岡田日本A代表!

ニッポン人は食い物と女性危機の恨みにはウルサイんだ!さあ「鯨+ライアンコネル・ダービー」!「魂」を震わせろ!豪州vs岡田A代表戦!

まず。unさん、常識ある一般客さんへ。S席の住人たるみなさんには真面目にレス返し。ただ最初に、たしかに高い処に立って、相手を質問責め→疲弊にするのは楽なネット戦略でしょう。しかし、だったら

「水戸の選手達はあんなに一生懸命走り抜いているのに、座ってニヤニヤ見つめているだけで、恥ずかしくはないのですか?」

などと、数多くの自分がホーム試合前に発してきた問い掛け群(「一緒に戦いましょう」by木山監督、「Players First」なども)に対して、まずは姿勢を示すのが「フェアの精神」ではないでしょうか?そもそも水戸カンファレンスの機会で参加すべきなのです。自分が「信じられません」と多く繰り返してきたのは、「どうせ、けっして、彼らから返事は帰ってこない。行動もしない」だったからです。ぽちママさんに対して自分が異なった対応を示しているのは、理由があります。

================================

また、この手の問答は、6ヶ月前に白熱してさんざん論議しました。ワタシは7試合分、カッチリS席のスタンドで黙りましたよね。「サッカー観るのに気が散らない」ホスピタリティは快適だったでしょ?そして、その結果は、当の貴方たちこそ一番判ってるはずじゃないですか。「どんより」「周りから古参常連客の顔が試合ごとにドンドン抜けていった」のではないですか?数多くの荒田たちが一生懸命な闘争心で、走り続けて勝利を重ね続けていた奇跡の快進撃。つまり「見つめる応援」は「どんより」しか造れません。「ワー!パチパチパチ」流は不可能です。不可能です。鹿島メイン席の通りですよ。どんどんと観客は去り続けていくだけだったのです。

================================

とりあえず基本的には、今、ボールは水戸球団側にあるという認識です。6ヶ月前の論議のリピートしても益は多くなく、支障がそれなりに出そうな状態ですので個別にはごく軽くのレスに留めます。

================================

先に。常識ある一般客さんへ。まずチームの為には「冷却」を旨とすべしと考えますので、大きくは反応しません。ただ「観たコトも聞いたコトも無い」「ホスピタリティの為に」「ちょっとしばらくやり方を変えてみては呉れないか?」の会話がALLですよ。結果、7試合分やり方を変えてみての試行期間→「どんより」「古参客の顔が消えていった」に至ったのはご存知の通りです。ならば

http://mhhfront.blog64.fc2.com/blog-entry-184.html

「ホーム」をつくろう

に、「常識」ある一般客なら、今は出来るだけ協力すべきじゃないのでしょうか?

「常識」あるんでしょ?水戸の選手たちの笑顔が大好きなんでしょ?

「そんな中でも日曜日の試合、めいっぱい声援を送ってくださった皆さまに、心より感謝」

================================

unさんへ

質問1:NOBUさんはどこで応援されましたか? クルヴァの中に入りましたか,それとも離れた場所にいましたか?

普段はヴィエントの外縁部を好むのですが、今回は後述の理由で1ブロックほどの距離を取ってみました。ゴール裏、ほぼ真裏上段部ですね。写真参照の通りです。

質問2:笠松では(特に仙台に)ホームジャックされることを嫌っているNOBUさんですが,国立で水戸サポがホームジャックできるよう何かしましたか?

現場に居た方は全員NOBUを認識していたと思います。「集中力!」の声は、運良くDFにも届いたかな?勿論「声枯れるまで応援」です。

質問3:これは仮定の質問ですが,もしNOBUさんがクルヴァと離れた位置で大声を上げて応援していたとしたら,それは分裂応援であり,ホームジャックという状況を作り出すためには邪魔になったとは考えられませんか?

「中間点での渡り役」と言いますか、「熱狂層」と「見つめる層」の中間点での「増幅器」を先日は狙いました。栃木SC戦でもそうですね。これもご存知の方は判るでしょうが、チャントリードに自分はほとんどいつも従います。(失点時など例外はあります)まだ方法論は錯誤中なのですが、国立は予想以上に水戸ファンが多く、意外に地域が広範だったので…。総数が50人以下の状態のアウェイならたぶん「密集戦戦法」を取ります

質問4:国立のメインスタンドで,大声を上げて応援しているサポはいましたか?それともメインの客はまったり観戦していましたか?

写真をご覧のように、東京ヴェルディのメイン席には「NOBU」は居ませんでした。

でもだからがこそ、東京ヴェルディというチームの集客は凋落していったのではないでしょうか?つまりメインスタンドで,大声を上げて応援しているサポが東京Vには現れなかったから、「どんより」へ至ったんじゃないでしょうか?カシマのメイン席にもそうです。どうやら日本民族で見つめる応援では必ず「どんより」に至ってしまうようなのです。そして自分の当座の目標は、グリーンスタ・栃木SCのメイン席の姿です…。(更には浦和・新潟→レッドスターベオグラード流へ)

================================

うーーーーん♪

ハイ!深刻すぎるのは注意散漫にも繋がります!だから水戸好きのみなさん。今日は岡田A代表の航路に注目しましょうよ!基本的には今日は国家代表の対戦日なんですから!お隣のBグループにも注目しています!

ドンドン!ドドドン!アーレ!ニッポン!

================================

さて、起床!コメ群へのレスに気が逸れると応援チーム(今日は岡田A代表)が負けちゃうジンクスがあるので、一旦封印しますけど(文脈は間違えた)

「スタンドで応援に全力を尽くさないサポとは、選手たちがチンタラ全力を尽くさないにやにや負け癖に墜ちても、ブーイングする権利は無い。Players Firstに向け、それで良いのですか。”どんどんと観客は去り続けていくだけだったのです”なども問い掛けに含めたい」

ということで、スタメン発表!

      玉田

  岡崎 中村憲 松井

     今野 橋本

長友 闘莉王 阿部 内田

       楢崎

さて!BSには早野氏。前田秀樹さんの教え子、阿部と闘莉王がセンターバックです!早野さんも良くツインに出没してましたね。やや小粒感感じる11人ですが、試合開始!FK取るも、豪州の守備の巨木の森林。全試合無失点は確かに凄い。7万人声援のブーイング。個の迫力。鳥が邪魔。この両チームはにやにやチンタラでは絶対に無い。豪州の猛攻!ケーヒルのシュートは枠に行っていた!キモチのブツかりあいが早速厳しい!遠征組は声援ガンバレ!大和田など水戸CB組には、このヘディング猛襲は教科書になる。しかし玉田のカラダの小ささが気になってしまう。ヤナギの方が豪州CBには怖いかも。内田が名実とも今日は中核。濡れたピッチ+パワープレー合戦が多いだけに、今日は疲れる。玉際の激しさで、ニッポンの小さい俊敏性が相殺する豪州戦術。図らずも守備重視布陣で両翼での勝負策は正解解だったかも。今年の俺が良く呟いているけど「CKを取れ」か。山本解説が1年後ばかり語ってて気障り。今の試合を勝てよ、解説力で。主将は楢崎か。遠藤が居ればと感じている31分。CKを取らないと。久保が居れば。俺も現地で発狂応援したい。豪州も手立てを封じられてる。サイド対策が両チーム膠着してきた。対空戦のミスが怖い。

闘莉王-!ワンチャンスをモノにしたニッポン!宣言通りにオーストラリアの無失点を止めました!

やああたあああ!!!野菜ジュース好きの水戸魂!いや、危ない!一転、殺意が籠もるメルボルンは笠松S席じゃない!モノ凄いブーイング!殺意。この試合以上の修練の機会は2度と無いぞ。44分、松井がFK→ニール。ここで前半終了。うむ!ライアンコネルの悔しさ、絶対に晴らすぞ!オッケイ!BS福西、爽やかw。今日は後半、闘莉王に巨大な責務が背負わされる1日。豪州の猛攻に猛攻をどう交代策で勝利するか、岡田監督@早大→古河出身。大西鐵之祐先生を浮かべている俺。早野=福西が面白いw。予選総ゴール集が映ってるけど、俊輔FKと遠藤PKが今想うと重い。これで落ち着いた。グループBネタ。20分経過:韓国0-0イラン。韓国には朴チュホも縁あるけど、当座はイランが気になったり。あの国、選挙で大騒動だったハズ。実は中東、1チームは送ってやりたい、イラク映像好き。拉致国家は神様どう見るのか・怒。闘莉王のガッツポーズ、素晴らしい。さあ、猛攻の後半キックオフ。集中力-!体躯を活かして圧力戦略。疲れる→内田。阿部の奮闘は誉めて良い。CK取ってるのは豪州だ。どう試合に勝つコツを掴むか。ジーコスピリッツか。10分、松井はフカした。松木解説が闘将SBらしく守備には本気。岡崎が守った13分。

「またもこの男に決められました!ケーヒル!3年前との違いを見せるのはここからです!」

くそお!ニッポン!×16!ここは笠松S席じゃない!水戸アタッカー四銃士よ!この轟音をTV視聴から刻め!俺は闘う!ミートしない松井!この豪州轟音にもどんどん打ち克てるサッカー若者を育てるのが我が水戸ホーリーホックの責務だ!闘莉王がそうだ!松井→矢野。突貫へのスペースはあるか。ファウルが増えた。間延び状態の闘争心戦争。楢崎が凄い架空セーブした。194cmケネディ注意。豪州猛攻、守る楢崎!

「また、またこの姿を見るコトとは思いませんでした。またもケーヒルに決められたニッポン、逆転されてしまいました。騒然とするメルボルン」

負けない!俺はゼッタイ負けない!勝て!逆転しろ!靖国の英霊たちに恥ずかしくないような声援で逆転を!34分、CK!遠征組に魂声援を!矢野!荒田や高崎はTVからどう成長するか。FW交代、興梠。跳ね返すオーストラリア。橋本を興梠に代えた!ライアンコネルの悔しさを晴らせ!興梠!玉田の左足。闘争魂。ロスタイム2分。「諦めるな!」

ニッポン!またもオーストラリアに敗れました。

負けるな!克て!克て!ニッポン!!

ニッポンのウルトラス。声援ぶりはどうだったのだろうか。ライアンコネルの悔しさ。悔しい。悔しい。俺は悔しい。笑顔の豪州人。逆転負け。岡田インタビュー。忘れないぞ。俺は負けず嫌いだ。チカラの差はあった。順当以上の結果だろう。闘莉王インタビュー。水戸の悔しさ。「日々を過ごさないと」。聞いてるか、水戸。中村憲インタビュー。オガサだったらどうだったか。「精進していかないと」。今野インタビュー。人間力コメ。俺は「土壌」からこそが「課題」だと思う。最後フカした中村憲。この「差」。生き様の差。豪州は強かった。4大リーグで通用してる選手は俊輔一人。豪州人はプレミアに何人行ってる?今日の確かな差は、プレミア=フーリガンの観衆の殺伐さと、Jリーグの優しさの差ではないか。フカしたのは中村憲で、叩きつけたのは多民族人=闘莉王だった。「土壌」。

================================

あ!イランが先制したー!こりゃあ、韓国CBのミスが悪い、言い訳ナシの失点形だ。

================================

悔しい。俺は負けず嫌いだ。ごめんなさい。ニッポンのサッカー少年たちに、今日の闘莉王たちの悔しさが受け継がれることを祈って。今日は無言で落ちます… 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

応援エネルギーの源泉はサッカーというスポーツの魅力とダイナミズムに還ります!その棟梁たる岡田A代表の資質如何に?見極めよう!vsカタール戦!

最初にまず独り言。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bdc.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/11-7d61.html

「氷」は、必ず、溶けるよ。

「めいっぱい声援を送ってくださった皆さま」より…

================================

さて♪

「堂々と」!

今日は「ニッポンのサッカー!」=岡田A代表戦!

ワタシは今日も、人生全ての自信と確信を抱いて、「サッカーというスポーツの歓喜」こそを、見つめていくだけです!

================================

さて、テレ朝とBSのダブルモニタに備えてちゃんと起床!昔のW杯映像がJ-NET時代を思い出させて感動します!この数日のワタシ。政治好きサンたちには釣られずw、ココロ静かに「翔ぶが如く」を読み進めていたんですが、西郷隆盛サン流。今日は岡田ジャパン+大木コーチには堂々と「日本人の誇り」を見せて欲しい。実は早稲田大出身:岡田監督のインタビューで

http://www.asahi.com/sports/column/TKY200906090261.html

――エコの活動も。

 大学時代から30年近くやってますんで、淡々とやってます。環境問題の中には、地球の人口が10分の1になれば多くが解決する。そういう根本的な矛盾があるから、自分への言い訳のような感じでやっている。

の項には非常に刺激されているんですが(大量に原発を造るしかないんじゃない?麻生サン。水戸ホーリーホックには原発関係のスポンサー様もいらっしゃいます)、西郷隆盛サン流ならこういう目的が不明瞭=矛盾な試合でこそ、その価値を見出していくような気がします。大西鐵之祐先生流でも。

さて、我が君が代は大斉唱!石井竜也さん、茨城人!非常に良かった!ブースの岡田監督の表情も怖い~!前ちんの大親友♪篤人も先発、さあキックオフ!

       岡崎

  玉田 中村憲 俊輔

     阿部  橋本

今野 中澤 闘莉王 内田

       楢崎

「ニッポン先制点!!」

よっしゃあーっ!うっちー!なんだ?このニコニコ感はw。カタール、サッカーの神様に緩んでいる?カタールにフリーのヘッドが在った。このチーム、前ちん色=阿部と闘莉王が守備しています。大木コーチもJ2に知識深いサッカー指導者です。将来的には中澤縁で小椋が絡んでも可笑しくない。勿論、水戸アタッカー四銃士も。遠藤や橋本ときーやんもG大阪時代に縁ある?

カタールのサッカーぶりがあまり怖くない。カタールのGKは相変わらず体躯デカい。背番号2?日本もFWが消えてる。真剣に試合見てますが、36分。大木甲府3トップの弱い内容時みたい。「包み込むような押し上げ」が無い、またある意味では木山水戸の悪いケース。41分、酷い決定機。「応援エネルギーの源泉はサッカーというスポーツの魅力とダイナミズム」に大失格な前半。玉田が「怖くないときの吉原」にカブる。失って転んでる。

「ハンドでしょうか!?」「玉田の処でしょうか?」「ノーゴールです」

場内アナはバッドジョブ。シーン見た瞬間にノーゴールだと見えた。「辛うじてニッポン、1-0とリードしています」。最初の先制点は良かったんだけど、ホント悪いときの木山水戸みたい。中盤で「包みこめていない」。カタールの前進力に後手を踏んで間延びしちゃってるんですが、こんな弱きボランチでW杯の本戦はボロ負けでしょう。ホームで好ピッチやぞ。遠藤が居ないとか、言い訳。ジーコ時代の映像流れてるけど、あの当時の方がチーム力の底が深かった。悔しかったら反撃しろ、大木コーチ。そもそも「漠としたテレサンターナ流4-4-2」の方が向いているんでは。根本には体躯で負けている弱所を全然構造的にカバー出来ていない。阿部と橋本がタイプかぶって役割が混乱してる。お、豪州1-0バーレーン。ダブル中村もこういう疲れているときこそ修正しないと。今野の攻撃力寡少も響いている。ガットゥーゾタイプの1stプレス役を阿部が背負うべきだと思うんだが。覇気が弱い今の日本。

玉田がトップ?後半開始。さっそく内容が悪い。俊輔が造った!4分。もう早々に選手交代した方が。

「PKですー」

「あー、逆を突かれました。1-1同点です」

(ニッポン!)×8!いやあ、ジャッジはエリア外とはいえ、内容に「覇気」が無い。NOBUが、ジーコさんが、大西鐵之祐先生が、一番嫌いな「覇気が無い」状態。疲れているなら、選手交代が遅い。阿部→松井。旧オシム勢は今日の中村憲も含めて伸びなかった。旧ジーコ勢の松井頼みか。玉田も流れちゃFWとして怖くない。ヤナギ呼ぶ?内田がロングボールの出し手役。如何に「コンパクト」じゃないか。

松井投入でかなり良くなった。ただカウンター喰らいそうな予兆も。15分。闘莉王奮迅。水戸ハングリー。流れが良くなった。決勝点を。選手は替えられる。玉田→興梠は予想通り。セレーゾ薫陶世代。「カシムがスーパーセーブ」。ダイナミズムが良くなった。攻撃は創造。最後は歓喜で。カタールも怖い。これがサッカー。何十回も繰り返してきたけど木山水戸はこのチームに短所も長所も似てる。4-4-2に変えて良くなったのは正解。日産スタが燃えているんだから観客に勝利を届けろ。俊輔→本田投入。興梠とは期待。「岡崎!枠は捉えず」。この策は使える。あとは「勝利!」。観客の為に。巧緻な猛攻。ロスタイム4分。闘莉王FW張ってる。松井が切り裂く。「そして此処で試合終了のホイッスル!」「ニッポン勝ちきる事が出来ず」

ふううううううう。ニュートラルでさほどの白熱の無いTV観戦。岡田A代表。ホーム戦でさほどの好成績は刻めなかったチーム。アウェイでは好結果。この辺も木山水戸に似てる。俊輔インタビュー。カタールはW杯出場チームより弱いのに黙させられた。FW=荒田+高崎は絶対に夢を諦めるな。闘莉王インタビュー。「責任もってやらないといけないし」。カント流か。最後、感謝セレモニーと中澤の挨拶があるのか。勝ちたかった。ニッポンのサッカー興行の盛り上がりの為に。木村さんが苦言言ってる。最終豪州戦が重要なリトマスになるけど、FW力が。荒田が交代枠でも使えれば。犬飼会長挨拶。岡田監督挨拶。「猛烈な負けず嫌い」。中澤主将挨拶。「とても幸せに思います」。そして「観衆のニッポンコール!」。サッカー。W杯本番。遠いね。でも魅力的だ。先人の悔しさ=坂本竜馬の死などを乗り越えて日本は扉を開けた。真摯に。真摯に。「諦めるな-!」

韓国vsサウジ、ロスタイム4分。朦朧の中、韓国猛攻0-0状態。サウジのGK、今回も好選手。最後の最後、「ハザージのヘディングシュート」。1人少なかったサウジ。死闘=W杯予選。韓国は今年もサウジに勝てない。Aグループは溶鉱炉。

================================

「サッカーに乗り越えられないカベはない」

岡田A代表。水戸集客。大変だけど人生は1人に一回こっきり。堂々と、悔い無く進むだけ。西郷隆盛サンだって人生を演じきった。進もう。自分の脳ミソを存分に使って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「熟慮し抜いた上、今回は岡田A代表の大きな節目試合にこそ集中します!」ウズベキスタンvs岡田A代表戦!

「ひたちなかは、自分も正居場所には苦慮しているスタジアムです。でも明日は高崎のチェックの為に○○さんに隣席するような何らかのJFA関係者が、S席を見聞する可能性を想定をしています。来るなら必ずS席です。特に犬飼JFAにとって”どんより”はゼッタイにどうあってもサッカーという文化に受け入れられるとは思えません。20ヶ月視点。危険。長期に見てのJFA心象への布石。永く悩み抜いた上、今日、土曜日夕刻には意志を籠めてプレ折衝には臨まないルートに至りました。純粋策へ。”盛り上がるって!”の共通項を信じて。今回はみなさまの素晴らしい設営準備。念を送っています!」

================================

というコトなんで♪さて、あまり体調も良くない。昨日の遠征で時間都合も窮屈だし。午後10時半に目覚ましセットは済ませました!しっかり「準備」です!「勝利」へ!内田篤人以下、ニッポンの若戦士たちへ!

================================

ぬーー??北朝鮮vsイランって、今日の17時から試合やってるのかあ-!でりゃ♪2chの海外サカー板へノソノソ~w

http://www.justin.tv/gamsanimcgto

================================

「サッカーって国際共通言語」「無限」「諦めるなー」「見つめる応援派は何を受け取る」

================================

(差し込まれたNPBプロやきう映像に怒り燃え盛ったスポーツファンの数は如何ほどかw)

とにかく「考える」処がモノ凄く多いスポーツ映像でした。好意。リスペクト。イランのGKには拍手ですし、イランの中盤総合力の低下には哀しみも…。とりあえず、北朝鮮0-0イランでした。

みなさんは、どう印象持たれたんでしょうか。「能動性」へ。「応援」へ。

================================

さあ!夜中はこれからニッポン戦です!

================================

さて、起床!あ!内田が欠場!大丈夫?ニッポン。我が家の2台体制でテレ朝・BS1のダブルモニタ。ウズベキが青ユニなんで奇妙なカンジ。君が代、一生懸命歌いました!さすがに凄いアウェイの声援。選手たちはどうか。

     大久保

 俊輔 中村憲 岡崎    

   長谷部  遠藤

長友 中澤 闘莉王 駒野

      楢崎

深い芝生。喧噪の中試合開始!

「岡崎-!岡崎が決めた!非常に大きな、大きな1点!」「シーンとなりましたね!」「岡崎が見事に結果を出しました!」(松木氏は間違えたw)

ど真剣に見ていた開始7分!ウズベキが弱くないがガサツさも見えると打ち込もうとした矢先!

「オフサイド!」大久保の詰めはオフサイド!ピンチ!更に反撃!TV映像が追えない・怒!ウズベキのファウルも酷い。CBが中澤と闘莉王でホント良かった。本番。激戦。22分。悪いチームじゃないウズベキ。フェリペも来てる。パス回しに圧倒的な格差はある。長友がキャノン。足首を押さえた!闘莉王ヤバイ!ウズベキにはジーコスピリッツを感じる。厳しい体躯攻撃連続。

ハーフタイムへ。BSの早野氏がGJ。さすがに自分も緊張感。

後半開始。繰り返すがジーコさんの魂がブツかってる。闘莉王は足首痛いからCBラインが下がってる?真剣勝負でPC打てない。20分、13番本田投入準備。中村憲を替えた。ボランチがヘバっている?そう。俺はNOBU。これは木山水戸の試合展開とまたも今日もそっくりなんだよ…汗。「中盤が空いてきた」→やっぱり。。大久保→矢野。岡崎を上げる?内田の鋼鉄の心肺と「鹿島るコツ」が居ない。苦しい。小椋でも居れば高崎でも荒田でも居れば。深い芝が消耗の敵。「ジェバロフのシュートはゴールの左」。34分。猛攻状態。長谷部にレッドカード?!?!?!44分!「結束」「諦めるな-」!岡田監督退席!監督は中澤!「大人」のジーコ部隊。「救われたニッポン!」。映像的に吸い込まれたと見えた…。

そして「4大会連続のW杯決定!」

はああ。「よっしゃあああ!」って声は大熊コーチ?岡田監督インタビュー。審判に怒ってるw。「これからがチャレンジ」「ワクワク」。NOBUの繰り返し。このチームは木山水戸にそっくりです。短所が構造的。中澤インタビューが爽やか!おめでとう!嬉しそうだ。ブラジルの砂浜を思い出す。俊輔。経験。中村憲「ベンチはみんな立っていた」。水戸でもやったら。笑顔。岡崎インタビュー。グッジョブ。素晴らしい成長直線!「ベスト4を狙って行くんで」「これではじまりだと思うんで」。伸びろ、若者。サポが喜んでいる。選手が喜んでいる。一緒。みんな一生懸命。サッカー。全力だったよね…。

おめでとう。ニッポン!おめでとう!ニッポン!!BSのクス玉がちょと寒いですがw、サッカー。幸せ者。俺たちは前ちんたち先人の積み重なった空しさの上に立っています。神様。ありがとう。ありがとうございました…

誇り高きニッポン!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さーって、今日は日本vsチリ代表戦!…の前に潮来のあやめ祭りまで鳥撮りに行ってくる?

ハハ、只今それなりに逡巡中w。

http://www.jsgoal.jp/japan/news/article/00083206.html

================================

さて、一生に1回くらいは観に行く程度に(薄~い)興味は持っていた「あやめ祭り」。

http://www.city.itako.lg.jp/cgi-bin/kanrisystem/kaview.cgi?no=103

たぶん今日を逃したら、メンドくさがりの自分は永遠に足は伸ばさないと思うんだ…。石川と鶴野がU-18合宿(3-7,3-7で共に負けた?鶴野はケガ?不明)でTRMすら組めない水戸ホーリーホック。こんな機会は確かに滅多にないんだが、やっぱり行ってくるかな??休息に充てるかな??(結構眠い~)さてさて…

================================

いや、やはり俺は戸外が好きだ!GO!

============================ ====

というコトで、ハハ。本当に行って来ました!日に焼けた&歩いた&日に焼けた&歩いた♪えーっと、あやめ祭りの最盛期には早かったですし、あやめ公園もふるさと館も予想よりは小さかったんですけど、長勝禅寺が凄く雰囲気良くって、心地良い散策でしたー!うん、やっぱり迷った時は、能動的に行動しちゃうのが良いですね。つまり自分は日の光に触れにくい生活をしてるから、無意識にカラダが日光浴を欲しているのかも。また、潮来観光は、花写真撮りも良かったのですが、上述のお寺参りの他に、湖岸での鳥撮りと、鯉釣りしてたのにアメリカナマズ釣っちゃったおっちゃんとの雑談が楽しかったー。ボーグ45EDⅡの花撮り運用は、まだまだ自分には下手っぴでしたけど、パナLX3は順調。あと、最後に寄った「道の駅・潮来」の農産物が安くて豊富で、只今料理に処している最中でっす♪小松菜→緑黄色野菜、大好き~!とりあえず詳細は一旦仮眠しての後ほどー!では。

================================

えーっと、岡田A代表戦までの仮眠前に一応まず

>野球を気安く語るな

の件は、米国のCDS爆弾が着火した瞬間、日米野球界(+英国サッカー界など)は、ノウノウと現球団数を維持出来るビジネスモデルは造れるのか?という疑念は、誰もが視野に置いておいた方が良いんじゃないかと思っとるんですよ…。勿論私見ですけど。

あと。>ぽちママさんへ

多くの質問に対しては黙殺しますね。ニッポン政府&マスコミ界の↓の対応みたいに・汗。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%B5%B6%BB%A5%A1%A1%CB%CC%C4%AB%C1%AF&DC=10

あと、

>ドコ主体の投資

の件は、一応「お金なんて所詮架空の紙っきれなんだから、今のウチに、ズル賢かった貧乏アメリカ人のように片端からお金→モノに換えちまえ~」理論を、ウチの母とか親族会議とかでは触れ回ってマスw。当座には「新車のプリウスかインサイトでも環境問題の為に買っておけ。換金性が高いから。あと、希土類のレアメタル関係とかは将来換金性が高そう」なんかかな?ま、「アメーロ」でネット検索してみる世界に近い姿を、自分は人生の中で「予測」してる部分があります。

つまり「数多くの年上さんたち」の「そんなコトある訳ないでしょ!・大爆笑」を、自分は経済界ネタにおいても、1ミリも「信じられません」な性癖は、あります。あと「ドラえもん」というマンガの「ジャイアン」という登場人物の行動様式を、細心に複層的に再顧しちゃう癖だとかも…。一応の、ご参考までに~♪ぽちママさん他へ…

================================

というコトで・汗、予定通り大寝坊して後半13分辺りから代表戦見始めたら、素晴らしい「出足っ!」の内容で圧倒していた、トータル4-0完勝!解説の小倉の全盛期のスタイルを知ってるサカ好きは多いと思うんですが、まさにその影が本田圭選手にカブって見えた90分間。自分は決して、3トップ系列好きな岡田監督にはニュートラルな立場だったんですが(前田さんの親友。今日は阿部=山口智の前ちん教え子ラインも見えた♪)、今日は冷涼な気候と若きキモチ、そして決定力と好相手の重なって素晴らしい結果が紡げたんじゃないかと思います!内田もちゃんと休めたし。前々から繰り返してますけど、T嶋氏という筑波大ラインを経由する岡田A代表と木山水戸の間には、非常に遠くはない関連を自分は探っているんですが、今日のA代表のサッカー内容は、木山水戸の素晴らしい時期の内容を見慣れたサカ好きであれば、最前線でこそトントンと「接近・展開・連続」する思想は非常に見易かったんじゃないかと。そういえば、デビューでサッカー脳の良さを披露した山田直樹は、あのツインでの水戸3-1浦和戦で、高崎と一緒に石川等の組織守備に完敗しましたし、水戸ユースvs浦和ユース戦なども「浦和ユースの山田」は意識して怒鳴った記憶ありますが、瞬間判断の積み重ねはこの年代特有の猛成長時代に入っていて、それを上手く察した岡田監督の功績は認めてやらなければならないんでしょう。委細全ては見ていませんし、自分は3トップ系列は好み続けないでしょうが、今日の冷涼な気候の試合内容からは誰がTVで観ようとも、哲学=「絵」=「接近・展開・連続」は届いたはずです!ふむ、シブトサ、頑固さ、打たれ強さ、足腰の強さ。前田さんも親友の苦闘ぶりは観ていたんでしょうか。如何にも質実・早稲田流。良い試合。望外に良い未来を繋げた90分間だったと思います。「日本を代表するサッカー」は、やはり魂の琴線を響かせますね…。代表の人気こそがサッカー全体の集客を大きく握るニッポン列島。オッケイ。頑張って欲しいです!ドンドン!ドドドン!アーレ!ニッポン!

   

0527_025s0527_366s0527_432s0527_361s0527_429s0527_365s0527_016s0527_008s0527_427s0527_0210527_425s0527_4680527_4690527_384s0527_395s0527_027s0527_028s0527_031s0527_030s

| | コメント (11) | トラックバック (0)

スカパー182ch・水戸0-0札幌戦の再放送を観ています&ペンタからK-7のスペック発表~!&湘南からFW山本孝平レンタル加入!&岡田A代表ネタも

嗚呼。札幌サポの声援量、スカパー映像を完全圧倒していたんだね…涙

昨日の札幌ボランチって、コロンビア代表=ダニルソンだったのか。あの黒人選手が1年間一度もケガしなければ、ノブリン札幌というチームは昇格ライバルに怖ろしいだろうと、昨日は観戦してた。

吉原の太もも。押し込めず。神よ。。。

都並解説、カウンターヲタ。ハハ。NOBU思想(テレサンターナ好き)とは、かなーーりズレはありそう。T.N.さん、お疲れ様でした…

HT。「サッカーの応援はこういう風に盛り上がるんだ、ってのは新鮮だった」by棚橋弘至。高崎に顔が似てる?オッケイ!俺は必ず観に行くぜ~!水戸市民体育館!「愛してまーす!」

後半初っぱな!「後はシュートの落ち着きだけですね」by都並。エンドウ。エンドウ。また遠藤…大号泣。

札幌のイエロー、ヤバイ系統が多い。昨日の試合内容は、水戸が勝利していたんだと思う。若き主審は、悪く無い安定性を見せたはず。

昨日唯一の遠藤→島田交代。あと1枚「監督としての能動性」はあったのでしょう。監督サイクル3年説。成長。そして無限の成長へ。

「ビッグチャンス、クライトン決めきれません!」。鶴野の途中投入機は失われたまま、吉田主審のホイッスルは吹かれました…涙

奇妙な静寂。いや、水戸S席は、あの当時、不思議な拍手三昧に包まれていました…

吉原。遠藤。でも、俺たち茨城者は素晴らしい幸せです。「青春」に沢山触れられた水曜日でした。

================================

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7107505

(4:00あたりが遠藤ボレー。)

================================

なお。全く無関係ネタ!

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/05/21/10883.html

(フム。今秋のニコンD400が、これで高価格設定が出来なくなった~♪オッケイⅡ!この好機種、「ピンのヤマの掴み方」は、はたしてどうなんだろう??)

================================

そして、全くの不意打ちで、新戦力の補強レンタルがやってきました!

ようこそ!水戸ホーリーホックへ!山本孝平さんっ!

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.05.21b

「水戸ホーリーホックで、自分の持っている力を発揮してチームの勝利に貢献できるよう
精一杯努力していきたいと思います。よろしくお願いします。」

http://www.bellmare.co.jp/?p=539

ふーむ、今回は全くの噂ハナシも聞かないウチに急遽来た-!J1経験のある統率型CBが足りない(4様は休ませたい)のは誰でも判りますが、金銭的に高額。其処での大柄のヘディング強いタイプの右利きFW/MF?法政大だから菊岡の1ヶ後輩だったというのが決め手!足のサイズ28.0cm。水戸のMFは堀や島田も含めて、みーんな左サイド系が多いからまず金澤との競争ですね。最終的に満生のカベは高いと思いますが、一期一会の貴重な7ヶ月間、一緒に俺たちと青春を燃やしましょう!家族へ!結束へ!背番号20。ドンドンドドドン!山本孝平!山本孝平!山本孝平!

================================

最後に「千葉合宿地が習志野秋津か稲毛海浜かの煙幕が未だに晴れないので熱があまり上がらない」岡田A代表ネタも~!

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00082925.html

ただどうにも、3トップ傾向が鼻につくチームは、奇妙な歪つ感がぬぐえません。俺には後半途中からの「つむじ風」を起こすべき戦術だと思ってます。アジアの夏では走力負荷が高い。興梠は名前貸しだけかもしれないけど、ホント、荒田が怪我していなければ…涙。そもそもアタッカー4枚は、水戸の攻撃4銃士の方が魅力と伸びしろは上じゃないかなあ。山田直輝も少し無茶だったと思う。香川含め、特に前線陣には少々個性とスケールが足りない印象ですね。では

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は銀歯が抜けちゃって歯医者に行ってきました!そして岡田U-20日本代表の発表はっ!?

水戸の「集客」の為にも、ニッポンの近代サッカーのプラスの為にも、水戸ホーリーホックの遠藤敬佑には、ぜひ、選ばれて欲しい・涙。だって「砂の山」は、裾野が広い方が良いのです。希望を、望みを、糸を、意図を繋げていく方が良いんですよ。貧乏無名チーム組織こそから、サクセスストーリーが紡がれる「夢」は、きっと、全サッカー界への掘り起こしに繋がっていくんです!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_93dd.html

================================

とりあえず、今日の歯医者では結構疲れました。寝ます。

自分はジンクス上も(微笑)、「果報」は寝て待ちます…

================================

あ、夕方6時過ぎてたー。でも、まだU-20の発表は無いの??

う。う。ちょっと水戸ホーリーホックの「集客」に向けて、胃も体調も良く無い…。

今日はこれでラスト更新になっちゃうのか?

でも今日の午前は、久しぶりに2005年の「田邊ブログ」だなんて掘り起こしてみたんで、最後に、パソゲー音楽界の実力こそが好きで高評価している、↓のフラッシュでも貼っておきましょう…

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/3610/aaj-fd.html

================================

此処の、「年下」のみなさんたちへ

「咲き誇れよ生命の華」

================================

うーむ、水戸の「集客」の為には、痛い。このJFAの判断は、本当に、痛い…涙

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20090414-00000015-spnavi-socc.html

GK:
松本拓也(順天堂大) 権田修一(FC東京)
増田卓也(流通経済大) 原裕太郎(広島)

DF:
鎌田翔雅(湘南) 椋原健太(FC東京)
山村和也(流通経済大) 村松大輔(湘南)
鈴木大輔(新潟) 佐藤将也(名古屋)
酒井高徳(新潟) 扇原貴宏(C大阪ユース)

MF:
渡部大輔(大宮) 鈴木惇(福岡)
大竹洋平(FC東京) 山本康裕(磐田)
清武弘嗣(大分) 水沼宏太(横浜FM)
大津祐樹(柏) 山田直輝(浦和)
新井涼平(大宮) 加藤大(三菱養和SCユース)
原口元気(浦和)

FW:
永井謙佑(福岡大) 宮澤裕樹(札幌)
大塚翔平(G大阪) 南條駿(阪南大)
宇佐美貴史(G大阪)

2chロンドン五輪世代より~

今年J1に2試合以上出場したU-20世代(第5節終了時点)

鹿島 大迫 勇也(FW/4試合1得点、225分)(プロC、リーチ!あと65分)
浦和 原口 元気(FW/4試合1得点、192分)(プロC、リーチ!あと64分)
浦和 山田 直輝(OMF.DMF/3試合、192分)(プロC、リーチ!あと63分)
大宮 新井 涼平(DMF/4試合、257分)(プロC、リーチ!あと83分)
大宮 渡部 大輔(FW/3試合、52分)(プロC)
 柏 大津 祐樹(FW.OMF/5試合、166分)
F東 権田 修一(GK/5試合、450分)
F東 大竹 洋平(OMF/3試合、125分)
横M 齋藤 学(FW/3試合、47分)(プロC)
横M 水沼 宏太(FW.OMF/2試合、24分)
新潟 酒井 高徳(OMF.SB/2試合、74分)(プロC)
磐田 山本 康裕(DMF/5試合、450分)
大分 金崎 夢生(FW.OMF.DMF/4試合1得点、342分)
大分 清武 弘嗣(FW/4試合、151分)(プロC、リーチ!あと32分)
大分 東 慶悟(OMF.DMF/2試合、34分)(プロC)

今年J2に2試合以上出場したU-20世代(第7節終了時点)

札幌 宮澤 裕樹(FW/7試合、524分)
札幌 横野 純貴(FW/2試合、19分)(プロC)
水戸 遠藤 敬佑(FW/7試合2得点、507分)
東V 河野 広貴(FW.OMF/5試合1得点、419分)
東V 和田 拓也(SB.CB/5試合、450分)(プロC)
東V 高橋 祥平(SB.CB/7試合1アシスト、630分)(二種登録)
横F 中野 裕太(FW/2試合、143分)(プロC)
湘南 村松 大輔(SB.CB/7試合、630分)
湘南 鎌田 翔雅(SB/5試合、450分)(プロC)
岐阜 橋内 竜真(SB.CB/4試合、360分)(プロC)
C大 香川 真司(OMF.DMF.SB/6試合3得点、525分)
愛媛 越智 亮介(OMF.DMF/3試合、109分)(プロC)
福岡 鈴木 惇(OMF.DMF.SB/6試合1アシスト、489分)

U-17を重視した、か。水戸の「集客」の為には、もはやギリギリ最後の好材料だったのでしょうが。サテライト;浦和2-3水戸戦の通り、能力は同等。でも年齢の伸びしろを見られたようです…。(理解は出来ます)

================================

豪雨の夜。みなさんへ。みなさんたちへ。

「咲き誇れよ生命の華」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さて視聴率はどう刻まれるか?日本vsバーレーン戦実況!

「独善性」というコトバが気に障りすぎる起床直後。ほしママさん、KEANEさん、同一人物説で貶め続けたワタシに対して為すべきコトはないのか・怒?足を踏み続ける「独善性」の傲慢さ。「こんなコトばっかりやってるから水戸は観客が減り続けていったんじゃないの?」

================================

さて、酷い体調不良でようやく起きましたー!完全に今日は風邪で寝込んでいる状態…。とにかくスポーツは「興行」でもあります。今日は眼前の敵にも、視聴率にも、勝って欲しい!ニッポンイレブン!

      玉田

大久保  田中達 俊輔

    遠藤 長谷部

長友 闘莉王 中澤 内田

       楢崎

開始13分。3トップはチョコマカと良く動いているけど、バーレーンは良く守ってる。内容ともかくオーバーペースじゃないか?アバラが痛い内田が少し心配。3トップ布陣は情報ダダ漏れだったんだから、事前準備は充分、マチャラ。CK、FKで良く攻めてる26分。そろそろちゃんと先制点が取れそうなんだけど。大久保の被ファウルは、確かにPKには微妙か。バーレーンCB、シブトイわ。このオーバーペースの展開は前にも見た気はする。そしてロスタイムはほとんど無し、ハーフタイム。勝てば良いです。サッカーの監督って、勝てば。90分計算でどう取る・どう勝つ?ハーフタイム修正で、途中交代策まで指示しとく方が良い。玉田→阿部でも入れて、闘莉王を張らせるか?交代策の計算は当然組んでいるはずだが。しかしバーレーンCBは粘る質が高い。水戸に居れば…。スタンドに温さと苛苛も感じる。基本的には退いてる相手にはCKを狙って獲っていけ→NOBU理論。そうすりゃ、ワイドに攻めていく意識にもなるんだから。

「入れw!入ったあああww!!!」by松木節

うおっしゃあ!まずは一安心♪これでW杯は8割見えたかな-。ありゃ?俊輔の口が血まみれ。痛くて気が散りそう。「内田惜しい」。あのトラップは難しいか。「田中達也-!」敵GKも良いな。「内田-!バーを叩いた!」19分。橋本投入?長谷部交代。更に玉田→松井。田中達→岡崎。でも最後にカード貰った。残り4分。そして、最後鹿島流時間稼ぎして

「ニッポン!ホーム初勝利-!」

ま、オメ。オメ!俊輔インタビュー。「ファン在ってのゴールです」。遠藤「必ずW杯に行きます-!応援宜しくお願いしますー!」

でも、文頭にも刻んだけど、「興行」としては単純には喜べないNOBU。「快勝」ってテレ朝テロップは引っ掛かる。「祭り」「熱狂」。失われた、何か「斜め下」。意識が「一緒に戦う」じゃない「ファン」…

================================

えー、今日は体調が本当に酷いのでもう落ちます。ただKEANEさん、21時00分って、代表戦の真っ最中の時間帯じゃないですか?一体、貴方は、ナニの長文テキストを打っているの?「こんなコトばっかりやってるから水戸は観客が減り続けていったんじゃないの?」の返答から、ずっと逃げ続けているほしママさんへは、今晩一杯までが一つの刻限です。もう興味自体が失われています。

================================

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」

とにかくまずはA代表も、ALLも、踏みしめていかねば…。そう、しっかりと!自分の脳ミソで良く考えて!

ドンドン!ドドドン!ニッポンのサッカー文化!

| | コメント (21) | トラックバック (0)

大西鉄之佑という凄まじい教育者・哲学者のコトバに圧倒されています。今日はニッポンvs豪州戦に集中!

「数多くのKEANEさん」「数多くのほしママさん」へ。自分は今、乾いた砂が水を含むが如く、大西鉄之祐先生のコトバに集中しています。そして、圧倒されています。特にサッカーネット界の発信者として重要な地位たる固定HNのKEANEさんには、今日の処は「ニッポンのサッカー」の「集客」にとって極めて重大なニッポン代表vs豪州代表戦の方に、出来れば集中して頂けないでしょうか?応援問題等は、ほしママさんへも含めて、明日以降に

・ニッポン代表で今成長している、清水の岡崎慎司等は、「見つめる応援文化が流行してしまった」クラブユース界からではなく、滝川第二が目指した「非日常的なエンターテインメント空間」である高校選手権組から羽ばたいていった

・静かで盛り下がっている観客席だなんて、つまり、サッカーという「興行」における「敗者」でないかい?

などで語り掛けさせて頂きますので。自分の信念は更に強固です。

================================

大西鉄之祐先生。今、2時間近く掛けても、まだ81ページの「ルールの前に人間あり-闘争の倫理」までしか読み進めていません。併著の伴一憲氏が哲学に造詣の深い方で哲学用語が多く、非常に読み進むのに時間が掛かっています。でも自分も一生懸命に真正面から取り組む覚悟を決めました。この方は、昭和15年に近衛歩兵第四連隊に入隊。以後、昭和21年にマラッカ捕虜収容所を経て復員帰還するまで、何人も何人も戦争で敵兵を殺してきた方です。そのコトバの迫力に全てが圧倒されています。

================================

「ルールを決めてそれを守れというのでは、ぼくは人間は進まないと思いますね」「ルールの前に人間があるという考え方からすると、教育は人間ですから。常識のルールの中でいくんじゃなしに、人間としてこれはいかんという、そこを身をもって教えていく。それが闘争の倫理というものですよ」(p76)

「人間」→「サッカー」に置き換えてみる?

================================

水戸の萩原武久強化部長さま。藤村昇司統括部長さま。市井の自分は、この著書を読み終わるまで、お会いする価値はないんだろうと思っています。

================================

岡田A代表監督と、大東鹿島社長と、岩政がこの書を読んだのは判っていますが、「大西ラグビー」という存在は大体今の50才前後のスポーツ指導者層には著名だったと思います。特に犬飼会長はお読みになったのでしょうか。スポーツ好きの慶応大学生なら、大抵ラグビー界にも関心が深いモノです。

================================

さて!切り替え~♪

今日の岡田A代表vs豪州代表戦!

http://www.jsgoal.jp/japan/news/article/00077521.html

水戸ユースには体力的に申し訳なさすぎて謝罪しきりですけど、今晩は代表サポ=NOBUの顔に完全に戻ります!http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_dcaf.htmlチカラを溜めて、今からキックオフの実況時間を待ちます!「最後はキモチー!」

ドンドン!ドドドン!アーレ!ニッポン!

================================

   田中達  玉田  

松井         中村 

   長谷川  遠藤  

長友 中澤 闘莉王 内田

        都築

さあテレ朝視聴開始!今は一切の他コメントは読みません!サッカーとは勝負に専心!闘莉王、微笑んでいる!

豪州の山火事で亡くなった方々に、深く黙祷…

豪州人(ライアン・コネルの記憶)サポーターが予想以上に沢山!

小学生21名の素晴らしい君が代!ニッポン!!大好きな国歌だ!(俊輔、歌えよ…)

審判はシリアセット!サポの気合いが今日は違う!気温8.0度。無条件にランニングサッカーには向いています!ドイツW杯とは異なる!

解説はセルジオ・松木。まずまず。ラインを結構押し上げているニッポン。

玉田が惜しかった。豪州、3ボラ気味との堀池レポ。

篤人が裏のスペースを狙った!闘莉王、パスミス?

闘莉王が「ニッポンでお世話になった方たちの為に」。Tさん…。昨晩、闘莉王が居た頃の新潟戦がやべっちで流れたらしいけど、あの試合のS席側で「トゥーリオ・ニッポンコール」を仕掛けたのはワタシ。

ケーヒルを内田が競り勝った!イレズミが醜い。15分。

豪州強い。守備が整備されている。松井がファウル取った!チッパーフィールドにイエロー!

俊輔FK!直接狙った!シュオーツァー堅い。

俊輔FKⅡ!ネットの上部をかすった!24分。

ウィルクシャーにもイエロー。これで両SBが喰らった。まずまず岡田ジャパンの内容。ただ豪州守備陣は堅い。「コーナー取れ」byNOBU

「遠藤の右足!カベに当たる!」あっという間の38分。

42分、決定機があった。

「前半を終わって0-0。スコアレス」ふう。さすがに緊張感。BSに振ったらニュースやってた。田口八重子さん…。全部。(怒)

BSは人間力だったのか…涙。どうやら後半もテレ朝で良さそうだ。

内容は0-0狙いのピム豪州。両者にとって範疇内。此処からのプラス底力が何処まで試されるか。内田という駒がドイツとは異なってる。長友も良い。

北朝鮮がサウジを破ったのか!?モノ凄い応援映像だった。ピョンヤンのラスト5分間の盛り上がりとか、どれだけ凄まじかったコトだろう?ゴールは素晴らしいモノだった。さて、テレ朝に戻る!両チーム交代無し。後半開始。

もう7分経った。豪州の凄みが上がっている。中盤のせめぎ合いが激しくなった。

真剣。俺も。松井が大久保に交代。ヨシトチャントを歌ってる。コーナーを取った!またも取った!「黄色いカベにブチ当たるようなカンジですね」セルジオが久しぶりにしゃべった。15分。FK。

内田がエグるも豪州の中央のCBの森が堅い。これもサッカー。「コーナー取れ」byNOBU。

オッケイ!達也が取った。これを繰り返す!残り25分。ニッポンは精緻さで勝つ。

「シュウォーツァー!」「惜しかった大久保嘉人!」GKも良い。

「遠藤のシュート!」「シュウォーツァー!」キモチ!ニッポン!

必死。長友。28分。俊輔がコーナー取った!

「ああー!越えない!」by松木氏

「玉田ああーー!」「枠の外!枠の外!」33分。ロスタイムに何かは起きる。サッカー

岡崎投入。豪州がやや落ちてきた。田中達と交代。達也の目が光ってる

ケネディ投入。これもサッカー。38分。ブレシアーノ。枠の外。ケーヒル交代。

「ああああああーー!!!」「味方に当たったんですね」

「残りあと5分を切って」被FK。

「ケネディが飛び込んできた!危ない!」

FWのカーニー投入。ロスタイム3分。ブレシアーノ交代。ニッポンに「大黒」は居ないのか

闘莉王がFWか!?

「ホイッスル吹かれて、試合終了!」「スコアレスのドローという結果になりました!」「ご覧の様な順位・勝ち点になっています」

岡田氏の表情。切羽詰まってる。大西鉄之佑の魂は宿っていたか?

「貴重な勝ち点1」?奇妙な雰囲気の横浜国際。これで、最終節まで厄介なコトになった。「ニッポンのサッカー」の「集客」はどうか?

中村憲他オシム組って、消えたな。アウェーの戦いが最後に続く。ニッポンに闘莉王、中澤以上に戦士は居るか?

数回決定機はあった。でもこれもサッカー。奇妙に静寂しているらしい、横浜国際。遠藤他、インタビューが続いている。今日でジーコは越えられない。

KEANEさん。何してはってんの…涙。KEANEさんでしょ?今日は「豪州戦」の日ですって…。変わったというより…はあ。

テレ朝終了。BSに切り替え。人間力の「薄さ」ってのはどうなんの??(怒)この人、大西鉄之佑はおそらく知らない。闘莉王と大久保の真剣すぎる表情が歩いている。

バーレーンvsウズベキ後半10分すぎの時点で0-0。イランvs韓国もまだ0-0。北朝鮮の映像はやはり凄い。

================================

勝敗を決めるのは「ニッポンのサッカー」の「集客」です…

================================

「次に繋がる勝ち点1にして欲しい。心の底からそう思います」。BSの放映が終わった。キューバの倉敷節が流れてる。最後のアナウンサーの言葉は良くぞ紡いだと思います。

状況は混沌化した。最終節までモメそうか。豪州の守るサッカー。これが世界。やはり甘っちょろくなかった。CBは堅かった。

================================

あー!!!!!BS倉敷節!ジーコ特集!!!!!!うおっしゃああああ!!!!「NOBUの剛運」!イタリア戦にはセレーゾも映ってる。ジーコさん。表情。強靱。

キターーー!!!住金グラウンド!!!!!すーさんも映像に映ってた!!ビール掛けー!

ドイツの記憶。

「ワタシはいつも決意に満ちた人間でした」byジーコ。ジーコさん…。NOBUも目指します。(明日も大西鉄之佑の読書の続きでしょうか)

================================

魔性の剛運を伴っていたニッポン。「コンフェデのサッカーが史上最高峰」。でもホームで勝てなくなった。岡田監督への責任の一端は、練習公開でサポを冷遇したコト。あれでサッカーの神様は必ず怒っている。

================================

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」。

しかし時計の針は、前方にだけ進んでいきます。岡田監督。日本代表の戦士たち。まずはお疲れ様でした…

ドンドン!ドドドン!ニッポンのサッカー!

| | コメント (33) | トラックバック (0)

今日は岡田ジャパンvsフィンランド代表戦!午前は百里+鳥撮りにも行ってくる?

ワタシは、応援問題に関しては「実サッカーと一緒」。「最後まで闘争心燃やして足を動かし続ける」「試合中の戦術変更も勝利に向けて考える」「広い視野と創造性」「体力と精神力」等で臨んでいこうと思っています。(JFAメールも→「広い視野」)

================================

その。

>「最後まで闘争心燃やして足を動かし続ける」「試合中の戦術変更も勝利に向けて考える」「広い視野と創造性」「体力と精神力」

は果たして、今日の岡田ジャパンには、揃っているのでしょうか…?

http://www.jsgoal.jp/japan/news/article/00077254.html

>「懐の深さを伴った余裕」

================================

自分はけっして「岡田氏のサッカー観」が嫌いな方ではない。Jリーグ優勝者。旧古河電工のサッカーにはリスペクトが多いし、展開&集散の方向性もけっして大ハズレはしていない。

でも、「何か」が噛み違っているジレンマ。憤懣。不完全…

岡田ジャパン。自分は対豪州戦には、鹿島vsアデレードなどで結構な借りがある。豪州にはニッポンのチームは勝利して貰わないと、鬱憤は納まらない。納まらない。

基本的には、ゾーンかマンツーマンか、守備の受け渡しの処を、今日もTVの画面上で一番注視して見つめていきたいと思っているのですが…。(特に内田)

================================

今日は、水戸のツインへはたぶん行かないかな。あまり戦術練習レポで立て込むのも難ですかと。その代わり、澄んだ空気を吸いに行った方が良いかも。自分のアタマは「冷却」した方が良いです。「整理」した方が良いです。

================================

えーっと、しばらく戸外に出てきます。代表戦の時間から当記事はコメント公開します。実サッカーでは、HTにアタマは冷やした方が良いときがあります。

================================

そして、ホントに午前中は戸外出て「元気」になってきた証拠に、撮ってきたヘボ写真も貼っておきまっすww。ハア~。しまったあ。真っ昼間だったというのに、俺。ISO1600・ノイズ除去HIGHのままじゃん…orz。(ちなみに写真下手っぴ・機材頼み者は、光学新兵器の導入を着々と検討中かも)

0204_131s0204_175s0204_135s0204_199s 0204_236s

================================

というコトで、フィンランド戦視聴&実況開始~♪コメント欄もちゃんと約束通りに解除しますー。

       玉田

  香川  岡崎  中村憲

     遠藤  橋本

長友  中澤 闘莉王  内田

       都築

都築の対空力は結構カギ?岡田監督、非常にガチな印象。手堅い、ほぼ最強布陣に近い。

君が代。綺麗だったあ!小学生っ子たち。美味しい学校給食一杯食べてこれから大きく成長してね。選手たちも、一人残らず声出して歌ってた!良い流れ?NOBUも真面目に観るようになったし。

布陣的には「ゾーン受け渡し系の中盤選手が一遍に増えた」。此処は注目&好感。内田は今日は安心して羽ばたけるのではないか?

フィンランドは大きいが湘南並強さ。FWが裏を取れるシーンは増えるだろうが、最終的にはカベとの個人戦。さて、決定力。玉田は元来2トップ系の選手だと思う。内田がFW的に絡み上がっていくシーンはあり得るかも。遠藤とケンゴでパスは造れます。香川には準・最終試験かも…。創造性と修正力。

6分。フィンランドに攻められた!闘莉王は体調良く無いな…。内田の6番は違和感。フィンランドはCBの森を造っている。運動量・相当節約モード。

岡崎が2列目から良かった。ケンゴ基点。9分。国立は芝がイマイチ。今日は寒いんだし、ニッポンの観客さまには2ゴールを届けないといけません。岡田監督。湘南以上に。

あ。岡崎ーー!!!!

「落ち着いた左足からのシュート!「今のは内田ですか?」よっしゃ♪まずは反町湘南には追いついた!これでほぐれますね!内田のアウトサイドは精緻だったわ…。岡崎は好調!グッドシュート-!15分。

ゾーン受け渡し。今日の針は相当ゾーン受け渡しに振ってると思う。好感。ケンゴと橋本の疎通が良いカンジ。フィンランドが全然走力無し&半諦めモードな事情は考慮しないといけませんけど。

この布陣は良いんではないかい?俊輔とか海外組って、豪州戦の途中投入要員での方がリスクレスな気もする。今日はゾーン系統を見定めたんで、もう結構安泰モードに入ってるNOBUだったりもする…。23分。前半中に、まだ2回以上は超決定機造るかな。

注文は「CK取れ」。綺麗なゴールはどうせ下手なんだ。ニッポン人FW。CK取りを組織として狙った方がチカラは安定して出しやすい気がするな。アウェイもあるし

ありゃ!?ミドルが危なかった!やっぱり国際人:フィンランド。怖い処は怖い「世界」!経験。

TBSの映像はまずまず。流動性が見やすくて嬉しい。解説も金田氏。

あ。岡崎ーー!!!!

オッケイ♪(ニコニコ)2列目からのこの動きはケンゴのタクト。でしょ?「もう結構安泰モードに入ってるNOBU」。フィンランドは昔J-NETでKEANEさんたちとも語った、フラット系のDFシステムの意識もあるんじゃないかなあ?2列目の追い越しには、ニッポンのアジリティ系は一番組みやすそう。あ、内田がヘッドの競り合いで奮闘した~!

フィンランドのボランチ連動は辛く見ても宜しくない。相当不完全なチームですね。ニッポンの中盤を掴まえきれなすぎ。ベストなら相当の実力はありそうな体躯集団ですけど…。闘莉王がヘッドが惜しかった!39分。

香川が体重が軽いしサッカー脳も軽い。カベがあと1枚半残ってるか。ケンゴはこれだけ弱いチーム相手だと一番に輝ける夜になる。ゾーン基軸で、全体が安心し守備出来てるか。

「香川、3人を振り切って決めました-!」

ふむ。でしょでしょ?「もう結構安泰モードに入ってるNOBU」Ⅱ。香川の技巧は素晴らしかった。フィンランド、可哀想な遠征でした。秋葉観光でも出来るかどうか。「ニッポン、前半に3点を上げています!」。ハイ、フィンランドは順当に切れましたかと…。ツマんない。国際Aマッチにこだわった田嶋幸三さん?もうちょっと柔軟なマッチメイクは出来なかったか。走れないコンディションのチームを、アウェイ戦に連れ出したらこうなる。5点は目処試合になっちゃったか。とにかく岡崎の2得点の決定力と「最後まで闘争心燃やして足を動かし続ける」は大賞賛すべきだと思う。ナアナアと目先に折れちゃ、ダメ。永く観て、駄目。ニッポン。

フィンランドにも2度攻められた。後半はどういう試合テーマにするのか?岡田監督構想。岡崎と香川とケンゴと監督自身には、重要な延命テーマ。「試合中の戦術変更も勝利に向けて考える」「広い視野と創造性」「体力と精神力」。

「さあ、後半が始まります。フィンランドのキックオフ」。フィンランドってNHK「ニルスの不思議な旅」押井守監督の舞台だったんだっけな~。スェーデンだっけ?

「ニッポン、セットプレーから失点!」

ありゃああああああ!!!!!怒怒怒!あー、観てて超油断してたー!やっぱり、闘莉王は試合勘が戻っていない!怒。都築は今後の人生にこれで、遠い失点になったかも…

「惜しいじゃ駄目なんです」by小倉氏。フム…

闘莉王、交代。これで花試合モードの観客席。人生モードは香川。さて…。フィンランドはCBの森。コーナーが良いと思ふぞ…。俺。

「中澤ーーーー!!!」

さ・す・が・っ!中澤キャプテン-!つえーー!つーか、フィンランドCBには、人生に残る失態では…。内田の精緻さは凄い。中澤の飛翔VTRは更に凄かった!

岡田監督の若手切り替え大構想。内田と長友は今日でW杯まで席をほぼ手にした。オシム氏を受け継いで、良く評価すべきだと思う。

ケンゴのミドルは上へ。こういう細かい処はマイナスだよ、ケンゴ。

リトマネン、38才。近世代、交代。おつかれさまでした…。22分経過:4-1。

今日は2バックでしょ。システム上。玉田の1トップシステムかどうかはサッカー観によるかも。形式上は2トップ万華鏡の瞬間も長い気もする。長友と内田の位置は高すぎるもん

内田→駒野。TVで出来を絶賛されていますね。金田氏他…

国立34,500人。ありがとう!今日は本当にありがとう!12番目の戦友たち!

遠藤→今野。見事にロジカルか。ただ今野は背番号5番か…。内田が6番なのに?JFA。2番は寺田。安田は21番。

でも、「試合中の戦術変更も勝利に向けて考える」「広い視野と創造性」「体力と精神力」の部分。ちょっとイマイチな印象もある…。後半36分。長友→安田。ゾーンの境界が不鮮明になってきた気がする

玉田→巻。おつかれさまでした!元来は2トップでこその高速系FWだと思ってます…。39分。ちょっと「溜め」が無くなって、一本調子系。

「ゴールキーパー取れず!」「途中投入の安田、追加点!」

「美味しい処持って行きましたね」by金田氏w。フィンランドのキーパー、あれは下手っぴだと思う。中東勢のキーパーだったら、今日は5点失点は無かったとも思う。

43分。岡田監督はベンチで観ている。

ロスタイム1分?ヤマほど交代してなのに短い~!

「ニッポン5-1。勝ちました-!」「ニッポン、良いカタチでの準備が出来ました!」

小倉氏のインタビューw。岡崎、そういや関西人、滝川二出身。明るい。

ケンゴ、サポに「寒い中」って述べた♪

岡田氏の顔写真ダンマクが、ちょっと夢に見そうかもw

湘南1-0フィンランド。岡田ジャパン5-1フィンランド。OKと言ってよいでしょうかね。岡崎の2得点が全ての試合でした!

岡田監督インタビュー。いつも流。口ぶりも安定していました。

中澤インタビュー。小倉とどっちが年上?セットプレーにツッコんだのはこれは高評価。

中澤にとっては、横浜国際はホームスタだ

「来週のオーストラリア戦に向けて、ニッポン良いカタチで勝ちました!」

と、ギリギリで納まった、TBSアナウンサー。

さて。

「最後まで闘争心燃やして足を動かし続ける」「試合中の戦術変更も勝利に向けて考える」「広い視野と創造性」「体力と精神力」

この点に向けて、本番は豪州戦!

この試合には自分も剛運を目一杯注ぎましょう!サッカーって文化はやっぱり面白いし、素晴らしい凡人の日々へのエネルギーですから!では!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

なにい!?小野剛技術委員長更迭→後任は原博美氏が濃厚!?あと鳥撮りアルバムとか…

これは看過できないネタです!岡田監督→関塚氏後任はあり得るか??http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/01/30/01.html

自分(=NOBU)としては、ポジティブ50点、ネガティブ50点でけっして油断は1ミリも残さないつもりです。

ジェフ千葉にいらっしゃる小林寛さんの心中を覗いてみたい気もしています。

とりあえず、JFAネタの後述は午後へ。今日は大雨により、大きく予定が狂っていますので…

================================

なお、こういうTPOの為に、平和ネタ♪

これまでUPし損ねていた、鳥撮りアルバムから、今日はチマチマネットにUPしておきましょう~

================================

みんなー!「優しい瞳」は、いつも「青空」の方向に向いているんです…

            

  0127_0330127_118s0127_121s0127_161s0127_179s0127_309s

0127_1209s0127_248s0127_231s0127_1142s0127_1141s0127_1068s0127_1046s0127_1123s0127_1161s0127_1188s0127_1193s 0127_12420127_900s

0127_604s0113_4840113_485

| | コメント (27) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧