« 我が名物;77mmφ超大砲・本日よりフル稼働開始!ボーグ77EDⅡ改を担いで御前山までイカルチドリ・キアシシギを撮りに行って来ましたー | トップページ | それにしても昨日の鹿島クラハの「静寂」の空気こそが自分には気になって心配で仕方ありません…汗。他ネタ »

なぜ今日のスポーツ紙一面に「小沢一郎辞任!」記事が不自然にも無いの?激怒!とにかく俺は今日も戸外へ→鹿島vs水戸TRM戦へ!

もう、NOBUには「他者の言うコトに従う」は、何もかもが信じられなくなってきました。必ず周囲が暗転していっただけ。だって今日のスポーツ紙1面記事ぶりは異常でしょう?中川昭一氏の騒動の際には、スポーツ紙はあれだけ騒ぎましたヨ。「小沢一郎辞任!」「西松建設問題」について、ニッポンのスポーツ紙のスタンスは異常に偏向しているように思えて成りません!

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E6%88%90%E7%94%B0%E8%B1%8A&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop

================================

「自分の脳ミソで考える」

今日は、自分は酷日程の中、鹿島クラハに行って精一杯の声援を水戸Bチームに届けてきます!よって今すぐ睡眠します。

================================

「独善性」「特権者」「そんなコトばっかりやってきたから水戸には観客がどんどん集まらなくなったんじゃないの?」「周りが退くが発生した」「淀んだ空気」「階級」「ボーグ77EDⅡは文字通り全長510mmで、長大なLフラッグより遙かに短いのですから、周囲への迷惑度ならLフラッグなどを先に指摘すべきじゃないでしょうか。一眼カメラによるスタンドからの選手・チアの撮影は許可されています」

================================

さあ!NOBUは能動的な始動。戸外へ!サッカーへ!

http://www.jfa.or.jp/training/players_first/index.html

「Players First!」、すなわち「プレーヤーを第一に考える」です。
日々いろいろな次元で何かを判断する場合、あるいは改革等で困難なチャレンジが生じる場合、そのときに必ず立ち返るべき言葉です

鹿島4-0水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-3672.html

鹿島2-1水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vstrm-4d0f.html

鹿島4-2水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/vs_b6ea.html

水戸2-2鹿島:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/vs_9a55.html

鹿島3-0水戸:http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/vs_0d5c.html

鹿島2-0水戸:http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_5702.html

================================

というコトで戸外が大好きなNOBU♪セレーゾ時代以来、通いに通った鹿島クラハに行ってきました-!にしても、NOBUだからこそ語ります。鹿島のクラハ、何時からあんなに空気が陰湿に静寂に変わったのだろう?今日の観客、水戸系サポの数とほとんど同数に近かったのでは。盛爺さんの頃と大きく変わった。歓声を一切上げるコトが許されないスタンド。サッカー専門記者さんたちが20名くらいは覗くなど、中田浩と大迫の登場試合だったというのに…。鹿嶋市民、地域密着は瓦解しようとしているのではないかと、俺は大東社長と再会談したいキモチで帰ってきました。「心配」。鹿嶋のクラハは、好ゴールが4本決まってもほとんど拍手すらもされない空間でした…
================================
と、それはさておき、如何にも2009木山水戸らしく「攻撃は素晴らしいが守備も脆い」チーム通りだった鹿島4-2水戸!まあ、水戸のケガ人に次ぐケガ人・急造DFライン・流経大勢混じりでは、内心鹿島の田代-大迫FW相手には非常に難しいだろうと計算していましたが、圧倒的に完璧内容だった前半の鹿島Bには、もう手も足も塞がれました・汗。でも流経勢がゾロゾロ出てきた後半、良くぞ「水戸のサッカー!」はその雛形を魅せてくれたと思う。島田中心に見事にブチ破った若き若き若き2ゴールのカタチは素晴らしかった!如何に鹿島が流し気味だったとしてもあのゴールは良かったですよ。俺は、悔い無く51号から帰ってきましたー!
===前半水戸布陣===
     20番征矢
  島田  遠藤  金澤
    中島  鶴野
森  加藤  保﨑  石川
     原田
===前半鹿島布陣===
  大迫  田代
 遠藤康    増田
  中田浩 船山
宮崎 當間 後藤 笠井
     小澤

================================
とにかく中田浩=船山の中央ボランチラインがウルトラ堅かった最初の鹿島!遠藤が船山にマンマーク気味に付かれ、鹿島全員が激しく中盤奪取→浅めの水戸DFラインの裏に次から次からパスが通っていく!加藤や保﨑が超苦悩する中、田代は高いし大迫は抜ける。消える水戸中盤。どんどん必死の好機が続く中…
前半10分頃:森が不自然なミスからカウンター、遠藤康か誰かにつけ込まれて乱戦で最後中田浩の攻め上がりにトドメを刺された!
前半25分頃:中盤で華麗に振り回されたんだっけ?最後、右からのクロスから大迫に簡単に至近ごっちゃんゴールを押し込まれた!
前半30分頃:回されていた中、オフサイドギリギリから田代に抜け出されて決められた!
以上、記憶アヤフヤながら、「とりあえず加藤の予測は良くなかった」(とうとう自分は彼に怒鳴りました…汗)
でも、圧勝展開で多少試合が緩んだ鹿島B。
前半40分頃:左サイドから森→島田の連携ドリブル崩しが華麗に爆発!最後、遠藤とのワンツー混ぜて島田が超技巧ゴールを決めた♪

================================

超望遠鏡越しに木山監督がド真剣なミーティング。前半途中あたりから素晴らしい基礎技術を見せ始めていた遠藤が後半はFWに張った。これで鹿島のボランチがDFラインに吸収され始めた!

===後半当初水戸布陣===

  遠藤  20番征矢
  島田   金澤
    中島  鶴野
森  加藤  保﨑  石川
      土井

===後半鹿島布陣(ウロ憶え)===

   佐々木  大迫  
  川嶋      増田
    中田浩  船山
宮崎  當間 後藤  笠井
       杉山 

上述の通り、まず混乱したのが船山で、前半がランニングサッカーだったこともあり、中田浩も疲れた。島田のキレキレにキレキレが始まって、20番征矢も多数外す。石川も対面勝ちし始めて、鹿島は守備練習に入った風情もあった。2度ほどの決定機を20番や鶴野のミドルが決めていれば…。されどサッカー。水戸は次戦に向けてさみだれ式に大幅選手交代→流経勢へ

===水戸最終形===

   20番征矢  島田

  29番流経大   16番流経大

      中島   鶴野
24番流経大  加藤  保﨑  石川

          土井

(さみだれ式で正確じゃありません。鶴野が前に上がったパターンもあり。保﨑が攻撃的に回った時もあり)

そんなこんなの中、混乱の不意を突かれて

後半中頃:軽いミスからカウンター気味の乱戦→佐々木を止められず、最後大迫に押し込まれたらしい!

でも16番が堂々たる大奮闘!他の流経勢もどんどんフィットして、リズムが完全に水戸に回った中

後半30分頃:最前線のチビッコ役として、田中達也同等以上にキレまくっていた島田。最後、右サイドから中田浩をスピードで100%抜いて、精密クロスを20番征矢がパーフェクトヘッド!!!!教科書通りのファイーン・ゴーール!

と。そのまま4-2の超活性試合のままホッスル。試合終了でして…

================================

まあ、今日のレポはいつもにも増して信憑性が悪いです・汗。鹿島の選手が背番号無しだったので、瞬時には遠藤康が誰だったのか判らなかったのと、水戸の流経勢と鶴野が相当流動的で俺自身が混乱した。ピッチの端に位置しますから、反対側のゴールは良く見えなかったし、鹿島には選手交代もあったかもしれません。

ただ、総じては「サッカーという文化は、実際に観に行ってこそ良かった!」かと…

正直、今日の水戸側には布陣がボロボロ過ぎました。それでもテキストに残すべきは「CB加藤は一生分の努力の奮闘を今こそ刻んだ方が良いんじゃないか」「予測と察知とコーチング方面」かと。自分は現在彼に対して非常に辛口です。それと、流経の16番他は大誉めしても良いんじゃないかなあ。反面、金澤は良く彼らを観察すべき処があったかもしれない。1ゴール1アシストの島田には「自信と反省」こそを。あの動きぶりを全然出せなかった時間帯にこそ、菊岡とのカベはあったかもしれません。石川には早くTOPで出したい成長ぶり。これに尽きるかな。とにかく前半は鹿島が気合い入って素晴らしい出来すぎました。それを3失点喰らった水戸B。でも反町湘南Aなら0-0でしょ?BチームとAチームのお給料の差とは其処にありますし、若い若い若い水戸の彼らには、其処にそれだけの「希望」「夢」が詰まっていた、今日の素晴らしい練習通りの好形だった2ゴールだったかもしれません。なお実は試合後かなりウジウジ待っていたのですが、今日の匿名選手たちの素性はとうとう探れず・涙。ユース界好きとして自分に想像する名前はありますが、公表すべきじゃないんでしょう。ただ今日の後半は、互角以上の大奮闘。その金メダルは匿名4名たちに上げたかったですね…

================================

ということで、乱文が酷い。時間無い!すみませんっ!明日にも校正すべき!(西松建設の件は意外な感謝)ま、2-4負けでしたけど「若さ」は欠点でもあって、美点でもあるんです!サッカーという「元気!」な文化には、今日も感謝一杯の火曜日でした!

================================

自宅にて写真チェック。ボーグ77は凄い解像度ですね…驚。ダントツ現ベスト機材。あと、すみません、20番以下4名は、どうやらユース世代じゃないです。同チーム(大学生?)からの練習生のようでした!

================================

えー、今朝の茨城新聞からの情報によると、島田→から綺麗にヘディング決めた20番は流経2年の征矢だそうですので、他の選手たちも中野・流経大からの参加者と思われます!

http://www.rku-fc.jp/

0512_193s

|

« 我が名物;77mmφ超大砲・本日よりフル稼働開始!ボーグ77EDⅡ改を担いで御前山までイカルチドリ・キアシシギを撮りに行って来ましたー | トップページ | それにしても昨日の鹿島クラハの「静寂」の空気こそが自分には気になって心配で仕方ありません…汗。他ネタ »

ニッポンの世情一式!」カテゴリの記事

水戸TRM&サテ戦レポ!」カテゴリの記事

水戸ホーリーホック!」カテゴリの記事

鹿島アントラーズ!」カテゴリの記事

コメント

貴方が2ちゃんねるに書き込むとすぐにわかるんだわ。
誰と誰が面識あるとかないとか実際どうでも良い話しなんだわ。

投稿: あろ | 2009年5月12日 (火) 12時17分

これ読んでどう思いますか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090511-00000568-san-soci

投稿: S席の要塞濁り水 | 2009年5月12日 (火) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508275/44987199

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ今日のスポーツ紙一面に「小沢一郎辞任!」記事が不自然にも無いの?激怒!とにかく俺は今日も戸外へ→鹿島vs水戸TRM戦へ!:

« 我が名物;77mmφ超大砲・本日よりフル稼働開始!ボーグ77EDⅡ改を担いで御前山までイカルチドリ・キアシシギを撮りに行って来ましたー | トップページ | それにしても昨日の鹿島クラハの「静寂」の空気こそが自分には気になって心配で仕方ありません…汗。他ネタ »