通りの好形だった2ゴールだったかもしれません。なお実は試合後かなりウジウジ待っていたのですが、今日の匿名選手たちの素性はとうとう探れず・涙。ユース界好きとして自分に想像する名前はありますが、公表すべきじゃないんでしょう。ただ今日の後半は、互角以上の大奮闘。その金メダルは匿名4名たちに上げたかったですね…

================================

ということで、乱文が酷い。時間無い!すみませんっ!明日にも校正すべき!(西松建設の件は意外な感謝)ま、2-4負けでしたけど「若さ」は欠点でもあって、美点でもあるんです!サッカーという「元気!」な文化には、今日も感謝一杯の火曜日でした!

================================

自宅にて写真チェック。ボーグ77は凄い解像度ですね…驚。ダントツ現ベスト機材。あと、すみません、20番以下4名は、どうやらユース世代じゃないです。同チーム(大学生?)からの練習生のようでした!

================================

えー、今朝の茨城新聞からの情報によると、島田→から綺麗にヘディング決めた20番は流経2年の征矢だそうですので、他の選手たちも中野・流経大からの参加者と思われます!

http://www.rku-fc.jp/

0512_193s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦渋の切り替えへ!鹿島vs清水戦!

身心ともに、今日の自分の消耗は酷いんですが…。(「2,329人」の件で)

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090100010220090510.html

いざ、「元気」を取り戻しに、ジーコスタへ出陣!

================================

というコトで、只今「勝利!」のカシマスタから帰ってきました!やっぱ、自室でウジウジしているより、サッカー自体の魅力に触れまくるのが、我が最良の投薬ですね!「勝つコツ」を知っている鹿島、強い~!見事な快勝!詳細などは一旦は触れませんけど、選手たち個々が「自主性」「大人」そして自信。内田の累積疲労などは心配ですが、日本人率の多い今年、3連覇の道を真っ直ぐに走る鹿島アントラーズ。総流テレサンターナ風4-4-2ゾーンは、やはりニッポン民族向けへは最強のサッカーシステムなんじゃないかと。3トップ系より完成の奥底がずっと深い証明を、今日の鹿島の強さからは感じてきました!

あと、大きな違いって、鹿島のゴル裏!間違い無く声援の総量が倍増して素晴らしい応援空間が一気に活性化している感じです!今年から2階席に移ったインファイト。そしたら却って、「主」の居ない1階席部隊が「自覚」「競争意識」「責任」を目一杯感じて、どんどん全員が声出しを奮闘する様になった印象です。ホント、素晴らしい好ムード!こりゃあ、他年に比しても、今年の鹿島は「優勝」への手応えに満ちあふれているんじゃないかと…。サポーターズカンファレンスで、陣頭に立った、早稲田ラグビー部出身:大東社長。鹿島という組織には、今、涼やかな風が流れているような印象を抱きました-!では。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-f350.html

| | コメント (16) | トラックバック (0)

「魂」「想い」がカシマと小瀬に集約される5/5!さあ、鹿島vs水原戦!甲府vs水戸戦!

とにかく俺は狂おしいくらいに、今の「水戸のサッカー!チームワーク!コンパクト!」を見届けたくて見届けたくてしようが無かった!本当に彼らの成長ぶりが今日こそ楽しみでいとおしくてしようが無かった!

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00082021.html

「魂」「想い」よ…届け!小瀬に!

FW:遠藤!吉原!「荒田の為に」。「ミドルの意識-!」「最後は個人技!」「アゴ引いて叩きつけろ-!」全員結束!そして咆哮!奇跡と「前へ。」を掴み帰れ!

================================

引き裂かれ日程。頂点。混迷。ストレス。カラダはなぜ俺に2つ無いのだろう???

でも冷静に見れば、我が体調には難が在ります(今日からまた激務シフト)。内田や岩政たちと同様に、今は出来る限りの休息で「勝利」に向けての準備を。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081994.html

だって俺にも「感情」の「日韓戦」なんです…。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/nobu-17dc.html

午前中は、深山の湖の静かな水面の様に…。

================================

甲府vs水戸戦、スタメン発表!

   遠藤  吉原

 森村     金澤

   村松  金テヨン

森  星野 鈴木和 保﨑

      本間

Sub:高崎、菊岡、中島、加藤、原田

「予測してコンパクトー!」「察知!」「水戸のサッカー!」

信じています。水戸B!

================================

ぐがあああ!!!???え!?え?俺!やっちまったあ!済まない!本当にすみません!鹿島アントラーズ!俺、今日の試合は19時キックオフだと奇妙な勘違いをしていた!(TV放映が19時からとのソースをチラ見した?)鹿島アントラーズ、3-0勝利!大岩!マルキ!マルキ!俺、2009年に入って、一番自分のコトが大嫌いに成っています…。堪えた。全てのネット罵声以上に、自分自身の無能さに堪えた…。

奇妙にも、コレでスカパー179chを観る道が拓けたのか?俺、今年はインファイトの優勝シャンパン掛けに参加する資格、無いね…orz。17時に試合終了したら、オブラディ堪能してのカシマ→自宅の移動は2時間前後。たぶん、スカパーの後半途中をチロッと間に合うかどうかだったか?事実は体力的に酷い状態ではあったんですが…。

================================

15時試合開始のカシマを俺が参戦外すとは、4年ぶりくらいだったか?はあ…。只今、鹿島戦を猛烈にネット探索中!「今季のベストバウト」の声も。鹿島アントラーズ応援サポーターのみなさん、本当に、本当に、ありがとうございました!スカパー182で湘南vs愛媛戦なども横目しています!湘南のピッチ、雨なのに素晴らしい絨毯の様。これはチェック要項なんでしょう。

うきゃあ!?スカパーの電波障害で映像止まったあ!俺が、全部の俺が悪いんじゃあ…

================================

▼J1

新潟3(終了)3磐田[東北電ス]
京都2(終了)0横浜FM[西京極]
大宮3(終了)0大分[NACK]
神戸1(後半)0山形[ホムスタ]
柏2(後半)1浦和[国立]
広島(19:00)F東京[広島ビ]
清水(19:00)千葉[アウスタ]

▼J2

岡山1(終了)0徳島[岡山]
富山1(終了)0熊本[富山]
東京V2(終了)1横浜FC[味スタ]
仙台3(終了)1福岡[宮城ス]
札幌0(後半)0栃木SC[札幌ド]
鳥栖3(後半)0草津[ベアスタ]
湘南0(前半)0愛媛[平塚]
甲府(18:00)水戸[小瀬]
C大阪(19:00)岐阜[長居]

仙台、逆転勝ちか…。「声出し応援のチカラ」?

================================

はりゃ!?GK 1 荻晃太って去年FC東京なんだ~♪

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/vs-d004.html

スカパーの映像復活。でも自分で取り付けたアンテナだから向きが微妙にズレ加減なんだろうか。好天の日になんとかしないと…(今、手を出して逆に悪化→ハマるのが怖い)。湘南vs愛媛、当然愛媛応援ですけど、湘南GK野沢、好セーブした。反町監督、キモチが強いチームを造っています。リスペクト。にしても今日の大勘違い、もっと大切な公的用事だったと想像するとゾッとしています。昨日の北茨城行きが大失策で、昨晩から風邪引きの初期症状っぽいですが…。

================================

さて、スカパー179ch、ちゃんと映った!14.1度、解説;塚田氏。落ち着いてて聞きやすいです。荒田のケガは「疲労骨折らしい」とのコト。水戸のアウェイ遠征組、「ココロは一つ」!豪雨の中、ありがとうございます!甲府との対戦成績は水戸が有利なデータ。キーマンには吉原だったけど、俺には「水戸B」組の遠藤、森。森はサテ5-0試合で荻に相性良いハズ。後半に高崎がどう吠えるか。主審「東城」。保﨑にとっては人生の修練場。甲府は左から攻めている。遠藤がそこら中でボールにガツガツ絡んでいる。豪雨だけど凄く見応えある。ラインのコンパクトさは好感触。甲府のマラニョンを守り切れ、水戸のDF。金澤が守備でもう少し重い姿だと良いんですが。ちょっと吉原の前線守備も軽いから主導権は甲府気味。でも試合の流れを掴む今年の水戸。村松はカウンター狙い中。金澤は速い。保﨑は使わないけど。遠藤に「ミドルの意識ー」。良し、それで成長は進んで行く。保﨑、守備でそのうちイエロー貰うんじゃないか。マラニョンにヘッドが危険だった。セットプレーのゾーン守備。保﨑の守備は超勉強中。連動して猛攻・29分。「ポストに当たった!」金澤?遠藤キレてる。「良い位置でFKを貰いました、遠藤」34分。豪雨の疲労なのに好攻め合い・好試合。吉原がシュート。森が猛FK。「両チーム共に得点はありませんでした」。新生水戸のサッカー。でもイイ感じで機能しています。遠藤の地上戦能力は高い。4様と星野の相性はコンパクトで合致してる。保﨑は練習&成長。素養はけっしてある。あと7試合もこなせば、SB守備の距離感は掴めてくる。あとは決定力。高崎&菊岡。このチームの層はレギュラーと一線。トータル3点くらいが入りそうな予感。そのサイコロはどちらか?守備は甲府、技量は水戸。円陣、吉原の目が怖い。あ森村イエロー。荻とは瓦斯同僚。テヨンが倒れた。大丈夫。村松も倒れた。本間も倒れた。森も倒れた。雨の超激戦。内容は水戸が掴んだ。あとは「荒田の為に」。森村に代えて高崎入れた。これは。。保﨑とマラニョンが過熱。アレオーコールが響いてきた。上位同士な好激試合63分。「決まったああああーーー!!!!!」おっしゃああああ!!!!吉原→高崎の綺麗すぎ、練習しすぎのカタチそのもの!おっしゃああああああ!!!さあ、「キモチは0-0!」。7勝2分け3敗のチームは嘘じゃないです。「水戸B」のチカラ、これからこそ。

「シュートーー!決まったあ!秋元!」

ぐむ。これがサッカー!水戸!水戸!水戸!水戸!金シンヨンは外した。キモチ。水戸。金澤→菊岡。フル燃焼へ。「本間がスーパーセーブです!」。「放ったのは村松」はバー直撃。死闘。死闘。83分。奇跡への切迫感。マラニョンは保﨑が防ぐ。高崎にPKは無かったがCK。次は甲府のFK。幸司祈る。ロスタイム3分。心臓止まりそう。「ここで長いホッスル!」。名試合。死闘。激闘。

新生「水戸のサッカー」。手応え。コンパクト。一致。ありがとう…

================================

うーーん、素晴らしい試合、甲府の選手たちが不機嫌そう。「J2・5強」。強いです。このチームたちは。今晩の自分は休みますが、こんな好サッカーを燃やし切った、水戸の若者たちと遠征サポーターさんたちに、「魂」「想い」を届けさせてください…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧