« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

やっぱり豪雨のTRMは中止!なら奇妙キテレツな自衛隊ネタでも~♪

「ニッポンは3K職場の人手不足が酷いんだから、自衛隊員→派遣兼任にして1年の半分くらいは一般業に振り分けたら良いんじゃない?林業の木材運搬なんてヘリコプターが必須なんだから、陸自の輸送ヘリをバンバン使っちゃっても良いんだし。自衛隊の人たちって、英語力があって意外な高学歴な方が多いんだよね。大型特殊車両も多くが扱えるし、ヘリの免許持ちも多数。ニッポンの医者不足の昨今、医師免許持ちも居るし、コンピューターソフトに強いヒトも居る。無意味に駐屯地内をランニングしてたり、鉄砲打ちの練習だけしてるよりは、おじいちゃんおばあちゃんだけが頑張る林業でも農業でも、年間半分だけでもお手伝いに行ったら、これからだんだん国民にも愛され・感謝されるんじゃない?ヘリや飛行機の飛行感覚を維持する為だけに、毎日ジェット燃料の無駄遣いしてるんだったら、民間に下っての飛行感覚維持の方が、小金稼ぎの為にも良いんじゃないかなあ。組織的にも、内へ内へ陰湿に篭もるより、ときには外社会の風に触れる方が、いつぞやの田母神さんみたいな軽挙も防がれるでしょ。人員が削減されて駐屯地の人数が足りないなら、稼いだ小金の分で人員枠は増やしてさ。とりあえず、毎日毎日銃器の練習はしなくても、1年の半分くらいの訓練でいざという時の感覚くらいは維持出来ると思うんだ。ただ、海自の人員だけは、ガチでヒト足りないけど…。まあ、柔軟な発想ってヤツで、運用システム自体は永く続けていけば幾らでも研鑽は効くんじゃないかなあ??CHANGEってヤツだよね。CHANGE♪スイスなんかの予備役のシステムにも参考処はあるんだろうし~」

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/2319/Swiss.html

================================

などと、酷い豪雨にブー垂れながら、お馬鹿な発想に気を巡らせていた、NOBUの独り言シリーズでした…笑。ハハ、要は環境問題にも考えながら「自衛隊員の労働力はモッタイナイ」って処から繋がっちゃったんですけどね。林業人口って、ホントに超3Kだから、普通の算段では永久に就労は居ないでしょうから…

================================

さーって明日は、着々と鹿島ハイツGに水戸ユース戦を応援したあと、ハシゴ直移動で秋田引退試合に大遅刻強行する予定だったんですが、兎に角、晴れてくれないかな…!頼みます~!お天気の神様!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

なにい!?小野剛技術委員長更迭→後任は原博美氏が濃厚!?あと鳥撮りアルバムとか…

これは看過できないネタです!岡田監督→関塚氏後任はあり得るか??http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/01/30/01.html

自分(=NOBU)としては、ポジティブ50点、ネガティブ50点でけっして油断は1ミリも残さないつもりです。

ジェフ千葉にいらっしゃる小林寛さんの心中を覗いてみたい気もしています。

とりあえず、JFAネタの後述は午後へ。今日は大雨により、大きく予定が狂っていますので…

================================

なお、こういうTPOの為に、平和ネタ♪

これまでUPし損ねていた、鳥撮りアルバムから、今日はチマチマネットにUPしておきましょう~

================================

みんなー!「優しい瞳」は、いつも「青空」の方向に向いているんです…

            

  0127_0330127_118s0127_121s0127_161s0127_179s0127_309s

0127_1209s0127_248s0127_231s0127_1142s0127_1141s0127_1068s0127_1046s0127_1123s0127_1161s0127_1188s0127_1193s 0127_12420127_900s

0127_604s0113_4840113_485

| | コメント (27) | トラックバック (0)

怒!バーレーン選手に「自信」「守り方」を憶えさせたのはJFAの失態です!なぜ最近4-4-2を好まないの?とにかく口直しに木山水戸戦術練習へGO!

一体何故、何時から急に、JFAは4-4-2を好まなくなったのか!?(怒) フツーにテレサンターナ流ゾーン受け渡し4-4-2が、「静岡のサッカー」等、一番ニッポンには古くからの由来があるし、良い結果も出してきたんだから(自分はジーコ時代の「コンフェデのサッカー」はひとつのスタイルの頂点だったと思う)、格下相手にはちゃんと「堂々」と向かえば良いのに!?

http://www.jsgoal.jp/japan/news/article/00077063.html

ワントップ系統なら、農耕民族ニッポン人に、ヤナギ以外に人材も居ないと思うんだが??

http://schiphol.2ch.net/eleven/

================================

それとも、こんな「地域密着」に反したJFAの判断には、サッカーの神様は怒ってしまったのか?

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090123012.html

(それともそれとも、「NOBUの剛運」を失ったチームは、こういう風に右肩下がりに「組織の元気」が再びシボんでいくのか?)

================================

えー兎に角、本日もワタシ、相当厳しい過重日程です!ちょっと1日中ネットの伝聞情報漁りにも忙しくなりそうな木曜日ですが、キラキラ瞳光る2009木山水戸の初戦術練習日に、今日はキモチと時間を割きたいと思っています-!あー、ヘロヘロ&急げ急げっ!今日は忙しくて、ツインの時間遅れそうっ(汗)

================================

えー、つーことで♪

ちゃんと機嫌直して、行ってきましたー(笑)通い慣れたツインフィールド・2009年第1回目~!今日は少々ワタワタしてるんで短めに述べますが、今年の新人材、いや、というより去年からの「水戸のサッカー!」土台組って素晴らしいコンディションで臨めているようで、見所ありまくりの紅白戦(水戸ユースっ子まで沢山混じった!)は、非常に良いイメージの「コンパクトパス集散展開・早稲田風ラグビー・サッカー」という感じで、今年も方向性自体は間違っていないんじゃないかと、自分のサッカー観からは好機嫌で帰ってきましたよー!噂の黒人FW:クリストファー選手もちゃんと逢えましたし!(完全に英語のみしゃべってて、英国人か米国人風?30才前後かな。超典型的なパワー最前線FW。アンジーよりちょびーっと技術は下手にして、体格は頑丈にした感じ。強引な対人ファウル好きかも)

===前半・ビブス有りチーム===

    高崎  クリストファー

  森村     菊岡

    村松  木田(ユース)

石川  大和田  鈴木和  金澤  

         原田

===前半・ビブスなしチーム===

     荒田  満生

 島田        遠藤

     森  金テヨン

小澤  中村 保崎  島村(ユース)

       本間

===後半・ビブス有りチーム===

    高崎 クリストファー

 島田       菊岡 

   村松  木田(ユース)

石川 大和田 鈴木和 金澤

       土井

===後半・ビブスなしチーム===

     遠藤  荒田

   森      満生 

    森村   金テヨン

小澤 中村 保崎 濱谷(ユース)

       原田?

試合には出ず?:鶴野、加藤、中島、星野、堀、首藤、

================================

で、背番号なしですから少々アヤフヤな処があるんですが(鶴野は出てたかも??)、最初入念にワンタッチパス展開トリカゴ練習を意図を持って試した後、キモチ入った紅白戦:20分ハーフを高速パス展開ガチサッカー同士で2本。前半に高崎が左サイド切れ込んでファウルを貰い、そのFKを大和田キャプテンが見事ヘッドで合わせて今季ツイン初ゴール~!後半になって小澤?の縦突破から猛烈ミドルシュートがバーを直撃!その跳ね返りを荒田が泥臭く押し込んだ!されどその直後、高崎がカウンターから左を深くエグって、折り返しを島田がドンピシャ!ファインゴールで、2-1でビブスチーム勝ちですかね?菊岡とか遠藤とか荒田とか満生とかの惜しいシュートも沢山ありましたが、それぞれ枠を微妙に逸れました。特に金澤と島田が真正面対決する場面が頻出して、個人的にはシビれたかも…。とりあえず、旧メンバー組の「判断が速い早い~!」って印象が強かったです。あと、ユースのSBはナカナカ良いカンジで普通に縦突破などをガンガン試みていたかと…。それと遠藤っていう才能は「中盤を造る」コトが出来ると感心した。満生の腰の強靱さと共に。うん。総じて、全員良いサッカー観に向かってるなあ!って紅白戦でした。特に今年はユース組からの練習臨時招集が増えちゃうかもと考えると、自分としては楽しみで楽しみで堪りません。そんなキブンの今日この頃。今日も水戸の練習場には、笑顔と元気が一杯でしたー!では!

================================

追記

自分は湯浅氏の文体は好き。(新井素子の影響が相当大きいんで)

でもサッカー観自体は結構キライなんだと思う。

それでも、バーレーン戦の概要を掴むには、このテキストは自分にとっては優良です…

http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_4.folder/09_japan_1.29.html

0129_144s0129_145s0129_172s  

0129_181s   

| | コメント (43) | トラックバック (0)

岡田ジャパンへの興味が急激に薄くなっているのは俺だけじゃない?その危険な兆候&経緯についてツラツラと…

「オシム氏が代表練習場を習志野秋津か稲毛海浜かの情報煙幕始めて、代表練習好きのサポ心情を踏んで、俺には代表チームとの距離がゴソッと遠くなったあのキッカケ」

================================

えー、とりあえず今日は、ちゃんとした日本代表の公式戦:アウェイ・バーレーンvs日本代表戦なんです!

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00077014.html

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/comment/200901270001-spnavi.html

でも、文頭のように、どうもジーコジャパンの頃のような「高揚感」が沸いてこないのは事実。

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_dcaf.html

ちゃんと、鹿島の内田や興梠や青木とかは帯同しているのにねえ…。俺。

正直、今晩の観れない代表戦よりか、明日から本格始動する木山水戸のツイン練習初日の方が、よほど気になって仕方がありません!(噂の黒人練習生や紅白戦布陣はチェックしてやるうっ!!!なお今日のレポはチカラを貯めてお休み)

http://www.mito-hollyhock.net/topteam/training/index.html

================================

でも、ニッポン代表への「集客」「注目度」「世間の興味」っていうのは、サッカー文化という「興行」における死活問題です…

自分の場合は確かに、この4年ほどJ2リーグ・ユースなどに非常に傾注した事情がありましたが、普通世間一般にも「ダレている」「慣れちゃった」感は感じるし、そもそも「ヒデ=歴史に刻むべき偉大」が居ない。選手たち個々の個性が紋切り型になって久しいし、個性コメント型の本田圭や闘莉王なんかはネット=2chで総叩きされる。コメントがお行儀良い阿部や中村憲などには優しい。(朝青龍や麻生総理など、ゆとり世代=世の中の個性型受難はあらゆる傾向なのかもしれませんが)

これが「風潮」であるならば、品質管理等には向いているんでしょうが、それはサッカー(特にFWのエゴイズム)という万国競技には向いていない。そしてそれを導いたのは「監督が悪い所為」ではなく、実は皮肉に「回り回った民意」そのものだと感じる…

================================

あと、全く別方向の分析では、A代表の人気ぶりに関しては、文頭の通り「にじみ出る陽性のオーラ」「にじみ出る陰性のオーラ」の違いってのは、あると感じるんですよね。

此処15年ほどの代表監督では、オフト、トルシエ、ジーコかな。「にじみ出る陽性のオーラ」。基本的に「自分をハダカにして、観客側に飛び込んでいきたい」派。トルシエとかはチト奇天烈な性格でもありましたが、「代表練習場を習志野秋津か稲毛海浜かの情報煙幕」は、けっしてやらなかった指導者でもあったと思うんです。

「代表練習場を習志野秋津か稲毛海浜かの情報煙幕」。オシム氏の初期の形態で、最近の岡田氏の例などは良く知りませんけど、総じてドイツ系の監督さんって「自分をハダカにして、観客側に飛び込んでいきたい」じゃない。岡田さんは元来は明るい関西人ですけど、少なくても前田秀樹さんや石崎ノブリンや鳥栖の岸野さんのような「練習に観にくる観客層は大好き♪」って系譜じゃない。特に大熊コーチや田嶋さんの「お行儀」からは感じる「にじみ出る陰性のオーラ」…。これは事実でしょ?「表現の自由」が彼らの過去行動からは感じられませんから…。

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/u17_1bcc.html

================================

まあ、自分の個人事情を述べれば、代表熱がゴッソリ欠け落ちた分岐点とは、まさに文頭の事例でした。オシムさん個人の人格は靖国神社好きっぽいし、凄く好きですし、尊敬していました。でも「前田秀樹さんの陽性」じゃ、なかった。その線路が復旧すればまた、アツき楽しき代表の日々が戻ってきます。元来は俺はA代表こそが大好きです。でも田嶋幸三さんの居る組織には「表現の自由イジメ」「お行儀教室」の風潮を感じ取ってならない以上、2009年の自分は「まずは水戸。そして鹿島。続いてユース」ってスタンスで、岡田A代表には、ジーコ時代のような表現の自由が感じられない限り、本気の一生懸命さには戻れないのかもしれません。視聴率的にも、田嶋さんのU-17ネタとか一切触れないニッポンマスコミ組織=成田豊名誉会長・電通の将来だなんて、自分にはもうどうでも良いコトです…

================================

それでもね。

サッカーって文化は、永遠に世界不朽に、「猛烈な負けず嫌い」文化なんですよね。

今晩のバーレーン戦。自分は時間的に観れませんから、ネット間接情報を後に拾っていくでしょうけど。

けっして負けるんじゃない!クジけるんじゃない!サッカー日本A代表!ニッポンのサッカー文化!

とは残しておきます!俺は!

ドンドン!ドドドン!アーレ!ニッポン!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フト「小中学生の学校給食内容」って「フットボールカンファレンス」の議題等には上らせられないのだろうか?そしてマスコミには「タブー」なのか?徒然に…

自分はニッポンのサッカー界から、おおよそ79年組以降、ぱったりと骨格の太い頑強なサッカー選手(秋田やら中澤やら中田ヒデやら)が産まれにくくなった、重要な理由として。

根本的に。

此処10年間「小中学生っ子たちの基礎体力・体格」がどんどん下落しているコトこそが。

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%BE%AE%B3%D8%C0%B8%A1%A1%C1%B4%B9%F1%C2%CE%CE%CF%A5%C6%A5%B9%A5%C8%A1%A1%C4%E3%B2%BC&DC=10&web.x=47&web.y=12

ニッポンのサッカーが弱くなってきた、最も根が深い理由だと思っております。

================================

「第6回フットボールカンファレンス」等で、

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/200901220017-spnavi.html

http://www.football-teishoku.jp/2009/01/1_4.html

サッカー先進地域のトレンドやら、育成システムやら、国際経験やらの組織論を振るのも勿論大事なんですけど、それと同次元で。

「屈強なカラダを造る」ってのは、サッカーの最重要な要素の一つであって、コレ=カラダ造りが揃わなきゃ、戦術と育成システム論だけで、海外勢との真剣勝負に勝つ議論だなんて、所詮片肺飛行の卑怯言い訳だと思うんですよ…。

================================

で、自分が小学生だったのは30年くらいは昔ですから、良く事情は判らないんですが、「なーんでこの10年で基礎体力の急低下が特に酷くなったのだろう?ポケモンとかのTVゲームの所為かな?でもTVゲーム自体は相当昔からあるし、少子化で1人当たりの運動環境は良くなってるハズなのに?」などと、随分長くツラツラ悩んでいたのですが。

フト、2兆円の給付金予算を別の用途に回すなら「小学校7年制」「子供たちの学級崩壊対策」「給食費」だなあ

などでも拾った、最近の「小中学生の学校給食内容問題」が

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3778864

奇妙に気になって気になって、仕方がなくなってきています…

================================

そりゃあこんな事例が、ごく一部のコトであれば良いんですけど、そもそも「豪華」とされる私立小学校だって別に豪華とは思えないんです。

既に「食育」だなんてコトバもありますけど、「骨格の太い頑強なサッカー選手」を見事に造ってきたサッカー育成組織=森山ゴリ広島ユースの三矢寮の1日摂取カロリーは「4000キロカロリー」なんです!

http://www.asahi.com/sports/fb/TKY200411020163.html

================================

で。

UP写真見る限り「4000キロカロリー」には遠い遠い遠い、最近の小学生っ子たちには、夕方お腹減った穴埋めを、コンビニの買い喰い等でまぎらわす姿が長く続いちゃったら。

俺には、骨格の太い頑強なサッカー選手(秋田やら中澤やら中田ヒデやら)は、産まれそうに思えない…

ジーコは「豆を食え」と良く鹿島TD時代に選手に指導していたらしいですし

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%80&STYPE=web&IE=UTF-8&from=gootop&x=49&y=7

ピクシー監督も、納豆好きで有名らしいですが

================================

そして、現在の各小中学校ごとの給食の摂取カロリー・栄養内容って、各学校ごとに相当違う(地域によって原材料費は大きく異なるから。茨城などは非常に幸運)と思うんですが。

そういう、各学校ごとの資料とかって「タブー」なんでしょうか???自分はそういう雑誌特集記事だとか、凄く需要ありそうなのに、全然目にしたコトがない。「学校の中の情報」って、そもそもほとんどマスコミの場で語られるコトがない。

自分はこういう事例こそ「陰湿な濁り水」だと思うんです…

================================

まあ、たかが某ブログから、根も葉もない情報を、空想の翼付けてふくらませただけですけど・苦笑

たとえば、伝統的に九州の高校サッカーチームとかって体躯に優れた、好サッカー選手を多く産み出してきました。

もし、「小中学生の学校給食内容」の情報がキチンと公開されていたら、学区ごとの給食と、全国体力テストと、サッカーの強さ・弱さとかって、結構重要な相関があるのではないか?

九州とかの学校給食って、何かちょっとした特色があるのではないか?

そして、そういう勇気を奮った意見提示をする「甲斐性」こそが、JFAなんかのフットボールカンファレンスに欲しかったのではないか?

そんな思いつきもツラツラ思ってみた、青空の火曜日の午後でした…

================================

要は、「ニッポンの至宝」小学校っ子の給食を国庫負担→豪勢化して、フェイジョアーダをガバガバ喰わせるよう、JFAなんなりから意見提言のアクションをマスコミ経由でも興させたら、それは素晴らしい「ニッポンサッカーの強化策」に、スムースに繋がるんじゃないかって空想ですね・笑。では~

================================

追記

えー、実は性懲りもなく今日も鳥撮り行ってきまして・汗。水戸の練習見学はお休みです~。この記事もあえて即書きしています。すみません、もう眠い~。また、鳥の写真はオオジュリンを大量に1100枚ほども撮ってきまして(まずまずの出来)、機会があればUPしようかとは思いますが、さすがに時間は掛かりそうです…

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年「Jリーグ若年層プレーヤー改革プロジェクト」と「NOBU騒動」は、これから奇跡の「連環」を遂げるのか?どうか?

を知っているのは、サッカーの神様と、JFA犬飼会長のほんのちょっとした気まぐれぶりだけなんでしょうけど…

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090124-OHT1T00027.htm

期待の若手選手の試合増加などを目指す「Jリーグ若年層プレーヤー改革プロジェクト」にはJリーグ、クラブのほか、大学、高校の関係者も参加。サテライトリーグに大学チームも参戦するなどの強化策を2月から集中的に議論する

================================

えーっと、自分の主観を告げておきます。

「Jリーグ若年層プレーヤー改革プロジェクト」と「NOBU騒動」とは、実はJFAにとっては、けっして離すコトは出来ない論議だと思っています。

================================

要は、

「関東のサテライトリーグでは、観客席でほとんど観客が歓声を上げるコトが事実上難しくなっているので、サテライト(&クラブユース)のスタジアムには、盛り上がりを期待する一見系観客がどんどん去っていってしまい、固定既得権層だけの少数寡占状態に至っている。だから選手たちには『どうせサテライト戦だし・笑』という軽視が生まれ、『猛烈な負けず嫌い』が育ちにくくなってしまった。高校選手権組の方には、『猛烈な負けず嫌い』が刻まれている前例が多い」

「その歴史のターニングポイントは、1997年頃に鹿島の某グループが、インファイト&鹿島フロント(鈴木部長?)に、「サテライトでのインファイト組織応援はどうか止めて頂きたい」と申し入れ、それが汲まれてしまったのが、だんだん他チーム&ユースにも伝播していった流れ」

「サッカー観るのに気が散りますから、どうか静かにして頂けないでしょうか?」

等々が、サテライトから「真剣性」を奪い続けた非常に大きな理由だと思っています。

つまり単に「大学とJサテライトの新リーグ戦をJFAが興す」だけでは、どうせ「真剣性」は産まれません。未だに79年組以降、目立った選手たちの成長はあまり刻まれず、ヤナギやオガサの待望論すら断続するニッポン。(闘莉王は除く)アテネ五輪の敗退。北京五輪の敗退等、

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/200901220017-spnavi_3.html

それは「失敗の視点」というものが見事に欠落していたことだ

表面的な育成メソッドでなく、むしろネガティブな現実から目をそらさず、真摯(しんし)に受け止める姿勢ではないだろうか

を軽視する、自らの立場の保身に傾く組織である限り、

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/u17_1bcc.html

「サテライト観客たちの沈黙」の前では、選手たちは再び、「アテネ五輪の敗退。北京五輪の敗退」を繰り返すと俺は思っています。

================================

繰り返します。2009年「Jリーグ若年層プレーヤー改革プロジェクト」には、「真剣性」を如何に造るかを考えないと、現状のサテライトリーグの失敗の二の舞を舐めるだけです。

そして、当ブログにおける「NOBU騒動」のテキスト群とは、「サテライトリーグでどういう構図で何が起こっているのか?」に向けて、玉から石まで、ありとあらゆる手掛かりが詰まっていると、俺は巧妙に誘導させてきたつもりです。

「失敗の視点」というもの

は、次代に向けて反省&改良していかなければなりません。「なぜサテライトリーグに真剣性が欠けてきたのか?」「サテライトでの組織応援はどうか止めて頂きたい」等は、この「Jリーグ若年層プレーヤー改革プロジェクト」の生死に繋がるように思えてなりません。要は、鹿島の鈴木部長に、チラとでもこの辺りの経緯等はTEL掛けて、最低限の知識等は揃えないと、JFAという組織は再び停滞していくようにしか思えません。カタチだけリーグ戦を興しても、其処に「観客の声援」が籠められない限り、ロンドン五輪に向けた選手たちの成長は、望めないだろうと俺は思っています。

================================

朝っぱらから失礼しました…。すみません。

今日はこれから鳥撮りに行ってくるかもです…(水戸練習はオフなんで)。では。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

太平洋を渡る風は澄んでて凄くキモチ良いんですよ!さーって、今日もいざ大洗へ~♪(待ってろシノリガモ)

とはいえ、今朝はガチでさぶいさぶい~!ウワ、クルマ、完全凍ってるぅー!うー、ちょっとだけさすがにイヤかも?

いや!

「サッカーにも鳥撮りにも乗り越えられないカベなどはな~い」!

とにかく、シノリガモシノリガモ~♪今日くらいは逢いたいぞいww FR5速MT車のハンドル握って、いざ出立ー!(現地でお声を掛けたい方がいらっしゃいましたら、ぜひどうぞ)

================================

というコトで快晴だった大洗、風は少し寒かったけどキモチ良かったー!やっぱり、海と青空って、ココロが洗われますね!眠くても強行して良かった、2009木山水戸の走り込み練習ピーク日!ワタワタと短レポながら、今日はこれまでの練習の中でも最も疲労が溜まっていたように見えました。でも最後まで頑張った、砂浜タイムトライアル走り込み・なんと2本掛け!今日は大体16分~20分を駆ける砂浜走り込みを、なんと2本も挟みましたー!1位は森村?2位金澤。3位満生。その他、前半のダッシュ&下半身イジメや、最後の林間クロスカントリーなど、3日前の大洗より30%以上は厳しい練習のようにも見えましたが、GK組も含めて全員充実しながらフルメニュー!トレーナーの人とも少し話しましたが、まだほとんどケガらしいケガは出ていないそうです。(除く:星野他)また、最後の帰りに大洗磯前神社に、遅まきながら・汗、初詣してきたんですが、なかなか雰囲気の良い神社でしたし、おみくじで見事「大吉」ゲットォ~!!青い押し花も入っていたし、イロイロ多様なお願いゴトもしたし、非常にキモチ良かった日曜日でした!よっしゃ!悔い無し!動いて大正解!俺も頑張るべー!では。

追記

シノリガモは、沖合150m先のドエライ遠くに1匹たたずんでおりました…涙。LX3デジスコの1800mmで一応黒い点は撮っておきましたが、UPには至らず。2枚目の白波ドアップがLX3デジスコ写真でして、性能は非常に潜在力高いんですが、なにぶん腕がねえ。もっと水戸の選手同様、研鑽を積まねば。シノリガモ、本当に強敵です…

================================

朝青龍。

勝ったああああああーーー!!!!

うわ。鳥肌立った。ちゃんと目覚まし付けて、30分前から見てました…

ニッポンの神様たちに届ける為の「祭事」。

白鵬の本割の立ち合いは、凄かった。

大相撲。真剣勝負。一生懸命。スポーツ。

良い。良いです…。文化。文化。

国歌。君が代斉唱。歌詞。

鳥肌モード。武蔵川理事長。鬼と評されたスポーツ指導者。

麻生総理大臣。オリンピック出場・スポーツ超一流者。

インタビュー。「ワタシは帰って来ました!相撲界を応援してくれた、みなさんのおかげです!」

「長い間、ケガに苦しんで」

「ニッポンが、大好きなんで!」

スポーツ。汗。一生懸命。

ありがとう。ありがとうですね…。ニッポンの文化です…

================================

この2ちゃんAAに、ハゲしくワロタのも事実ww

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \ 
|       (__人__)    |  大関 千代大海 8-7☆
/     ∩ノ ⊃  ./   大関 魁  皇   8-7☆ 
(  \ / _ノ |  |.   大関 日馬富士 8-7☆ 
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

○○○○●○○●●○●●●●○

○○○●○●○●○○●○●●●

●●●●○●○○●○○○○○● 0120_007s0120_049s0120_012s0120_058s0120_063s0120_088s0120_087s0120_092s

| | コメント (10) | トラックバック (0)

これからの鹿島の「地域密着」ぶりこそが心配な冬の朝。オバマ→イスラエル情勢も。地球環境問題も。

http://www.asahi.com/politics/update/0124/TKY200901230438.html

自分は特に、俺たち私たちが地球環境問題を「本当に突き詰める」なら、「安楽死論議」。いや即物的には「地球の癌細胞たる多すぎるニンゲンという種を、自分自身の手によって間引いていくか」という問い掛けに、カタチだけでも、偽善だけでも、チラの程度には一度触れていかないと、誰もニッポン人他、地球の住民には「本気」にはならないような気もしていますがねえ…苦笑。機動戦士ガンダムで冨野由悠季氏や、未来少年コナン、風の谷のナウシカ・原作版、手塚作品の例えば鉄腕アトム他、ニッポンの文化好きには、実に書き古したネタでしょうけど…。

「表現」を規制するって過去の行動は、例えばこういう論議こそも「封印」「妨害」「タブー」化してきたのかもしれないけど現実は現実じゃん!?逃げちゃいけないって。後方へのバックパスばっかりじゃ、サッカー観ててもムカつくでしょ?誰かが切れ込まなきゃ。勿論、バランサーも必要ですけどさ。

にしても「太陽光発電」「風力発電」って、環境省の東大出身者ってどんなお花畑なんだか?(爆笑)レアメタルを大量に無駄使いする液晶製造からのトータルランニングなら下手すりゃマイナスになるんじゃない?そもそも国土交通省こそがこの環境ネタには最重要ポジションだと思う。先進国人を出来るだけ、クルマ→125cc4ストスクーターへのライフスタイル変遷誘導させるなど、結構巨大CO2削減量な策だと思いますよ。茨城県にもかなり縁深い麻生総理。「原付免許条件の緩和」だけで、どれだけのニッポン景気対策になるんでしょう。ついでに新サッカースタジアムの、ピッチと観客席の距離条件も緩和して欲しいw。そもそもまた環境ネタに戻るなら、朝日新聞は「原子力発電所建設」は避けられないと思いますが。深夜電力使ったコンセント式電気自動車だなんて、柏崎原発が地震被災で見通しゼロの中、軽水炉を一生懸命造るしかないでしょうに。ニッポンはお金持ち国・品質管理最先端国なんだから…。原発リスクは「年上」に当たる国こそが背負わなきゃならないんじゃありません?

================================

その、環境問題にも随分就任演説で触れていた、

http://www.nikkei.co.jp/senkyo/us2008/news/20090120e3k2001720.html

「島出身」

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_7f65.html

オバマ米大統領も、早々に二律背反?

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1232682180/1

つまり「ラーム・エマニュエル ユダヤ」でネット検索掛けると、ガザ地区のサッカー大好きチビッコたちが可哀想で可哀想で可哀想で可哀想で、自分は胸が押し潰されそうなキブンに至っています…。

他にも、中国人民元方面も気になりますしねえ。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090123AT2M2203Q22012009.html

================================

とっころで、こんなニュースに「大空のサムライ」も購読したワタシは、奇妙にワクワクもしていたり♪(カモーン!百里配属~)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090124/plc0901240138000-n1.htm

================================

あと、最後に。

「チームポリシーを見失い」で検索掛ける某サイトにも、NOBUは考える処多数な朝です…。

================================

えーと、このブログの2年超の変遷を辿ってみたら判る処は判るのかもしれませんが、「ネット界が荒廃する」という「法則」こそが、一番、自分には怖ろしい

================================

などなど、今週の水戸練習見学連発で、少々体調崩してアタマが熱っぽい、グダグダな朝っぱらからの記事UPでした。(明日の大洗に備えて、たぶん今日は練習見学は行かないかと~)

追記

あらくねさんへのレスが超長大化中。まだ時間掛かりそう…

| | コメント (80) | トラックバック (0)

「鹿島アントラーズ」が「朴チュホ」を採った報に触れて~「だったら羽成を急転昇格させてやれよ。鈴木満」と俺は感じた。

(このネタばっかりは、俺はあまりにも渦中のド真ん中に居る固定HNだ。逃げちゃいけないだろうな。)

================================

自分は朴チュホ君は、好笑顔の、好人格の、好漢だと思っています。たぶん、朴チュホも俺のサングラス顔と高めの声は憶えているよ。良かったね。チュホ。この移籍は強奪なんかじゃあ全然無い。気兼ねなく鹿島のレギュラー争いに飛び込んでいって欲しい。「イギョラー!コミュニケーション!チュホー」

================================

ただ、現時点での朴チュホは、鳥栖の高橋選手には、数字上も、「アントラーズの伝統」を破ってしまった集客影響上も、ボランチ能力上も、まだ届かない若輩な選手だと思っています。高い給料を払うべき選手じゃないよ。鳥栖の高橋よりもね。マリの小椋祥平よりも。ビジュと朴チュホの能力は、肉離れさえしなければビジュの方が安心感はあった。

================================

俺は、「鹿島アントラーズのBチームへの成長度」「一緒に描けている絵」に対する評価が、相当に低いんですよ…。自分は「Bチームが弱いチームは必ず弱くなっていく」と思っています。去年の鹿島アントラーズのBチームには3度木澤水戸Bと戦いましたけど、「一緒に描けている絵」があまり見えていなかったと思っています。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vstrm-4d0f.html

================================

俺は、鹿島アントラーズの「地域密着」は、クラブハウスの声出し熱気=足元からこそ、今、弱化を続けているように見えています…

================================

小谷野、後藤はどうしているの?駒大の鈴木寿は現在どうしている?

================================

うーん…。限界。ごめん。続きは明朝でしょうか…。(羽成のポジションが少し違うというのは判ってるよ)

================================

自分という固定HNは、この件について関わりが深すぎます…。続きは明日。

================================

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.01.22b

「昨年5月に水戸ホーリーホックに入団して以来、茨城の熱いサポーターの応援とチームスタッフの温かい配慮の中でとても楽しくサッカーをさせていただきました。この度、鹿島アントラーズに移籍することになりましたが、水戸ホーリーホックは私が最初に入団したJリーグチームとして、私の中でいつまでも素晴らしい記憶として残るでしょう。これからも日々精進して高い目標を持って頑張って行きたいと思っています。チームは離れますが、今後も私を見守っていてください。短い間でしたが、本当にありがとうございました。水戸ホーリーホックのJ1昇格を蔭ながら応援しています」

うん、良いコメントだね。チュホ…

================================

2009オリベイラ鹿島アントラーズ。2009木山水戸。より多くの「日本代表選手」を産み、育てていく素養は、一体どちらのチームに微笑むのでしょうか。そして両者の「地域密着」の進捗は。「NOBUの剛運」は。。。

すみません、↓の記事にかなりフクザツな苦笑をしている今朝のワタシ。(これは田嶋幸三氏の判断か!?)

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090123012.html

23日の金曜日はこれからちょっと私用があるんです。水戸の練習にもたぶん行けません。しばらくの時間、ネットからも離れるでしょう…

0430_084ss

| | コメント (47) | トラックバック (0)

小雨は降っても大洗にはシノリガモと「汗と青春と砂浜」が待っている!?いざ、眠いけど出立~

えー、シノリガモ他の都合で、今日は鳥撮りの方こそに燃えそうかも?開始時間が10時か11時かも良く判らんのですが、午後の更新はイロイロ遅れるかもしれませんー♪

================================

えー、というコトでワタワタレポながら、昨日に続いて今日も「走り込みだけの練習日」に行ってきましたー、大洗海岸!でも、「大洗は想像以上に練習場としては快適~!」てな印象深めつつあるワタシ。良かったですよ!環境も、練習内容も、チーム自体も!11時開始からの内容的には、まずは下半身を中腰苦しい体勢でじっくりイジめた後、筋肉番付でもお馴染みの「ビーチフラッグ」をみんな笑顔の大競争で!その後「タイムトライアル」の20分超長距離走(これはライバル意識超メラメラで厳しそうだった。一等賞は満生♪)。最後に林間部に移ってのクロスカントリー・タイムトライアル2本。詳細(順位など)は省きますが、「良いカンジです!」。今年のチームにも、笑顔が溢れています…!表情がイキイキしてる。若いモノ勢。あと、昨日はふくらはぎに氷嚢巻いて半リタイヤだった本間も、今日はフルメニューをなんとかこなしてました。これで安心~。居なかったのは堀・首藤は当然、あと星野?また小雨は途中で止みましたが、この程度は別に寒くはない。普通に運動には丁度良い気温&風も弱いで、大洗練習大作戦は、意外な好ヒットだと感じつつあるワタシです…。北風的にはホーリーピッチの方が、観戦者にもキツいんじゃないでしょうか。あと大洗は空気に酸素が多めなような気もしました…

================================

あ、それと。今日は相当の意気込みで、ガチ本気モードで練習後2時間半以上も粘りに粘った鳥撮り=「シノリガモ探索放浪1kmの旅」だったのですが、夢散にも大完敗っす…涙。ありゃあ?自分が初日にさっさと5分で近距離で撮ったのは超幸運だったのかいな?どうやらやっぱり、シノリガモの実数自体はかなり少ないようで…。ときどき波間に浮いている黒い影は、ことごとくウミウばかりでした。代わりにセグロカモメを撮って暇つぶし。トリミングしちゃうのは自分の下手くそさゆえなりでスミマセン…汗

================================

とりあえず、早々にレポは切り上げます。木山監督ともお話しできたり、カタール国際ネタなどイロイロネタはあるのですが、さすがに今週はワタシ、練習見学行きまくりで相当体力削りました…。今日は最後、シノリガモ目当てに、ヘロヘロの限界まで動き続けたんで…みなさん、スミマセン。陳謝…。

0121_031s0121_040s 0121_046s 0121_171 0121_172 0121_175 0121_174

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またもまたしても「NOBUの剛運」!?実は中島俊一も「NOBUの叫び」を受けている選手でしたーっ!

あああーーっ!!!???
今日になって、ハッと気が付いたぁ!
中島俊一・所属歴 :帝京高校→流通経済大学→名古屋グランパス(J1・2005~2007)→ FC琉球(JFL)
って、名古屋の杉本と一緒世代っていう経歴ならば。
2004年8/29(日);天皇杯茨城予選:流通経済大4-0鹿島アントラーズユース
の、あの「NOBUが狂い叫んだ試合」に出場してる可能性が、極めて高いのでは!!??
================================
[3662] いざ!流通経済大G→ジーコスタへ! 
■DATE:2004/08/29(日) 11:13 ■NAME:NOBU@闘魂テルテル坊主モード! 
実は昨晩から、ずぅ~っと、逡巡していたのですが…。
ようやく、ようやく、決心、付けました!
今日は、流通経済大Gの方にも、行ってきます!
だって。
流通経済大G→ジーコスタ移動@1.5時間は、必死になんとかならば、イケそうだもの!
○時間の睡眠時間は、栄養ドリンク3本ばかしで補助すれば、良いんだもの!
今こそ、「元気」一杯の鹿戦士たちの奮闘を、見たいのだもの!
それに[3660]を、UPしてしまったのだもの!
たーしかに、風雨なんかも、過労なんかも、vs流通経済大なんかも、vs市原ムービングサッカーなんかも、待っているのかもしれないけれど…。
負けるもんか!
そう、熱血鹿サポたる者。
最後に見たいのは、ジーコスタゴル裏から見る、花火!
だから、脚立担いで、俺は一緒に戦うぜ!
2004年8月29日。
「夏」最後の、週末の昼下がり…。
いざ!
出陣です!
では!

[3663] 報告:「夏の終わり」
■DATE:2004/08/29(日) 23:01 ■NAME:NOBU 
う~…~…~…~…~…。(←下着までグショ濡れ・ダブルヘッダー・ウルトラ困憊モードの表現)
で・も。
クジけてたまるか!
================================
鹿ユースvs流通経済大は、0-4負けです。

     黒澤  関野
    小谷野   山本
     吉澤  田嶋
鈴木(寿) 野本 畑中 槇峰  
       杉原
================================
前半10分すぎ:GKの凡キックミスをFW拾われて、ループ。0-1。
されど、その後は制中権を握って、終始押し気味!
ハーフタイム:槇峰→滝川(さあ!総反撃モードだっ!)
後半15分くらい:されど悪夢襲来…。田嶋ケガで交代→大内へ。(右ヒザ捻った?悶絶した表情から、軽くは無さそうだった…)
その数分後:中盤・酩酊・無理総反撃モード!の裏を突かれ、滝川の上がった裏をカウンター!鈴木(寿)のカバーも届かず、ゴール。0-2。
おまけに、鈴木(寿)もケガ!こちらも、右ヒザ?こちらも、悶絶…(号泣)。→大道へ。
しゃにむに攻めるも、いかんせん不慣れな布陣。
大雨の中、時だけは流れていく…。
40分あたりと、ロスタイム。続けざまに、押し上げたDFラインの裏を、1.5列目の光速ドリブラー(11番。杉本と呼ばれてた?)中心に狙い撃ち!実によく似たカタチで、連続失点。
0-4試合終了。
================================
でも、でも、でも。
内容は、決して悪くは無かったと思う。
若者たちは、間違いなく、最後まで戦った!
鹿ユースの好機も、決して少なくなかった。(流通経済大も、少なくなかったケド)
もっとも、あからさまに、狙い撃ちされていた、
「押し上げすぎるフラットなDFラインが、グイっと上げる瞬間」を、
「光速1.5列目が、1トップとタイミング良く入れ替わって、サイド裏のスペースへズバっと突く!」
に対する対応は、河崎・鹿ユース監督は、絶対に考えなきゃならないと思うけど。
君たちは、まだ、若い!
もっと、もっと、「上」と「前」を、向き続けて欲しい!
大丈夫!
応援する者は、きっと、居るから!
================================
(中略)
でも、もう一辺、ワタシは3行目のコトバに戻りたいです。
クジけてたまるか!
たーしかに今は、消耗しているかもしれないけど。
ちょっと休みを入れたら、歩み直せば良いだけのコト!
「秋口」に強いはずの伝統は、某チームのDNAには、残っているはずなんです!
こういう「苦しいとき」にも、ワンパターンでしょうが、またこのシメで…。
ガンバレーッ!かっしーま!アントラーズッ!
では。

================================

おいおいおい…!
あの流通経済大グラウンドでは、俺は狂ったように叫び続けたんだぜ!最近の水戸どころじゃない超フルパワー。中島俊一さんに聞いてみれば、「あの日の流経グラウンドの鹿ユースサポ」は、記憶にあるんじゃないだろうか?はあああぁ~。奇妙なほど不思議に水戸ホーリーホックにどんどん寄り集まり続けていく「NOBUの剛運」勢です…

================================
今季水戸入団・新人選手
・3番:保崎淳・流通経済大出身
2007年11月21日 (水)那珂総合陸上公園での水戸1-1流通経済大戦など
http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/trm_1911.html
言うまでもなく、去年の流通経済大の選手たちに「NOBUの声」は知れ渡ってるはず。(2年で6回戦った?)

================================
・5番:加藤広樹・流通経済大出身
コチラも言うまでもなく、練習でもJ実戦でも、特別契約中にヤマほど彼には怒鳴りました。

================================
11番:高崎寛之・浦和レッズからのレンタル
ハイ♪2008年4月 6日 (日) サテライト水戸3-1浦和戦で、彼が「orz」姿勢になるまで、NOBUの声はツイン中に響き渡りました。
http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/vs_e944.html

================================
14番:金テヨン・去年は愛媛FC所属
2008年5月18日(日)水戸1-0愛媛戦で、「笠松のNOBU」を知っていますね。
http://www.jsgoal.jp/game/2008/20080200030520080518.html

================================
15番:島田祐輝・駒沢大出身
あえて言えば、駒大主将:鈴木寿が2004河崎鹿島ユースだから「鹿島ユースのハナシ」はヤマほど聞けていたハズ。この選手は、あまり接点は少なめ

================================
18番:鶴野太貴・コンサドーレ札幌ユース出身
この子の奇運が一番凄いか。バッチシ2008年11月24日 (月)水戸ユース0-3札幌ユース戦で、「ツインのNOBU」を知っています。(驚)
http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/httpwwwj-league.htm

================================
19番:森村昂太・F東京からレンタル
接点は2008年10月30日 (木) サテライト水戸5-0F東京戦での同僚への伝聞情報だけ?
http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/vs-d004.html
でも、F東京U-18世代は、Jヴィレッジ・クラ選でF東京vs札幌戦などは観た。あと何時だったか遠征直前のU-18日本代表が、カシマクラハで鹿島サテライトで調整練習試合したのは観てた。

================================
33番:土井康平・神戸からレンタル
この選手も奇運。未確認なんですけど、2005/12/11(日) 鹿島ユース1-1神戸ユース(PK7-8)の時に2年生なら、あのPKストップの際のGKだったんじゃないだろうか??(監督は木山氏!)
================================
[4353] 鹿ユース、負けた
■DATE:2005/12/11(日) 17:17 ■NAME:NOBU 
本当に、悔しい…。
「負けた」。
神戸サポに「ホームジャック」された…。
勝敗は、1点先制されたが、鹿島魂で後半追い付いた。(FK崩れの混戦の中、数人まとめてゴールの中に転がり込めた)
されど、PK戦、両チームキッカーとんでもない精度。全員が決め続けて、ウチの10数人目に蹴ったDFのボールが、とうとうぎりぎりのポストに当たってしまった…。
でもそんな事象は、サッカーというスポーツの中ではちっぽけなんだよな。
「青春」「充実」を、俺たちは届けられなかった…(悔恨)
今の自分は高熱でフラフラしてます。(38度に近い。今日は普段着に白マスクして手拍子応援)
鹿のユースっ子たち、今日はすまない…。
では…。

================================
そして。
鹿島アントラーズ入団の大迫選手は、言うまでもなくひたちなかでの
・鹿児島城西4-3ガンバ大阪ユース戦
で、NOBUの大声援を受けていたりしますっ!
http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/u-18-0a27.html

================================
また、鹿島入団の宮崎選手も流通経済大出身。非常に高い可能性で、保崎と同様に、那珂総合公園でのTRM他には参加していたハズです。

================================
しっかし…。中島選手までは、本当にビックラこいたあ…!コレは驚いた!
いや、大迫や鶴野の「NOBU叫び歴」もナンボだと思いますが、神戸ユース戦での土井も覚えていたら凄いですな。まあこれらのネタは、後続して追加確認していきたいとは思っていますけど、当時の自分の「叫び」は、鹿島ユース絡みでは完全にリミッターを外していたんです。特に流通経済大戦のアウェイでは、「狂い叫び」でした。中島選手、鹿ユース0-4流通経済大戦での「あの鹿島ユース応援サポ」を覚えていたら、凄い「縁」なんだなあって自分は感動しちゃいそうです。本当に、面白いですねえ…。サッカーって。青春って!ハーイ♪

================================

というコトで、これから頑張って午前練習もチラ観してきますかね。でも、朝っぱらからテキスト打ちまくりで超疲れてる~。あと今日の段階では、紅白戦布陣図とか情報戦を何処までネットに流して良いんやら??実は25日迄のナポレオン展(2回目)や、鳥撮りにも色気が出てる水曜日。さて、更新は後日か~?

0120_019s0120_028s

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ワタワタと代表戦!日本代表vsイエメン戦実況!

えー、ちょっと別用もこなしながら、青木と興梠と内田の活躍をTVで横目してるんですが、イエメン、体格は良いのに勇気の無い試合してるなあ…。ニッポン、さっさと2点目捕れよお。興梠~!

とテキスト打ってたら、後半早々にヘッド決められたー!最後のマークは駒野?やってるサッカーの方向はまずまず、代表選手たちにはご苦労さまなんですが…。

日本テレビ、アナは要らない。頼むから北澤さんと城さんだけでしゃべって欲しい…(武田はピッチレポートへ)

岡崎は確かに悪くないFWではある。それでも荒田というFWを試す余地はあるんじゃないだろうか。イエメン、ベタ引き~。後半11分。寺田の頭にボール集めてる。

熊本のお客様、暖かい!巻に期待が集まってる。ああー、興梠と交代しちゃった…

これだけベタ引きの相手。良いシュミレーションではあります。ミドルを枠に入れないと。ニッポン人にはジェラードみたいな、「フカさない背筋力」「軸足のチカラ」が足りない。今日も若い子たちを鍛えている水戸の田中フィジコ、対策採って欲しいなあ。

と、観てたら、田中達也がヘッドで押し込んだー♪岡崎がニアで良く競り勝ったね!フム。やっぱりセットプレーだったか…。ニッポンのサッカー。

岡崎、ヘッドで競り勝ちまくり。ゴール枠に嫌われまくり。岡崎は悪いFWじゃないなー。滝川二出身か…。

青木を中心に、ゾーンかマンツーマンを良く見定めたいんですが、日テレのカメラワークが攻撃偏重で判りづらい。まあまあ、青木が活きやすいようにゾーン傾向かな?2バック・1ボランチ的な青木の役割は重いです。よほどの単騎守備力がないとコレは背負えない。

選手たち良く走ってる。ご苦労さま。田中達也、肉離れケガ離脱するなよー(浦和だからって、関係ない)

岡田監督の姿は一応良いと棚上げしておいても、大熊コーチの姿は差し替えられないのかなあ。これ=サブコーチの位置が「オシムさん」だったら、どれほどココロ強いか。オリベイラでもシャムスカでもアウトゥオリでも、全然違って来ると思う。前田秀樹さんでも。

あと1点は取らないと熊本のお客様=集客に向けて申し訳ない。ミドルで亀を引っ張り出したいんですが。37分。

乾も投入。金崎も投入。田中達也が抜けて、ちょっと停滞し始めた。コーナーを取りたいんですが。あ、金崎も滝川二高なんだ…

木山監督・木澤コーチ、そして萩原部長だったら、この戦況を戦術的にはどう観戦してるんでしょう。オリベイラにも。4者で温度差はあるかもしれません…。岡崎、ロスタイムにまた止められたー。

コーナーかな、コーナー。組織としてコーナーを狙い取っていきたい。

岡田監督って、結局、泥臭い熱血一生懸命=岡崎典型の「高校選手権サッカー」に回帰していったようで。悪くはないとは思いますが、底が深くない。シャムスカやオリベイラだったら、もう4ヶくらい引き出しある。木山さんだったら。萩原部長だったら。

ああーー!試合終了~!2-1で一応、ビミョウな雰囲気の熊本。岡田監督は若手選手のモチベーションを称え、一本調子にも苦言を残した。でも、それが判ってるなら巻というステロタイプはどうだったか。前線に「荒田」は欲しいと思うんですがね…。青木と興梠にはお疲れ様!これで当分はお休みかもしれないけど、青木はタイプが異なるボランチ。良い結果を今日は残したと思うよ!ご家族は喜んでいるでしょう。内田はこの先がまだまだ残ってる・汗。頑張るなよw。ケガはするな。ケガはするな!にしてもイエメン、ああいう戦い方もアリなんだな…。フム。サッカー。

================================

えー、そそくさと、世間一般的に、当面は軽い代表の季節ですかねー。ま、豪州戦にはガチになりましょうぞ!ジーコジャパンのドイツの悔しさを俺は忘れていませんのでー!ドンドン!ドドドン!ニッポンのサッカー文化!では

| | コメント (7) | トラックバック (0)

いやったああーっ!!ケーズデンキ様!水戸証券様!mitre様!そして縁の下の優しき皆様!「地域密着」「繋がり」をありがとうございます!

俺は。俺は。俺は。

この「暖かい奇跡」が本当に嬉しくて。今朝は胸一杯の感謝のキモチに全てが包まれていて。

俺って茨城のお馬鹿は、本当に本当に幸せ者なんだと思います…

ケーズデンキ様!水戸証券様!mitre様!その他のみなさん!

ありがとう。ありがとうございます!

「家族」として、2009年も一緒に渾身に走っていきましょう!

若きサッカー選手たちの、純な瞳と共に!

================================

俺は、この「暖かい奇跡」とは、故石山さんと、故川上さんの、青空の上からの暖かい眼差しが、沼田社長の不思議なチカラに届いたような気がしてならないんですよ…。

故石山さん。故川上さん。

ホーリーホックの「家族」たちは、今日も一生懸命、ホーリーピッチで自分自身と戦っていきます!ありがとう。ありがとうございます!俺たちは、2009年も「元気」です!

================================

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.01.19c

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00076460.html

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00076458.html

『水戸維新』

選手・スタッフ・フロントの方々の熱心な活動と、サポーターの皆様の熱い想いに触れ、地域に根ざしたクラブチームを目指す水戸ホーリーホックの更なる発展

この影には、たぶん「数多くのほしママさん」のような、熱心な「真っ直ぐに、一歩一歩」が支えていたんだと思います。

そしてプロサッカー球団社長業・1年にも満たない沼田社長、そして萩原部長以下、水戸フロントのスタッフさんには、どれだけ苦しい日々が続いていたんでしょう。(中尾トレーナーは湘南へ)

「感謝」「感謝」「感謝」。

この地に集った暖かき眼差しには、感謝の念で一杯です…

================================

にしても(笑い)、水戸にとっての重要な発表日には、自分はPC前のF5リロードよりも、鳥撮りの野山を駆けている方が宜しい結果を産むジンクスなんでしょうかw。正直、こんなに早く、こんなに嬉しい「メインスポンサーALL継続」だなんて朗報が届くとは思っていなかったんです…。良かった。良かった…。

================================

ただですねえ!(半怒)ネットで耳年増サッカー論議をガーたれるコトには手慣れているNOBU。まずもって、木山監督へ~!

具体的な数字で言うと、8位以上。

ワタシゃ、ご存じ、意外に高飛車なニンゲンですのでw

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-4d60.html

「(荒田に)ニッポンA代表を水戸から並列して活動させましょうぜ!」

「2009年、水戸ホーリーホック=3位」

が、「リアリスト」からの要求でっす!(微笑)

================================

もひとつ。コチラは真剣ハナシです。あまりこれまで深いサッカー論議を交わしたコトがない、萩原部長さまへ。

サッカーのスタンダードはあくまで日本のスタンダードでなく、ワールドスタンダードをベースにすべきだと思ってます

自分は昨年、「西野への放り込み」には、反対でした。

自分のサッカー観というのは、もう、モノ凄い長さのテキスト量を刻んできたつもりですけど

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/2008_d14b.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_22a1.html

木山監督!選手たちが生長出来るようなサッカーを、宜しくお願いします~!」

を達成出来ないようなサッカースタイルは、それは、故石山さんの頃から、水戸という育成系サッカーチームの道には長期にも相応しくはないだろうと思っています。少なくても、山本アテネのような、大まかには「田嶋幸三氏の15秒サッカー観」というのは、もう歴史的に振り返ってみても、農耕小柄ムラ社会民族:ニッポン人に好結果を刻めたスタイルとは思っていません。具体的には、お馬鹿サポNOBUのサッカー理論は「近代ニッポン人のサッカー観=キャプテン翼のサッカー観」「ボールはトモダチ→だからガサツには扱うな」「友情→チーム内での選手責任感にある程度任す方が長期には2段伸びする」(風間筑波大のように?)などなどなんですが、自分なんぞより年上として何十倍もサッカー文化に携わってきた萩原部長。ぜひ、水戸の選手たちが将来転身してチビッコサッカー指導者に立った時にも、「2009年の水戸ホーリーホックのサッカーには笑顔が溢れていたよ!」と振り返れるような

スタジアムに来ていただくお客様に感動を与える試合

を、ぜひ宜しくお願い致します!俺たち水戸サポーターは、2009年の彼らを信じているんです!ドンドン!ドドドン!萩原部長!

================================

なお、高碕選手の

モットーは仲間を大事にすることです。チームをファミリーだと思ってみんなで力を合わせていきたいと思います

のコトバは、ちょっと印象に残りました…

================================

というコトで、朝っぱらのNOBUはテキスト打ち込みすぎたようですがw、今日の午前練習・午後練習は、体調との相談です。みなさま、ごめんなさい。たぶん代表戦の兼ね合いで今日のホーリーピッチは厳しいような気がします…(あと、布陣図とか、情報戦の絡みでちょっと逡巡してたり)では、今日は代表戦もってコトで…。(オヤスミナサイ)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

シボんだ気分は切り替えて♪今日は朝から藤井川ダムにアカゲラとイカルを撮りに行ってきましたー!

えーっと。

実はもう、水戸サポの「総括総括」には、厭戦気分と将来への落ち込みで少々ヘコんでいたので。

ならば「青空」を眺めに、今日はキブン切り替えに延々7時間、鳥撮りに行ってきましたー♪でも、今年の関東地方の冬鳥の渡りは非常に不作です…。ホントに実数が少ない!水戸の大洗砂浜でも感じたんですが、暖冬なんでしょうか。具体的には冬鳥が里に降りるのは、山地の積雪で鳥の食べるエサが無くなるから、不得手な人里に降りてくるんですけど、今年は積雪が少ないんでしょう。そういやスキー場も大変みたいだし…。去年、水戸市内でもヤマほど居たアオジとカワラヒワの数が凄ーく少ない。エナガ・コガラも少ない。ヤマガラ見てない。ウソ見てない。そしてワタシが大好きなキクイタダキが、今年は全然見れていない…涙。(その他アカモノなど全っ然。ツグミとヒヨドリだけは沢山)

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/1419_467d.html

それでも数少ない中で、自分にとっては20年ぶりの珍鳥!(別にさほどでもないですがw)極めて運良く、藤井川ダム・ふれあいの里でアカゲラを一度だけ撮るコトが出来ました-!あと、水戸近辺では珍しいイカルも。これは以前に尾瀬方面や、北海道旅行中で見たっけな?それでも10年ぶりくらいだ。ただ、実際には、まずは本来はヤマセミ撮りに今季7度目の出撃したんですけど、見事某ポイントでは轟沈!モズとホオジロだけは撮れたけど。(これでvsヤマセミ2勝5敗→超消耗)

それで傷心の中、元来はキクイタダキが名産の藤井川ダムに行って早々にアカゲラが撮れたのは素晴らしかったんですけど、その後、延々4時間待ち続けるも、ほとんど鳥らしい鳥はシジュウカラだけで、最後の最後にイカルが見れたんですが、実に厳しい7時間だったんです…(ネテナイ)。

えー、ということで超疲れた・足が冷たい…。はああ~。詳細&各地へのレスはどうか休息後にさせてください…。

================================

追記その1

ところでJ1開幕戦「鹿島vs浦和」かよお!ヘンな小細工は良く無いと思うぞ!犬飼会長~!

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090119-OHT1T00075.htm

中後のレンタル移籍は決まってしまうし…。鈴木満強化部長~!(怒)

ただ、この移籍の千葉側の腕の良い担当者。ひょっとして「小林寛」氏ではないかい…?(驚!)

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_7795.html

================================

追記その2

にしても、去年あれだけNOBUが盛り上がったカタール国際!

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/12121_8cc9.html

にしても今回は1勝1分け2敗で、アッサリ敗残とは…怒怒怒!だって水戸の遠藤と満生と石川を連れていかないから、「攻守のリズム感」が産まれなかったんじゃないかあーっ!(鹿島の當間と川俣は選出されてたんだけど)

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/eleven/1220052900/559

シリア戦 0-1         ※木暮がMOM
   大山  白谷
  (大塚) (永井)
齋藤        清武
   下田  木暮    
酒井 村松 山村 當間  
     大久保  (渡部)

UAE戦 1-1          ※大久保がMOM
   白谷   永井     22分 永井
  (齋藤)
       清武
  中里      大塚
 (輪湖) 下田
 酒井 村松 山村 當間
(河野)  大久保

セルビア戦 3-2        ※山村がMOM
   永井  河野      17、34分 山村
       (木暮)      60分 當間
 大塚       清武
          (佐藤)
   下田  山村
酒井 大野 村松 當間  
     大久保  (渡部)

日本2-3ウズベキスタン

とにかく、自分はこの極めて田嶋幸三風を感じていたこのチームには、「父性」が足りないんじゃないかとも終始感じているんですが。「負け癖」。どうにも良く無い流れのようです…

鹿島vs水戸のPSM。「水戸の遠藤+満生」vs「鹿島の大迫」

ならばJFA関係者には、木澤水戸Bの面々がどれ程までに雄々しく成長しているのか?しっかりその目で見届けて欲しい…!(本気)

0119_0080119_0020119_0030119_0070119_0050119_0060119_0110119_0100119_0090119_0140119_013

| | コメント (11) | トラックバック (0)

木山水戸、案の定ボール使った戦術練習に突入!中島(?)も挨拶してたっ!風寒かった午前練習だけ行ってきましたー♪

えー、大洗海岸より遙かに寒いわ、眠いわ、お馬鹿なスクワット筋肉痛で歩けないわでw、実に酷い体調なんで、そそくさと短記事なんですが、2009木山水戸!案の定、バリバリボール使った戦術練習に突入しましたー!今日は雨模様もあって、自分は30分ほど遅刻しましたし、午後練習にも長くボール使った練習は費やされるのでしょうが、もう普段のシーズンイン中の練習風景に極めて近かったようにも感じました!

とりあえず、ボール使った周回パスウォーミングアップの後、ミニコート・2タッチ縛り技巧系ムービングパス展開集散紅白戦形式、カタチと組み合わせ変えながらのほぼ1時間!人数が21人だった関係で中央にフリーマン置いての変則11人vs11人でしたけど、まだ一部の名前と顔が一致しないため、布陣図は自信を持っては載せられません・苦笑。

ただ、年上組と見られるビブス無しチームには、森村・荒田・高碕が3トップ気味の布陣で臨んでいたように見えたのが印象深かったのと、同じくビブス無しの左SBに加藤が起用されていたのがちょっと意外でした。ただ、今年のチームは技術が上手いし、昨日の砂浜走り込みを感じさせず全員カラダはキレていますよ!それと森村はまさに左サイドのスペシャリストですねえ(ほぼFW?)。金澤もキビキビ気迫が伝わってきた。実は島田と森の背格好が良く似ていて、しばし混乱しましたが…

えー、短記事なりにすみません。でも、チームの空気は最後にドーナツ食べてたり、バーベルに嬉々として順番に群がるなど、凄く陽気でした。木山監督・木澤コーチも、最後練習に笑顔で加わっていましたし。とにかく、戦術練習に突入するのが、やーっぱりこのチームは早かったです!中島もようこそ!大歓迎っ!とにかく自分は今日も元気を貰って帰って来ました!やっぱりサッカーはナマが良いねっ!では。(オヤスミナサイ…)

0118_001s0118_016

| | コメント (7) | トラックバック (0)

いざ今日も大洗へ~!「若者たちの競争メラメラ」と「シノリガモ」をお目当てに♪どりゃあ!

行ってきますかねえ!お天気も良さそうだし♪胸一杯にココロの洗濯してきます-!

なお、「シノリガモ」は結構マジで珍鳥なんで、今日は本格LX3デジスコ持ち出して、再チャレンジしてくるつもりです!コチラも相当楽しみ!

でも、若者たちの「競争ライバル意識」こそが一番に楽しみです!こりゃ、今日の田中フィジコの練習内容はハードそうだっ!

================================

というコトで、ポカポカ陽気だった大洗のトレーニングに行ってきました-!うん、今日も大洗は温暖で快適快適♪チームのUP時なども笑顔がひっきりなしに絶えなくて、今年のチームも凄く新人さんたちの馴染みが早いみたいですよー。とりあえず今日のメニューは、入念な下半身トレーニングの後、ほぼびっちり1時間の長躯ランニングでして、その過程は当然定位置の観客側には見えませんから、どれだけ厳しいピッチだったのかは判りませんが、拍手の中帰って来たのは金澤が1等賞!昨日のキレキレからの予想通りってカンジで、その他新人勢や満生&遠藤、あと意外に原田が上位に帰って来た。で、みなさんのご想像通り、殿(しんがり)はポジション的にも走力は必要としない、水戸の大黒柱でした…(OK!)

その後、砂浜でリフティング勝負のヘディング合戦。みんな長躯ランニングの割には、ほぼ笑顔とキレキレでして、この大洗砂浜大作戦は、ナカナカ上手く行っていたのではないかと…♪

なお、実は自分は1時間ランニングの間、シノリガモ撮りにテクテク茨交大洗ホテル下磯場まで戻ったのですが。

本日の大洗海岸。スズキ(ルアー含む)釣りと、観光客が100名以上は来ていた?それでシノリガモは2羽、ちゃんと昨日と同じ処に居たんですが、ずーーっと沖合の方まで逃げちゃっていまして写真撮りは轟沈!(波もキツかった)LX3デジスコは操作が非常に難儀な為に、シノリガモ狙うなら、平日の午前に狙うべきとは反省しました…。今の自分の腕では、海ガモ類は遠くて厳しいコトは厳しいようです…

================================

うーん、積み残し情報と言えば、練習の位置は茨交大洗ホテルより北上500mほどの、レストランメヒコの少し手前の公営駐車場&公衆トイレのすぐ下なんですよね。クルマは一杯停められますから、公式HP情報はちょっと手直ししても良いかも。あと気候は温暖ですが、クツはガッチリした長靴系なら砂が入りません。選手たちは陽気でした。あと、新人選手たちはイケメンが数多く揃ってるなあ、と…。鶴野が大人びた顔付きだったのが想像外でした。遠藤と森村は「晃太ー♪」と仲が良さそうだったかも?

================================

あと茨城新聞松本隆吾さんが執筆されている、今年になって充実一途のWEB版は、非常に水戸ホーリーホックサポーターへの重要な情報発信でして!

http://www.ibaraki-np.co.jp/sports/holly/menu.htm

西野(ファジアーノ岡山)と塩沢(佐川印刷)への再就職決定!

>西野は「チームは変わるが、応援よろしくお願いします」、塩沢も「一層成長した自分を見せられるように頑張ります」とコメントした。

実は西野、塩沢とも自分は大好きな「前田さん闘魂系」の選手だっただけに、これは本当に本当に嬉しいニュースでした!みんな。みんな!一生懸命燃焼し尽くして欲しい!ドンドン!ドドドン!西野!塩沢!

================================

ま、個人的には昨日のスクワットで足は筋肉痛ですけどw、サッカー選手たちが青空の下でイキイキしてるは良いですね!練習4日観察で、自分の練習見学はちょっと一段落はしたかもしれませんが、みんなみんな、好感&好漢揃いの水戸ホーリーホック。自分に妥協しない「自分イジメ」。「1年間、ケガだけはしないでー!」評価は、J最終節の3位決定試合に待っているんですから!若者たちの青春の瞳、悔い無く1日1秒を頑張って欲しいー!

0117_001s0117_008

| | コメント (35) | トラックバック (0)

おおっ!好ムードの木山水戸、早くもボール使ってパス回し練習始めましたー&新兵器バーベル+ベンチも導入♪好天のホーリーピッチ練習3日目!

えー、ハイ♪性懲りも無く今日も頑張ってワタシ。今日も好天のホーリーピッチに行ってきましたー!(チト、眠い)

でも、自分とは違って、若き水戸の選手たちはみんな(除く別メニュー星野)、キラキラ元気一杯!(1部練習に切り替わったから?)

まずは前半1時間は相当ハードに負荷を掛けた、下半身強化&走り込み周回をみーっちりこなした後。

後半1時間は案の定、去年までもよく見た、密集ミニコート2タッチ縛り・ランダム集散パス回し紅白戦を、相当なハイレベルでガシガシ始めちゃいましたー!ウン、今年の新人選手たちはみな足技が上手いね。粒が揃って、競争意識にメラメラしていた感じでした!今年も木山監督はボール使った練習を始めるのが早かったんですねえ。自分は賛成ですよ。新人へのサッカー観の意識付けは早い方が好ましい。

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/2008_d14b.html

また、ピッチには笑顔が絶えなくて、今年も好青年が一杯集まったかな?中でも一番カラダキレキレだったのは、大将と満生とGK練習の原田だったような印象もありました。あと、練習終了後も若者たちは練習し足りないみたいで、今年からの新兵器:バーベル(25kg?)+ベンチに次々みんな寄り集まって、バシバシ、スクワットやってましたー!

なおワタシ、今日は調子に乗って自分も観ながらスクワットの筋トレ始めたら、只今ヒザが笑っておりますがww

えー、ごめん。実はちょっと私用もあるんで、ハクセキレイの写真とか、詳細は後ほど~!とにかく、今日も優しき方々に新年のご挨拶も出来ましたし、天気も良かった!水戸という家族の手応えも明るかったですよー!うん、やっぱり芝の匂いって、サッカーって、いつもキモチ良いです!では。

0116_0440116_0540116_0800116_081

| | コメント (25) | トラックバック (0)

「大和田さん、1年間ケガだけはしないでくださいー!」ハイ、大洗の砂浜は予想以上に温暖で快適でしたー!練習2日目&シノリガモも撮れた♪

えー只今、今日も、もう寝不足ヘロヘロなんですが、2009木山水戸、チームには笑顔が溢れて相当良い雰囲気なのでは!?ちゃんとワタシ、大洗の砂浜練習、行ってきました~!ありゃ?大洗真冬の砂浜って、どんな過酷な冷環境なのかと覚悟して行ったのに、予想以上に良い処じゃん♪日差しが暖かくて別に寒くないし、砂の状態も良くて最後はボール出して、みんなで蹴鞠ごっこもしてた。新人の子たちも表情豊かで好漢そうっぽかったし、各人のキモチと自覚も伝わってきた。詳細は後述するかもしれませんが、大洗海岸練習大作戦は、こりゃあ意外な好ヒットだったかも?とにかく「粘り強い足腰」を鍛えるに向けて、非常に悪くない練習2日目を滑り出しているんじゃないかと思いました-。全体に雰囲気が陽性なんですよね。その大元締めに向けて、タイトルのコトバなどもしっかり届けてきた訳です…(言外には「だから今の時期に、トコトン自身をいじめ抜いてください」を籠めていましたが)。また、木山さんともイロイロお話しましたがコレは秘匿かな。とにかく今日の大洗は、名実とも「澄んだ青空」だったかと思います~!練習見学者は10人ほどでしたー。

================================

あと今日は、最初っから自分も鳥撮りの機会も狙っていまして、見事「シノリガモ」を生涯初めて観察するコトが出来ました。その他イソヒヨドリとか、収穫はナカナカ♪オッケイ!コチラも後述-!

================================

なお、各地へのレスはしばし休息後?でも投稿者のみなさん、日々PCに向かってるより、出来るだけ戸外に出る方が、絶対に心身の健康にはプラスだと思うんだよ 。俺には…

          ================================

0115_4320115_4310115_1720115_4330115_4300115_426

0115_4060115_4290115_0040115_2410115_3560115_013

| | コメント (10) | トラックバック (0)

えー、2009木山水戸のキャンプ初日、ホーリーピッチに行ってきましたー♪

えー、大分疲れ気味ですんで、短記事ながら、自称「リアリスト」と致しましてはw。

あんまり今年も選手たち側に接近するコトは、「自分=情報発信者」には好まない状態だと思うんで、主に。

「家族たちが苦境に立った時にこそ、周囲をギャクと笑顔で鼓舞出来る主将役」

が、過去のビジュや平松、吉本や前田秀樹さんの役割のように。

このチームの現担い手=大和田+本間に続いて、「3人目以降」が生まれそうかどうか1点に向けて、双眼鏡でガッチリ観察していこうと思っていたのですが…

如何せん今日の練習初めは、ほとんどの時間が体育館内での数値測定に費やされたようで、新人8名含めた、これからのチームの指針&雰囲気自体は、ほとんど判りませんでした・苦笑

とりあえず、最後にピッチに出てきて行った、持久力サーキットトレーニングの結果では、満生と他新人組6名ほどのカラダのキレキレぶりが非常に印象に残りまして、特に満生の体付きが「筋肉質っ!」ってのが目立ったように思います!(なお星野は周回のみの別メニュー。あと、鈴木和は居たっけ??自信なし)

でも、スタッフさんたちほとんど全員が残留して下さった2009木山水戸。

沼田社長や萩原部長も長く現場で話し込んでいらっしゃいましたが、特に本間の笑顔を観た自分は。

「今年もこのチームの骨格に、ちゃんと縦の軸は通っているんだなあ…」

とは感じましたよ!ハイ!

つまり「J2リーグ=3位」に向けて、この1月は「地獄の砂浜」が待っているんでしょうけど、それもお給料のウチです!苦しいときも楽しいときも、全ての家族と一緒に乗り越えてきた水戸ホーリーホック。さあ、今年も青空の中、しっかり始動です!長き、永き戦い!「本年も宜しくお願い致しまーす」!ドンドン!ドドドン!エフシー水戸ー!

0114_061

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ありがとうっ!みんな!サッカーの神様のみんなー!お馬鹿の一念、通ったあああ!水戸の契約更改選手5名発表!!

やったああああああ!!!!!!やったあー!いやっったああ!!おっしゃあああああ!!!

やった…。

夢のようです…。夢。夢。夢…。

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.01.13a

心労で磨り減った日々。たぶん、この1ヶ月間分の沼田社長の100分の1程度くらいでしょうか。どんなにか「集客」を考える中で、苦しい苦しい日々だったでしょう、水戸の営業系全スタッフのこの心労。

そう。「集客」が、「集客」が繋がったんです。「地域密着」が繋がったんです。今年の水戸というチームには、残留志望のほぼ全ての選手たちが「今年も水戸というチームを好んでくれた」という足跡によって…。

これで、繋がったよ…。俺たちは、戦える。これで俺たちは、選手たちのキモチ=「水戸というチームが俺は好き」という自信によって、また1年間戦えるんです!

良かった。良かった。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。みんな。みんな。サッカーの神様のみんな…。

================================

今日は実はワタシ、フクザツなキモチを抱きながら、またもや鳥撮りに行っていました。ミサゴとかカワセミの写真は、風呂&就寝後に、キモチ良くUP致しますね~♪(写真の出来はタイしたコトないんですがww)

================================

客観します。荒田智之というFW。2009年度のJ2得点王予想を、J2評論家たちに予想させれば3強の一角程度には必ず入る「価値」です。それだけの選手を所属させるのに、今日までどれだけの幸運と努力が重なったコトでしょう…涙。

ハイ。ワタシは元来の出自は、代表オタです。A代表至上主義者です。

ならば、荒田智之さんへ。

ニッポンA代表を水戸から並列して活動させましょうぜ!

大丈夫!俺はガチです!JFAの通知でJ2からはJ2リーグ戦に考慮してA代表は選出させない?はあ?そんな「カベ」は破る為にあるんですw!荒田智之さんの名前を水戸から刻みましょう!大丈夫。水戸のサポーターは、フロント部は、荒田さんの未来に、けっして障害にはさせません。満生、遠藤等、控えFWでも2009の水戸はリーグ戦に充分勝利できます。みんなが、みんなが貴方を支えてみせます!

そしてそして、チームの中では年上層だったみんな。鈴木和、村松、金澤、首藤さんたちみんなみんなみんな…

ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。この影には、どれだけの心苦しい葛藤があったコトでしょう。「大人」そして「夢」。でも、みなさんのコトを、水戸サポーターは愛しているんです。

「2009年、水戸ホーリーホック=3位」

これに向かって、明日からみんな一緒に歩んでいける決心を残したんです!

================================

よっしゃ。というか、虚脱感というか…。もう。俺は。俺は。俺は。俺は。

鳥撮りの帰りで、超眠くてww。

そして、お馬鹿な幸せ者で。

ありがとう。ありがとう。みんな。

そんなキモチで、胸が一杯です…

================================

2009年の水戸というチームは、今日、骨格が見えました。まだセレクション組から重要な加入は加わるでしょう。他所チームからのレンタルも外国人選手も更に加わるかもしれない。でも「51試合制=3位」。「荒田が残留した水戸ホーリーホック」の響きは、他所J2チーム監督さんたちこそが一番良く伝わっているはずです。

そして、水戸サポーターたちこそが一番良く伝わっているはずです。

「自信」。そして「目処」。「大望」。

お馬鹿提案・その1ヶ。金澤にはキャンプ中にボランチさせたら?石川にはボランチさせたら?遠藤にはボランチさせたら?「守備の大切さ」を前任監督から教わった基礎は、どんなポジションにも適合しますぜいww

「繋がり」。「地域密着」。「お馬鹿の苔の一念ww」。

青い空。青い空。

ハイ、1月のスケジュール表には「大洗海岸」の文字が躍っていますww。100点満点。51試合制、世界で一番で過酷で魅力的な2部リーグ。

「ニッポンのJ2リーグ」。

ずっと夢ー、追い掛けて♪光を掴もう!ウォウォ♪

エフシー水戸ー!ウォウォ♪俺たちの誇りー!

「夢」に向かって、2009年、水戸ホーリーホック。

今日、1月13日。全力たる始動です。

ドンドン!ドドドン!エフシー!水戸ー!

 

0113_4900113_4940113_4880113_4890113_4910113_4920113_4930113_4860113_4810113_4820113_483

| | コメント (98) | トラックバック (0)

今日も水戸ホーリーホックの「家族」たちを俺は信じ続けます…そして今日は高校サッカー決勝:鹿児島城西vs広島皆実戦!

1104_139s2信じるのみ。

信じるのみです!

ドンドン!ドドドン!エフシー!水戸!沼田社長!

================================================

そして今日は高校サッカーも!(目覚ましちゃんと掛けて、しっかり起きねば…汗)

================================================

あああああああああああああああーーーーっ!!!!!!

俺のアホー!俺のアホー!俺の超ウルトラドアホー!

ね、寝過ごした…orzorzorzorzorzorzorzorzorzorz。自己嫌悪自己嫌悪自己嫌悪自己嫌悪自己嫌悪。よりによって、16時05分に目が覚めた…

http://jp.youtube.com/watch?v=3amlegi7_-w&fmt=22

昨日のハード日程でヤバい予感はしてた。けど如何に酷い日テレ実況だったらしいとはいえ、目覚ましに全く反応出来なかったとは…俺。体が衰えたな。ある意味、コレが公的日程じゃなくて良かったとはいえ…

今、各地のネットを徘徊して情報を漁りまくっております!どうやら「日テレ藤井アナが酷かった」「広島の総合力が高く、勝敗は順当だった」「広島の1点目は素晴らしかった」「広島の10番が良かった」「面白い試合だった」などなど。やばい。実況絡みだったら俺、どれだけブー垂れていたコトか。くそ、なんであとせめて20分早く起きなかったんだ…orz

えー、広島皆実高校、おめでとう!中国プリンスで、1位:広島皆実、2位:サンフィレッチェ広島ユース、3位:岡山作陽の超激戦の実績通り素晴らしい優勝だったかと!

にしても、今日は超反省しきりの1日。昨日の遠征で随分ヘバったもんなあ。「最大にして最強の敵は我に在り」画像がモロにカブってしまいました。反省。反省。反省。反省中です…

================================================

GK
村井泰希(四日市中央工) 浅野伸吾(滝川第二)
平田俊英(佐賀東)      江藤大輔(大津)
DF
阿渡真也(鹿島学園)    笛田祥平(前橋育英)   
高橋拓也(国学院久我山) 前島大輝(星稜)    
清水良平(大阪桐蔭)    松岡祐介(広島皆実)
村田俊介(広島皆実)    井林章(広島皆実)     
牟田雄祐(筑陽学園)    藤本大(大津)      
蔵薗友裕(鹿児島城西)   松井駿佑(鹿児島城西)
MF
小谷駿介(鹿島学園)    佐藤穣(前橋育英)
中美慶哉(前橋育英)    米田賢生(前橋育英)
六平光成(前橋育英)    松田浩太(国学院久我山)
田邉草民(国学院久我山) 谷本泰基(広島皆実)
浜田晃(広島皆実)      登里享平(香川西)
谷口彰悟(大津)        大迫希(鹿児島城西)
FW
忍穂井大樹(鹿島学園)  西澤厚志(前橋育英)
坂本一輝(野洲)       金島悠太(広島皆実) 
黒木一輝(大津)       大迫勇也(鹿児島城西)
野村章悟(鹿児島城西)          
    
広島皆実6人 鹿児島城西5人 前橋育英6人 鹿島3人 国学院久我山3人 滝川第二1人 大津4人 香川西1人 野州1人 佐賀東1人 星稜1人 大阪桐蔭1人 筑陽学園1人

にしても、↑が大会優秀選手。鹿島学園の3名の数字自体は良いとしても、CB杉下とGK長峰がどうして入らないんだい??ぶっちゃけ、小谷を外しても杉下は優秀選手に入れないとダメ。「ニッポンサッカー界の目」って小谷・忍穂井タイプの選手を奇妙に厚遇してないか。どうだかなあ。「CBが酷かった大会」というのは一致してる中、杉下がどうして外れたんだか。鹿児島城西のCBって2名優秀選手に入ってるのかい?

================================================

追記:おおー!朝青龍が勝ったあ~!でも琴光喜…

| | コメント (11) | トラックバック (0)

沼田社長!今日もどうかよろしくお願い致します!そして大学サッカー選手権!筑波大vs中央大!前座には女子サッカーも!

連休中の自分も、水戸ホーリーホックを、信じるのみです。

信じるのみです。

ドンドン!ドドドン!

沼田社長ー!ホーリーホック!沼田社長ー!!ホーリーホック!!

================================

そして、「NOBUの剛運」の件ww

実は本日のサッカー大学選手権決勝戦:筑波大vs中央大@国立!

風間筑波大の、水戸ツインでのTRM(3-0、1-3、5-3)は当然として

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/vs_7ae3.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_22a1.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-408e.html

なんと中央大戦もNOBU、ちゃんと、ナマ観戦(4-2)しておりましたあー!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_3662.html

ならば野本泰崇の大学最終試合!

http://www.in-colle.com/

さーって、体力面と天候を睨んで直前まで逡巡してましたけど、帰りには靖国神社への参拝も狙いながら、長躯、東京遠征に行ってきますかあー!(石岡から高速バス作戦)

どりゃあ!迷ったときは足を動かす!

うん、2009年、我がサッカー観戦初め~!

================================

が!??クルマが可笑しい!?急遽、家に戻ってきました。GS=修理場が開く8時半まで待機中。今日は間に合うのか?我が体力…

================================

というコトでヘトヘトながらも帰って来ましたー!短記事ですが

「やっぱり頑張って、行って良かった…」

野本主将の、試合後のあの表情と、サッカーの魅力というのは、今日も素晴らしかった…。

えー、詳細は今晩の「GET SPORTS」を観て頂きたいのですが、その前の女子インカレ決勝も、早稲田と日体大の応援スタイルが「ほとんど男子応援スタイルの早稲田」vs「ほとんど女子応援スタイルの日体大」と、非常にクッキリ分かれて(2-0で優勝したのは後者)、体躯等、なでしこA代表に比しても非常に高レベルでしたし、まずは神社参拝を外しても女子大学サッカーに参じて正解でした。その後、水戸ホーリーホックに入団する駒大の島田君や、鹿島に入団する東海大の川島君のサイン会も覗けましたし…(島田君、川島君、イケメン~♪)

そして、大メインの筑波大vs中央大戦!どうやら自分の記憶の限り、中央大は4-2で水戸が勝ったTRMメンバーはほぼ主力だったらしく、2トップ等の体付きには見覚えがあったのですが、とにかく野本主将の表情を、LX3コンデジスコ担いで200枚以上撮りながら、もう自分には胸に迫って来るモノがあって…(涙)。これが学生生活最後の解散試合。なんて幸福で、なんて非情な1日だったんだか…。

えー、試合内容は今日は7900人ほどの大観衆が国立にいらっしゃってましたから、大量のネット情報がどんどん上がるでしょうし、ヘトヘトで明日に後述かもしれませんが、筑波大が幸運なゴールで先制するも2点逆転。その後、後半に木島が自らPK得るもバーに直撃。更に筑波が野本をFWに上げてから流れ一変・猛攻に猛攻するも、中央のCBが最後まで優秀で涙&歓喜の「大学日本一」だった訳ですが…

サッカーって、若者たちの表情って。

いつもいつも、素晴らしい。

そんなコトを再確認した、2009年NOBUサッカー観戦初めでした…

0111_049s0111_188s0111_243s

| | コメント (20) | トラックバック (0)

沼田社長!今日も一心に悔い無くご奮闘をどうか宜しくお願い致します!そして今日は高校サッカー!茨城燃焼!

今朝の自分も、水戸ホーリーホックの「家族」を、信じるのみです。

信じるのみです。

ドンドン!ドドドン!

沼田社長ー!沼田社長ー!!沼田社長ー!!!

(連休中は公的な動き・発表等はおそらく無いとは思いますが、フロント陣個々による活動は、ほぼ心労のピークだと思います…。あと明日の国立;筑波大vs中央大戦には萩原部長はいらっしゃるのでしょうか?)

================================

そして、今日は午後から高校サッカー!

http://www.ntv.co.jp/soc/

その時間になったら、再UPしていくつもりです!

================================

というコトで、ノソノソと遅刻気味に目覚ましで起きたら、前半26分。え!

前橋育英3-2鹿児島城西!!??

ハア!?一体、何が起きたあっ??

前橋育英の2年生CB:城田ってのが奮闘してるみたいだが、大迫は凄い突破力を見せている。え?鹿児島城西の小久保監督って、筑波大でゴン中山と2トップを組んでいた!?だったら、萩原部長、木山監督とも認識ある?へえ!

「大迫勇也ーーーー!!決まったあああーー!!」「凄いゲームですねえ!今のも凄いシュートでしたけど!」「いやあ、凄いですね。超高校級ですね!」

スゲー!いや、目が覚めた!!「壮絶な撃ち合いになりました!」相手、堅守の前橋育英やぞ…。

「鹿児島城西高校逆転!」CKからのフィスティング失敗!しかし、GKは責めたくないな。4-3!おい、まだ前半やぞ!「此処で長い長い前半終了のホイッスルが鳴りました」

フー、カズさんのCM格好良い~!にしても、HTで2chの実況板を覗いてみる?wwこの試合を観に行ってるエビネンコさん他、鹿島系のサポのスタンドがうらやましい!しっかし得点シーンのリプレイ!7回!こういう失点シーンだったのかあ。大迫の同点弾は鳥肌立った!両GK涙目の展開だけど、大迫には「1試合2得点フラグ」が立っている。さて…ww。つーか、FW野村の大会トータル6得点も歴代有数だろ?

さあ、後半開始!8分経過。鹿児島城西、CB・GKはやはり不安定。史上最多失点&最多得点の優勝校に向けて順調なのは如何なものか。オシムさんがランニング集散サッカー掲げてから、大会のような超連戦日程では守備が壊れるチームが増えたのか。良くも悪くもオシムさんの遺産だと思うな。今大会の高校選手権は…。

一進一退。疲れてるけどゴール前には達している。PKのジャッジが難しい予感。前育の六坂ってボランチは好素材。城西がゴールに嫌われた。野村の7得点目はならず。城西は攻める。まだ両チームに得点は入る?前育が1年生FW187cmを入れた。此処で下級生はどうだろう。野村が3度目のポストに嫌われた。前育もポストに嫌われた。凄い撃ち合い試合。まだ後半22分。しかし大迫はピッチが全て見えている。視野と読みの広さは半端ない、モトの後に10番背負わせたい?

「ボレーシュートーー!!!成本のボレーシュート!」「うわ!」「スーパーボレーシュートが決まりました!」

ぐわ。勝敗は決まったか。鹿児島城西のシュートはことごとく枠を捉えるのは何故に!?あとは大迫の2得点フラグ。なんか既に観てても疲れてきた。城西は歴史に残る強さ。戦っている前育選手たちは如何に感じているか。緒戦の青森山田0-0がどんだけ強かったのか判ってきた。水戸の遠藤は向上しろ。向上しろ。雑草の強さへ。

この試合から45分ハーフは可哀想。みんなケガだらけだ。大迫希は交代。あと6分。5-3。

大迫は10番だな。うん。モトの後継。九州の系譜。

前育、1年生FWの投入は良くなかったか。「今、此処でホイッスル!」。ふーー、奇妙に静寂なさいスタ。なんか虚脱感も。大迫君のインタビュー。鹿島顔。誠実系。野村君はカミソリ系。彼の反撃ループが重要だった。九産大進学?前育、先発6名が2年生。強し。なんか凄すぎて、疲れてしまった試合でした…

================================

さあ!我がメイン試合!!!「茨城代表」鹿島学園ー!もはや悔い無し!一心に爽やかに戦えー!強豪広島皆実相手に「堅守強攻」を破れ!チームワークで!このチームはGK長峰が好選手。ぬ。アントラーズの練習着がTVに映ってたw。あー、解説武田かあ。ハズレ引いた。

  11三橋  9忍穂井

8工藤  10古谷  7小黒 

       6増田 

14金井 4安藝 3杉下 2阿渡

       1長峰

お?解説に大津高校の監督さん。これはGOOD。静かな雰囲気の中、ドキドキドキ…。長峰が足で止めたあ!ありがとう。追い風の皆実が攻める。前半は「忠実」か。鹿島学園。セットプレーには気をつけろ。鈴木雅人監督(8年目)は大学ノートにメモしまくっているとか。ふむ。地上戦で拮抗している展開。18分。鹿島学園にとっては戦い易いスタイル。皆実=古賀鹿島ユースにちょっと似てるか。今日から45分ハーフというのは学園にとって意外な複線かも。PK戦なら両方自信を抱いている。36分、安藝が神クリア。個の力量は皆実が上で合ってる。でも学園はチームワークと結束と走力とGK。長峰がまた止めた!学園に流れは悪くない。杉下は今大会最優秀CBの1人なのかもしれない。U-18代表級?

そしてピッタリ45分経過でハーフタイム。鹿島学園「シュートゼロ」。でもこれは計算ずく。後半、14金井の位置がどんどん上がってくるはずだ。サッカー。これがサッカー。後半は好試合の予感がする。

シュート数:12-0かい。数字だけじゃ判らないのがサッカー。このHTの監督指示は皆実には難しかろうな。さて、どうなる。「攻めてる時がピンチ」by平岡大津監督。その通り。長峰がまた止めた。彼は素晴らしい。計算ずくの拮抗の中、増田がイエロー。決勝は出られない

「オレンジ色のスパイク、金島のゴールが決まったあー!」

ぐーぬう、くそ、ガンバレ鹿島学園!サッカーは此処からだ!サイクル東海戦:3-3を思い出せ!諦めなければ「奇跡」は必ず起こせる!君たちならば!!今日は45分ハーフ。これは必ず複線になる。

鹿島学園のエンジンに火が入った。そこで守りきる皆実。醍醐味。皆実の醍醐味だろう。それを崩せるか学園!杉下のFW参加が始まった!後半24分:0-1。まだ45分ハーフは長い。非常に強い追い風。

「いやああ!押し込んだがオフサイド!」「忍穂井君の素晴らしい処」「わずかな処」

でも、ちゃんと枠に収める忍穂井。さあ、サッカー!此処から!奇跡へ!茨城魂へ!寮母の島さん。カッコ良い…。

杉下のFW役が強い。この選手はモノ凄い成長を残してる。前線でも対空戦、無敵。

佐藤と青木の同時投入。8と14と交代。「まだ繋げよー!」ってマイクに入った。どちらだろ?「キーパー、また触ったー!」鹿島が攻める。皆実が守る。醍醐味。サッカー。38分。

杉下がFWに張った。PKジャッジが危なかった。ドキドキドキ。奇跡へー!泣いてる。学園の控え3年生たち…。「青春」。

ロスタイムは4分!三橋がシュート!

「此処で試合終了のホイッスル!広島皆実、堅守強攻で決勝進出です!」

================================

ふううううう。ふううう。ふうう…

ありがとう。ありがとう。鹿島学園。チカラの差はあった。杉下君と長峰君の超高校級の人材だけでは、「全国ベスト4」得点を取り切るコトは出来なかった。

でも、良いチーム。良い家族。良い控え選手たち。

サッカー。涙。若者。青春。

そして広島皆実。守備。素晴らしい。文句なく決勝進出に値する「家族」。決勝戦では鹿島学園の涙の分も背負って、チーム解散試合を臨んで欲しい。

サッカー。良いね。今日もおつかれさまでした!みなさま!みんなー!

よっしゃ!うん♪今日も俺は「元気」を一杯頂きました。「感謝」。そして、

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

沼田社長以下水戸フロントのみなさん!諦めなければ必ずサッカーに「奇跡」は起こります!みんなの結束を信じて、最後の1秒まで足を動かしてーっ!そして大橋、福島Uへ移籍決定!

茨城地方の天気予想通り、ショボ降る雨が雪に変わったら、今日の自分は私用で非常に立て込んだ日程になるかもしれませんが…

今朝の自分も、荒田を金澤たちを、「家族」を、信じるのみです。

信じるのみです。

藤田東湖の生き様のごとく、一生懸命に…。だってお馬鹿水戸サポには、ソレくらいしか出来ないんですよ…。(ガンガレ~!沼田社長!萩原部長!)

================================

そして、何か午後にネタが上がったら、粛々と、追記していきます…

================================

ふふううううう~。「便りの無いのは良い知らせ」。というコトで今日は目出度い、大橋のプロ再就職決定のニュースだけでしたー!

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.01.09a

>「ユース時代からも含め、長い間水戸で育ててもらいました。ありがとうございました。
新天地では、Jリーグを目指して、さらに成長できるように頑張っていきます。応援していてください。」

にしても、嬉しい。本当に嬉しいニュースです、これは!自分は自身も小柄な分、元々本田泰人のような小柄熱血系サッカー選手(前田さんもそうだったのだと思う。そう、ジーコも)が大好きだったのですが、凄く礼儀正しい親御さんとも話した事がありますし、ユース時代から彼のプレースタイルはもう何年も何年も観てきました。大丈夫。大橋は今季戦力外に成った水戸選手の中でも、最も再興の可能性が高い、素晴らしい守備力&走力の選手だと思っています!今年はOMFでも沢山研鑽を積んだのを、自分はツインで観てきましたし、福島ユナイテッドのとっきー、貴方が居れば、福島ユナイテッドというチームは必ず大丈夫だと思っています!良かった!本当に良かった!「大橋ー!」「予測と察知ー!」「個人戦で負けるなー!」ドンドン!ドドドン!大橋直矢ー!大橋直矢ー!大橋直矢ー!

================================

とりあえず、今日は他の動きは無かった水戸ホーリーホック。沼田社長以下、みんながみんなが「最後まで足を動かしている」んだと思います。明日から連休に入りますから、まだまだホイッスルは鳴っていないのでしょう。まだ数日奮闘は続いていくのでしょうが、祈ります!信じます!念を送ります!悔いなく、最後まで奮闘し尽くして欲しい!ドンドン!ドドドン!ホーリーホック!フロント陣!

================================

なお、ちなみに、「水原三星ブルーウイングス」からベガルタ仙台に朴チュソン選手(24)が完全移籍加入したとのコト♪

http://www.vegalta.co.jp/contents/news/press_release/2009/01/post-125.html

ハイ。なーんで、この水戸&鹿島系のサッカーブログに他所移籍ネタを載せたのかと言えばw、つまり水原三星はACLで鹿島アントラーズと同組だったり~!よっしゃ!まずは朗報と言えますかね!来季のACLには、自分は鹿島アントラーズに「全勝」を求めています!

================================

外の雨音が激しい水戸地方の夜。でもこれが「音がしなくなった」らヤバい兆候。我が愛車は重い・FR・MTと、超極めて雪道が大嫌いな子なんで・汗、これから4km近くをトボトボ歩く事態も想定?こりゃサッカー界も、外のお天気も、明日は「晴れて」くれると良いですねえ。今晩はサッカー選手同様、キモチで自分も頑張りましょう!では!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日も荒田を金澤を、水戸ホーリーホックの「家族」たちを信じます。信じます。そして東京スポーツ「最後のオシム語録」ネタでも~

今の自分は、荒田を金澤たちを、「家族」を、信じるのみです。

信じるのみです。

一心不乱に…。だってお馬鹿サポには、ソレしか出来ないんですよ…。(ガンガレ~!沼田社長っ!)

================================

そして、何か午後にネタが上がったら、粛々と、追記をしましょうww

================================

で。便りが無いのは良い知らせ♪今日も水戸ホーリーホックや鹿島アントラーズには大きな動きは無かった中。(特に沼田水戸の場合、高校サッカー選手権や、大学サッカー選手権の動向も、小さくない影響を及ぼしているんじゃないだろうか。セレクション組へも)

じゃあ、ちょっと拾い忘れていた、東京スポーツの「最後のオシム語録」ネタでも…

http://blog.livedoor.jp/domesaka/archives/718880.html

『 最後のオシム語録 日本人選手の決定的な弱点とはハングリー精神の欠如?いや、頭が・・・・だからだ 』
これが最後の「オシム語録」だ。

前日本代表監督のイビチャ・オシム氏(67)が4日、自宅のあるオーストリアに帰国した。成田空港にはかつて指揮を執った千葉のサポーターら約300人が集結し別れを惜しんだ。

そんなオシム氏は指揮官だった1年半の間、日本サッカー界に多くの教訓を伝授したが、最後の最後に「日本人が大成しない理由」を本紙に明かした。
報道陣に「日本サッカー界と日本代表の成功願う」と別れの言葉を残し、全日本代表監督は日本を離れた。今後の予定は決まっていないが、しばらくはオーストリアでリハビリに専念するという。そのオシム氏は最後に注目すべき発言をしていた。

なぜ日本の選手が世界でなかなか活躍できないのか。
その原因について意外な分析をしていたのだ。

「日本人がサッカー選手として成功しないのはハングリーさが足りないからではない。頭が良いからだ」――。

これが世界的名将が導き出した答えだった。
「日本は社会的にも安定し、経済的に発展している。誰もが高度な教育を受けられる。私はこれこそが原因と考えるのだ」

高度な教育が”足かせ”になっているという。

「プロになるためには1日24時間、すべてをサッカーにささげて取り組まなければならない。これがいかに大変か(日本の)選手は頭が良いので分かってしまう。先を考え、苦労が分かってしまうからだ」

先が読めてしまう賢さが日本人選手の致命傷となっているというのだ。
「中村(俊輔=セルティック)や高原(直秦=浦和)のようになるには、どれだけの努力と苦労を重ねなければならないか。
いかに大変なことかを分かっているから、途中で(努力する事を)やめてしまう」
ブラジルやアルゼンチンから次々といい選手が出てくる理由について、一般的には「ハングリーさがあるから」と説明される。

しかし、オシム氏の見方によれば、日本人選手と違いあまり先を読まないからとなる。

ハングリー精神云々以前の問題というわけだ。

欧州サッカー界で評価を得た元日本代表の中田英寿氏や俊輔の”後継者”が育っていないのはなぜなのか。

オシム氏の言葉は一考に価する。

えーっと、自分はこのブログ中で自分のコトを「お馬鹿」という表現を結構使います。

そしてこれは受け売りw。実は前インファイトリーダー:河津亨氏の「サッカー馬鹿」という表現から一部を頂いていました。

更にオシムさんの「頭が良いからだ」の表現の中には、↓の著書に含まれている範疇は含まれているように思います…。

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E8%A8%80%E8%AA%9E%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%94%B0%E5%B6%8B-%E5%B9%B8%E4%B8%89/dp/4334034268

================================

自分の「海外サッカー応援風景」の印象とは、鈴木隆行が渡った際のレッドスター・ベオグラードの凄まじい熱狂スタンドの姿が一番大きいのです。(フジTVでのセルティックの風景。噂聞くマラカナンもそうですが)

http://jp.youtube.com/results?search_query=%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%AA%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89&search_type=&aq=f

オシムさんは勿論、戦争好きの血が濃い旧ユーゴの方ですが、

>「選手は頭が良いので分かってしまう。先を考え、苦労が分かってしまうからだ」

の部分を、選手→サポに置き換えたら。選手→当時の旧ユーゴ人民に置き換えたら…。

================================

NOBUはずーっとそんなコトも考えながら、ダブル脳卒中家系の我が人生の日々を、この冬も歩んでいきます…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今は荒田を金澤を、選手たちを、水戸ホーリーホックの「家族」を信じます!信じます!そして藤村昇司さん、ようこそ水戸に!更に札幌ユースから鶴野入団!

今の自分は、荒田を金澤たちを、「家族」を、信じるのみです。

信じるのみです。

================================

そして藤村昇司さん!ようこそ水戸ホーリーホックに来て頂きました!

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.01.06a

藤村 昇司 氏  Shoji FUJIMURA プロフィール
1963年1月 静岡県浜松市生まれ
1978年4月 静岡県立浜松北高校 入学
1981年4月 東京大学文科Ⅲ類 入学
同文学部哲学専修課程
1985年3月 同卒業
職務経歴要約 
大日本印刷グループに約14年間勤務。前7年間、新媒体のシステム設計、ソフト制作に従事。
後7年間、Jリーグデータセンターの開発・運営業務を指揮。
その後、社団法人日本プロサッカーリーグへ9年間勤務(出向期間を含む)。
職務経歴
1985年4月~1998年5月大日本印刷株式会社
・ 92年からJリーグの公式記録入力・蓄積・配信システムを開発・運営 (Jリーグデータセンター)
1999年5月~社団法人日本プロサッカーリーグに出向 運営部配属(アシスタントマネージャー)
・ 日程、規律、裁定、規約規定集、マッチコミッショナー、 審判、記録、セキュリティー、サテライトリーグ、
Jユースカップなどを担当
・Jリーグネクスト10プロジェクト幹事
2001年5月 大日本印刷退社
2003年1月 社団法人日本プロサッカーリーグ 企画部配属(マネージャー)
・ 選手契約、選手協会、新人研修、トライアウト、技術委員会、 Jリーグアカデミー、育成指導者研修、GM講座、
ホームタウン、スタジアム研究などを担当
・ 2005年~経営諮問委員会、将来構想委員会担当
2007年4月 LMGマネージャー ・ 準加盟クラブの指導業務、J.LEAGUE NEWS PLUS編集担当
2009年1月6日 ~ 株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホックに出向  総括本部長兼営業部長

================================

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_93dd.html

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/u17_1bcc.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/1215-eafd.html

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_64b3.html

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vsvs-f210.html

================================

本当に今朝のワタシは、ワタシは、これからの2009年が楽しみでなりません!今からワクワクしています!藤村昇司さん!これから長きに渡って、水戸ホーリーホックの「熱気」と「集客」に向けて、渾身の努力を重ねていって欲しいと思っています!そして自分も一切の妥協なく折れず、努力と創造とキモチを重ねるつもりです!強い意志で!ドンドン!ドドドン!エフシー!水戸!

================================

更に、今日は大学サッカーで「野本泰崇」が主将を務める

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/2004vsj-net-a2e.html

風間・筑波大と(勿論木山監督、萩原部長の母校!)

来季、加藤&保崎が水戸ホーリーホックに入団する中野・流通経済大の準決勝戦があります!(詳細は後述)

================================

おっしゃあああーー!!!!

どうやら伝聞情報なのですが、風間氏にはどうにも以前から「J-NET」の匂いを感じて好感尽きなかったNOBU。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_22a1.html

加藤、保崎には申し訳ないんですが、実は水戸サポの中では珍しく「野本が主将の筑波大」を完全に応援しとりましたあ!

凄い!!「岡田ジャパンに1-0完勝した中野・流通経済大」に3-3→PK戦勝ちしたそうでー!!

http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1228549802/428

>ろすたいむ
>パワープレーのこぼれを野本豪快にゴール!0416_045

おめでとう!おめでとう筑波大!よっしゃああっ!!野本ー!野本ー!!野本ーーっ!

================================

更に更に、コンサドーレ札幌ユースから鶴野選手が入団しました!

http://www.mito-hollyhock.net/news/headline/details/index.html#2009.01.07a

あっっ!!??

自分が「鹿児島城西4-3ガンバ大阪ユース」「サイクル東海3-3鹿島学園PKサイクル勝ち」を見届けていたコトに続いて、凄まじい、NOBUの剛運!?

この選手、「ツインでのNOBUの叫び」をイヤというほど浴びていますっ!!

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/httpwwwj-league.html

そうか…。

>兎に角応援の個人名コールをほとんど掛け辛いくらいに、札幌のポジェッションがずっと長く、試合内容的に札幌ユースのサッカーぶりが非常に素晴らしかったです。3失点とも、ほぼグウの音もないほど守備を崩された失点

あの試合。萩原部長と沼田社長が、ガチガチに観にきていらっしゃいましたけど、そういう複線があったのでしょうか。札幌の中盤のパス回しにコテンパンに「負けた」試合。正直、彼らの昇格を願っていた水戸ユースっ子大好きオジサンからも、あの試合ばかりは0-3以上にチカラの差を感じた。納得。納得です…。当の水戸ユースっ子たちの心情からも「あの日の札幌ユースのOMF」にプロ昇格競争に負けたのでしたら100%納得出来ると思います…。

自分の記憶する「あの日の札幌ユースのOMF」とは「MFは小柄なのに、兎に角パンパンとワンタッチでパスが回っていく、凄いシャンパンサッカー!」でした。鶴野選手。自分は高校卒業年代はチームに必ず1人以上混ぜていった方が、組織人事の為にも良いと思いますし、鈴木良和を外し、好評判島田が入る水戸にとって、このパス系選手の入団は大正解だと思っています!頑張って欲しい!どうやら「ツインでのNOBUの叫び」は2009年も止まりません!ドンドン!ドドドン!鶴野!鶴野!鶴野!鶴野!「青春」を燃やし尽くせ-!

追記

札幌ユースだったら、1年次違いで、石川と鶴野2年は対戦してないかい??去年も「NOBUの叫び」に逢っている??

================================

そう!

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」。

市井のお馬鹿小太り一店員=自分は、結構多忙な日々ですけど。(朝はカワセミ写真も撮ってきたw)。

この信念に向かって歩き続けていきます!そして歩いた後ろに、道は刻まれていきます!

0107_024s0107_027s0107_036s0107_037s

| | コメント (15) | トラックバック (0)

フト、2兆円の給付金予算を別の用途に回すなら「小学校7年制」「子供たちの学級崩壊対策」「給食費」だなあ

フト、徒然に…

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1231169432/1

そりゃあ、自分は「小惑星探査機はやぶさ」なんかも大好きだし、

http://d.hatena.ne.jp/hayabusafan/20080301/p14

「F-22ラプター」「新明和工業US-2」なんかも大好きですけどさw

今、「ニッポン国が最も対策を打たなければならない分野」って「小学校の学級崩壊」問題だと思うんですよね。ニッポンの土台を将来永きに渡って、どんどん腐らせていく元凶。小学校の学級崩壊問題。

「ニッポンには父性が欠けている」問題。

で。自分が為政者で、2兆円ものご予算を振るえる立場でしたら、小学校の教室数は何処も余り気味なんですし、小学校に通わせる年次を1年繰り上げさせて、あと習熟度別教育もどんどん取り入れて、そして↓の可哀想な「仙台の給食がヤバイらしい」問題を国庫で負担してあげるだなど

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3778864

イロイロ、今ニッポン人が、「能動的にアタマを動かす」って策はあると思うんです。(弁当持参組には年度末に修学旅行積立金でも教科書代でも、何らか還付してやれば良いじゃん?)

ニッポンの土壌は、どんどん腐り続けていっている。しつけがどんどん腐っていっている。

最近のNOBUは、飯島愛さんの哀しい死を周りが救えなかったニュース以来、ブログをチマチマ運営しながら、ずーっとそんなコトを考え続けています…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

最近の世界情勢。とにかく「ラーム・エマニュエル米首席補佐官」の動向が一番気になる寒い朝です…あ、高校サッカーも!

えー、世界にとって、ココロ細い、寒い朝です…。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1155299806/-100

自分はハワイ育ちの新オバマ米大統領は、隠岐育ちの自分と同じ「島」出身者として、かな~り好感&共感していますしw。

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_7f65.html

コミック文化で育った麻生総理大臣の今回の行動も、大変その「胆力」を評価しているのですが。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1230965805/

とにかくNOBUが本当に気に掛けているのは、彼です…

エマニュエル首席補佐官  ユダヤ   ] の検索結果です。( 約1,270件中 1 - 10件を表示 )

http://search.goo.ne.jp/web.jsp?SGT=0&from=query&MT=%A5%A8%A5%DE%A5%CB%A5%E5%A5%A8%A5%EB%BC%F3%C0%CA%CA%E4%BA%B4%B4%B1%A1%A1%A5%E6%A5%C0%A5%E4&DC=10

ラーム・エマニュエル  ]  の検索結果

http://blog.search.goo.ne.jp/search_goo/result/?MT=%A5%E9%A1%BC%A5%E0%A1%A6%A5%A8%A5%DE%A5%CB%A5%E5%A5%A8%A5%EB&from=bsearch&PT=bsearch

なんかねえ。(涙汗)世界平和の為には、

・サッカー:ガザ地区代表vsイスラエル代表の定期交流戦

か。

・アラブもユダヤもみんな一緒にワイワイ♪「セカイのハレ晴レ。今日もまた何処かでハレ晴レ。」でも踊る狂うかw

http://jp.youtube.com/watch?v=w1_qH3SBkmM

なんかの方が手っ取り早いんじゃないかなあ?うん。

そんなコトを考えながら、結構今朝は真剣に、2chのイスラム・ユダヤ絡み板に出没してるNOBUです…。(軍事板にはかなり以前から参加してたりw)

ガザ地区のサッカー大好きチビッ子たちへ。

どうか、どうか、無事で居て欲しい。

http://www.dailymotion.com/video/x7wcea_ca-fait-mal-au-coeur-gaza-palastin_news

そして「恨みの連鎖」には、人生を踏み込まないで欲しい…(哀願)

フトこういうとき、ニッポン人共通の根幹って、「手塚治虫さんの平和愛イズム」なんだとも感じてなりません。多雨多人口の国=ニッポンには、鳥獣戯画の頃からの、多神教のベースはあったのでしょうが…

================================

というコトで、昨晩録画しておいた新日本プロレスの東京ドームもチェックしながら、真っ昼間にノソノソ起きまして今年初めて高校サッカーの試合視聴!もっとも、前橋育英1-0國學院久我山の試合は日テレの偏向実況がホント酷くて、キブンが悪くなりましたが…怒。だって前橋育英の若者たちに可哀想でしょ!?あんな超久我山贔屓のアナは。さて、鹿島学園の試合開始!と、始まったばかりのウチに、忍穂井が決めたあ!ああ、こりゃ鹿島学園が「ベスト4」に進むのか?夢のようだ…。ウチのすぐ裏にはマルバ水戸の練習場倉庫が在ったり、水戸三中など茨城の中学サッカー勢って地道にチビッコレベルから研鑽続けてきたのですが(水戸の助川理事長や沼田社長などお詳しいハズ!)、基本、茨城勢は非道な選手集めはしてきませんでした。(藤田東湖の影響?)それでも頑張ってるなあ!3トップで良く攻め込む鹿島学園。解説は風間氏=筑波大監督ですけど、来季筑波大に臨む選手はいないのかな。

にしても、鹿島学園の試合は、8/24@ひたちなかの天皇杯予選:サイクル東海3-3鹿島学園(東海のPK勝ち)

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/vs_6a69.html

で、鹿島学園にNOBUは声援を送っていたり…!あの試合も凄絶でしたけど、なんという奇運なんだろう?

と、テキストを練っていたら、コーナーからヘッドで叩き込まれた!1-1同点、前半14分!大津高校って言ったら、鹿島79年組V6世代山口武士の出身校。高校サッカーですと、自分もさすがにあまり肩入れ応援はしないんで、どっちも好試合を残して欲しいなあ!大津は体躯に優れた九州サッカーの潮流が強いチームですね。鹿島学園はちょっとオシム風?結構好きな技巧系ランニングスタイルです!

さてハーフタイム、1-1同点。キーパーが素晴らしく頑張ってる!映像に応援の親御さんたちが映った。あの中に、8/24@ひたちなかに来てた方は居ると思ふ。あの試合、学園サポの親御さんたち結構来てたぞ。鹿島学園は3トップから3-5-2に変えた。この試合はアナが落ち着いてて、風間解説も悪くないし聞きやすい~!

この両チームだと、水戸ホーリーホックユースとも良い好試合をしそう。ただ守備の堅陣さはリスペクトすべき処ある。高栖君や深堀君、海老沢君が混じっていたら、どういう立ち位置になったのだろう。大津、2年生の藤崎が入ってきた!後半10分。長峰、神セーブ!鹿島学園CB、杉下君は水戸の練習に参加したらしいね。ふむ…。大津が好機だった!

ぐわ。佐々木竜太が来てる-!そうか、当然だわなー!大津の九州サッカー。走力で上回り始めた…。鹿島学園、選手変えない。連戦の疲労はあるよね。でもキモチが強い、鹿島学園。さすが、サイクル東海3-3鹿島学園(東海のPK勝ち)。

忍穂井がキレ始めた!大津も決定機ハズした!ふむ。サッカー!後半23分

大津15番の藤崎、特徴ある選手だ。覚えておく。GK長峰、素晴らしい闘気!

後半36分!良く戻った!鹿島学園全守備陣!良い試合だー!

キターーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

「小谷が!小谷が!大きな1点を決めたあああああ!!!!!」

ぞわ。すげー。鳥肌立ったああ!!ありゃあ、凄い集中力!超難しい、奇跡のFKだろ!ゴル前凄い熱戦!

「ここで、ここでホイッスルー!」「新しい歴史の扉、ここに開きました-!」

うわー。うわーー!素晴らしい好ゲームだわあ!コレ!両方とも素晴らしい闘気だっただけに、最後のFKにはオーラが昇ってた…。鹿島学園の杉下君だっけ?水戸ホーリーホックで試煉の研鑽の泥1年を吸わせても良いのでは?素晴らしかった。素晴らしい守備の統率ぶりだった!

いやあ。サッカー。サッカー!良いねえ。良いねえ!大津も好チームだった!強かった。小気味良かった!でも勝った茨城!TVで観てたでしょう助川先生はどれだけ喜んでるんでしょう?いやあ、ありがとう!ありがとう!鹿島学園~!!「茨城のサッカー」!!

================================

カズさんのCMカッコ良いなあ!オガサのつぶやきもイイっ!広島皆実2-0四中工、鹿児島城西6-2滝川第二「大迫勇也、今日も炸裂!」ス。スゲー!!ハハ、TVにはアントラーズフラッグが舞っていたww。こりゃ大会動画UPが楽しみー!

http://www.ntv.co.jp/soc/index.html

================================

いやあ、にしても若いモンのサッカーは良いねえ!今日は「元気」。元気を一杯頂きました!さあっ明日からNOBUもまた、日々の人生を一生懸命、真っ直ぐに燃やしていきましょう!ドンドン!ドドドン!ニッポンのサッカー!では!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

しっかしTVをほとんど観れない今年のお正月…。鹿児島城西・大迫、鹿島学園、興梠・青木の筋肉番付、オメ!

どうにも今週はさすがにヘバり気味で(今日がキツいシフト最終日!)、家に帰ってもネットのROMだけで、電通の玩具=TVを観るコトがほとんどゼロになった我が生活ぶりなんですが、特に昨日の高校サッカーと、筋肉番付と、スカパー水戸ゴール集を見逃したのだけは、悔恨!悔恨!悔恨!悔恨!悔恨!しとります…。

ただ、大迫君の映像!

http://jp.youtube.com/watch?v=w1CP7esa4xE&fmt=18

自分には、大迫君というのは少々フクザツな存在でして、鹿島アントラーズに来季入団する可愛い可愛い金の卵でありながら、他方、水戸のU-19FW遠藤にとっては、ギリギリのギリギリまで代表の座をガチ争い、そして大迫に優って代表の青いユニ=11番を背負った競争相手でもありました…。om

そして、自分はちゃっかりひたちなかで、「大迫の3得点」「鹿児島城西4-3ガンバ大阪」を見届けていたりもします♪あのひたちなか、「ヤッター!大迫-!」って随分怒鳴ったねえwwt

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/u-18-0a27.html

ま、若いサッカー選手たちの眼差しからはいつも元気を一杯貰えるんですが、鹿島の大迫・水戸の遠藤という両名は合宿で同宿してるはずですし、今春の笠松プレシーズンマッチでもおそらく会えるでしょう。スタイル的にも噛み合いそうな彼ら。U-20代表は岡田氏の総合監督体制の下、今季も多数の親善大会をこなしていくでしょうけど、NOBUの叫びを知っている両名。これからの長き永き将来。実は密かな目論見といたしましてはw

「茨城産:ニッポン代表の2トップ」

として輝いていって欲しいなあ!と。。。

そう、日韓W杯でのニッポンの2トップが、「ヤナギ&鈴木隆行」→「NOBUの剛運」であったようにね!タイプ的にもカブるんですよ…。彼ら両名は、ヤナギ&隆行に~!あと満生も!石川直人も!俺は代表ネタに関してはガチですぜ、ガチ!では。

h?v=w1CP7esa4xE&fmt=18

| | コメント (5) | トラックバック (0)

6日連続のロングシフトのまっただ中!とりあえずニコニコ動画の名ゴール集ネタ~♪

えー、「普通の従業員は一番休みたがる1週間」だからこそ、年上層には「しわ寄せ」を直撃して、そろそろ日々ヘバっている中年小太りですが…。(今年は高校サッカー観るヒマねえ~!涙。鹿島学園、16強オメー!!!紅白・箱根、何ソレw?)

とりあえず、時間対効果が非常に優秀な、ネットサッカーネタでも♪(ひっそりと平松移籍記事に、追記写真をUPしてたりもしてます・汗)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5691077

ハイ、水戸からは赤星のミドル2発がエントリー!

そして鹿島からは、誰かのミドルのと、青木のミドル弾、マルキ、マルキ、マルキ、ダニーロキャノン、マルキ、マルキ、オガサワラー!

個人的には京都がゴール前4人くらいで浦和を完全に崩したヤツと、ポポの超ロングFK、新居の反転オーバーヘッド、ノリカルキャノン、神戸内山、そして「巻の鼓舞」が好きだった…。

えー実は、水戸の「FW」遠藤には、この動画群から、現在のFWとしての自分には何の要素が足りないのか、本気でド真面目に取り組むようにも、超能力で伝えておきましょう!!!(只今帰省中かな。荒田や金澤たちも…)

とにかく自分は吉田兄弟のCDを1枚は実購入してたりしまして、ナカナカ超満足な43分間でしたー!こんな奇妙なサッカー系ブログをご覧なさっている方には、ニコニコ動画登録含めても充分オススメかと~。だってサッカーのシュート姿って、一番格好良いもんっ!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

あけおめ&ことよろ~!さあ素晴らしい青空の下、天皇杯:ガンバ大阪vs柏レイソル戦実況!

みなさま。この奇妙なブログを気まぐれに眺めてくださっているココロ優しいみなさま。

平成21年=2009年、明るい素晴らしい1年が、全ての方に平等に訪れるコトを祈念いたしまして…

あけましておめでとうございます!

ということで、天応杯決勝戦実況!審判は西村氏!(残念ながら解説は人間力。小島さんが良かったな!)

さあ、素晴らしい好天・好ピッチ・好サポーターの中、キックオーフ!

================================

実は今日ワタシは寝てない。天皇杯目処に不眠モードを続けているんですが。

開始6分、ガンバ藤ヶ谷、神セーブ!!

ハイ、今日ワタシは石崎「ノブ」リン贔屓で応援してるんですが、ガンバの凄い「猛烈な負けず嫌い」へにも計り知れないリスペクトをしていたり。柏と水戸の都合上的には、永井俊太の去就は、ACLに柏が臨む場合難しくなるんでしょうが、元旦ばっかしはサッカーそのものの魅力に集中しましょう!明神の猛シュートも、菅野がセーブ!さすが菅野!15分!

================================

というコトで、傍で別用(山登りナップザック改造の裁縫http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1123199)もこなしながら、G大阪vs柏戦を見ていたら、あっというまに前半終了!そして、油断してたら、篤人の新春コメがいきなりやってきたー!「ぜひカシマスタジアムに足を運んでください!」ハイ、2009年ゴル裏シーズンチケは購入済み。ゴン中山のコメも元気良かったなあ。木山さんには勿論筑波大の先輩。そして岡田監督のコメント「勝負の年」。更に連なる「人間力のコトバ」ww。でもなんだ?この寂寥な無責任感は…(磐田低迷の元凶だろ?貴方)

================================

後半に入り、「ヘンタイ」フランサ投入!YES!ワタシは「ヘンタイ」が好きですー!ちなみに菅野の反射反応速度も「ヘンタイ」だと思ってるっす。にしても、疲労が酷いガンバなのに、予想以上に拮抗中。知的な守備って印象、ガンバCB。率いるは勿論「前田秀樹さんの教え子」山口智。

================================

予想以上に拮抗している、超疲労ガンバ。正直、柏がずっと有利な戦況だと思ってたんだが。セットプレーで流れは変わる?後半28分。

================================

「0-0!激しい戦いでした!延長戦に入ります!」最後はサポと選手の「想い」の差が出る?菅野のPK戦をちょっと見たい、他サポの俺が居ます…。

================================

凄い、消耗戦…。延長後半10分。柏の古賀と小林も精神が堅い。石崎氏の磨き上げた銘品。。。

「播戸ーー!!先制点!代わった播戸、大きな仕事をしましたー!」

柏サポ。でも、歌っている!!(驚!)あとサッカーは2分も残ってる!

================================

「此処で試合終了~!これでアジアチャンピオンが来年もACLの権利を手にしました!」

オメ。おめでとう!ガンバ大阪!

強いね。強いね。ガンバ大阪は、石崎柏より強かった。

「西野監督が3度宙に舞いました!」

「公式戦61試合という今までに無い幸せな1年だったと思います」by西野監督。

陰で、「かしーわレイソル!」コールが鳴っている…。みーみーさん。

石崎監督インタビュー。プロの口調。

表彰式。故高円宮さま久子妃殿下が笑ってる。ガンバの選手が笑ってる。

天皇杯「キャプテンの山口の手に渡りました!サポーターと一緒になった瞬間でした!」

================================

サッカー。サッカー。デロデロの凡戦で、でも素晴らしかった120分間。

良いね。お正月。元旦。天皇杯。サポーター。笑顔。休息。NHKテーマ曲。

「今年が素晴らしい年でありますように。国立競技場からこれで失礼致します」

おめでとう!ガンバ大阪!世界への道!1年の計は元旦にあり!

さあ!ニッポンのサッカーの2009年は始まりました!

謹賀新年!

「サッカーに乗り越えられないカベなどはない」!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »