« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

長かった4月の最終日。こんにちは、5月さん。さて僕たちにはどんな出来事が待っているのか?

それにしても大先生スレは、また自己封印再開しましたけど(「熊本」をIP調査→本社相談)、昨日のカシマに行けなかった様に、今月は体調が今イチでした…。小澤コンサートも力尽きたし、読書も足りなかった。鳥撮りも今イチ。そう、「NOBUの予言、どうせ的中」「ただ、観客席から元気が大量に削られただけ」の「2,057人→1,206人→2,037人→2,302人→3,241人→1,378人」の心労で、自分のカラダが可笑しくなっています。http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-1799.html

ただ、ポジティブに考えれば、これは素晴らしい「外圧」「始まりの始まり」でもあります。チカラを貯めて、「維新」へ。だって一生懸命闘っている現場の木山水戸の選手たちには、必ず陽光が待っているんです。5月。一生懸命、駆け抜けていきましょう!ならばその為には「予測してコンパクトー!」を必ず達成しろよ、守備系のみんな。チーム内ミーティングで「自分の脳ミソで考える」。そして「勝利」へ!

================================

もっとも、Jリーグサッカー界ばっかりじゃなく、世界に視野を向ければ

>チカラを貯めて、「維新」へ

が、別にインフルエンザ以外にも、ドス黒い方向に向きそうなネタも散見される訳で…。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2009043000452

まあ自分はご存知大西鐵之祐先生の信奉者ですから、「闘争の倫理」が尊重されない機構には、必ずエネルギーがシボんでいくと思ってますが、例えばニッポンの麻生政権。

今後の経済情勢の「維新」に向けては、意外じゃなくて「早稲田ラグビー:接近・展開・連続」スタイルが経済政策そのものとしてべスト&唯一解なんじゃないかと

フト、「人民元切り上げ」なんかでイロイロネット探索もしている、静かな木曜日でした…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は「昭和の日」。緑が大好きだった陛下に向かって、いざピッチを存分に駆けろ!仙台vs水戸戦!鹿島vs神戸戦!

おお!ホームのチームにとっては日韓W杯の苦い記憶も残る宮城スタ・スカパー183!スタDJ:Tさんの声も聞こえてきました!キモチが高ぶる応援魂!遠征組のみなさん、サッカーの神様!好天の下、宜しくお願いします!

     高崎  荒田 

  遠藤       菊岡    

     森村  村松

小澤  大和田 星野  保﨑

       本間

仙台には、中島・平瀬、ベンチに田中康の名前も見えます!見るからに殴り合いOKの前掛かり布陣。解説のヒトも「水戸のサッカー」を楽しみにしてるみたい。荒田の表情が凄く充実してる。「予感」。菊岡のキャノン!!CK!そして、アナの言い間違いに閉口したり、平瀬に感謝するジクジクした45分が過ぎる中、最後に某CBの大ミスが炸裂した…涙。くそおおっ!「水戸ーッ!×16」!後半だ後半!切り替えて「水戸のサッカー!予測してコンパクト!チームワーク!」

後半、経験豊富な吉原投入、諸刃の剣。遠藤替えて守備が落ちて攻撃が上がる。ピッチはやや芝深い。オフサイドに超救われた-!カブった大和田。ジリジリジリ。中島に決定機は本間神!森村→金テヨン、保﨑→金澤。ふむ!吉原のパスが合わない荒田。

「千葉のヘディング決まったあー!」ぐぬぬ。「水戸っ!×16!」くそお!ガンバレ!下向くな!

「水戸は苦しくなってきた」。中村の復帰はまだか?

キターー!!!「大きな1点をまずは水戸が返しました!」金澤→高崎ヘッド!!

まだ時間は84分っ!信じて「応援」!吉原のボレーは入った!と思った…。

「ここで笛が鳴りました!2-1試合終了!」

しかし「水戸!×8」コールが響く宮城スタ。遠征組のみなさん、ありがとう…。

「終盤になってようやく水戸らしさが見えた」。でも総合負けか。守備の文化。サポの総数、ブラジル人エリゼウが居る居ないの差。セットプレーをゾーンで守る脆さの差。CBの経験の差。くそ…。悔しい。悔しい。悔しい。悔しい。くやしい。中2日日程の走力では、攻撃的チームにより影響は大きかった。大和田の消耗に換えられる選手が居れば良いんだが。中村の状態はまだか?高崎、2ゴール目おめ!

そして、真っ黄色の絨毯が、全員タオルを笑顔で回してる。「差」です…。

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030120090429.html

================================

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090100010820090429.html

================================

そして。

本当にごめんなさい、鹿島…。今日の就労日程、シフトキャンセル在りで当初から2時間増し。ずっと注視していた腹痛が納まらず。ヤバい。BS観戦にて自重します…

BS劇場・早野乙ww。アランバイーアが小笠原のマンマークに付いてくれれば、「全員攻撃全員守備のオリベイラサッカー」にとっては幸いなんですが…あ!?

岩政が鹿島リーグ1000得点目をヘディングで獲ったああ!!

おっしゃあ!良いんじゃないですかww!「背番号3」は「重い」「想い」数字。相応しい「1000得点目」でしょう!中国地方離島・山口県人;岩政~!!早野乙氏、今日はオッケイなパッケージだったかと♪

「声枯れるまで。体果てるまで」の電光が目立つカシマスタジアム。水戸の「見つめる応援・政治力ばっかり大好き派」。さてコレをどうご覧なさってるんですか?皆さん、100数十人以上は毎日このブログを観てるんでしょ・怒?鳥栖戦「祭り」へ。水戸の子供たちに、ハズカシクナイノ?。

================================

「声枯れるまで。体果てるまで」、良く走ってる鹿島イレブン。

「歴史に残る一瞬がある」byNHK映像:ジーコのハットトリックより…。

================================

そして。ふう。良かった。勝った…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白熱のGW直前日。ならば今日はエネルギーを溜めに水戸芸術館;ツェ・スーメイ展に行ってきました~♪

前回

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/119-12e2.html

に続いての、水戸芸術館!此処は相変わらず心地良い時間が流れる空間なんですが、相変わらず駐車料金がピッピッと流れる空間でもありまして。「興行」として、2時間超経過で「全来館者が2名」のみっていうのはどうなんでしょう??

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/orz-9fe4.html

どうやら、

「NHK茨城県域デジタル放送が、小澤征爾指揮の水戸室内管弦楽団演奏会を
水戸芸術館から生中継!」

http://www.arttowermito.or.jp/music/modules/tinyd1/index.php?id=23

への千波湖チャリ参戦は、体力・体調的にかなり厳しい様です。ごめんなさい、小林秀雄さん。サッカー好きには明日こそが大本命日なので。(打倒!仙台!)

================================

ツェ・スーメイさん。うーーん、もう終幕直前なんですが、前回の「日常の喜び」(800円)の方が、自分の人生の記憶には刻まれたかもしれません。ちょっと「芸術の概念」って小林秀雄さんの幽霊でも掴まえて、長く談笑してみたい気がします。そして水戸芸術館の「興行」としては、気鋭の国別出身者3名・5作品ずつの三つ巴戦:アンケート付きを定常化する方が「全来館者が2名」よりは良い気もします。「近代芸術」って、若き文化なんでしょうけど、「興行」を軽く扱った運営者には「継続」は産まれにくいし、「競争」「琢磨」は機構として残しておいた方が良いと俺は思うんです。

http://www.arttowermito.or.jp/art/modules/tinyd0/index.php?id=6

================================

まあ自分は、このちっぽけなネットサッカー界においてだけは、「情報発信者」側に居るんでしょう。

だって、唯々とした「情報受信者」側だったら、こんなトンデモない毎日のネット境遇には居ないw。

だからがこそ、「創造者」側=ツェ・スーメイさんには、これからも「覚悟」「興行」を背負って欲しいんですけどね。

さて。今日の空間とコスト全部で「麻生総理:200幅の書・一斉集結展」でも開いたら。いや、「美智子さまの和歌・100首直筆展」でも開いたら。ツェ・スーメイ展の動員力とどれだけの「競争」があったのでしょう?(本業と副業の越えられないカベ)

================================

今週も、「自分の脳ミソ」で「考える」火曜日でした…

================================

追記

ハハ、前提要らずの貧乏ヒマ無し人ですが、「160カラット・キュービックジルコニア」(0.5万)なんぞをフト通販してしまった~・汗。100円ショップのLED展示台に乗っけて2週間ほど自宅で堪能・LX3マクロ写真練習した上で、我が母堂に到着予定です。。。

================================

追記

しっかし、よりによってこんなタイミングで、こんな中ネタに触れるとはっww

お台場にアニメ美術館=11年度完成、目標は年60万人-文化庁
4月28日19時2分配信 時事通信

 文化庁は28日、アニメ、漫画、映画などの作品を展示するための美術館「国立メディア芸術総合センター」(仮称)を新設する構想を発表した。東京・お台場が候補地で、来場者数の目標は年間60万人。2009年度補正予算案に建設費用117億円を計上しており、11年度の完成を目指す。
 有識者による検討会が今回まとめた構想では、延べ床面積約1万平方メートルの4-5階建てとなる見通し。館内にスクリーンを備え、常設・企画展示などを行う。将来を担う人材を育成するため公開講座も実施するという。
 運営は独立行政法人国立美術館が外部に委託する。年1億5000万円程度の入場料を見込むほか、企業の協賛金、関連グッズ販売、イベント会場としての使用料で運営費用を賄う予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000149-jij-soci

無能。お役所体質。コスト意識ゼロ~!水戸ホーリーホックのコスト意識の1億分の1も無いっっっ!!!!こんなの

「各地のガラガラで人件費ばかり喰いまくっている近代系美術館ごとに、各地所縁のマンガ家さんたちの原画展を、ノーマル美術展示の脇に、1/3のスペースで2ヶ月単位で切り替え展示してやれば良い。ちゃんとマンガ家さんたちには相応の金額を払って!」

だけで、何も全てが上手く行くと思いますけどねえ~!今、ブックオフ・マンガ喫茶等が出来て消耗しているニッポンの才能が最も守るべきは「マンガ家さんたち自身」だと思います。とにかくマンガ家さんたち自身に「お金」と「社会の地位」が受け渡るシステムにしなきゃ…。0428_0020428_0010428_0030428_006s0428_010s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ「水戸FW荒田J1&J2総合得点王8点目」と「草なぎ剛と一緒に飲んで逃げちゃった3名」をマスコミは丁寧に報道しない?→「終わりの始まり」へ

というNOBUの予言が、魂の琴線を叩いている、今日この頃です…。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081512.html

================================

とにかく「NOBUの剛運」というか、何というか。

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/eleven/1239694522/238

例えば、あんなキャベツ畑が多い過疎地で貧乏チームだった鹿島アントラーズが「12冠」を果たしたのを、ほぼ鹿サポーターとして堪能し尽くしてきたり。

2004河崎鹿島ユースが、あり得ないような大感動の日本一を果たしたり。http://www.jsgoal.jp/2004jyouthcup/

アントラーズに入団してきて以来の柳沢敦と鈴木隆行ファンだった自分が、あれよあれよという間に自国開催W杯で、「ニッポンの2トップ」を組んだり。http://www.youtube.com/watch?v=NnhEu39OObg&feature=PlayList&p=0D7E39E6D865DB83&playnext=1&playnext_from=PL&index=7

我がお店のお買い物常連さんだったサッカー愚痴友達・闘莉王が、A代表にまで上り詰めちゃったり。

秋篠宮様のお子様、悠仁さまが男子であるように祈っていたら、ホントに男子だったり。

ジーコさん、前田秀樹さん、セレーゾさん、管野将晃さん、宮本征勝さん、河崎淳一さん、木山隆之さん他他他等々、奇妙に奇妙にNOBUには好サッカー指導者との出会いが起き続けていたり。

なぜか、なぜか、茨城県という地に自分は住んでいたり。(自分は新宿区の高校育ち)

まあ、自分赴く処には、不思議と良運がいつもいつも準備されていたんですよね。(中学での恩師が早大ラグビー部出身→奇妙な大西鐵之祐先生との縁とか)

そして、「駄目なモノはダメ」と、魂が囁く処には、大抵「悪い結果」が待っていたような気がします。

================================

さて、今回の「草なぎ剛騒動」における、「逃げた」3名の同席者。なぜ、マスコミは報道に一切触れようとしないのでしょう????そりゃ一般人であるとは言え…。(松本サリン事件では?)

その日の草なぎさんは、韓国の歌を一生懸命カラオケで歌っていたそうですけど…。

================================

とにかく「自分の脳ミソ」で「考える」。(今週の水戸のCB陣へも~)

先週から、また小林秀雄さんの「モオツァルト・無常という事」などの読み直しに突入している自分ですけど、このマスコミ関連のこれからの流れへは、深く関心を持ちながら観察し続けていきたいと思っています…

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%B2%A1%A4%B7%BB%E6&DC=10

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%CB%AD%C5%C4%BE%CF%C3%CB&DC=10&web.x=31&web.y=14

================================

ちなみに、前サッカー日本代表監督のオシムさん。

http://news.livedoor.com/article/detail/4128221/

これもNOBUの予言ですね。J-NET時代からかなり繰り返し続けてますから、ご記憶の方の居るかもしれません。

オシムさんは、靖国神社・遊就館「最後のお部屋;ご遺影展示室」には、必ず、深い関わり合いがあったと、俺は感じ続けています。

http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/floor/16.html

このブログを覗いているみなさん。ゴールデンウィーク。

一生の間に一回くらいは、PCの前で座って誰かさんをニヤニヤしてるばかりじゃなくて、「遊就館とはどういう処か」を感じに行くのも良いんじゃないでしょうか。特に「日本を背負う」代表サッカー選手を育てようと夢追うサッカー指導者系の方・そして選手の方たちならば、遊就館には、俺は一度は必ず「何か」を感じに行って欲しいとも願っています…。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-1de2.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「こんなコトばかりしてきたから水戸にはお客さんが来なくなっちゃったんじゃないの?」「構図」になんか負けるもんかっ!水戸vs岡山戦!

確かめる!考える!踏み留まる!「水戸維新」へ!「数多くの政治力振るうの大好きっ娘」たちに、俺はクジけない弥!

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_c6c0.html

================================

「スタジアムにサッカーを見に行く」というだけじゃなく「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しいです(by木山監督)

スタジアムで共に戦ってください(by大和田主将)

「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しい。お客様を増やしたい、スタンドを盛り上げて選手のモチベーションを上げたい!(by助川理事長)

声、枯れるまで。体、果てるまで。興奮の叫び声も。歓喜の歌声も。すべての声が、選手の力に変わる。勇気に変わる。(by「SHOUT! for SHOOT!」)

「Players First!」、すなわち「プレーヤーを第一に考える」

================================

さあ!「勝利」へ!「興行」へ!

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081388.html

水戸vs岡山戦!

================================

というコトで、強風の中「荒田のハットトリック記念日」から帰還~!いやあ、詳細は省きますが。

「なーんで攻撃陣が4点も獲った試合で、勝敗にヒヤヒヤしなきゃならんのじゃあ!CB2名へ!」

でありまして、勝ったのは素晴らしいっ!素晴らしいが、CB陣へには不安と不満アリ!

>「今年の水戸は(セットプレーの守備以外は)強い!」

のNOBU予言が、着々と進んでいるのは如何ばかりか・苦笑。まあ、勝ったから上機嫌なんですけどね♪荒田~!おめでとう!!小澤も感動のプロ初ゴール!!(さて、移籍金を手にする為の周辺の動きがこれから活性化するかもしれない…)

================================

ただ、これは「勝利」へのハナシ。「興行」へ関して「1,378名の発表」という現実…涙。

「考える」「考える」。

「外圧」によって「水戸維新へのキッカケ」を探っている?。沼田社長 。

実数はどうであれ、発表されたのは「1,378名」。さあ、JFAに向けて公式記録は刻まれました。

ならば、NOBUは「考えます」「考えます」…

================================

追記

もう今日の自分は就寝直前ですが「前田秀樹さーん!笑顔を本当にありがとうございまーす!」(前田さんご本人から写真のUPの了承は戴いていますので)

追々記

おかやまスポーツ支援クラブの方、本日はどうもありがとうございましたー!手塚さんをよろしくー!

1104_139s2

0426_207

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うきゃああーっっ!!涙!ス、スカパー182ch山形vs鹿島戦が豪雨で映らなーいっっ!汗

オーマイゴォーッド!!!!!

================================

く、くううううう~!!

「フフ!今日の豪雨が、我がTV観戦日程日でホントーに良かった~♪」

「これぞNOBUの剛運ーー!!」

などと、内心の中で自分は呟いていたというのにw

ま、参ったあ!こう来たか?サッカーの神様&お天気の神様ー!(確かに今年の鹿島に関しては、俺は労力を凄くサボってきた…)

こりゃどうやら今日は、2chの実況スレを眺めながら、体調不良のウツラウツラの中(実は小林秀雄「モオツァルト」を熟読し直してきた)、「平野さんダービー」をヤキモキするしかなさそうです…。

================================

おおおおお!!!!う、映ったあ!よっしゃああ!

================================

にしても、山形。「恋しい存在」。朴チュホとか良く知ってるだろうし、石川も居る山形。天候もショボ降るNDスタですが、自分にとっても涙腺が緩みそうな、感傷的な試合になりそうです。山形の平野勝哉さん・海保さん。胸に詰まるモノがあるでしょう。そういうのが「砂の山の頂き」「闘志・夢・情熱」です…。http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1239739739/18

あああ!!!興梠がPK獲った瞬間に、またスカパーが止まったあ・号泣。

ダメ。全然ダメ。もう35分くらい、我が家のスカパーが映りません…。

▼J1 第 7 節
清水1(終了)1柏[アウスタ]
大宮0(終了)1新潟[埼玉]
山形0(前半)1鹿島[NDスタ]
千葉(16:00)浦和[フクアリ]
大分(19:00)F東京[九石ド]
京都(19:00)磐田[西京極]

▼J2 第 10 節

岐阜0(終了)1鳥栖[長良川]
愛媛0(前半)2徳島[ニンスタ]
草津(16:00)東京V[正田スタ]

================================

ああっ!65分になったらスカパーが復活してた!でも1-1に追いつかれていた!青木のキャノンはGKに好捕された!興梠の飛翔ヘディングも逸れた!ドキドキジリジリ!興梠→大迫!更に野沢→遠藤!あ!?また映像止まった…号泣。86分復活!古橋はポストを逸れた!あ。あ。映像止まる…再号泣。

================================

結局、1-1だったらしい…。ぐぬぬ。これが、今年鹿島へのエネルギーを減らしたNOBUへの報いです。受け入れる。受け入れる。今年の俺は、最期まで木山水戸と共に歩むと決めたのだから。

================================

でも、我がスカパーチューナー、というかアンテナ。売ってた中でも最も小型だったから感度がとにかく悪い。

にしても、「祭り」「闘志」山形サポたちに根付いた「地域密着」。

「声」「エネルギー」「ホームでの強さ」「サポーター」「一致」。

「サッカーの神様」

================================

「応援」。山形みたいに「応援」しましょうよ。声を出して。でなきゃピッチの選手たちには伝わらないんだから。判るでしょ?水戸サポのみんな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおー、ようやくETC体制が整ったあ!休息モードの金曜日なれど小ネタあれこれ~

えー、美術館巡り(金曜日だけは7時まで遅く観られます)でも考えていた4/24ですが、どうにも体調が完全復活しないんで今週は休息モード~。(ドリンクバーの飲み過ぎは関係無いと思うw)

================================

ところで、自分にはSMAP好きの心境はあまり良く判らないんですが、鳩山邦夫総務相の地デジ大使解任発表に「クレーム陳情メール」を送り続けるSMAPファンの行動は、「自分の脳ミソで考えるbyカント」した上で、↓の動画映像そのものを、ちゃんとその目で観ているのかなあ?「政治力振るうの大好きっ娘」って、男性層よりも女性層へこそ伸びているような気がします。

http://www.youtube.com/watch?v=V27Y8QLsf7w

大体、「尿検査やってシロ」なのに「家宅捜索」って、まずは構図の時点から非常に可笑しいとマスコミ関係者各位はツッコまなければならないと思うんですが。

だって、彼は酒飲みにはもう慣れてるんでしょ?どう考えても、「自分の脳ミソで考えるbyカント」した上では、自分には酷く引っ掛かっています。↓みたいな事件の報道も、ぜーんぜん、以降不自然に止まってしまいましたし…

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E3%83%97%E3%83%81%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=54&y=8

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%CD%FB%A5%B9%A5%F3%A5%E8%A5%D7%A1%A1%C2%E5%CD%FD%BF%CD+%B3%D0%A4%BB%A4%A4%BA%DE&DC=10&web.x=18&web.y=12

>「尿検査やってシロ」という発表

も、「疑って」「批判」するのが、カントさんの、そして自分で考えた生き様です。

==============================

あと市井のモノゴトで気にしているのは、↓とか。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090424k0000e040019000c.html

↓とか。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090424-OYT1T00053.htm

↓の記事~。

http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042301000899.html

特に自分はご存知、一時期隠岐の島で育った人間ですから、「海の安全」「海上輸送」に関しては非常に敏感に成らざるを得ない体質なんですが(当時の隠岐ではフェリーが止まると新聞が来なくなったんですなw。そもそも朝刊が届くのは14時頃でしたし…汗)

「潜水艦」への恐怖って、実際にリアリティを伴って怖いんですよ。隠岐のヒトたちって。ホントに夜間船底から衝突しちゃったりする不安があるから。日本海・中国籍の潜水艦って、数は凄い在る。(勿論、自衛隊の潜水艦への警戒もあります)

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%C3%E6%B9%F1%A1%A1%C0%F8%BF%E5%B4%CF%A1%A1%B7%B3%BB%F6%CE%CF&DC=10&web.x=45&web.y=19

だからこういうのこそ自分みたいなオジサン(我が父は六男一女の末っ子。兄5名は全部海軍に行って4名亡くなったそうです)は、若い子たちに向けて、「知る」「考える」するべきだと思うんです…。民間船舶が中国軍の安い小型潜水艦たちに本気で狙われたら、ニッポンは必ず餓死するでしょう。騒々しいから怖くない?海は広いんです。サッカーの監督稼業と同様、「守りの弱い処を突かれた際の対処」っていうのが「年上・指導者層」のお仕事です…。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090421/stt0904212234020-n1.htm

================================

ま、明日は鹿島vs山形「平野さんダービー」!

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%CA%BF%CC%EE%BE%A1%BA%C8&DC=10&web.x=46&web.y=16

健康的なカラダ。健康的なココロ。

世界中の多くの人々(例えばガザ地区)には、「陰湿な濁り水」より、戸外のサッカーに向かっていく方が、「永遠平和」に近付いていくとは思ってます~♪

================================

追記

>管理人さんはお酒飲むの?

ハハ、就寝前にはどうしても呑んじゃいます・滝汗。特に去年から始まった。だーから、通院している通風薬をいまだ止められない数値だったりします…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はあ?SMAP草なぎ剛氏が公園で全裸で暴れて公然わいせつ容疑で逮捕って…北野誠追放ネタのバーニング煙幕目的かい?♪

などと邪推しちゃったのは、もう、この5年間以上、ほとんどのTVを観なくなった自分だけなんでしょうかねえ~?

http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/mnewsplus/anchorage_mnewsplus_1240451651/881

ハハ、自分の草なぎ剛氏の印象って「姫ちゃんのリボン 支倉先輩」で、ほとんど時計が止まっていたり…汗。(あとは全然知らない)

(渡辺はじめ→高橋良輔→大地丙太郎氏ラインは、「今、そこにいる僕」で深くリスペクトしています。自分のアニメ歴は10年ほど前の「剣風伝奇ベルセルク」でほぼ断絶してしまいましたけど…)

================================

にしても、ニッポンのマスコミ界って、もう「詰み」の状態に入っているような気がしてなりません。(トヨタ自動車の能動性を先導にして、総収入自体が、45%減するんじゃないでしょうか?)

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%BC%FE%CB%C9%B0%EA%CD%BA&DC=10&web.x=79&web.y=9

================================

えーっと、ひさしぶりに大先生スレを覗いてみた、大西鐵之祐先生好きからの、ちょっとした「予言」の一コマでした…

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/puarasu.html

「人間は有限である。死は避けられない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジメジメした様相は青春の瞳輝くサッカー三昧の水曜日で切り替えっ!今日は水戸Bvs平成国際大TRM!鹿島vsシンガポールACL!

ど、どうやら(汗)、今日はあまり体調が100%では無いので、ツインはナマ&声援観戦→ジーコスタはスカパーでの観戦実況となりそうです!

と、とにかく、午前中のウチは出来るだけ休息を取らねば…!(腹痛)

================================

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081201.html

================================

というコトで、今年の大学サッカー界の組織守備文化の向上ぶりに感嘆しつつながら、強風だけど青空のツインから帰還~!

「守備は予測ー!」「予測してコンパクトー!」

などと、ソコソコにはキモチ良く怒鳴りながらも、平成国際大、中盤の守備走力は良く90分間守ったなあ。ほーんと、今年の大学サッカー部勢は何処も未完成なチームっていうのが見当たらない。それでも辛うじて難戦の中も水戸Bは、練習生FW20番のカウンターゴールで、1-0で勝利しました!

===前半布陣===

   鶴野  吉原

 島田      金澤

   村松  中島

森  加藤  石川  保﨑

       原田

まずは強風風上の水戸で、石川の急遽CBや、これまで不安だった加藤もまずまず落ち着き、今日は一貫して試合の主導権は握り続ける。だけど「人数を掛けて守り切る」コトに熟練していたように見えた平成国際。バイタルまでは切り込めるも、ことごとくミドルシュートは枠内には飛ばさせなかった45分間。前線4枚のドルブル突貫タイプが似すぎていて単調な地上膠着戦にハマってしまった。特に吉原がちょっと消え気味だったか。双方シュート数少なめの同タイプ同士。ただ、30分頃中島が打撲系のケガして深刻な表情では無かったものの、練習生29番(平成国際側の選手?)に交代。ヒヤヒヤは少ないものの0-0。

===後半布陣(最終形)===

 29番練習生  20番練習生

  森         金澤

    村松    鶴野

島田  加藤  石川  保﨑

     28番(練習生?)

後半の20番と29番は共に平成国際大のエース2トップっぽい?中柄で鶴野や石川あたりに体格もタイプも似ていた。厳しい風下なれど、鶴野のボランチのクオリティと走力が高く、OMF島田も駆け回って後半もちゃんと主導権は握り続けるが、賢く守り切る平成国際。ジリジリジリ。されどようやく26分頃、フンワリ裏へのパスが20番の前に転がって、そのまま単騎突破好ゴール!布陣的にはその直後から森と島田の位置がひっくり替える。後半は平成国際も攻めるも、石川のCBは予想外にも最後まで安定だった。両者、バイタルでピラニアの様に寄せてシュートを打たさせないチーム同士は、結局実力順当通りに1-0のまま試合終了~。

================================

という訳で、いつもの様に偏見&記憶ミスまみれレポですから深く承知して頂きたいんですが・汗。

実は「予測ー!」は、今年ツインで一貫して多用している「叫びフレーズ」ですけど、今日は「予測してコンパクトー!」に進化w。ただ保﨑の処で危険なのが一回あった。まあ、不慣れ布陣で高い望みは厳しいのでしょうけど、結局入った得点はアマチュア人の1点だけ。加藤にはもう少しだけ「コンパクト」を意識し続けて欲しいでしょうか。吉原の消え加減も気に掛かったし、石川は4バックのSBとして適性が活きるハズの選手。相手が中央のバイタルを固める戦術できても、だったら「CKを獲れ!」への転換も見えづらかったし。ちょっとあまり索敵的に、細かく挙げるのもナンなんですが…。(Aチームレポは、俺は更に情報の封鎖をしてます)

まあでも「勝利」は嬉しいモノですよ!今年は例年以上に少数精鋭組織の水戸ホーリーホック。

「前へ。」

は、NOBUが一貫して好み続ける「Bチーム」にこそ相応しいです。まずは「寄せの第一歩への俊敏さ」。これと「覇気」が足りない選手は、決して大成はしません。茨城人:鈴木隆行の「寄せの第一歩への俊敏さ」を追い求めましょうよ。大好きな、2009水戸ホーリーホックBチームへ~!

================================

ぬ?前田さ~ん!俺も今でも、ウイングロードは愛してるよお!

http://www.jsgoal.jp/special/2009j2/diary/article/00081210.html?type=1&year=2009&month=04&day=22

================================

というコトで、水戸Aチーム選手同様、実は疲労が非常に厳しい我が水曜日。カシマのACLには、インファイト勢に「念」を送ります…

================================

おおー!ノザと興梠!良く決めたあ!まずは前半終了:2-0!

================================

で、結局、予想以上に機能した4-3-3!

http://www.youtube.com/watch?v=EKL1N9y9Oxs
http://www.youtube.com/watch?v=Om80rjbTAYQ

「勝利」!

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081251.html

オメ!!鹿島アントラーズ!

これにて、我が茨城2チーム、

>水曜日で切り替えっ!

は、見事達成~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心境がムシャクシャ荒れている日々はコレに限ります!「歴代天皇事典 PHP文庫版」を読書中~

http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E5%A4%A9%E7%9A%87%E4%BA%8B%E5%85%B8-PHP%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%AB%98%E6%A3%AE-%E6%98%8E%E5%8B%85/dp/456966704X

================================

えー、あまりに日曜の笠松にはイライラしていましたので(怒)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081095.html

月曜は千波ショッピングプラザで、本屋経由→ファミレス(お、デ○ーズ、ドリンクバー始めた♪)にて読書三昧に耽ってきましたー。

詳細は明日かも!?白河天皇まで読み込んだ処ですので~

================================

しっかし、昨日から自室の大掃除勃発やらボーグ改造やら腹痛気味やらで、「歴代天皇事典 PHP文庫版」の読書のペースは断続的に遅めなんですが、この天皇家の血筋の生き様のダイナミックさっていうのは、読む者をグイグイ惹きつけていきます!面白いし、凄い。日本の歴史教育の教科書って、まずは「歴代天皇事典」を小学2年生くらいからいきなり読ませちゃって、その後順繰りに、文化などの横知識を肉付けさせていくのが、一番一貫して筋が通って、全体の把握をし易いんじゃないかなあ?俺は大学受験では日本史は採っていないんで(共通一次では世界史)、司馬遼太郎著書の隙間の知識が一遍に埋まっていく観が強いんですが、魅力的な生き様。引力。今、北朝一代の光厳天皇の頃なんですが、重い。そして、想いです。フム。第13代成務天皇(295~355?)の頃に諸国に令して、○○って設けられたと伝えられているんですね…

================================

「知識」。「自由」。「表現出来る」。

ニッポンに一番必要で、そして後世の孫・ひ孫たちに必ず守り続けていかなければならないと感じている、曇り空が静かに落ち着いた、火曜日の午後です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「前よりスタンドが静かになったね♪」はスポンサー様関係者にこれからどう観察されていくのか。「水戸維新」。「勝利」こそのみ!いざ、水戸vs横浜C戦!

背水の水戸ホーリーホック!「昇格」こそ、勝利こそが、全ての解になるんです!俺はこのチームに「J2リーグ2位」のチカラはあると思っています!

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090417-00000169-jij-biz

ならば、岐阜戦のような事は、あってはなりません。

サッカーの神様へ…

「水戸のサッカー!」「コンパクトー!」「チームワーク!」

いざ!俺たちの戦場、笠松競技場へ!

================================

そして只今、「憤懣が充満」した笠松競技場から帰還。

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030220090419.html

あんな全然応援しないスタジアムが勝てる訳がない。一番苦しい時間帯でこそ、プロ(「興行」)サッカー選手たちの最後の一足が伸びる訳がない。

今日、負けた理由。

>「星野ー!ラインー!コンパクトー!」「予測と察知ー!」(ツインTRMで俺が一番良く怒鳴ってきたフレーズです)

具体的には星野のラインが深すぎ。中盤で間延びして菊岡活きる密集戦が造れなかったのに、プレスの要の選手だった遠藤も替えて、更に放り込みカウンターだけしか出来なくなった。4様も狙われ続けた。強風でのヘッドが下手な大和田へ狙い。苦しむ荒田。痛む高崎。相手も戦術的に巧妙だったし、俺たちも杜撰だった。金テヨンと森村の蓄積疲労は、リトリート位置を3m下げた。

================================

そして選手達側だけの技術論や精神論にノウノウ無責任に水戸ファンが逃げるのではなく、倣うべきは横浜FCサポの勇猛さ。今日、横浜Cが完勝し、水戸ホーリーホックが完敗したのは、↓の間に差が、呑気さの差が在ったからだと、スタンドで俺は感じました。

================================

「スタジアムにサッカーを見に行く」というだけじゃなく「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しいです(by木山監督)

スタジアムで共に戦ってください(by大和田主将)

「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しい。お客様を増やしたい、スタンドを盛り上げて選手のモチベーションを上げたい!(by助川理事長)

声、枯れるまで。体、果てるまで。興奮の叫び声も。歓喜の歌声も。すべての声が、選手の力に変わる。勇気に変わる。(by「SHOUT! for SHOOT!」)

「Players First!」、すなわち「プレーヤーを第一に考える」

================================

(看板が1枚減った?それとアウディ様の位置)

================================

>俺はこのチームに「J2リーグ2位」のチカラはあると思っています!

今の水戸Bは非常に状態が良い。↑の「見る目の無さ」は猛省しているが、石川と鶴野は是非上手く成長させてやって呉れれば、今でも「J2リーグ2位」のチカラはけっして無為では無いと思っている。そして「覇気」のある選手こそを、優遇してやって欲しい。

================================

なお、とうとう最後にブチ切れた俺。

CK時に「叩きつけろ-!」。失点+挨拶時「水戸!×8」コール(←修正)。32番と4番に向けて「コンパクトー!」。「チームワーク!」

「それは使命感です。使命感によって緊張の行動が1年間続く。青春の何らかの生き甲斐というものは、使命感」

「一つの未解決な問題にぶつかったとき、それを解決しようとして自分で意思ををして目的を立てて、そして行動によって自分が経験してきたいろいろなものを組織づけ、理論立ててそれを解決していくという働き、さらに取り組んでいる事柄の中に潜む問題を予知し発見していく創造的な働きが知性」

(大西鉄之祐「闘争の倫理」より)
================================

ならば。サッカーの神様へ。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-1799.html

「水戸維新」。もう、始動すべき時期が訪れたのではないでしょうか。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bdc.html

「前へ。」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

さあ!切り替え&一意専心!小椋祥平には悪いが打ち倒せ!横浜勢!鹿島vs横浜M戦!

ご存知の通り「茨城チームvs横浜市チーム」の2連戦初日!

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080918.html

俺たちサポーターはココロをひとつにして、「勝利」へ!

応援の魂は、必ず奇跡を起こします!

いざ!カシマスタへ!

================================

というコトで、少々ならず悔しい51号から帰還!途中で腹痛にも襲われて、キブンも体調も優れないままの短記事ですけどっ!

「数多くの小椋祥平たちに守り切られた、伝統のマリノス戦・伝統のマリノス守備イズム」

だった個人印象かと。くっそお、木村浩吉マリノス、0-0試合を臨みに行って、想定通りに守り切られた試合でありました。小椋祥平色が凄く染みているような印象も感じました。(興梠とか、北京五輪組の邂逅も多かったはず)

あと、初めてインファイトが居ないカシマ1階席に行ったんですが、こりゃ、インファイト上層部、大成功策だったんじゃないかと!ウチの周りは凄く声が出ていたし(「能動的」に)、素晴らしい熱気と好空間。どんどん2階席から反射して被さってくるバーニンングローゼスのリズムは予想以上にスタ全体に届いていた。うーむ、カシマ&インファイトの打つ策打つ策は奇妙に(汗)、良い方向、良い方向に向かっているように思えてなりません。総応援量は、以前の1.4倍比?だってメイン応援集団が位置を根本的に大変更するだなんて、ちょっと他球団には信じられないくらいの「維新」だと思うんです…(驚)

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-f350.html

================================

とりあえず時計は前にだけ進んでいくんでしょう!

>さあ!切り替え&一意専心!

今晩は日程もキツいし(俺もパブ○ンSG呑んどく?)、さっさと暖かいお風呂に入って休息すべし~!

だろ?篤人!伊野波!大迫!モト!みんなみんな、連戦鹿島のみんなー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

片山晋吾さん以来、快調&好調な茨城人勢!明日はカシマゴル裏!明後日は笠松S席連戦に向けて気力充填!その他小ネタ

えー、本日のワタシは↓あたりをウロつきながら、自室のボーグ部品のヤマと格闘しておりましたがw

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1234357789/537-544

とーにかく、茨城人勢はそもそも鈴木隆行の奇跡以来、アテネ五輪の柔道の塚田真希や鈴木桂治等総じて好調なんです!だったら

「勝利!」

に向けて、彼らの「狼の目」のように全力を奮い続けるのみです。

http://www.youtube.com/watch?v=NnhEu39OObg

人生なんて、誰にも公平に1回こっきりしかありません。だったら悔いは残さず、彼らのように純粋に走り切った後ろにこそ道は刻まれていくんでしょう。

================================

なお、今日はちゃんと通帳と免許証のコピー撮って給付金申請書類も造りましたが、そのついでに↓みたいな記念切手を買って参りました~

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2009/h210410_t.html

「切手は切手として使ってこそ彼にとっても本望」な主義のワタシは、記念切手こそじゃんじゃん使い切る主義♪しばらく自分がたまに出す手紙類には、この切手10枚が使われ続けていくはずです。水戸って藤田東湖や徳川斉昭以来、天皇好きが源流だと思いますんで、早々は悪い印象は与えないでしょう…。(ボンボニエールって、初めて知った~)

================================

にしても、↓の

http://www.asahi.com/politics/update/0417/TKY200904160309.html

「小沢代表の続投支持派が小沢氏と面会を重ねている」の記事にも、ココロがポカポカしていたりw。だってニッポンの平均株価って、2007年7月29日参議院選挙:日経平均=18116.57「離米路線・小沢民主党が権勢を増進させた瞬間」以来、どういう軌跡を辿ってきたんでしょう?

http://stock.money.goo.ne.jp/apps/quote?r=5y&c=1001&s=medium&detail=on&color=&t=

まあコチラも、後世の歴史家が判断していきそうです。

================================

http://muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi?mode=menu

ところで↓の方の高い文章力は、自分の目標のひとつです…。(新井素子さんの影響も大きいんですが)

http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/mnewsplus/anchorage_mnewsplus_1239982013/1

================================

「真っ直ぐに、一歩一歩」。

昔の小林寛社長は、今はジェフ千葉の部長職で頑張っていらっしゃいますけど、自分はホントに暖かい巡り会わせに恵まれてきたと思っています。うん。実サッカー同様、明日も走り続けていきます。ドンドン!ドドドン!ニッポンのサッカー!

================================

~超場違い追記~

にしても綺麗な文章力を敬愛する村西とおるさんのブログを全読みしながら、↓の情報群が急に内心の中で浮かび上がってきた、市井の情報発信者側です…

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%A5%D7%A5%C1%A5%A8%A5%F3%A5%B8%A5%A7%A5%EB%BB%F6%B7%EF&DC=10&web.x=50&web.y=13

1104_139s2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おおっ♪「定額給付金関係書類」がウチにも届いたっ!コレを原資に「純国内製造業」BORG製77EDⅡの軽量化へ!

しかーし、まあ、俺は麻生総理大臣は、同じく「手塚治虫ヒューマニズム」を愛する同志(世界中のヲタク・OTAKUと称される者の資格に「手塚治虫ヒューマニズム」は最重要なキーワードだと思う)

として、基本的に麻生さんは大好きなんですが。(小林秀雄さんの縁もあるし)

ずいぶんとまあ、捺印はともかく、身分証明証のコピーも、まあありていだから判るとして。

銀行通帳のコピーまで送るのかあ~。

そして全部一式郵送したが末に、銀行口座に無言でシレーッと振り込まれるのが「1ヶ月」後…

ぬーん、もう少し、「祭り」というか「熱気」というか「興行」というか、もうちょっと「盛り上がりを求める市井の凡人のココロ」をくすぐれるような、給付手続きのスタイルは考えられなかったのかいな??

たとえば、この給付手続きの用紙を、萌え系・燃え系のキャラに説明させるとかさあ~w。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E4%B8%89%E9%B7%B9%E5%B8%82%E3%80%80%E8%90%8C%E3%81%88&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=32&y=13

そのキャラの帽子をかぶった市役所の臨時バイトのお兄さんお姉さんたちが、市役所当日にこの封筒持って行っても、ちゃんと身分証明他を確認させられれば、パチパチと盛大な歓待な中、一発でその場で「12,000円」なんなりを「笑顔」で手渡して呉れるとか…。

勿論、郵送スタイルも併用。只、手渡しの楽しさを求める「祭り」としての要素も混ぜても良いんじゃないですかね?

どうにも「維新」に向けてには、エネルギーと無鉄砲さが必要だとは思うんですけど(大西鐵之祐先生には、無鉄砲さは在ったと思う)

どうせ「(ozawa・jitirou」あたりが、酷い抵抗をしたのかどうか。良く判りませんけど、こういう「陽性じゃない組織」って風潮こそ、自分には最も向かないスタイルではありますね。気を付けないと。気を付けないと…!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-abce.html

================================

つーことで、この3日間ほど、自分はボーグ77EDの軽量化に、無性に躍起に成っていたり?ハハ、詳細はいずれ…。(キーワードは[7801][[7507][7150][7604])

ただ、なんでもかんでも「オートフォーカス」の時代より、自分は「能動性」を感じさせる機構・文化の方が好きですね。あと、ボーグに踏み込むなら、いきなり77EDは、パーツ的には奨められないかもしれませんですな~。まずは45EDⅡ望遠レンズセット+[7604]3,400×2。あと52mmの一般ラバーフード。などで大人しく地味に始める方が「物欲の猛襲」には苦しまないような気もします・滝汗

================================

もっとも、例によって「猛烈な負けず嫌い」のワタシ♪

せーっかく「カメラの神様」が授けてくれた縁は、こりゃ意地でも「77EDをサッカー撮りに稼働させちゃる~」と燃えに萌えている、水戸劇勝利後の木曜日ですww

16日(木)12:00 富山 vs 水戸 (ch.185)
17日(金)01:00 富山 vs 水戸 (ch.183)
17日(金)07:30 富山 vs 水戸 (ch.185)
17日(金)14:30 富山 vs 水戸 (ch.182)

そしてスポンサー様たちHP=文化の根っこに向かって、ぜひ、みなさま、祝福&感謝メールも…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「水戸S席→熱気&祭り維新」「富山戦の勝利」「3位ギリギリ昇格」「世界の暖かい平和byカント」を祈りに…今朝は村松山虚空蔵尊へ!夜は富山vs水戸戦!

えー、実は今日は、原子力科学館の4/1リニューアルを狙い定めて、前々から活動を予定していたんですが

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post.html

「NOBUの剛運」な荒天→好天で、相当ご機嫌だった水曜日♪(声優の小山まみさんのファンの方なら、新・原子力科学館は100%オススメできますゼ!)

http://www.ibagen.or.jp/

勿論、いつも大好きな村松山虚空蔵堂や、阿漕ヶ浦公園の最終花見などもトコトン堪能してきたんですが。

とにかく自分の今夜は、カターレ富山戦が大切なんです~!(だから「渾身」お祈りしました→「集客」)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080745.html

ならばD50+18-200VRで撮ったスナップ写真UPや、各種環境問題レポ(一杯ある。環境エネルギー問題・来館者2名のみについて係員さんと語り合ってきたんで…)等は、就寝後の気まぐれにというコトで~。

================================

それにしても北野誠さん。「ネット情報発信力」っていうのは、「1人対2000人」の闘いであってもNOBUごときの文章力で、実際には戦い切れます。だって方策はヤマほどありますから。さて、あれほど鋭利で好きだった北野誠さんの頭脳は、どういう航路を辿っていくんでしょうか。ちょびっとだけの、先達者からの「応援」でした…

================================

ということで、霧が霞む富山!似たようなイメージの青ユニ!「遠藤」交代策とか詳細は省きますが、

「荒田だー!この日、2点目-!泥臭く詰めました-!」

よっしゃあ!!感動のロスタイム!これが「水戸のサッカー!」

ウチのチームは絶対に試合を投げないし、絶対に諦めない。見にきてくれるお客様にも満足してもらえるサッカーをしていく(by木山監督)

今年のスローガンは「前へ。」ですが、今年のぼくらはその言葉通り、どんなに苦しくても絶対に諦めないし、一歩でも半歩でも前を向いて戦っていきます(by大和田主将)

そう、アウェイ遠征組の水戸サポのみなさん!嬉しそう!本当にありがとうございます!

「次もホームで勝ちたいと思うんで応援お願いします!」(by荒田智之)トラメガも、大旗も振ってるー!今季5点目!魂の右足アウトサイド2ゴール!そうか、「神頼み」「NOBUの剛運」は通るんです!良かった!良かったあ!初先発星野も良く守った!「クロスからの精度が良くないんじゃないか。優勝を目指すには其処が足りないんじゃないかby解説」さあ!スカパーのテーマソング、なんか好きになって来たゾw。

http://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j2.html

だって堂々たる「2009昇格候補4強チーム」!俺たちの水戸ホーリーホック!

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030420090415.html

次節、横浜FC戦!(T.N.さんには申し訳ないんですがw)水戸の勝利を信じて!

ドンドン!ドドドン!エフシー!水戸!

0415_013s

0415_0120415_009s0415_014s0415_015s0415_0180415_0200415_011s0415_023s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は銀歯が抜けちゃって歯医者に行ってきました!そして岡田U-20日本代表の発表はっ!?

水戸の「集客」の為にも、ニッポンの近代サッカーのプラスの為にも、水戸ホーリーホックの遠藤敬佑には、ぜひ、選ばれて欲しい・涙。だって「砂の山」は、裾野が広い方が良いのです。希望を、望みを、糸を、意図を繋げていく方が良いんですよ。貧乏無名チーム組織こそから、サクセスストーリーが紡がれる「夢」は、きっと、全サッカー界への掘り起こしに繋がっていくんです!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_93dd.html

================================

とりあえず、今日の歯医者では結構疲れました。寝ます。

自分はジンクス上も(微笑)、「果報」は寝て待ちます…

================================

あ、夕方6時過ぎてたー。でも、まだU-20の発表は無いの??

う。う。ちょっと水戸ホーリーホックの「集客」に向けて、胃も体調も良く無い…。

今日はこれでラスト更新になっちゃうのか?

でも今日の午前は、久しぶりに2005年の「田邊ブログ」だなんて掘り起こしてみたんで、最後に、パソゲー音楽界の実力こそが好きで高評価している、↓のフラッシュでも貼っておきましょう…

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/3610/aaj-fd.html

================================

此処の、「年下」のみなさんたちへ

「咲き誇れよ生命の華」

================================

うーむ、水戸の「集客」の為には、痛い。このJFAの判断は、本当に、痛い…涙

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20090414-00000015-spnavi-socc.html

GK:
松本拓也(順天堂大) 権田修一(FC東京)
増田卓也(流通経済大) 原裕太郎(広島)

DF:
鎌田翔雅(湘南) 椋原健太(FC東京)
山村和也(流通経済大) 村松大輔(湘南)
鈴木大輔(新潟) 佐藤将也(名古屋)
酒井高徳(新潟) 扇原貴宏(C大阪ユース)

MF:
渡部大輔(大宮) 鈴木惇(福岡)
大竹洋平(FC東京) 山本康裕(磐田)
清武弘嗣(大分) 水沼宏太(横浜FM)
大津祐樹(柏) 山田直輝(浦和)
新井涼平(大宮) 加藤大(三菱養和SCユース)
原口元気(浦和)

FW:
永井謙佑(福岡大) 宮澤裕樹(札幌)
大塚翔平(G大阪) 南條駿(阪南大)
宇佐美貴史(G大阪)

2chロンドン五輪世代より~

今年J1に2試合以上出場したU-20世代(第5節終了時点)

鹿島 大迫 勇也(FW/4試合1得点、225分)(プロC、リーチ!あと65分)
浦和 原口 元気(FW/4試合1得点、192分)(プロC、リーチ!あと64分)
浦和 山田 直輝(OMF.DMF/3試合、192分)(プロC、リーチ!あと63分)
大宮 新井 涼平(DMF/4試合、257分)(プロC、リーチ!あと83分)
大宮 渡部 大輔(FW/3試合、52分)(プロC)
 柏 大津 祐樹(FW.OMF/5試合、166分)
F東 権田 修一(GK/5試合、450分)
F東 大竹 洋平(OMF/3試合、125分)
横M 齋藤 学(FW/3試合、47分)(プロC)
横M 水沼 宏太(FW.OMF/2試合、24分)
新潟 酒井 高徳(OMF.SB/2試合、74分)(プロC)
磐田 山本 康裕(DMF/5試合、450分)
大分 金崎 夢生(FW.OMF.DMF/4試合1得点、342分)
大分 清武 弘嗣(FW/4試合、151分)(プロC、リーチ!あと32分)
大分 東 慶悟(OMF.DMF/2試合、34分)(プロC)

今年J2に2試合以上出場したU-20世代(第7節終了時点)

札幌 宮澤 裕樹(FW/7試合、524分)
札幌 横野 純貴(FW/2試合、19分)(プロC)
水戸 遠藤 敬佑(FW/7試合2得点、507分)
東V 河野 広貴(FW.OMF/5試合1得点、419分)
東V 和田 拓也(SB.CB/5試合、450分)(プロC)
東V 高橋 祥平(SB.CB/7試合1アシスト、630分)(二種登録)
横F 中野 裕太(FW/2試合、143分)(プロC)
湘南 村松 大輔(SB.CB/7試合、630分)
湘南 鎌田 翔雅(SB/5試合、450分)(プロC)
岐阜 橋内 竜真(SB.CB/4試合、360分)(プロC)
C大 香川 真司(OMF.DMF.SB/6試合3得点、525分)
愛媛 越智 亮介(OMF.DMF/3試合、109分)(プロC)
福岡 鈴木 惇(OMF.DMF.SB/6試合1アシスト、489分)

U-17を重視した、か。水戸の「集客」の為には、もはやギリギリ最後の好材料だったのでしょうが。サテライト;浦和2-3水戸戦の通り、能力は同等。でも年齢の伸びしろを見られたようです…。(理解は出来ます)

================================

豪雨の夜。みなさんへ。みなさんたちへ。

「咲き誇れよ生命の華」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

えー、片山晋呉さんは「茨城人」の素晴らしいプロスポーツマンです!やったあっ!マスターズ4位は本当に凄い!おめでとうっ!

いやあ、自分も10数回はコースに出て、最良スコアは108っていう、一応はヘボッチ貧乏・横好き茨城ゴルファーですけどw。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/golf/headlines/overseas/20090413-00000002-spnavi-golf.html

なにせ、「水城高校出身」の、バリガチ地元・片山晋呉選手=「マスターズ;4位」なんですよっっっ!

>18番パー4でこの日5つ目のバーディーを奪い

この水戸市に繋がり深き、プロスポーツマンの魂!誇り!素晴らしさ!シブトサ!強靱さ!

http://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j2.html

http://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j1.html

おめでとう!茨城人根性!誇り!片山晋吾選手ーー!!!

================================

そしてたぶん、今日のマスターズでも。

「水戸維新」へも。「活気に溢れるスタジアムへの努力」へも。

>絶対に試合を投げないし、絶対に諦めない(by木山監督)

>どんなに苦しくても絶対に諦めないし、一歩でも半歩でも前を向いて戦っていきます(by大和田主将)

の処は一緒だったのでしょう…。

ね!?元水城高校ゴルフ部主将、片山晋呉さーん♪

================================

ん?

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1239602652/

ところで今日は、こんな経済ネタもちゃんと注目しています…。

(アメリカ=ジャイアン。ニッポン=のびた。苦境に立った強者は、自然と暴力と恫喝に流れて行きやすいモノだと自分は思っています・汗。なおトヨタの若き次期社長さんは結構な愛国系の方とも聞きます。ならば米国クルマ市場救済系の策は、まず採らないような気もしています。広告宣伝費の3割削減策も、下手すればもっともっと斬り込まれるんじゃ?)

================================

ぬ!更にニコンのカメラ好きには「ニコンD5000」が7.7万円ほどで「5/1」新発売だとお!?

http://www.sofmap.com/product_detail/exec/_/sku=11190059/-/gid=AW03010200

うーん、でもニコンレンズ群持ちにも、ペンタミラー機には興味薄いっす…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F東京に平松が出てればなあ!素晴らしい好天のF東京vs鹿島戦!

うわ!しまった!スカパー180ch!昨日のふて寝でぼんやりしてたら大寝坊!開始33分、既に2点を鹿島が獲っていた!1分にマルキ!15分に大迫!!(凄!)

   大迫  マルキ

モト         野沢

   青木  オガサ

朴チュホ 伊野波 岩政 内田 

       ソガ

素晴らしい好天の味スタ。鹿島の日程はハードなのに運動量が全く途切れない。オリベイラ鹿島と城福F東京、そして木山水戸って求めるスタイル自体は、ランニング・近代・攻撃4-4-2と結構近い処があると思ってるけど…

「ヘディングシュート-!赤嶺-!」前半40分!ありゃ、朴チュホはちょっとクロスへのチェックが甘かったか?ぐぬ。サッカー試合が緊迫してきた!あ、内田と長友の直接対決なのか。カボレのファウルでハーフタイムへ!あれはイエローだろ!どうも審判が偏向し始めたかな、鹿島上位のJ1リーグ順位表…。

スカパーCM。中田ヒデが何かする?あ!平松が出てキターーーー!!!石田衣良の読書が好き?ニコニコ自転車乗ってる~!瓦斯ファンは小学生から声が沢山出るなあ。続編も平松?ちょっとお笑いが不完全だっただけに気になるw。

再生ゴール映像。ぐわ!凄いマルキのループだあ!!そして大迫のゴールは凄い!これは凄いゴールと技術!すげえ…大迫「持ってる」。遠藤と2トップか!?U-20代表発表は近い!

アレ?石川とか赤嶺とか、去年の水戸5-0F東京にも出ていたじゃんwhttp://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/vs-d004.html森村もスカパーで見てるかな。

あ、試合再開、ソガが神セーブ連発!集中!鹿島!48分。F東京のスタンドが熱狂している!ウラヤマシイ…涙。新井場を投入して、朴チュホをボランチに上げる?モトが下がったオリベイラ采配。まだ手術明けだし…。オガサの回復ぶりは凄い。徳永が大迫を引っ張った。イエロー。大迫+遠藤は岡田氏に楽しみだなあ。興梠投入。熱の入った速い試合。これが昨日の水戸にも見えていれば。勝利へのコツ。伊野波ダービーは気合いが入っている。この観客の熱狂ぶりこそが「J1中上位チーム」F東京の源泉。攻める東京、守る鹿島。そして下手な審判・汗。暖かい、春のサッカー風景…激戦!熱戦!ロスタイム4分!オガサがイエロー!ソガが負傷!権田が上がった!そして鹿島が「時間を殺して」タイムアップ~!いやあ、昨日の「ホーム」で勝ち点を失った水戸と、「勝ち点3を重ね続けるコツ」鹿島。青木の表情が怖い。歓喜のオブラディオブラダ!こういう肩組み全員踊りを水戸の新市陸の「S席」でやりたいよお・涙。「アウェイだったのにホームのような応援だったので」大迫→インファイト。つまり勝ったのは「インファイト流」。これこそがニッポンのサッカー界の歴史書の、結局の返答だったのだと思う…。F東京1-2鹿島の、1ミリだけの、カベの差。

再生映像は凄いな。大迫!このゴールはつくづく凄い。優しい表情のオリベイラ。この人に出会えて幸せだった。最後に審判ネタは野々村はGJ!味スタの鹿サポも、優しい表情してますね…。

城福インタビュー。森村は恩義が厚いハズ。悔しい将の表情。サッカー監督の商売って難行です。

================================

ありゃ?ぼーーっと、ボーグ77EDや45EDへのフード付けやらブラックテープ化作業をしながら、スカパー180の名古屋vs浦和戦を観ていたら、17歳の原口の方も素晴らしい右足一閃・初ゴールを挙げた~♪へえ、良く俺、ナマで観れたナ…

================================

とにかくサッカー漬けの幸せな日々。昨日の水戸の集客と、今日の15倍の応援と。茨城のサッカー好きってホント忙しくて、そして幸せな環境に住んでいるでしょう。ありがとう。ありがとう。ニッポンのサッカー文化たちへ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春よ!水戸のサッカーよ!舞え!舞い狂え!さあ、水戸vs岐阜戦!

みなさん。「黙って座って静かに見つめているだけ」の観客席って、結局は選手たちの為に、「祭り」「集客」「興行」「連鎖」に繋がっていくのでしょうか?「前へ。」「水戸維新」だったら「陽性」に、この素晴らしい青空のスタジアムと若者たちを、割れんばかりの歓声で包みましょうよ!創造に溢れる彼らのサッカーなんですから!春なんですからー!

================================

ウチのチームは絶対に試合を投げないし、絶対に諦めない。見にきてくれるお客様にも満足してもらえるサッカーをしていく。それを分かってもらえた上でチームを後押しして頂ければ最高です。そして、「スタジアムにサッカーを見に行く」というだけじゃなく「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しいです(by木山監督)

今年のスローガンは「前へ。」ですが、今年のぼくらはその言葉通り、どんなに苦しくても絶対に諦めないし、一歩でも半歩でも前を向いて戦っていきます。僕らは見に来てくれた方には後悔させない試合をしていきます。そしてスタジアムで共に戦ってください(by大和田主将)

「スタジアムで一緒に戦う」って考えて足を運んでもらえたら、この上なく嬉しい。お客様を増やしたい、スタンドを盛り上げて選手のモチベーションを上げたい!(by助川理事長)

声、枯れるまで。体、果てるまで。興奮の叫び声も。歓喜の歌声も。すべての声が、選手の力に変わる。勇気に変わる。そうして地域はクラブを強くする。クラブは地域を盛り上げる。この絆こそが、Jリーグだ。一緒に笑い、泣き、信じ、夢見る仲間として。今年、あなたもスタジアムで声を送ってみないか。2009年、Jリーグを共に闘おう。(by「SHOUT! for SHOOT!」)

「Players First!」、すなわち「プレーヤーを第一に考える」です。日々いろいろな次元で何かを判断する場合、あるいは改革等で困難なチャレンジが生じる場合、そのときに必ず立ち返るべき言葉です

http://www.jfa.or.jp/training/players_first/index.html

================================

「正直、3,700人くらいは悠々集客出来るんじゃないかと、甘く眺めていた→2,302人」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bdc.html

「あんなに観客たちが声援しない劣勢な後半のS席スタンド。だから選手たちはポジェッション&2nd拾いに元気が出なかったんだと感じた。岐阜のサポーターたちの声の方がずっと澄んで聞こえた」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/aclvswbc-5e6b.html

「木山監督采配にも、強風で身長のある遠藤を下げ、対空に弱い村松を入れ、制中権をノウノウと譲った責任はかなり小さくない。村松には慶應大戦以来、自分は一貫して『覇気』を感じていません。酷い風下にも戦い方はあります。今年は奇妙に1トップ布陣移行を好みすぎます→悪化」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/trm-3bc2.html

「耐え切れなかった。とうとう堪え切れなかった。試合後挨拶時の水戸×16コール炸裂!友人たちともイロイロ話しましたが、今年はやはり笠松A席には回らないと思います。その方がいい→劣勢な後半のS席」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8bfc.html

「文字通りキブンが悪いです。極めて悪いです。早々に自分は黙って就寝します…」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-1799.html

================================

俺ですよ。

http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1239043650/539

================================

最後に「山口智」って、ジェフ市原ユースでの前田秀樹さんの教え子です…。

http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/mnewsplus/anchorage_mnewsplus_1239438723/

================================

一晩経って見ても「なんでみんなにはこんなに『2,302人』が他人事なんだろ・怒?」

================================

「今日はあんまりしゃべりたくないです。最悪です」

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080599.html

最悪なのは勝敗じゃないです。水戸というチームの「集客」「水戸維新」。

だったらまずは、集客に向けての「勝利」へ。個人的には富山戦には、少々戦いぶりが不安定になっても構いませんから、「試合に出たくてウズウズしている若者たち」に機会を与えてやって欲しい…涙。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-5e82.html

0411_166s0411_310s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日は「ニッポンの桜と青空」って世界一綺麗な自然風景なんだと思った!ハハ♪まったり笠間陶芸美術館他に花見に行ってきました~!

いやあ、本当に今日の桜と青空は綺麗でした!

我が生涯の中でも、五指に入るくらい綺麗だったぁ…。茨城って、自然の美しい処ですねえ…ホント!

えー、膨大なボーグ77EDとパナLX3による、写真UPはもうしばらくお待ちを~!(ボーグが酷い出来…。16:9写真がLX3、3:2写真がボーグ77EDです)

いや、イロイロネタは在ったんですよ。元来はヤマセミ撮りが目的だったのに、あえなく撃沈して、なんともまったり花見にカコ付けちゃったとか・汗。笠間の陶芸美術館はお土産店の展示こそ素晴らしかった、三王山自然公園だとか、他はまたいずれ起床後…?

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-6ce9.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-17b0.html

================================

なお、願わくば、明日の水戸vs岐阜戦後も、今日のような暖かなキモチと「笑顔」の風景が待っていますように…♪

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080520.html

(えー、「チームの調子が良い時はやり方は変えない方が良い」byジーコ他。ワタシはA席に回るのが本当に「イヤ」なんです…。大先生スレを全く見なくなってから、チームの無敗記録も続いています。明日は友人が揃うのも重要です。「大切なのは自分たちがどういうスタンスで戦うのかということ」「前へ。」。ですから申し訳ありませんが、明日は我がS席3連勝中のジンクスに乗るつもりです)

================================

0410_316s0410_020s0410_016s0410_036s0410_010s0410_040s0410_039s0410_041s0410_0630410_0790410_075s 0410_473s0410_470s0410_471s

0410_466s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ありゃ!俺って間抜け・汗。ETCカードの申し込みをしていなかったから届くのは2週間先~!その他ネタも

うーーん、イロイロと時間調整したりして、今日はホトホトくたびれたのですが、とりあえず自らのミスによって、大幅に我が「高速道路1000円」公算が狂ってしまったあ!先ほど、ちゃんとETCの機械自体は付いたんですが(アントラーズスポンサー;イエローハット様)、Myクレジットカードカード社へのETCカード郵送手配は、今したばかりなんで、届くのは2週間先とのコトです~!あちゃあ!し、しまった…。

================================

あと、↓みたいなネタはまた起床後にでも?気が向いたら…。(川淵前会長は「早稲田の人」。大西鐵之祐先生と浅くない交流は在ったのではないかと、ずっと濃く疑っています)

http://www5.nikkansports.com/soccer/kawabuchi/entry/20090408_77644.html

================================

また、ちょびっとだけ短レスですけど、

>昔いた水戸さんへ
>静岡サッカー風味って何やろ?
とりあえず鹿島アントラーズから多くのサッカー遍歴が始まった自分にとっては、「増田忠俊」のプレースタイルは、非常に重要なモノサシの一つではあります…。(三浦カズさんや名波さんなど、静岡歴代サッカー人はとても数え切れないほどいらっしゃいますが、総じてサッカースタイル自体が「陽性」な印象。)

================================

なお就寝前に、暖かきネタ~!

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20090408-OYT8T01268.htm

水戸のコトが大好きなみなさま。水戸ホーリーホックの経営の根っこを最も即座に支えるんでしたら、こんな奇妙キテレツなブログ(汗)などの「ネット界」に毎日コメントを重ねるよりは、「茨城ファイナンシャルプランナーズ」様http://www5.plala.or.jp/IFP/index.html

等の暖かきスポンサー様HPに、手紙・FAX・メール等で、感謝&前向き集客増提案群などを届ける方が、よほど現在ホーリーホックの「耳」体制にとっては、遙かに直接に有効っぽいような印象を、自分は抱いています…。では。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うーむ、「アントラーズのサッカー」ACL4-1勝利オメ!そして「静岡のサッカー」への一考察なぞも

うーむ、鹿島はこういうゴールシーンだったのかあ。まずは4-1勝利オメ!上海2-1水原だったみたいだし。誇り高きジーコスピリッツが目指すは、飽くまで自力勝利で1位通過です!

http://www.youtube.com/watch?v=A1lT0VfrTmM

にしても、ずいぶん審判の偏向ジャッジが酷い、高温多湿試合だったみたいですけど、「なんで左サイドのその位置から侵入してきてゴールを決めたの?」って印象が強い素晴らしい2発目で、実質の試合を決めたらしい内田篤人。

そこで着目しているのは、その無尽の運動量と、性格の陽性さなんですけど。

楽しそう。そしてカッコ良い。「静岡のサッカー人」。

実は「清水東高校」出身は、水戸ホーリーホックの荒田・菊岡親友コンビの2年次下でありまして。(一体清水東ではどういう走力練習や食育を重ねていたんだろ?http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-3323.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%9D%B1%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1#.E3.82.B5.E3.83.83.E3.82.AB.E3.83.BC.E9.81.B8.E6.89.8B.EF.BC.88.E5.8D.92.E6.A5.AD.E5.B9.B4.E5.BA.A6.E9.A0.86.EF.BC.89

================================

自分は木山監督のサッカー観に、勝手に大西早稲田ラグビー部風の「接近・展開・連続」の影を映し込んじゃっていますけどw。http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-4d17.html

それに濃厚にプラスして「静岡のサッカー」風味も一貫して感じていたります。(鬼塚さん時代から実はそうなんですが)

鹿島アントラーズ;内田、大岩、笠井、川俣(過去は相馬など)

水戸ホーリーホック;荒田、菊岡、小澤、金澤、村松、

「静岡のサッカー」→「キャプテン翼のサッカー」観。

つまり今の木山水戸のサッカースタイルを生で見た人は判ると思うんんですが、まるで一番仲の良い高校サッカー部が、みんなで楽しさを求めて「ボールがトモダチ」の中、サッカーと明るくたわむれている印象があるんですよね。菊岡なんてまさにニコニコそうでしょ?そして同じDNAが、内田篤人の「笑顔」からも感じてきます。

だったら、「規律」「規制」「注文」「お行儀」なんかの世界より、こういう「笑顔」の世界の方がニッポン人は元来「祭り」好きでしたし、「集客」にも向いているんじゃないでしょうか…。

================================

にしても、「茨城のサッカー」。今、水戸と鹿島で連合選抜軍造っても、岡田A代表よりも更にワクワク出来そうなチームが出来るような気もします。

現に朴チュホの「笑顔」はすっかり鹿島に溶け込めましたし、大和田や首藤など、鹿島=水戸間の相互交流はもうけっして細くはない。出来れば、去年は水戸側が鹿島クラハに乗り込んだんですからhttp://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vstrm-4d0f.html

今年の水戸TRMシリーズには、いずれ2回くらい、奥野鹿島Bチーム(流経大OBも多いっ)の方から、ツインに乗り込んで来て頂いても、今の水戸Bチームのサッカーぶりなら「勝利」を目指した試合が出来るんじゃないでしょうか?

あわよくば、もし内田と朴チュホが出場停止のタイミングだったら、優先的に混ぜて頂いて…。

いやさ、真の狙いは、鹿島Bの流通経済大組や鈴木などの大学サッカー組。後藤、大道、遠藤、小谷野、笠井、川俣など、若き出場したい有為な若者たちに、今の水戸練習場の「笑顔」の世界を吸わせてやりたい気もしているんですがねw

(究極的には、水戸に夏以降、もし大岩さんがレンタル加入してくださったら、水戸は「J2優勝」が手に入るとも思っています)

================================

などと、昨日の水戸Bチーム2-0勝ちで、少々調子と図に乗ってる市井のサッカー好きですが。

「もう少し水戸Bにとって実力の高いチームは居ないかな」と妄想にも耽ってる、上機嫌な水曜日の午後でした~♪

================================

追記

明日はクルマにETC付けますので、かなり繁忙です~。あと、1000円高速道が始まったら自分は美術館・博物館巡りの趣味にも、ちょっと動くつもりですので(上野の阿修羅像も見たい~)、当ブログの「美術館・博物館巡り」の過去カテゴリー分けを、かなり直しておきました♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

よっしゃあっ!ついに流通経済大に「勝利」したっ!春の桜にほころぶツイン!TRM2-0勝ち!

ハハ、実は後半は流経大の走力が凄くて、最後は死闘激闘熱闘のヒヤヒヤものではあったんですが…苦笑。それでも、流経大に真っ向から総合力勝ちしたTRMって、一体ホーリーホックにとっては何年ぶりだったのだろう?http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-724c.html

よっしゃあ!流れは、流れは間違い無く良き方向に向かっていますよ、水戸は!相互に好内容試合の結果、高崎の2発が煌めいた!CB星野もほぼ完全復帰!OBなどしがらみにしがらみも絡んだ、暖かき好天春のツインフィールドは、45分×2のガチ勝負!見事、2-0にて「勝利」を刻んだのは水戸Bでしたあ!

===水戸先発布陣===

    高崎  29番練習生(リョータ?)

  島田       金澤

    鶴野  中島

森  星野  加藤  石川

     原田(→後半土井)

===(参考までに)流経大先発布陣===

    19  20

   29       5

    6  14

17   28  4   23

      21

(流経大;途中交代:前半途中に4が足首ケガ→15、後半に15→24、GKも変わった?チャン、セキド、ヨンギ、リャンなどの声が聞こえた)

================================

なんと言っても岡田ジャパンにも1-0勝ちした、宿敵中野流経大。観衆もやや多めの40人ほどがピリピリする中、水戸Bもフル陣容が揃って、見るからに今日は気合いが入っていた。前半から中盤の忠実プレスが非常に激しい、今年も体躯優れる流経大。しかし水戸の中盤も真っ向勝負で、ジリジリジワジワ主導権は水戸が握っていった。鶴野は体躯的にも文字通り成長している気がする。高崎の気合いが凄く、闘志むき出しで空中戦で闘い続ける。また「リョータ」と呼ばれていた練習生(流経大関係者?175cmくらい中柄・両足使い)が引っかき回し、島田・金澤も渾身のプレー。実サッカーとして非常に見応え溢れる中、前半38分頃に、流経大の28番CBが一時足を痛める。その治療中10人の3分ほどの間に、高崎がとうとうカウンター縦パスDBラインぬるり抜け出しを成功させた!GKも交わして前節のような見事な単騎ゴール!水戸は好機も他にあり、前半は1-0スコア通り順当な内容勝ち。

================================

そして気合いの円陣後の後半早々2分。29リョータが、ハーフカンターからの好形からどさくさに右サイドを綺麗にえぐって、ニアの高崎がジャスト合わせた!コレは素晴らしい現代攻撃サッカーの教科書的だった!その後2-0で冷静に試合を運びつつも、後半20分頃から加藤、そして星野や中島たちが、ツインの堅いピッチに足が消耗し始める。足を攣り気味だった加藤。水戸の高崎や島田などは超元気なので、双方が縦パスで殴り合うシュート多き死闘に成ってくる。35分あたりから流経大の猛攻で、土井のファインセーブやポスト直撃に救われる等、バイタルからの中距離砲が厳しいものの、苦悶の表情の加藤や星野たちは必死に守り切った!ホイッスルの瞬間に何人も座り込む消耗戦は、水戸の最後の意地が通し切った!

================================

という、またも偏見まみれレポですから、眉ツバで捉えて欲しいんですが・汗(ケガで倒れたリョータを名前間違えちゃったし…)。まあ、どちらもキモチが籠もって基本に忠実だった好ゲームだったかと。でも流経大OBの加藤や中島が居る、ちょびっとしたしがらみの分、入るゴールが入った水戸だったし、ポストに嫌われた流経大。とにかく星野の読みとコーチング良きCBぶりが帰ってきたのは、ホントに好収穫でした。あと鶴野は走力無尽蔵な選手ですねえ。練習生リョータも汎用性が高い技術を持っていましたし、なんだかんだと中盤の練度で総合勝ちしたのは水戸だったと思う。高崎の闘志も籠めて、2-0のスコアは然るべき結果。暖かく「春」を迎えたツインは、非常に穏やかでした…

================================

なお、この試合後にAチームがツインに一斉に出てきまして、6人vs6人+フリーマン@フルコートという、超消耗戦モードの紅白戦を10分×2ほど!○○選手と○○選手と○○選手と○○選手とがそれぞれ見事なファインゴールを挙げただとか、コチラも「暖かい」内容だったのですが、Aチームレポは基本的には茨城新聞様他プロの皆様にお任せ致します~♪

================================

春先の大洗おっかなびっくりで、ぎこちなさと可愛さも見えた若者たち。それが毎週毎週汗を流して、「漢」たちの目にどんどん近づいていきます。変わっていきます。毎年毎年重ねられた風景。ワクワクと、楽しさと。其処を一緒に暖かく応援しながら併走するサポーターたち。だからサッカーって面白いんですよね。そして素晴らしいんですよね。醍醐味。「勝利」を刻んだ水戸B。今日の自分は本当に嬉しかったです。ありがとうございました。ドンドン!ドドドン!ニッポンのサッカー!

================================

追記

今晩20時25分からの、BS朝日でのACLシンガポールvs鹿島戦TVは、ちょっと微妙な処かもしれません…。就寝してしまう公算も高いです…

================================

追記Ⅱ

今日はボーグ45EDⅡを、テレコン無しの488mm相当で振り回してみたんですけど、結構使い方に慣れて、良い写真が撮れてきました。サッカー場など安定した光の下なら露出はなんとか成りそうです。相当使えそうですね、この軽快な45EDⅡは…。

0407_195s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ボーグ77EDⅡへの評価向上中。だいぶ今日1日でコツが掴めてきました!鳥&桜を存分に堪能しに大塚池へ~!&小ネタ

ハハ、今日も性懲りも無く、大塚池の鳥撮り&花見癒しを、存分に堪能してきたワタシ~!

大塚池、もはや1年中でも、ハクチョウの駄写真なら誰でも平易に撮れますね。おや、ツミも水戸に居るとはっ!ワタシ、この猛禽は初めて見たー。

ふーむ、あとボーグ77EDⅡ。オートブラケティングをAE;0.7段で設定すれば、かなり、当てずっぽう露出でもカバー出来ると判ってきました。ピン合わせのノウハウも、だいぶカラダで慣れてきた。そして画質。さすが、これまでのコーワ604コリメート一眼よりも、更に追い込み甲斐がありそうです。少々重いんですが(左手が筋肉ヒクヒク・汗)、キレと色が素晴らしい。

また、実は今日は中ミス犯してまして、D90を自宅に忘れちゃったまま、咄嗟用のD50・ISO800平均で撮ってきたのですが…。UP作例ご覧の通り、D50の実力もけっして低くは無かった。ホント、ツミの写真を撮れたのは幸運でした。(本命のカワセミさんには、ド空振りだったんですけど・汗)

春の青い空の下、自らを洗濯し続ける月曜日。

ま、「水戸のサッカー!」も、ワタシの鳥撮りの腕も、「乗り越えられないカベなどはない」。

真摯に。自らの脳ミソで一生懸命考えて。創造的に。理性的に。一歩一歩足元を見つめながら。若き反省と努力を積み重ねていくコトこそが。

どうやら長期に眺めたら、「勝利」への、最も短い道なのかもしれません…。

================================

ありゃ。なお就寝前に、こんなネタ映像も貼っておきます…。

http://www.youtube.com/watch?v=KfH7WjdD_DE

================================

それと、とんとかいもさんから、「サッカー撮るのに適した機材は?」というご質問が在ったのですが、現在の自分のカメラ機材は、超望遠域の「スタンド上部からのサッカー撮り」に向けて、かなーり特殊な布陣を揃えています。

ボディ:ニコンD90、ニコンD50、パナソニックLX3(24mm~60mm)

(マトモな一眼)レンズ群:ニコン18-200VR、ニコン70ー300VR、シグ300mmF4、ニコン50mmF1.4D、ケンコーテレコンデジタルテレプラス1.4倍

(マトモじゃない)レンズ群:コーワ604+ビデオアダプターVA3(ニコン50mmと組んで1100mmF11砲)

コーワ30倍接眼14WD+デジスコ系機器一式(パナLX3と組んで1200mm~1800mm砲)

ボーグ45EDⅡ+ボーグ1.4倍テレスコープ(488mmF7.2・682mmF10)

ボーグ77EDⅡ+ボーグ1.4倍テレスコープ(765mmF6.6・1071mmF9.3)

で、自分なりからの回答なんですが

「どれも微妙に今イチ・苦笑」

なんでしょうかね…。

自分の場合、例えばカシマスタ・インファイトのど真ん中で、応援で飛び跳ねながら咄嗟にゴールシーンを刻み撮るなんて、非常に杜撰な運用をしているんでw、一脚も三脚もゴル裏じゃ使えません。動体撮りだからぜひAFは欲しいのに、焦点距離300mm+1.4倍テレコン→630mmF7.8砲は、ちょっとサッカースタンドからの運用では短いんです。1100mm砲だとちょ-っと長いんで、たぶんAFの効く換算900mmくらいが一番勝手が良いんでしょうけど、そんな機材は揃っていないので、最近は証拠写真として満足するだけだったら、ニコン70-300VR+1.4倍テレコン(AFは効きます)で、ISO2500・ノイズ除去HIGHで撮ります。サブにパナLX3(←良機!)をポケットに入れてスナップ用。

もしくは、画質と超長距離砲で気合いを籠めた選手写真に臨もうとするならば、コーワ604コリメート一眼砲1100mmF11を引っ張り出すんでしょう。画質は一眼純正レンズよりフィールドスコープの方が1枚「上」ですから。http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/d90-2a2e.html

ただ、604コリメート一眼はピントがマニュアルになり被写界深度も浅く、実サッカー撮ってると、動体でちゃんとピンが合ってる歩留まり率が非常に悪いです。2割くらい。(当たれば素晴らしいが)。70-300VRなら6割以上は合いますから、この差は大きい。

しかし、軽量な70-300VRはボーグなんかの超高精細機と比べると、画質が少々宜しくない…。(他社の70-300級レンズに比べると名作レンズの部類なんですが。シグ300mmF4は画質&AF&重さが今イチ)

またLX3コンデジスコもサッカーに引っ張り出したコトはあるんですが、可能ではあるけれど、快適じゃないですね。歩留まりが激悪い。超超望遠域では無二孤高の存在ではあるんですけど。

まあ、とんとかいもさんが、これからカメラ・サッカー撮りという難儀な趣味にハマろうとお考えなのでしたら「出費が高額だから、あまり踏み込まない方が良いですよ・滝汗」とはアドバイスしておきます…。

そんな中、それでも強いて自分が推奨出来そうなシステムを挙げるなら、サブ機にはパナLX3ブラ下げる前提で

・パナG1(5.0万)+ボーグ45EDⅡ・910mmF10(5.6万)

・ニコンD300(12.4万・AF微調整目当て)+ニコン300mmF4(新型11.5万、旧型はテレコン付かない)+ニコン1.7倍テレコンTC-17E II(3.8万)(辛うじてAFが効くそうですhttp://bbs.kakaku.com/bbs/10503510258/SortID=9086443/

でしょうか。サッカー場での巨大砲OKならば、

・ボーグ101EDⅡ(16.8万)+ペンタK20D(6.5万)+クローズアップフィルタNO3+ペンタAFアダプター

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%A5%DC%A1%BC%A5%B0%A1%A1%A3%C1%A3%C6%B2%BD&DC=10&web.x=34&web.y=12

も視野に入りますが。現我がボーグ77EDⅡは、ニコンTC-16AによるAF化待ちですね。

ハハ、以上、凝り性からの勝手な独り言でした~♪

0406_293s0406_014s

0406_011s0406_318s0406_098s0406_118s0406_137s0406_190s0406_214s0406_066s0406_037s0406_039s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

くそおーっ!5回目ぶりにヤマセミさんに出会えるも、ボーグ77EDⅡでは全く勝負にならず!替わりに花写真だけUP&テポドンもようやく来たあーっ!

ぐぬぬぬぬぅー!今日は本当に悔しいっ!あの場所。ヤマセミが必ずフライパスする経由地であるのは間違い無いし、那珂川水系には、ヤマセミの個体数はかなり着実に居るんだよ!

でも飛びモノ「写真」を撮るとなると、ボーグのピン合わせは確かに厳しいっ・汗。今までの俺のコーワ604+VA2コリメート砲ってのは、即写ピン合わせに関しては、実は結構最良に近いシステム構築だったのかもしれない。

とりあえず77mm口径と60mm口径だと、被写界深度の差を結構実感として感じていますし、ボーグは単体のままじゃピン合わせが確かに非常にシブい。コーワ604がどれだけスムースなシステムだったかを今日は思い知りました。おまけにAE(露出)が全て「当てずっぽう」。ニコンD90のファインダーとISO2500画質は、現在最も素晴らしい機種のひとつだと思うんですが、ボーグ系には「AEが全部ダメ」の不利点は相当厳しいです。花のマクロ撮りなんかだと光は安定してますから、意外と充分太刀打ち出来るんです。でも飛びモノ・フライパス相手には露出の高低激しすぎて、これではボーグ77より、コーワ604+VA2コリメートの方が「戦える」という尺度では「上」なのかもしれません…。

なお、M57ヘリコイドLII【7860】の重連装は、口コミ通り非常に使い勝手が良かったです。なるほど、77にはLII必須。もしボーグ沼に無闇にハマろうというモノ好きさんがいらっしゃいましたら、飽くまで基本は45EDⅡセットからスタートした方が良いと思いますです。もしくは45+77の同時発注?77のヘリコイド、正直、動体撮りには出来が厳しいので…

ま、今月の自分のお小遣いは底を付きました・汗。どうせ人生、焦っても資金力には限界があります。当座はゆっくり、水戸ホーリーホックの実サッカー同様、まずは「練度を努力で上げる!」に進むべきでしょうか・微笑。な、大和田主将~!

================================

にしても、ワタワタ休息してる最中に、待ちに待ったテポドンが「来たあーっ!」ようで♪これだけの不自然な報道の海(膿?)の中、これでニッポン人の対朝鮮半島への印象(http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%CF%C2%C9%D7%B0%EC%B2%C8%BB%A6%B3%B2%BB%F6%B7%EF&DC=10&web.x=36&web.y=8)が、もっと悪く植え付けられましたから、ゆっくり「ラクダのウンコ理論」に進めば良いだけで簡単なんですけど。(→ほっといて干からびさすべし)

もし北朝鮮国が、タイのプミポン国王陛下のように、温厚な儒教・農業国家の道を進んでいたら…?

この国の民族たちは、間違い無く能力は高い(W杯サッカー予選は2位・驚!)のですし、今ごろ、たぶん全然違った「暖かい」「大西鐵之祐先生のような」国家の航路を辿っていたと思うんです。

だって当座には、それだけのロケット燃料を準備する外資(よもや偽札?http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%80%80%E5%81%BD%E6%9C%AD&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=73&y=13)があるんでしたら、プミポン国王でしたら農業機械への燃料か、浄水場の稼働電力へでも回して、国土を緑に努めていたでしょうが、これでロケット弾輸出国家です…

================================

なお、今日のJ2・J1は上位混戦模様!ふむ、水戸と闘ったチームは実は何処も強かったようで!風邪が治った今週はETCが付きますし、結構鳥撮り等、J2順位表通りhttp://www.tbs.co.jp/supers/data/2009table_j2.html諸般、ガチャガチャした1週間が待っていそうです。美術館・博物館巡りに足が伸びるかも?

================================

追記

有言不実行は極めて宜しくないのですが、岐阜戦のA席行きはSでの友人2名を袖にしてしまうコトになり、非常に苦慮しています。それとみなさん。このブログの「静寂」「平均1767人」を「考える」しましょう…。

0405_167s0405_178s 0405_203s 0405_213s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さあ!ダービーへ!ダービーへ!「北関東」草津vs水戸戦!「ヤナギ」鹿島vs京都戦!

「勝利」へ!我が青春を賭けた、ありったけの「想い」と「念」を籠めて!

サッカーに乗り越えられないカベなどはない!

================================

    吉原  荒田

  遠藤     菊岡

    森村  金テヨン

小澤 大和田 鈴木和 保﨑

       本間

サブ:高崎、金澤、森、加藤、原田

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030120090404.html

ふむ。サブから村松が外れている。信賞必罰、悔い無き布陣。スカパー183ch;「一緒に戦う」by木山監督!若き水戸、ベテラン重き草津。似たサッカー。勝敗の差は「信じる」。

あ…「決まったああーー!都倉!」6分、左サイド小池から崩された。保﨑。「跳ね返せ!水戸のサッカー!」あー、ハンド!!!!!?怒。おいっ!小池ってレッズ出身、高崎と一緒か。雰囲気は良い。この試合に逆転は見える。三浦氏「楽しいby吉原」に微妙な反応w。草津にファウルは多い。吉原は明らかにカラダがキレてきた。荒田ー吉原-!!「決定的な場面でしたー!」この試合は必ず猛試合になる!24分!

キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!

キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!

森村の左足、来たああっ!!よっしゃあ!これが「水戸のサッカー!」素晴らしいイメージとカタチとサッカー観!これはファインゴール!森村、プロ初ゴーール!オメ!!!見るからに選手たちが楽しそうにサッカーしてる!ドキドキドキ…。ダービーと創造とサッカーの醍醐味に溢れている、三浦氏はどう観察する?この試合はまだまだ底が深い。草津が必死に守れているけど、水戸の総合力が強い。43分、都倉に危なかった。吉原は明らかにキレてる。「ここでホイッスル、1-1の同点です」。ふうう!ハラハラハラドキドキドキ「熱戦」。ビリビリします!若さと伸びしろ。末恐ろしさがあるのは水戸。老獪コツがあるのは草津。最後はキモチと結束と家族。お、沼田社長。「先にぜひとも、J1に行きたいと思います」→ならば「地域密着」と「2ちゃんを軽く見ないで」。佐野監督は静岡45才。水戸の荒田他、知識はあるのかも。さあ、後半!「勝利」と「キモチ」と「コツ」へ!セットプレーだけは死守。最後は高崎が居る!似たサッカーと2nd拾い重視だけど、ちょっとずつちょっとずつ菊岡・遠藤が勝利気味。54分に素晴らしい波状カタチ。チカラと創造は水戸が魅せている。ドキドキドキ…。遠藤→高崎。ちょっと早い印象。今週の高崎には燃えるモノがある。保﨑が悪いファウル。

キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!

キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!キターーッ!!高崎がやっと、やっと、やっと、GKとの1対1を決めたああああ!!!!よっしゃあああああ!!!オメ!オメー!高崎-!!茨城・古河人!にしてもあれだけのドフリーであっても、ポストを舐めたあたり、相変わらずおっかない決定力だけど。でも、その無骨さが高崎の魅力なんだ!よっしゃあ!今こそ叫ぼう「キモチは0-0!」「全員サッカー!チームワーク!コンパクトー!」。高崎、彼もプロ初ゴーール!!65分、荒田のミドルも惜しかった。「予測&予測!」知的に守れ。保﨑たち。あ、都倉押し込めるか!ゴーール!今日2ゴール

「水戸ーっ!水戸ーっ!水戸ーっ!水戸ーっ!水戸ーっ!水戸ーっ!水戸ーっ!水戸ーっ!」此処から!此処からが応援だっ!下を向くのはファンだっ!負けるもんか!絶対負けるもんか!71分、サッカー・漢の戦いは此処からだ!76分。激戦。劇戦。ああーー!「荒田のシュート!」あと1枚のカベを越えろ!勝つコツへ!若き水戸!吉原→金澤。これはカギ!86分。ドキドキドキ。草津2バック。闘う高崎。ロスタイム。最後のFK。

「此処で長い笛」!

ふううううううう…。激戦。劇戦。ダービーらしいダービーだった。最後はホームの声援で草津がギリギリ逃げ切った…。高崎は最後激高していた。アツい選手とアツい戦い。正直、森村と高崎には生涯1回きりの「人生初ゴール」だった以上、2-1で勝ち切りたかった。4連勝で一時停車の、草津との差異は変わらずか。3位の地位はちょびっと下がるか。でも長きJ2リーグ。面白いし、アツい。厳しいし、優しいリーグ。故高円宮さま、ニッポンのサッカーは「地域密着」は此処まで歩んできています…。

うーむ、しかし選手たちは「悔しい」でしょう。遠征組サポも。お疲れさまでした。2失点のVTR。完全に防げたカタチ。向上。向上へ。君たちはまだまだ弱い。もっと。もっと強くなれる。強くなれ!水戸ホーリーホック!

================================

というコトで、NHK水戸の地デジダブルモニタに観戦変更!

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090100010220090404.html

    大迫  マルキ

  野沢      モト

    オガサ  青木

朴チュホ 岩政 伊野波 内田

       ソガ 

あ、名良橋さんが解説だー!後半開始、0-0。京都はヤナギが居ないの?TVカメラの位置が高い高いカシマスタジアム!攻めまくってるのは鹿島だけど、早く「勝利」を得たいオリベイラ鹿島。モト→興梠かあ。あ…

「ディエゴフリー!ディエゴフリー!決められた!京都サンガ先制!」

うーぬ…。俺が来場控えたカシマスタジアム。「アントラーズのサッカー!」クジけるな!鹿島のみんな!攻めるのは鹿島なんだが、何か「運」が足りない…。後半21分。「大迫ヘディング!」は惜しい!ナラさんって。SBって、本職「ディフェンダー」だというのが良く判る。伊野波→新井場。チュホをボランチに回して、青木をCBに変えた!正直、逆転勝ちしたい試合。引き分けでも足りん。大迫→新井場のフリーはフカしたあ!マルキのヒールもわずか!CKもハジかれた!「運」が!大迫→佐々木。佐藤勇が退場!激熱戦!後半38分!

「佐々木ーー!!!!!」キターー!!!「まだまだまだ!」byナラさん!

うーむ、「アントラーズのサッカー!」猛攻!ナラさん絶叫!更に猛攻!

「ががががあああぁぁーーーーーーっ!!!!!!」byナラさんw

逆転アントラーズ!2-1!興梠ー!「また結果を出しました!」

す、すげえ。凄い。これが。これが

「応援のチカラ」「ホームのチカラ」

です。そして「試合終了!アントラーズ見事な逆転勝利ー!」

ふうう~!凄いねえ。インファイト。そしてアントラーズ。逆転にまで持って行く「キメ」「意思」の部分が凄いし、其処に朴チュホが居たってのも感慨深い。興梠インタビュー。ハニかんでる。これが背番号13の遺伝子か。鹿島はこれで乗るかな。良かった。良かった。「勝利」。「サッカー」。「地域密着の理念と声出し応援」…

================================

ふううう。茨城のサッカー好き。幸せです。幸せですね。こんなに素晴らしい若者たちにいつでも触れられるんですもの。TVに流れるオブラディ・オブラダ。良かった。良かったです。今日も堪能に堪能し尽くしました「ニッポンのサッカー」。自分の2009年の人生は、今日も幸せでした…

================================

小ネタ1。レオナルドがACミランの監督に成るって噂が流れてるらしいですけど、自分の剛運の源泉って、不思議と不思議と素晴らしいサッカー指導者に触れてきた機会がモノ凄く多いコト。「茨城のサッカー!」の原点とは故・宮本征勝さんだと自分は考えていますけど、その宮本さんは早稲田大学蹴球部・体育系クラブの繋がりとして当時の大西鐵之祐先生とは、絶対に多少なりともの面識・影響は在ったと俺は想像しています…

================================

えーなお、ちなみにもう寝ますけど 世間一般の4月4日は、どうやら↓のような1日だったみたいですねw

10ko29529

| | コメント (6) | トラックバック (0)

何故だ!NOBUブログ投稿ゼロと2ちゃん朝日新聞リモートホスト規制は何かの関係が在ったのかい?

NOBUブログの固定HNたちが、「2,037人という現実結果」に対して真摯に「考える」しているらしいというのは、理解するんです。

でも何故、罵声にまみれた名無し投稿勢たちが一斉に止まったのだろう?こういう固定HNの活動が止まったケースこそ、隙を突くように名無し投稿罵声は、特に留まるコトを知らなかったのに…。

こりゃあ、カントさんの言う趣旨の通り、今の自分は

「自分の脳ミソで考える」

日々に臨むべきなんでしょうか…。(→過去の罵声投稿IPアドレスから、朝日新聞関連IPが無いか探してみます。思い返せば、J-NET騒動時も似たようなケースが在ったんです→「NOBU@人権擁護法案ってご存知ですか」)

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=asahi-np.co.jp&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=49&y=12

================================

なお、この件に関しては当面水面下にて活動します…。以後、コメント不可扱いです。

| | トラックバック (0)

ボーグ77EDⅡは「重い」ね!今日は自重して自宅で仮テスト三昧!

うーむ、これが「ボーグ77EDⅡ」かあ…

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2009/02/04/10123.html

================================

えー、実は今日は、完全に風邪症状自体はヤマを越えたんで、ヤマセミ撮りに出撃しようかと企んでいたNOBUですが、どうにも腹の調子だけが良くなくて安全モードにて自重。昨晩から始めていたボーグ77EDⅡの続きをしているんですが

http://www.tomytec.co.jp/borg/product/telescope/80fai/77set/77ed2_telephoto.html

「フム。コイツの真の実力の凄さはまだまだ判らないな…」

というのが第一感でした。銀塩換算763mmF6.6。まずはテレコンは無し。自分はお馴染みコーワ604+VA2:1100mmF10くらい、という相当特殊な機材に慣れ切っている人間ですので普通の人とはかなり感性が違うと思うのですが

「予想以上に全長が長かった。コーワ604コリメートより1枚重い。確かに77EDは手持ちの限界に近い」

という印象はあったかと…。自分の志向は鳥が重要ですが、サッカーも戦闘機もモータースポーツも、あと動物園や植物園なんかでのマクロ&ポトレも睨んで、おそらく人生中でも最大口径(77mm)の望遠レンズを値上げの噂直前にて駆け込んだ訳ですが、まずは左手がコーワ604コリメートよりずっと疲れます。ピン合わせが鏡胴の大雑把な伸び縮みだけで何とかなってしまうんですが、これがファインダーで覗く以上に実際には難しい。これまでボーグ45EDⅡも運用してきた訳ですが、当然ながら45mmと77mmでは被写界深度がずっと厳しいので、帰ってPCで見たら厳密なピンが合っていない、歩留まりの悪さが浮かんできました。あと45EDⅡ+ニコンD90からそうなのですが、露出=AEが全く効きませんので、大体日中SS=1000分の1秒を基準にした当てずっぽうで撮るんですけど、45EDより77EDの方がより望遠が長いので、局所局所ごとに光の明るさの差異が大きく、露出ミスの頻度も45EDより多くなった。要は

「そもそもニコンD90でボーグ運用は難が在る」

訳なんですけど(ニコンD300を選ぶべき)、まあ「超長期戦」好きのワタシは当面は焦らず構えようかと…。もう、ロクなお小遣いも残っていませんし・汗。自分は「AFなら新しいニコンのロクヨンの出来は良いよ♪」http://kakaku.com/spec/10503511876/

だなんて優しい助言を頂いても、それほどの甲斐性はありません…。だからゆーっくりオリンパスの新マイクロフォーサーズ機を待つつもりでいますけど、それほどシャカリキになってる訳でもない。当面はコーワ604コリメートとの良い処・不利な処の天秤を比べながら、近くカワセミでも追ってみましょうかね♪

なお、写真見ての通り、自分は45EDⅡセットに付いてきた、M57ヘリコイドLII【7860】

http://www.tomytec.co.jp/borg/world/new/2007/7860.html

を重連にして使っていますけど、この辺のノウハウはまだまだこれから積んでいくんでしょう…。では!

================================

重大な追記

このブログを覗いている鹿島アントラーズファンの皆さんへ。我がジーコスタ2009ゴル裏シーズンチケットさんへ。ごめんなさい。たぶん明日は体調も鑑みて、スカパー183ch+NHK水戸局の自宅TV視聴ダブルモニタにて臨む体制にほぼ決めました…

================================

追記Ⅱ

「FCニッポン東京ヴェルディ」ですか…。

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1238707175/

茨城人のサッカー好きは、今、世界一幸せな環境に居るのかもしれません…

http://www.jsgoal.jp/photo/00044400/00044477.html

================================

0403_183

0403_1820403_1840403_1890403_1970403_190

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「朝日新聞 差別発言荒らし」の件。「ABC部数厳格化」と合わせて、ニッポンのマスコミ界の「終わりの始まり」?

いやさ「始まりの始まり」でしょうか・微笑

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9%A1%A1%BA%B9%CA%CC%C8%AF%B8%C0%B9%D3%A4%E9%A4%B7&DC=10&web.x=51&web.y=15

================================

しっかし、投薬でぽーーーっとしながらも、今日は大人しく自室でチマチマボーグ77EDⅡを組立てている「北関東ダービー2日前」ですが。(水戸への高飛車応援では俺は誰にも負け~ん!怒>「連勝がストップするということで」)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080151.html

================================

この「朝日新聞 差別発言荒らし」事件。

●今北産業用●
 (1)鉄道板荒らしの書込元"朝日新聞社"からのアク禁を2ch全体で開始(ごく普通の対応)
 (2)なぜか2ch全体が突然マターリな雰囲気に!!(2NNに至ってはアクセス半減)
 (3)「ネトウヨ」レッテル貼りや麻生自民叩き・小沢民主擁護等が消滅、運営呆然

今回、コトがコトだけに、被害者のうらみつらみが凄まじいです。自分も「天皇陛下スレ」等には本当に激怒していたんですけど、これは非常に長期間全2chユーザーに直撃していた件ですから、これから一般2ちゃんねる無関心層との知識のカベが、更に浮かび上がってきそうです。なんだかんだと毎日新聞waiwaiネタとか、誰でも知ってるように成ったニッポン。この朝日新聞大騒動って、麻生政権の「ABC部数厳格化」方針と合わせると、これからどういう展開を辿っていくのでしょうか?

================================

「2ちゃんねるは絶対に見ない!」層にとって、これからのニッポンは、意外と奇妙な航路を辿っていくような気がしています…。

================================

そして「早稲田の人間」(≒全ラグビー界OB一式)は、ニッポンのマスコミ界(朝日新聞社にも?)に、かなり深く関わり続けてきたんだと思いますが、大西鐵之祐先生の濃い薫陶を受けた世代はもう70~80歳代なんでしょう。「信念を変えない」自分の生き方も含めて、ちょっと「闘争の倫理」からのコトバを幾つか引用しておきます。

全マスコミのみなさんへ。

今こそ、大西先生の「フェアの精神」を、ココロから届けます…

================================

>「武力を握ったものの大衆社会への心理操作や、マスコミの統制と政治的反対派への実力行使がいかに社会情勢を変えて行くかを考えれば、われわれは今にしてこうした事態が起こる前にいかに対処するかを考え防止して行かないと、大勢が決められてからではもう遅いのである」

>「ある一つの善悪の行動の選択に当たった時に、ある普遍性というようなものを持ってきて、それを一つの基準としてこれを悪いか良いか決定するというのがこれまでの考え方だと思うのです。ぼくの考え方は、そこに当たった時にその現実にのっとっていいか悪いかをその時の自らの人間性によって決定をするということですね。要するにある一つの普遍性とか観念というようなものでこれを考えるのではなしに、或は法とか何かで定めるのではなしに、その「場」が規準となって、それに即応する自分の善悪の判断、それを規準として決めると、それがぼくは特にフェアの場合必要だと思うわけですね」

>「武士道をみてみますと、やはり一番は義です。義に合っているかどうか。義に悖るか悖らないか。もう一つは、勇のいさぎよいという事。いくらいろいろやってもいさぎよくないと駄目です。さらにこれが生命がけだということ。卑怯、未練がないということ。この四つくらいが、きれいきたないの基準じゃないですか」

>「自分は生かされている。自分で生きている存在ではないんだ、みんなに生かされているんだから感謝する、喜捨する、奉仕するという考え方ですね。これは、その人が生死の関頭に置かれたらいちばん分ると思います」

>「人間は有限である。死は避けられない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶應大学ってウチの父の母校かあ。よっしゃあ!今日はホーリーピッチでTRM観戦→0-1無惨負け!

ハハ、今日は「4月1日」でーす♪

(兎に角、今は信じて、必死で眠っておくべし!眠っておくべし!眠っておくべし!眠っておくべし!眠っておくべし!!→ありゃ、AM7:30時点で37.8度…汗)

http://weather.biglobe.ne.jp/data/spot/soccer15.html

================================

あ、場所はホーリーピッチ・汗!ガチの誤記、申し訳ありません!降雨だったら自重してましたが(ツイン好き・ホーリーピッチは遠くて今イチ)、TRMの布陣レポを載せる者は自分しか居ないのでしょう…。熱も36度台に落ちましたし、脚立に「座って」のホーリーピッチに向かいます!

================================

あ。13時20分、ボーグ77EDⅡも来たあああああーーーーー!!!!♪即稼働っ!

================================

というコトで「寒い」ホーリーピッチから帰還しまして…。

酷い駄試合!もっと今日は怒鳴っとけば良かった・怒!

えー、慶應は「チームワーク」良いチームでして、今日の水戸Bは「チームワーク」悪きチームでありました!酷寒のホーリーピッチ、完全なる中盤連携戦術負け試合。45分ハーフ2本、0-1にて「プロ」が大学生チームに敗北致しました-!怒怒

===前半布陣===

    20番練習生

 島田   鶴野   金澤

    村松  中島

森   星野  加藤   石川

        原田

とにかくピッチが跳ねるホーリーピッチ(相当酷い)。技巧系足元好き多い水戸Bに影響直撃する強風の中、高木琢也タイプ・巨躯の20番練習生(韓国人?・24才くらい)も慶應CBにダブルチーム組まれて、まったく連動出来ず。慶應のボランチがクレバーで戦術眼良く、まったく機能しない4-2-3-1。相互にFWにはロクにボールが届かないものの、怪我明けの星野や加藤もどうにも不安なミスも。前半からしてまず「寒く」0-0。

===後半10分以降=== 

  20番練習生  島田

  鶴野       金澤

     村松   中島

森 29番練習生 加藤  石川

        土井

星野はまだフルは無理なのだろう、177cmくらいの中柄DF(本職はDMFっぽい印象もした。流経大?でもちょっとヘン)が入るが、水戸CB陣の加藤の連携は更に合わなくなる。島田がたまに駆け上がってCKなどを獲るも、ロクすっぽシュートですら終わらない。覇気を感じない村松(←辛口)。チーム全体から「声出し」「和」を感じないまま、慶應が幾つかの決定機を外すのち、とうとう森と29番の処から崩されて中央を泥臭く合わせられた!そのまま、ロクな反撃も見せぬまま、ジメジメ敗戦…

================================

と、またまた偏向主観まみれレポですが、兎に角、今は文字通りキブンが悪いので、さっさと寝ます・怒!(実際に、体温が上がってきた気もする・汗)

ただ、正直、ピッチでは声出し規制され中の自分には、今日は残念ながらヤマのように憤懣が溜まってしまいました…。そして水戸Bの年上層へにも。だって、「水戸のサッカー!」は、大切な大切な遺伝子なんですよ。なのにプロがアマに完敗内容した0-1。たぶんみんなは感情を持つ人間なんですし、新入り練習生たちへの奇妙な機微はあったのでしょう。それでも「一期一会」の1年間は光の矢のように過ぎていきます。年上層たちへ。もっと、もっと、「前へ。」を踏みしめて欲しい。だって貴方たちなら「創造」をきっと果たせると俺は信じているんだから!ニッポンのJ2リーグは断じて甘いリーグではありません。その「3位」に向けての、長き長きバックアップメンバーたちの重要性に、ワタシは「夢」を賭けて…。ドンドン!ドドドン!エフシー水戸!

0401_171s       

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »