« さようなら…お元気で…平松大志キャプテン。俺は貴方のコトが大好きでした… | トップページ | あけおめ&ことよろ~!さあ素晴らしい青空の下、天皇杯:ガンバ大阪vs柏レイソル戦実況! »

一生懸命走り切った2008年!悔い無い素晴らしい1年の中で特に印象に残ったサッカー10試合!

えー、暮れゆく2008年。

だけど自分っていう茨城者はホントに幸せ者です…。

だって今年も周囲の年上のみなさん他、沢山の暖かい目に囲まれて、ネット界に「NOBU」という固定HNはちゃんと「生存」してみせましたし。

鹿島アントラーズは「12回目」の優勝を遂げました。

応援の原点たるニッポンA代表は、W杯への道は一応刻み続けているし。

若き2008木山水戸ホーリーホックは、数多くの勝ち点を残した。

そして365日全日勤務の職場同僚にはほとんど迷惑は掛けない範囲内で、TRM含めてほぼ週2回、時には週3日ペースでサッカーを応援し続けネットレポを残し、今年もサッカーの感動から裏切られたコトは1度たりともありませんでした。

「感謝」。

今の自分は2008年を振り返って、ホント「感謝」のキモチで一杯です…。

サッカーという国際文化に人生の中で触れるコトが出来て、本当に良かった…

================================

で。最近の自分の日中は、せっつかれるように猛烈な鳥撮り強行や美術館巡りしてた訳なんですが、実は甘美な楽日程は年末迄でしてw

普通一般の方々が「お正月くらいは休みたいんですけど。ね、NOBUさん…」という会話が交わされる今日からの8日間ばかしこそ、普段比3時間増しの、年に1回ド根性体力日程が待ち受けてますので、早々に1年振り返り企画でもこなしておかなきゃならないんで、チト長文ですが、ありていに「特に印象に残ったサッカー10試合!」ネタでも…♪

================================

1位:10月30日 (木) サテライト:水戸5-0F東京

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/vs-d004.html

※ほとんど迷い無く1位はこの試合でした。サッカー戦術内容的にもあのチームこそは非常に高度だったと思っていますし、自分自身の「苦しいとき」を、この試合内容を見て「俺がこれまでやってきたコトは間違っていなかった!」と見事に乗り越えられた試合でしたから…。「返答」「記念碑」。そして「自信」「自負」たる、人生に必ず残った試合。「誇り」。みんな。木澤水戸Bのみんな。ありがとう。ありがとう。

2位:

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/vs-9b41.html

※コレの2位もほとんど迷い無し。真冬の暴風雨という自サッカー歴最悪級の悪条件下での、これだけドラマがギュウギュウに詰まっていた試合。ユースっ子世代の純な「笑顔」の魅力とは、我が人生から永遠に離せないでしょう。もう、無理。

3位:12月 6日 (土):札幌1-2鹿島@カシマスタ・パブリックビューイング

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/vsvs-c202.html

※3位のコレも鹿島ネタ、いや2008年リーグネタではほとんど文句なし。いやさパブリックビューイングでのH谷氏じゃない、若輩不慣れコールリーダー氏に(脇にH谷氏が微笑みながら見てた)、2008鹿島アントラーズ・インファイトの集大成と全返答が詰まっていたような気がしたんですよね。そして長い長い長い長い、オブラディ・オブラダ…。札幌組も素晴らしかったけどあの日頑張ったカシマスタSSS席も素晴らしい空間でした。2008年茨城者。本当に素晴らしい1年でした。その統括。クライマックス。

4位:12月10日 (水)J1J2入れ替え戦: 磐田2-1仙台

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/vs-937b.html

※「敵」ヤマハスタジアムに集った、これほどの仙台サポの応援の凄さ。生涯のサッカー歴の中でも一番だった可能性が高い。他サポでも打ち震えた、最後の川口顔面セーブ。虚脱感。感動。感動すぎた。他サポながら4位にまで置くざるを得ないほどの凄さ。

5位:9月28日(土):J2リーグ・仙台2-3水戸

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/012-42f5.html

※その後に見たスカパーVTR映像のチカラでも5位にまで付けるとは…。水戸の歴史が変わった1日。2008年木山水戸の最高峰頂点の試合。水戸Aの試合の中ではナマ応援を届けた試合以上に、この試合の印象が最もピュアです…

6位:10月13日 (月):鹿島サポーターズミーティング

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-db99.html

※「試合」じゃないってツッコみされる?いや、「試合」です。「試合」でした。この3時間半は…。100%の全回答じゃなかったかもしれないけど、あの日あの瞬間にH谷氏は「能動性」と」「逃げない」を見せました。自分としてもあの空間を導くにまで、砂の一粒分の努力は重ねてきていたって自信は持っています。鹿島社長:大東氏以下が、堂々と延々顔を晒し続けたあの1日。欠かせない。欠かしてはならない。

7位:11月30日 (日):JFL・流通経済大2-0ガイナーレ鳥取

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/1130-bd69.html

※「サポーターとしての原点」に立ち帰って貰ったあの90分間のドラマ。胸が押し潰されそうな感覚。「俺らの鳥取♪勝利ーめざしー走れー!俺らの鳥取♪とーもーに戦おうー!ラーラララー♪立ち上がり歌を歌い!ラーラララー♪勝利を呼び込もうー!」。2009年は誰の元にも平等に流れていくんでしょう。その航海の中で、日本海魂を奮って来い。若きガイナーレサポーターさんたち。

8位:11月15日(土)天皇杯・鹿島3-4清水

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vs-7db0.html

※鹿島が勝った試合って、不思議と年末に振り返るとどうでも良いんですよね。負けた試合の「悔しさ」こそが、記憶の歴史に積み上がっていきます。その典型はコレ。マルシーニョの同点ゴールの際には「鹿島の神」の姿が見えたのに…。あの試合を見に行った者に、来季に臨むvs長谷川清水戦にゼッタイに譲れないモノは産まれました。→「超絶ウルトラ悔しい」

9位:9月23日(火) :J2リーグ・水戸2-0徳島

※生の「声援のチカラ」で「水戸の勝利」を噛み締めた試合と言ったらコレ!正直、「NOBU騒動勃発」以前の記憶って、自分の中では「過去」に成ってる印象が強いんですが、騒動後のたった一つの勝利試合。日立市民の声援ノリが素晴らしかった、素晴らしい青空の試合でした…

10位:11月20日 (木)W杯予選:カタール0-3ニッポン代表

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/vs-62ea.html

※ちゃんと岡田A代表からもエントリーかな。一応「熱」の順位的には、ジーコ時代のような「器の大きさ」(穴もあるが底知れぬ魅力もある)を感じなくなってしまいましたからこんなものなんですが、この「3-0勝利」という結果はニッポンに本当に巨大な足跡でした…。この試合こそが、後世に振り返ればW杯予選の頂点だったのかもしれません。闘莉王、良くやったあ!

順位外:4月30日 (水) J1リーグ:鹿島2-2神戸

http://nobu-ibaraki2.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_5ef2.html

※試合そのものも七転八倒しましたが、この前のクソ悔しい浦和戦と絡めて、この試合の帯びたターニングポイントは、インファイトにとって、鹿島アントラーズにとって、本当に多かった…。自分には良くも悪くも外せない「印象」です。

================================

えー「総括」「総括」って気にしてる方も多いようですが、「2001年3/29にJ-NETにNOBUが産まれてから以来、こんなに濃密度だった素晴らしい大収穫の1年間は無かった~!」ってトコでしょうかね。単純に1年間で5000件を超えた交流の数々=サッカーに自分が費やしたテキスト&余暇はこれまで最高量でした。あと今、ワタワタ一気に追い込んでみてちょっと漏れも多いんですが、こりゃ、順次気が付いたら下位順位は手直してしていきそう?北京五輪関係が綺麗に全落ちした個人ランキング。去年の↓の試合と比べると

http://nobu-ibaraki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/fete2007vsc_d62b.html

木山水戸Aには「全然~若い」の印象こそが残りますけど、ちゃんと故石山さんや故川上さんのように病いとかにも倒れるコト無かった自分自身にとっては、今年は本当に素晴らしい、収穫多かった、一生懸命走り切ると約束できた、ジーコさんと前田秀樹さんの前にちゃんと報告出来る1年間だったと思っています…

================================

というコトで、例年にも増してハード過労日程がもう始まっている2008→2009大晦日!明日の天皇杯すら大変だったり?とにかく今日のワタシ、日付変更の瞬間にはネット界に居られませんので、ちょっとお早めにご挨拶なりを。

当、奇妙なブログをご覧になっていたみなさん。

本年は大変お世話になりました!

今後とも、未熟なワタシを気まぐれながらも眺めて頂けると幸いです…。

では、みなさま、良いお年を~!!

|

« さようなら…お元気で…平松大志キャプテン。俺は貴方のコトが大好きでした… | トップページ | あけおめ&ことよろ~!さあ素晴らしい青空の下、天皇杯:ガンバ大阪vs柏レイソル戦実況! »

水戸ホーリーホック!」カテゴリの記事

鹿島アントラーズ!」カテゴリの記事

コメント

>若き木山水戸ホーリーホックは過去最高の勝ち点を残した。

おいおい嘘っぱち書くんじゃないよ。
あっ、そうか、あんたは鹿島サポだから水戸のことなんて良く知らんわな。

投稿: | 2008年12月31日 (水) 10時38分

お前がS席で発狂した成果はどうだったんだよ?
何も無いのか?
てか、お前が「水戸の癌細胞」だから
早く処置(排除)しないと手遅れなんだよ

投稿: | 2008年12月31日 (水) 12時31分

お前いい加減嫌われてるの気付けよsign03お前がいるだけでみんな迷惑なんだよannoy

投稿: | 2008年12月31日 (水) 12時32分

2003年
12チーム
44試合
勝ち点56

捏造すんなよ

投稿: | 2008年12月31日 (水) 16時11分

えー、
>2003年12チーム 44試合勝ち点56
の件
>未熟なワタシを気まぐれながらも眺めて頂
いて「感謝」。(ガチで反省中…)

投稿: NOBU | 2008年12月31日 (水) 17時37分

テメーに感謝される筋合いは無い
何も知らないクサレ下道は消えろ

投稿: | 2008年12月31日 (水) 18時54分

2、4、6番目は俺(同一人物)のコメントだ

とにかくテメーは水戸から消えろ

投稿: | 2008年12月31日 (水) 18時56分

今日も一人淋しく基地外N○BUの発狂実況するんですか?

投稿: | 2009年1月 1日 (木) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508275/43583771

この記事へのトラックバック一覧です: 一生懸命走り切った2008年!悔い無い素晴らしい1年の中で特に印象に残ったサッカー10試合!:

« さようなら…お元気で…平松大志キャプテン。俺は貴方のコトが大好きでした… | トップページ | あけおめ&ことよろ~!さあ素晴らしい青空の下、天皇杯:ガンバ大阪vs柏レイソル戦実況! »